読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まま猫草

音楽が好きな社会人の備忘録

16.12.23 陰陽座 ツアー2016「絶巓の迦陵頻伽」@パシフィコ横浜・国立大ホール

陰陽座 ライブレポ 2016年

天皇誕生日。昨日は陰陽座のライブへ行って参りました。
個人的に2016年最後のライブ。
場所はパシフィコ横浜・国立大ホール。5000人クラスのホールで初めて行く会場。

 

隣ではましゃ(福山雅治)が野郎限定ライブをやっていた模様。

今回は迦陵頻伽というアルバムツアーのファイナル。いつも通り読めない。かりょうびんが。


陰陽座ツアー2016「絶巓の迦陵頻伽」
また読めない。ぜってんのかりょうびんが。

 

会場にはスクリーンが張ってあり、陰陽座のマークになってる太極図が映し出されてる状態。

 

会場内BGMは
Be Quick Or Be Dead/IRON MAIDEN
I was made for lovin you /KISS
Walk This Way/Aerosmith
Sacred Cowboys/Bruce Dickinson
Sacred heart /Dio
Holy mountain/System of a down
Over the mountain/Ozzy Osbourne
Man on the silver mountain/Dio
Stand up and shout/Dio
We rock/Dio
などなど。さすがに知ってる曲だらけ。


18:00〜
スクリーンに映像が映し出されメンバー登場。
迦陵頻伽はずっとスクリーンかかったまま。

1.迦陵頻伽
2.鸞
瞬火「アルバム迦陵頻伽を引っさげたツアー、絶巓の迦陵頻伽へようこそお越しくださいました!自分で言うのもなんですが、これ以上ない出来に仕上がり、これをみなさんと共有できることを嬉しく思います!まだまだこのアルバムからたくさんやらないといけないので聴いてほしいと思います!」

 

黒猫「迦陵頻伽よく聴いてくれてるんだなとみんなを見て思いました!迦陵頻伽からまだまだたくさん曲をやりますので聴いてください!」

 

瞬火「気合の入ってるメンバーがいますが紹介します!(だったか覚えてないけど)招鬼!」

招鬼「みなさん元気ですかー!元気ですか!いけますかー!よく雷舞は…陰陽座の雷舞は見たくても自分では見れないって言うじゃないですか。確かに見れないんですよ。でも、それは逆にみなさんも同じで、僕が見ているこの光景をみなさんは見れないわけです…今日も絶景です!!!ありがとうございます!!!」

瞬火「確かに絶景ですね…!」

 

3.熾天の隻翼
4.御前の瞳に羞いの砂
5.廿弐匹目は毒蝮

 

黒猫「横浜での雷舞は久しぶりですね、それだけじゃなく前回の雷舞から時間が空いて、久しぶりのツアー、久しぶりの雷舞、久しぶりの千秋楽ですが、全然そんな気がしません。迦陵頻伽の製作にかかっていたから時間が空いてしまったんですが、普通ならみんな“もういいかな!”って思って来てくれないかもしれないけど、“待ってたよ”って気持ちで応えてくれてるからだと思います、こんなに集まってくれて本当にありがとうございます!みなさんがいるから素晴らしい空間ができますので。陰陽座だけが例え頑張っててもこのような空間できませんので!! 


今日はね、クリスマスも近いので、外はカップルが多いんじゃないかな、並んでたときに“あれ、なんの列だろう”って思われたかもしれませんが…日本で、いや世界で一番愛に溢れているのはこの会場ですからね!」

 

瞬火「迦陵頻伽というアルバムはさっき言ったように最高の出来なんですが、作ったときと同じ熱量で、違わずにみなさんが受け取ってくれてるんだなと思います、本当に幸せもんだなと思いますありがとうございます!そんな幸せもんがもう1人います、紹介します、ギター狩姦!」

 

狩姦「みなさんこんばんは!こんなに集まってもらって感謝感激ひなあられですよ。ひなあられのことは置いといてくださいね笑」

 

狩姦「今年は迦陵頻伽の製作に注いでたんで充実した一年でした!みなさんは今年どうでしたか?一年間良かったよって方?まあまあだったよって方?良くなかったよ…ってのは聞かない方がいいね。聞かなかったらいなかったってことになるね!笑


今日はもし一年良くなかったよって人がいれば、最高の雷舞を届けて、“今日の陰陽座の雷舞楽しかったし、今年まあまあ良かったな”って思ってもらえるよう届けたいと思います!よろしくお願いします!」

 

黒猫「今兄上むせてたからね!」

 

瞬火「(ひなあられの件が)面白くなさすぎて面白くてね…前向いて吹き出せばお客さんも見えて笑い話になったけど、後ろ向いてたから自分にかかっただけですよ。ただの水害ですよ!笑」

 

黒猫「(招鬼に向かって)でもそんな招鬼さんのMCを聞いて今年良かったって思ってもらえるかもしれないし…ねぇ?」

 

招鬼「いいこという!!!」

 

 

瞬火「迦陵頻伽の中からまだまだ聴いてほしいですが、お馴染みの曲も同じようにやっていきたいと思います!百の鬼が夜を行くー!」

6.百の鬼が夜を行く
7.煌

 

瞬火「昔の曲も迦陵頻伽の曲も同じように受け取ってもらえて嬉しいです、ありがとうございます!」

 

黒猫「今回迦陵頻伽は13曲のアルバムとなっていて、その中からまた聴いてもらいたいと思います、轆轤首」

8.轆轤首
9.人魚の檻

 

黒猫「迦陵頻伽にはいろんなタイプの曲を入れていて、轆轤首や人魚の檻は同じ妖怪や妖のようなテーマで、轆轤首は不埒な女性を描いているんだけどコミカルな楽曲で…同じ妖でも全然違う仕上がりにしています。そんな楽曲を披露できて嬉しく思います!」

 

瞬火「今回のツアーは場違いかと思いつつも、いわゆる会館やホールと言われる会場を廻っていました。冒頭の映像含めてですが、迦陵頻伽を表現できる空間がこれではないかと。その世界観に共感してくれてこれだけの人が見に来てくれて嬉しく思います」

この辺曖昧だけど、ライブハウスではなくホールが表現の手段として良かったという話だったと思う。

10.氷牙忍法帖
11.刃

 

瞬火「迦陵頻伽を作りましたが、アルバムツアーだからといって全曲やる馬鹿がどこにいるんだ…ここにいるんですよ。よく人のライブ見に行って、定番曲をされるのも好きなんですけど、アルバムを出して何曲か演奏して定番曲ばかりするより、自信作を演奏する方が良いかなと思いまして。まだまだ聴いて頂きます、愛する者よ、死に候え」

12.愛する者よ、死に候え
13.素戔嗚

 

黒猫「迦陵頻伽は13曲入っていて、今までで一番曲数が多いのですが、そろそろ絞られてきて“次はあの曲かな?”とか思ってくれてますか?次は静かな中でとても情熱的な曲です」
14.絡新婦

 

黒猫「絡新婦は阿部さんのキーボードから広がる世界がどんどん広がっていってできたように思います。この楽曲ができたときからみんなの前で演奏したかったです。今回披露できて嬉しかったです、ありがとうございます!」

15.蒼き独眼
16.甲賀忍法帖
17.組曲義経」~悪忌判官~
18.羅刹
19.風人を憐れむ歌(〜19:55)

 

En.1(19:57〜20:20)

瞬火「アンコールありがとうございます!みなさん、外にいるとき雨降ってましたか?晴れてたよって方?曇ってたよって方?どっちなんだ…笑

少なくとも雨ではなかったですよね。昨日はものすごい雨で、嵐で。昨日ブログでも気をつけてくださいと書いたのですが、嘘のように晴れまして。これはみなさんの日頃の行いが良いからですよ。そんな晴れた今日に日頃の行いの良いみなさんと雷舞ができて嬉しく思います、ありがとうございます!」

 


黒猫「アンコールありがとうございます!今日は椅子があるから体力残ってますかー??」
20.鬼斬忍法帖
21.卍
22.雷舞

 

En.2(20:21〜20:38)
瞬火「ありがとうございます!みなさん大丈夫ですか?今日はホールなので椅子はありますが、ロックやメタルの雷舞というと始まってから結局立ちっぱなしなのであまり意味がないという。しかも微妙に仕切られているから少し動きにくいんじゃないかな…という母心ですよ!」

23.喰らいあう
24.悪路王

 

瞬火「迦陵頻伽は陰陽座として最高のアルバムができました。迦陵頻伽は黒猫だと思っていて、だからこそ陰陽座をやっているんですが…。そんな黒猫を擁する陰陽座も迦陵頻伽で、一人一人としてのみなさんも、1つとしてのみなさんも迦陵頻伽と思っています。
ここまで陰陽座がやってこれたのは本当にみなさんのおかげです。今日ここに来てくれた方も少しでも声援を送ってくれてる方も誰でも良かったわけじゃなくて、みなさん一人一人じゃなきゃダメだった!みなさん一人一人が応援してくれるから陰陽座をやってこれました。
本当に陰陽座のファンのみなさんは美しいですよ」

 

ざわざわ

 

瞬火「いや、変な意味じゃないんですよ、美しいにも色々あるでしょう。やめとこう、魂が美しい!ありがとうございました!」

 

En.3(20:39〜20:49)
黒猫「みなさん彼氏彼女とこのあと待ち合わせしてないですか!大丈夫ですか!!笑

さっきの兄上のMCで、みなさんのことを美しいって言ったとき、みなさんが照れてて、長年連れ添った夫婦みたいに“きれいだよ”、“急にどうしたの?(照)”みたいな感じで絆を感じられて素敵だなーと思いました」

 

瞬火「今回ライブハウスではないので…時間制限があるんですよ。設備取り外したり色々あって。いや、普通もあるんですけど普段みたいに好き勝手してる方が稀なわけで笑
さっきのアンコールで時計見たときに、今日は時間内に収まると思って捌けて時計見たら既に10分越えてました。
まあ今日はいつもより始まりが早いので大丈夫かなと思ってます!笑 陰陽座道とは生きることとみつけたりー!」
25.生きることとみつけたり

この曲かな、黒猫がスペシウム光線やらアイスラッガーやったかウルトラマンやってた。

 

瞬火「迦陵頻伽は間違いなく未来の陰陽座を恐怖のズンドコに落とすアルバムになったと思います。まあズンドコは置いといてください笑

迦陵頻伽は今思う最高傑作になったわけですが、これを超える作品を作らなければならないのは相当なプレッシャーです。いや、もちろん超えていきますよ、そして超えなければならないわけです。


最高の作品を作れなかったら“陰陽座は迦陵頻伽止まりのバンドだなぁ”となってしまうわけです。迦陵頻伽が最高傑作ではないと思う方…と挙手は求めませんが笑 今日が千秋楽なので、そんな手をあげられたら今日寝られなくなっちゃうので目を隠して話します」

 

ウルトラセブンみたいな格好で喋ってた。

瞬火「現段階ではこれを超える作品は…現段階では作れないと思ってます。迦陵頻伽は今後のことを考えるとガクブルですよ。でも必ず超えてみせます!今日はありがとうございました!!」

 

最後鳴り止まないアンコールに瞬火が出てきて「今日はもうこれで終わりです、終わりですが大事なこと言い忘れました!来年上半期ツアーやります!!ありがとうございました!!」

と終了。
------------------
陰陽座鬼子母神ツアー以来で会社入ってからは初めてだったみたいです。
おそらく4回目の雷舞。なんとなく年末は陰陽座を見て安定するイメージだけど、年末に見たのは 2回目。
年末イメージがあるバンドはBUCK-TICK摩天楼オペラもそうだけど、なんとなく陰陽座も追加されてる。メタル率高い。


ドラムの方は以前と変わりなく土橋誠。Wikiに元Waiveってあるけど、たぶんそのMAKOTOと違うんだよな、たぶん塩田誠だったはずで。訂正されない。でも確証もない。

 

王道ヘヴィメタルを基本としており、楽曲の完成度も高く、何より黒猫の歌声が綺麗で力強い。楽曲による歌い分けが素晴らしく、JPOPでも全く問題ないように思える。 

 

迦陵頻伽どころか風神雷神アルバムも聴いてなくて、しばらく陰陽座聴いてなかったけど、安定して良い楽曲が多いなと思える雷舞でした。歌詞もじっくり読まねば。
来年のツアーも極力行きたいし、今後も楽しみです。一緒に行った父親も楽しそうで本当に良かった(^^)


今年は聖飢魔IIに始まり陰陽座に終わったメタル年でした。Galneryus摩天楼オペラもBabymetalもRhapsodyも行けたし!
ごちそうさまでした。

 

【セトリさん】
1.迦陵頻伽
2.鸞
3.熾天の隻翼
4.御前の瞳に羞いの砂
5.廿弐匹目は毒蝮
6.百の鬼が夜を行く
7.煌
8.轆轤首
9.人魚の檻
10.氷牙忍法帖
11.刃
12.愛する者よ、死に候え
13.素戔嗚
14.絡新婦
15.蒼き独眼
16.甲賀忍法帖
17.組曲義経」~悪忌判官~
18.羅刹
19.風人を憐れむ歌

En.1
20.鬼斬忍法帖
21.卍
22.雷舞

En.2
23.喰らいあう
24.悪路王

En.3
25.生きることとみつけたり