読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まま猫草

音楽が好きな社会人の備忘録

16.04.23 氷室京介 LAST GIGS@京セラドーム大阪

ライブレポ 氷室京介 2016年
氷室京介のライブへ行ってきました。
今回でラストライブツアーとのことで
京セラドームへ。
ネタバレしかない。セトリ含めて。

キャパ50000人ぐらいかな。
野球見たりナイトロサーカス見たりはあったけど、ライブ見に来たのは意外と初めて。


氷室京介は2014年7月の山口でのライブで耳の不調を理由にライブ活動の無期限休止を発表。
翌週に行われる横浜スタジアムで公演活動を休止する予定だったが、会場周辺への落雷やリハ中の骨折などのトラブルに見舞われたことから「このリベンジをどこかで必ずもう1度、演らせて欲しいと思います」と言ったことのリベンジ公演と合わせたラストツアーが今回のLAST GIGS。

オールキャリアの総括ということもあり、BOØWYの楽曲からもリクエストを募り、それを元にセトリを作ったみたい。


サポメンはこちら
CHARLIE PAXSON (Drums) 
SHUNICHI OSHIMA (Keyboards) 
FUMIAKI NISHIYAMA (Bass)  
 DAITA (Guitar) 
YUKIHIDE TAKIYAMA (Guitar) 
TESSEY (Manipulator)

開演間近全体的に総立ちになる。

18:05〜20:05
スクリーンにこれまでのツアータイトルとその当時の映像が年代順に流れていく。

氷室「大阪ー!いくぜー!Dreamin'!!」
01. DREAMIN'
02. RUNAWAY TRAIN
03. BLUE VACATION
04. ハイウェイに乗る前に
05. BABY ACTION
06. ROUGE OF GRAY
07. “16” 
08. WELCOME TO THE TWILIGHT 
09. LOVE&GAME
このLOVE&GAMEカッコよかったけどいつもこんな感じなの?CDと大違い!

10. IF YOU WANT
11. LOVER'S DAY
13. CLOUDY HEART 
14. WARRIORS
15. BANG THE BEAT
16. SUMMER GAME
17. RENDEZ-VOUS 
18. BEAT SWEET 
19. B・BLUE 
20. MARIONNETTE 
21. ONLY YOU 
22. PLASTIC BOMB 
23. WILD AT NIGHT
24. WILD ROMANCE

氷室「25年の1番最初に飾った曲を聴いてください!ANGEL!」
25. ANGEL

-ENCORE-(20:11〜20:45)
氷室「ありがとう大阪!

毎回ツアーをするとそのときのコンディションとかどう頑張ろうかとかいろいろ考えてたんですが、まあ15年ぐらいもう無理かなと思いながらやっていました。
前回の52本のライブをやってるときに今回は難しいなと思い、2014年山口周南のライブで引退を発表して、あのときはまあ氷室京介からの卒業って言ったのかな。
大阪のときも引退は決めていたんだけど、ツアーの途中で言ってしまうと見にきてくれる方も辛いかなとかWarriorがタイアップのCMで限界を決めるなってことを言ってた事もあり、タイミングも考えて最終日の発表にしました。

それで横浜で最後のライブという形で言ったんだけど…ただ、アホだから知っての通り骨折してしまって、コンディションが良い状態でこのようなリベンジという形でイベンターにもスタッフにも無理を言ってライブをさせて頂きました。こんなにたくさん来て頂いて、本当にありがとう!

普段ロスに住んでるからたまに日本に来ると文化や流行がいつも変わってるなと気がつきます。たまにしか来ないからみんなより余計に気づくんだと思う。勝ち組、負け組というのにもこだわる国で、、、ワイドショーとか見ててもちょっと石に躓いた人に石を投げつけるような報道で。まあそれがウケるから番組を作るんだけど、もっと日本人って仁がなかったかなと。武士道精神じゃないけど、勝ち組にも負け組にも美学がなかったかなと思っています。

そんな勝ち組にも負け組にも美学がない国で、俺のスタッフの連中はものすごい美学を見せつけてくれます!
今回アルバムも体調もそんなよくなかったからプロモーションもできなかったんだけど、みんなのおかげとそのスタッフのおかげでオリコン1位を取れました、ありがとうございます!

そんなスタッフの代表としてサポートメンバーを紹介します。


彼はアメリカ人なんだけど、もうbrotherじゃないかなという気持ちです。ドラムスCHARLIE PAXSON

彼はソロの25年中23年ぐらい支えてくれてて、俺のメンタル部分や1番辛いところの役割も負ってくれてました、そんな相棒です。ベース西山史晃

彼は元々俺がファンでなかなか忙しいんだけど、俺の歌の良いところをいつも拾ってくれてます。キーボード大島俊一

彼はHigher than heavenというツアーから参加してくれて、若いけど…最近はもう若くないか笑 若いけどすごく頼りになるギタリストです、DAITA

彼はこの中では新参者なんだけど、普段とステージの激しさのコントラストがカッコいいギタリストです。滝山幸英

彼は今陰に隠れてるけど、リハのときや演奏のときに全部音を拾ってくれて支えてくれています。マニピュレーターTESSEY


次の曲はみんなに向けて歌いたいと思って雪之丞さんにお願いしていた曲です。なかなかライブではやっていない曲です」

26. REVOLVER
27. KISS ME

氷室「懐かしいやついくぜー!」
28. IMAGE DOWN 

氷室「ポップなやついこうか!」
29. NO. NEW YORK 

氷室が去った後、ANGELのライブPVに合わせてファンのコメント(募集してたんかな)が流れて終了。

------------
5年ぶりに氷室京介見れた!
LAST GIGSだからどの曲もこれもあれも聴きたいというのばかりだったけど、BOØWYがめっちゃ多い!笑 いや、これはこれで嬉しかったから良いんだけど。
明日はまた変わるのかなぁ。なんとなく明日も行きたい、見ておきたい気分。
手抜きレポ終わり。
MCはニュアンスなので間違ってるかな。

ごちそうさまでした!

【セトリさん】
01. DREAMIN' 
02. RUNAWAY TRAIN 
03. BLUE VACATION 
04. ハイウェイに乗る前に 
05. BABY ACTION 
06. ROUGE OF GRAY 
07. “16” 
08. WELCOME TO THE TWILIGHT 
09. LOVE&GAME
10. IF YOU WANT
11. LOVER'S DAY
13. CLOUDY HEART 
14. WARRIORS
15. BANG THE BEAT
16. SUMMER GAME
17. RENDEZ-VOUS 
18. BEAT SWEET 
19. B・BLUE 
20. MARIONNETTE 
21. ONLY YOU 
22. PLASTIC BOMB 
23. WILD AT NIGHT
24. WILD ROMANCE
25. ANGEL

-ENCORE-
26. REVOLVER
27. KISS ME
28. IMAGE DOWN 
29. NO. NEW YORK