読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まま猫草

音楽が好きな社会人の備忘録

16.07.30 GLAY We ♡ Happy Swing vol.2 微熱Ⓐgirlサマー!@幕張メッセ国際展示場 1・2・3ホール

7/30はGLAYのライブで幕張へ。
ファンクラブ発足20周年ライブ…の為FC会員限定ライブ。

 

2011年にvol.1.が開催され早5年。
今回もオールスタンディング処刑で。
オールスタンディングだからこそ全員当選ができるのかな。

We ♡ Happy Swing vol.2 微熱Ⓐgirlサマー!

会場は幕張メッセ国際展示場 1・2・3ホール
前回は9・10・11ホールだったはず。少しだけ変わった。

 

今回は各メンバーが作った曲、過去発表した曲を30分ずつ持ち寄って構成するとの前情報があり、前回のようなリクエストやカバー曲は無し、の模様。
余談だが、2011年カバーはANTHEM(WILD ANTHEMだったかな?)をリクエストしたんだけど、HISASHIが微妙に、ほんの少しだけ会報で触れてくれてた気がする。

 

幕張ではGLAYの他に関ジャニや花火大会があって混雑が予想されてて。そういえば20万人ライブのときも花火大会が重なるとかで、HEY HEY HEYでTERUが“花火大会と重なるんですよ”って暗く言って、松本人志に“君暗いねん、楽しそうに言いなや!”って言われてたなぁ。小4ぐらいかなぁ。

 

LiB cafe有料エリアへ行き、GLAY barの映像と展示品を見て会場へ。
bar GLAYだっけ?どっちか。
映像でみんなで乾杯してた。TERUは鳥飼(いつも鳥飼らしい)

 

内容はだいたいこんな↓

・20周年の件
TAKURO「発足ライブは赤坂ブリッツだったのに大きくなったね、ブリッツ?AX?」

 

JIRO「OEASTじゃなかった?」

 

TAKURO「ちゃんとした情報はこちら(テロップ)に出るので」

 

・コーポレートカラーの青
TERU「ファンの子からは幸せの青い封筒って呼ばれてるみたい」

 

JIRO「青がコーポレートカラーにしてる割に(会報の表紙の字が)赤いよね」

 

・会報について
TAKURO「まず紙質が良くなったよね!(初期はもっと薄く、表紙も写真では無かったから)」

80号の割にこの表紙何?となった。
TERUがレコーディング風景を表紙にしてて、地味だという話。

 

TERU「俺たちがライブをやってレコーディングをしてって生活してる中でファンの子たちにどんな感じかわかってもらえるかなって」

忙しくて撮影の時間も無かった模様。

 

 

JIRO「よし検証しよう!!笑 カリカリ梅はどこだ〜?」

と会報を読み出す。

 

JIRO「この写真良いね。でもTERUレコーディングのとき普段こんな格好じゃないね。シャツを肩までブワッてあげてやってるもん」

 

TAKURO「アガってるときは裸だもんね」

 

・メンバーコーナーについて
JIRO?HISASHI?「ド変態双六やらなきゃね!」

 

TAKURO「TERUさん迷走してたよね、最初絵日記とかやってなかった?笑」

 

TERU「そう、何が喜ばれるかわからなくて…結局今はファンの子と対談してる笑」

 

TAKURO「でもある種相思相愛の状態で良いよね。でも何話すの?テーマとかあんの?」

 

TERU「テーマはその都度ある!初遠征ライブとか」

 

HISASHI「ちゃんと会報読みなさいよ!笑」

 

TERU「初めてライブ遠征するのにもドラマがあって、駅まで車で送ってもらってたった一泊なんだけど帰りも親に迎えに来てもらって…って人が今親になって自分の子供も送ったりっていうこととか」

 

TAKURO「その親の人はファンやめたのかな笑」

 

TERU「たぶんたまたまチケット一枚しか取れなくて笑」

 

・会場限定のお酒
JIRO「白ワイン年中飲んでるけど飲みすぎちゃうから炭酸で割って普段飲んでるんだけどそれを作ってもらいました。ノンアルもあります。私運転しなきゃいけないから今日はノンアルで」

 

TERU「じゃあ俺飲もう!」

 

TAKURO「クイズです、俺がオススメしたいのはどれでしょう」

 

JIRO「1つは最高のレモンハイか、1つは地方のレモンハイ!」

 

TAKURO「それなら地方のレモンハイ勧めたい!笑 」

 

TERU「俺はアサイーが健康に良いって言われて好きで、何で割ってるんだろ?」

 

HISASHI「鳥飼だろ!!!」

 

wwww

TERUピカルドリンクって名前でした。


最近キているHISASHIさんは

 

HISASHI「夏と言えばミントとか合うと思うんですよ。モヒートね。だからモヒもピアノが弾けたならってタイトルで」

 

JIRO「俺の名前どうしよう、白ワインベース」

 

TERU「ジロワインベース??笑」

 

TAKURO「それはベースも掛けてるの?笑
じゃあジロワインベースとモヒピ!HISASHIのは名前長い!」

 

・幕張のライブについて
TAKURO「俺からしたらほぼ新曲だ」

 

TERU「ライブもそうだけど、北海道物産展やG級グルメとかもあっていろいろ楽しめる。他にも発表できそう」

とか言う話があり、クロージング。

 

で、GLAYTAKURO、JIRO、HISASHI、TERUでしたで締めた後、HISASHIが手を振ってしまって。

 

失敗した表情で“ここまで入れよう!”と言ってた。相変わらず話せば何かしら面白い4人。

 

今回15:30からの回でけっこう時間ギリギリだった。展示品は衣装と過去の会報と写真のアナザーテイク。そこからライブ会場へ。

 

会場はD3ブロックで後ろの方。ゆっくり見ようといったところ…だったけど割と見やすかった。センターステージで、照明も青、幕体も青、スクリーンはたくさん設置。ずっとラジオとかGLAYクイズやってたらしい。BGMはデストピアのシングルをループしてたからライブ音源とかも流れてた。HISASHI祭り。

いつものようにMC中心です。

言ってる内容今回はそんな覚えてないです。言った箇所も怪しいレポ。


17:10〜
客電が落ちスタート。
青旗を持った少年が走っていく映像が流れる。
1996年からPVやライブ映像を交えて2016年迄経過していくもの。
メンバー登場。TERUは黒ジャケに青シャツ、TAKUROもだったかな。JIROはハットに黒ジャケ青シャツ黒蝶ネクタイ。HISASHIは髪半分を青く染めてた。TOSHIはいるけどSEIさんは今日もいなかった。別現場かな。

 

TERU「HappySwing20周年!行くぜー!」
1.HAPPY SWING
曲タイトルと発表年と歌詞がスクリーンに映されてた。みんなで歌えるスタイル。


曲が終わり、暗転。
SHUTTERSPEEDSのテーマに合わせてJIROの写真やJIROの撮った写真が流れる。JIROのコーナー。
【JIRO SELECT】

2.TIME
会場がどよめき。レア曲すぎる。
初めて聴けた!その1
ミックスボイスで優しく歌ってた。JIROが大変な時期の歌。

 

3.neverland
初めて聴けた!その2
TIMEからneverlandはJIROの心境の変化そのもので、歌詞が表示されるから余計に入ってきた。TAKUROはZemaitisのアコギだった気がする。ハート型だったし。
TIMEもneverlandもアウトロで転調する不思議な曲。

 

4.ストロベリーシェイク
初めて聴けた!その3
JIROボーカルの楽曲。あれだけもうやらないと言ってたのにやってくれた。
TERUがオクターブ上でコーラス。テンポはCDより速め。

 

TERU「楽しいね!HAPPYSWING20周年です!ありがとうございます!今日は各メンバーの曲を30分ずつ持ち寄ってね。ファンクラブライブじゃないと聴けない曲があると思います、これ何年ぶりだなぁってのとかあると思うんで」

 

JIRO「HAPPYSWING20周年!まあ途中からの人もいると思うけど…いや良いんだよ!それが大事なんだよ!俺はTIMEで感動してたよ笑 冒頭HAPPYSWINGで、でJIROSELECTでシャッタースピーズがわーと鳴って上がってるとこにTIMEが来て。そしてneverlandですよ、初披露!」

 

TERU「メンバーそれぞれが考えてきたのでね、それが一番の愛情表現になるかなと思いまして。なのでそれも楽しんでもらえたらと思います。次は激しいナンバーいこうか!」

 

5.Scoop
スクリーンの映像はPVのようにモノクロ。

TERU「ルビーズブランケッ!!」

6.Ruby's Blanket
7.運命論
TERUがアコギを持って歌ってた。

TERU「次の曲でJIROコーナーラストです!」
8.MUSIC LIFE

TAKUROの映像が流れる。どこで撮ったのかな、自撮りで“TAKUROのロックなナンバーを聴いてください”といったようなことを言い、最後に言葉を残しました。
“COME ON 俺!”

 

TAKURO SELECT】

9.HIT THE WORLD CHART!
10.LOVE SLAVE
サビはドラムを裏打ちに変えてた。
TERU「お前らを愛の虜にしてやるぜ!!」

 

11.LEVEL DEVIL
TERU「着いてこれてますかー!」

 

おっしゃる通りD3ブロックこの三曲ぽかーんやってんけどな笑 XのX CLAMATIONに出てきそうなイントロはCDよりも短め。

 

TAKURO「へいへい幕張!集まってくれてありがとう!20周年支えてくれてありがとうございます。そしてスタッフ!こうやって楽しくライブできてるのはみんなのおかげです!ありがとう!!」

 

TERU「みんなで歌いましょう、YOU!MAY!DREAM!」

12.YOU MAY DREAM
13.Lovers change fighters,cool

 

TERU「TAKUROパートラストー!!」
14.ACID HEAD

再度暗転してbabytalkが流れる。

【TERU SELECT】

 

15.週末のBaby talk

しゃがんでジャンプなし!
16.Lock on you

雨音が流れる。

 

17.RainbirD
TERUアコギ、HISASHIシタール

18.Little Lovebirds
初めて聴けた!その4
長居のときはメドレーだったから一曲まるっと聴けたのは初めて。これもTERUアコギ。大好きな曲。ほぼE、Amだけの曲。

 

TERU「ありがとう!テルコーナーということで、次は夢を想ってみんなで歌ってもらえたらと思います」

 

19.疾走れ! ミライ

TERU「次でTERU SELECTラストです!」
20.BLEEZE

最後に青空の写真がスクリーンに映り終了。

 

最後のHISASHIコーナー。
グッズのケロヒサシが映像で喋る。
ケロヒサシはカエルパペットの容姿で元々コケロミンって名前なのかな。
言葉を発したり、音を出すことができる意外と楽器。

 

ケロヒサシ「サマーソニックにお集まりのみなさんこんにちは!」

サマーソニックネタが二回ぐらい出た。

 

ケロヒサシ「よう集まったなー、みんな予定ないのー?海とかー!デヅニーとか!」

ケロヒサシ買うてやーこれで11000円、ほんま頼むわー!TERUさーんギター持ったー?」

 

TERU「持ったよー!」

 

ケロヒサシ「デストピアから始まるーHISASHI コーナー!」

 

【HISASHI SELECT】
21.デストピア
エレキを弾きながら歌うTERU。

22.アイ
23.1988

 

HISASHI「みなさん楽しんでますか!今回は青がHAPPYSWINGのカラーということで、13年ぶりぐらいに染めてみましたー。たまには良いですね、こうやって青をみんなで取り入れて統一感出すのも。でもね、HAPPYSWINGカラーなの会報の封筒でしょ?でも自動車の外装と一緒でわかんないんだよ。俺たち(音楽を)作ってる側だからさ!!

さっきも出てたけどケロヒサシ買いましたか?持ってる人!みんなで鳴らしてみようか!…持ってないの?じゃあみんなで鳴らすよ、せーのっ」

 

音小ちゃくて全然聞こえへんw

 

HISASHI「ぜんっっぜん届いてこない!!そんなんじゃ届いてこないよ!隣の売店で売ってるからね!

20周年ということで、発足した頃に作った曲やりたいと思います。GLAYで初めて作った曲です!シニカール」

24.Cynical
25.微熱Ⓐgirlサマー
26.彼女はゾンビ
曲中の茂木さんとのやり取りはスクリーンに漫画にしたHISASHIと茂木さんが流れてた。

 

TERU「久しぶりに本編で2時間やりました!あーありがとうございました!」

 

JIROが疲れたような感じで。本当疲れた笑
みんな捌けていくとき、

 

JIRO「写真撮り忘れた!!どうやって撮ろうかな…何回かに分けて良い?そのみんなのほにゃらら面を…今日何人いるのかな?アホ面って言ったらものすごい数を敵に回しちゃうね笑 素敵な笑顔を残したいと思います!」

 

とセンターステージだから8方向ぐらい撮ってた。
“ハイチーズ!”とか“笑って!”とか“関ジャニに負けてる!”とかいろいろ煽ってて面白かった。
TAKURO側に来たとき、マイク使って話そうとしたんだけど、マイクスタンドが高すぎて、JIRO届かず笑

 

JIRO「リーダーってでかいんだね!!
今日(写真撮って回ってる)今が一番楽しかったかも!笑 うそうそ!アンコールよろしく!」
(〜19:32)

En(19:37〜)
スクリーンにリーダー登場。

TAKURO「幕張のみなさーん!こちらは舞台裏に来てます!本編終了してどうしても感謝の気持ちを伝えたいメンバーがいるので来てもらいました、TERUさん!」

 

こじんまりとしゃがんで登場

 

TERU「みなさんありがとうございます!」
質問!クイズね!今日ライブどれぐらいやったでしょう?」

 

TAKURO「あっという間だったから…1時間ぐらい?」

 

TERU「持ち時間30分ずつって言ってたじゃん!!!!笑」

 

 

TAKURO「待って、、、ライブって特別な空間やんかー??やんかー??非現実の特別な時間を30分ずつって言うなよ!!!!じゃあ2時間10分ぐらいですか?」

 

TERU「良いラインですね、2時間半やってた!笑 」

 

TAKURO「ゼップも大変だったもんね」


マイク持ち替えが多くて

TERU「明日から効率良くないからマイク2つ用意してもらっていい?」

 

TAKURO「ここのコーナーは俺がインタビュアでインタビューするんだって!マイク持っちゃダメ!!笑 マイクを触るな!!笑」

 

TAKURO「20周年どうでしたか?」

 

またマイクを握るTERU笑

 

TERU「20年続けるのは大変で、大変なこともあって、大変な時期もあって、大変な頃もあったけど、待ってるみんながいたので頑張れたなぁと思います!30周年も25周年も祝えたら良いなと思います!」

 

TAKURO「じゃあTERUさんスタンバイお願いします!」

 

真下に下がって消えるTERU。ドロン。

 

TAKURO「スタンバイって、タモさんみたいだな笑 もう1人来てます、HISASHIさん!」

 

スマホ片手に扇子を扇いで登場。

HISASHI「ここGPS無いのー?」

ポケモンGOができないらしい。

 

HISASHI「次の曲は超音速デスティニーだよ!よろしく!」

 

TAKURO「これですね」
とデストピアのCDを取り出すTAKURO。なんかキャッチコピーみたいなのを言ってたんだけど忘れた。で、HISASHIが捌けたのが短く感じたので、

 

TAKURO「HISASHIが短いんじゃない、TERUが長かったんだ!!笑 JIROさん!」

 

JIRO「リーダー!今日わかったことがある!リーダーってでかいね!背伸びしても届かなかったもん。こんなだったよ!」

と頭の上に手をやるJIRO

 

TAKURO「そこまで差はないと思うけど…明日はマイクスタンド下げてあげてください!笑 JIROさんどうでしたか?」

 

JIRO「俺ってあんまり周年を気にしないやんかー?でも今日は良いなと思えるライブでした!」

 

TAKURO「あとアンコールもう一声で出て行くので楽しみにしてください!」

少しアンコールを続けメンバー登場。

 

(19:45〜)
TERU「ちょっと強制的なアンコールありがとう!笑 今第2クールの主題歌にもなってるクロムクロもお願いします!特典もついてるみたいでね。じゃあ最近来ているHISASHIの超音速デスティニーいこうか!」

 

27.超音速デスティニー
初めて聴いたけどヘドバンソングじゃないですか!

TERU「次で最後のナンバーです!彼女のモダァァァァァン!!!!」

 

28.彼女の"Modern…"

TERU「今日で最後の人もいると思うけど、またみんなの街に遊びに行くので!ありがとう!最後に手繋いでジャンプやろうか、手繋げる?」

と360度ステージだから4方向でジャンプして終了。

 

TERU「vol.3もしないとね!その前にみんなの街に遊びに行くので!」

終わりにデストピアと超音速デスティニーのPVが一番ずつ流れて終わり。(〜20:02)

------------
7/30が終了!いやー本当謎セトリだった!
楽しかった。

各メンバーが曲を選んでるから、30分ごとでライブが完結してて、ACIDHEADとか普段は終盤の曲が中盤に来たり、JIROコーナーなんてRubyも運命論もMUSIC LIFEもほぼラストナンバーやんってところがあり、新鮮なライブでした。全体的にCD通りでライブアレンジでコール&レスポンスや曲が長くなった流れはカット

(Lock on youの
“君のキスで〜生まれ変わるのさ〜”
“君のキスで生まれ変われたぜー”

ってハイコミ2007-2008追加公演でやってたシャウトのやつとかACIDHEADのイントロで長く煽る事とかはなく、原曲通りで曲数多くやるスタイル)

 

持ち時間30分って事で1人GLAYフェスみたいな感じでもあり。

 

うん、フェスやりたいけどメンバー仲良いので4人でフェスやっちゃいましたーみたいな。
そんな印象を持ったライブでした。


これは昨日書いた内容で、今日のライブが終わってからと思ってアップ。疲れて身体が痛い!

Littlelovebirdsとアイを一緒にやってくれると誘惑とSOULLOVEの二枚同時発売な感じで嬉しかったな。

31日も楽しかったけどとりあえず30日をアップします。新幹線の中で31日書けたらアップする。思い出さなかったらアップしない。

ごちそうさまでした。


【セトリさん】
1.HAPPY SWING
2.TIME
3.neverland
4.ストロベリーシェイク
5.Scoop
6.Ruby's Blanket
7.運命論
8.MUSIC LIFE
9.HIT THE WORLD CHART!
10.LOVE SLAVE
11.LEVEL DEVIL
12.YOU MAY DREAM
13.Lovers change fighters,cool
14.ACID HEAD
15.週末のBaby talk
16.Lock on you
17.RainbirD
18.Little Lovebirds
19.疾走れ! ミライ
20.BLEEZE
21.デストピア
22.アイ
23.1988
24.Cynical
25.微熱Ⓐgirlサマー
26.彼女はゾンビ
----------
27.超音速デスティニー
28.彼女の"Modern…"