気まま猫草

音楽が好きな社会人の備忘録

17.06.17 中島卓偉 TAKUI NAKAJIMA LIVE TOUR 2017 THE SINGLES COLLECTION vol.1@京都MUSE

昨日は中島卓偉のライブへ行ってきました。
TAKUI NAKAJIMA LIVE TOUR 2017 THE SINGLES COLLECTION vol.1


場所は京都MUSE。300人キャパぐらいかな。摩天楼オペラで見た以来。
卓偉で京都は初めて。京都でライブ見れるのが貴重だから来てくれて嬉しいよね。

 

今回はシングル曲縛り(c/w含む)ライブとのこと。今年デビュー18年目で18枚目のシングルだから、こういう試みも面白いんではないか、という取り組み。
ただ、DVDシングルとかシングルカットとか配信シングルは含んでいないよう。それだともうちょっと枚数出てるだろうし。

早くもSINGLES COLLECTION vol.2も日程が徐々に発表になってる。

 

BGMはThe Crushが流れてた。
I fought the lawとかlondon callingとかとか。

 

17:31開演。
暗転後、アコギタクイのCalling you冒頭が流れる。メンバー登場。

卓偉「can you here my calling!」
01.Calling You
卓偉「一緒に歌ってください!!」
とずっと煽る。最初からクライマックス。

 

02.明日への階段
やっとバンドスタイルで聴けた!!!

03.BLACKSIDE IN THE MIRROR
04.LAMBRETTA

 

聞き覚えのあるアルペジオ。いつもライブの後半なのに早いな!と思いながら次の曲。
卓偉「すべての孤独に捧げます、ひとりになることが怖かった!」
05.ひとりになることが怖かった
なんとなく一度ここでライブが終わった気がした。MCも入ったし、6曲目ぐらいからアンコールな感じがした。

 

卓偉「こんばんは中島卓偉です!野郎の声が気持ちいいね」
野郎の卓偉を呼ぶ声が多かった。

 

卓偉「SINGLES COLLECTIONと題してツアー廻ってます!もう残り4本で後半戦ですね。後半で関西でできて嬉しいんですよ!関西盛り上がるじゃない?初日とかで関西でぐぁって盛り上がって、他で盛り上がらなかったらガクッときちゃうから!笑

 

京都ミューズも久しぶりですね、3回目?4回目ぐらい?こうやって戻ってこれて嬉しく思います。何回目かの京都のときは森重さんが見にきてくれてね、あのバルコニーのとこでずーっとこうやって(頬杖ついて)見てくれてました笑

今回は衣装もシンプルでね、ラフな格好で」

って言ってて、他メンバーはラフな格好って納得できたんだけど、卓偉はGジャンGパンのデニムセットアップで。ラフ…なのか?笑

 

卓偉「全身デニムのセットアップでね、いつかこうやってやりたいと思ってました。何年か前から新調して。この細いセットアップでね。太いやつでやったらただのヒップホップの兄ちゃんになっちゃうから笑

ジョンレノンもね、Tシャツに上下のセットアップやってたことあって。かっこいいなと思ってたのよ」
Tシャツの名前なんて言ってたかな。
ジョンレノンは1970年代の写真って言ってたような。

 

卓偉「動きやすい動きやすい。今までスーツでやってるからパフォーマンスに制限かけちゃってるなって気づきました。今日はステージも高いしね、ダイブしちゃうよ。うそうそ、ダイブは野郎限定だけね!」

 

卓偉「ここからも知ってる曲、知らない曲…全部知らない曲かもしれない!笑 短い間…短くはないかな、楽しませるんで!みんな歌ってください!歌ってくれたらニッコニコするからね。ではFork in the road!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のカップリング曲、Destination!笑

06.Destination
卓偉ギター持ってた。CRAP。
これもやっと聴けた!聴きたかったんだ!

 

07.X-RAY MAN
このX RAY MAN格好よかった!CDよりテンポも速くて盛り上がりすごかった。ここもギター持ってた。

 

08.BOYS LOOK AHEAD

卓偉「(Destinationの件)騙されすぎでしょ!笑 そして手拍子全然合ってないのね!でも関西はこうやってやってくれる雰囲気が良いよね。ありがとうございます!今は連続してカップリング曲をやってみました。

 

今日は長い時間寝てようかと思ったんだけどね、おじいちゃんだから8:30に起きちゃって。天気も良かったしせっかくだから観光しようと思って行ってきました。電車乗り継いで三十三間堂とか行きましたね。あとは商店街あるでしょ?錦商店街?おじいちゃんだから甘いもの食べたくてね」

何食べたって言ったっけ?和菓子?

 

卓偉「昨日もね、けっこう早めに着いて。夕方ぐらいかな。京都シネマって映画館あるでしょ?みんな映画見ない?見なさいよ!」

 

 

卓偉「19時ぐらいからだったかな。チケット買って、番号でお呼びしますって言われてたのよ。9番とかだったから、割と早めだなぁとか思ってたら20何番かの人がずっと入ろうとしてて。関西人面白いなぁと思って、番号って呼ぶって言ってんじゃん!!と思って笑
俺は1番後ろの端の席って決めてるし、座席で喧嘩しそうになって嫌だなぁと思いました。
みなさん映画は映画館で見ないとダメですよ。TSUTAYAで借りてちゃダメですよ、いや、良いんだけどやっぱり映画館で見た方が面白いですね。
みんな昨日は飲んだりしてるけど、俺は参加しないから(ライブ前だし飲まないからかな?)昨日はコンビニで野菜ふたつです。ドレッシング入ってるやつね。ドレッシングかけないけど笑
そんな暮らしをしてるとデニムのセットアップが入ります!試してみてください!笑

でも20代の頃と比べると運動しないと良いパフォーマンスができなくなってますね。イチローもこうじくんと同い年ぐらい?42、43?だけどメニュー1.5倍か2倍ぐらいのメニューしてるみたいで。だから最近みんな筋トレしてるから、近いうちこんな大きくなります」

 

卓偉「まだまだ曲ありますが、夏の曲です。それこそ森重さんが参加してくれた曲です!一緒に歌えますかー!ハロマイフレーンズ!」

09.HELLO MY FRIENDS
ここで熱くて熱くて野外で聴きたいなと思ったんだ。
ギター持ってた。

卓偉「歌おうぜー!」
10.RE-SET


曲が終わり、
卓偉「あ、チューニングしてね!」
とギターを渡す。まったく!とかなんとか言ってた。

 

卓偉「BLACKSIDE IN THE MIRRORもこれぐらい歌ってほしいですね!最初から歌えって!!笑
カモンって言わなくても歌ってくれるぐらいで良いです。煽られたら危機感感じてください!笑
これで18年やってます!!」

 

卓偉「俺ね、ギターたくさん持ってるの。あんま知らないだろうけど。で、この曲にはこのギター!とかいろいろ思いがあって。けんじさんもリッケンバッカーのベース使ってるけど、この曲倍このベースとかこだわりがあって。そうなると、なかなか使わないギターも出てくるわけです。でも極力使おうと思って今回はたくさん持ってきてます。
でも、ギターたくさん見れて嬉しいです、っていうファンレター0ね!何も見てねぇんだ!!

 

話してる途中でギター返ってきて
卓偉「返ってきた、一言ほしいよね!」
って話してた。逆に気を遣った結果じゃないのかなぁ笑

 

卓偉「みんな歌ってね!煽るとこ以外も歌ってくれて良いから!隣の人が声大きすぎて卓偉の声が聞こえない…でも良いじゃん!俺の声は音源聴いてれば良いし!そういう問題じゃないか笑

 

でもね、みんなが歌ってるライブってやっぱ盛り上がってるんですよ。昔よく人のライブ行ってたけど3列目ぐらいでわーってやってたんですよ。当日券で入ったけど。いや、当日券でも前の方行けたりするじゃない?笑

やっぱみんな歌ってると一体感もあるし良いなと思って。だから後ろで見てる人、どんどん前に来ても良いんですよ?まだスペースあるし。詰めて後ろスカスカにしようぜ!前きますか?良いですか?大丈夫ですね」

 

 

卓偉「俺は200%歌うから350%出して!なんでみんなの方が高いんだって!」

卓偉「次も良い曲ですが、あんま人気のない曲です、メッセージという曲を聴いてください!」
11.メッセージ
これも聴きたかった。サビが全部ファルセットの曲。

 

 

卓偉「京都は神社とか仏閣とかたくさんあるじゃない?うちの父親とかおばあちゃんもそうか、神社、仏閣好きで。年末になると大掃除して、12月30日までには終わらしてたのかな。そこから福岡から高速で車飛ばして京都、奈良行ってたんですよ。子供からしたら地獄ですよ。やっぱ年末は紅白見たいじゃない?笑


だから紅白はラジオで聴きながらね。で、その当時まだ路駐OKだったから、近くの神社に路駐して寝るの。金ないからね。そこで除夜の鐘なんか聞いて、なんて寂しいんだっていう笑
でも、そんな来てた京都でこうやってライブができて嬉しく思います。


その当時はインターネットもないし、映画も大阪ぐらいまでしか来てなくて。福岡には情報が入ってこなかった。兄貴も福岡は出ないといけないと言ってたし、やっぱ上京しないとと思ってました。でも東京なんて今は栄えて日本の中心だけど、東の京って書くくらいで、都の歴史半分もらいますってぐらいなんです。やっぱ都はここ京都で。昔は京都に、都に向かうと言ったぐらい重要なとこでした。京都へ向かう想いを込めて歌います、一緒に歌ってください!」
12.LONG WAY


卓偉「ありがとうございます!京都は家族で来たときの景色と比べてどんどん変わっていく景色もあります。でも、変わっちゃいけないものもたくさんあると思ってます。その想いを込めて歌います」

13.テルミー東京

 

卓偉「両方ともカップリング曲でした。聴きたかった?そんな聴きたくなかった?笑」
聴きたかったよ!笑

 

卓偉「中島卓偉の曲はカップリングの方が良い曲が多いですね。デビューが99年なので、18年やってます。18年の間でいろいろ変わってきました。だからパンキッシュな曲がくれば、ファンキーな曲がきたり、踊れる曲がきたりします。ぼーっとしてたら怒ります!最初レコード会社の人とかから何がしたいのかってよく言われました笑 今やりたいことをやってます!すべてみんなで踊って一つのロックンロールやっていこうぜ!!」

14.ギャンブルーレット

 

卓偉「踊ろうぜー!」
15.上手く言えない

 

卓偉「今日はほんと天気良かったね。梅雨…入ってるよね?晴れてるといいけど、心配になるよね。降らないと大丈夫かって不安になりますね。ライブ前は降らなくて帰りに降って帰れない!って経験も何度かありますけど。明日も晴れ?じゃあ郡山と仙台は土砂降りかな笑

 

今日はSINGLES COLLECTION vol.1としてライブをやってます。2はあるんですか?と聞かれますが既にちょっとずつ発表になってますね。そして、次も京都に来まーす!!!日程発表します!11/18土曜日!


今回できなかったシングル曲もあるけど、PVだけ作ってる曲もあるんですよ。例えばUP TO DATEとかイノヴェイターとかね。これはアルバム曲だけど、その曲もやろうかと思ってます。だから申し訳ないけどこの後、UP TO DATEとイノヴェイターはやりません!笑
また来てくれるかい!頼むよ!まだまだ歌いたいんですが良いですか!来いよ!」
16.FREE FOR FREE
ここから前に詰めた。良い盛り上がり!!
ここからがほんとに良かった!

17.続けろ

間奏のとこで、

“食べたいのは八ツ橋”

 

八ツ橋!

生!

八ツ橋!

生!

八ツ橋!

生!

 

のコール。わろた。


18.超えてみせろ
19.トライアングル
20.我が子に捧げるPUNK SONG
卓偉「まだまだ歌おうぜ!!どんなことがあっても!」
21.どんなことがあっても
22.ピアス

卓偉「ありがとう!早いもので次で最後の曲になりました。18年やってきて、もう次はできないかな…と思ったこともありました。でもそんな中でまた京都でライブできて良かったなと思ってます。今日本はロックンロールできる人が少ないけど、まだまだ目標がたくさんあります。まだ叶えてないことがあります。


30代最後のアルバムも作っている途中で、いつリリースできるかわからないけど19年目中にはリリースできればと思ってます。新しいスタイルのロックンロールで、みんなで踊って一つになりたいと思ってます!

 

今日は京都に集まってくれてありがとうございます。今日はステージも高いし、照明さんも気を遣って照明も明るくしてくれたからみんなの顔がよく見えました。最後に歌い残した曲があるので聴いてください。とても個人的な歌です。昔、父親と兄貴と京都来たことを思い出しました。親父の命日が6月で、そんなときに京都に来れて良かったと思いました。今日早く起きたのも夢に親父が出て、“起きろ!”って言われて。天気も良かったし、今日はとても気のいい、気のいい一日を過ごせたと思ってます。
18年目としては京都来るのは最後かもしれないけど、19年目に入ってからのSINGLES COLLECTION vol.2でまたここで会いましょう!今日は中島卓偉の為に時間を割いて会いに来てくれてありがとうございました!中島卓偉でした!

23.3号線

卓偉「またミューズホールで11/18に会おうぜ!!グッズ買ってね!買ってくれないと死にまーす!!!」

(~19:48)

---------------------------------
いつも通りMCはニュアンスです。
最高でした。
卓偉は今年フリーイベントも含めると既に見るの4回目で、何かと機会があるなと思ってました。

シングルなのに生で聴いたことない曲たくさんあるなと思ってたところで。明日への階段もDestinationもメッセージも聴けて良かった!!

シングル縛りだから、セトリもPUNKもイノヴェイターもない珍しい仕様。セトリが良かったのはもちろんだけど、卓偉の京都に対する想いや会場の一体感やら全部含めて最高でした。
特にFree for freeからが急にまとまった印象。
今年見たライブの中でも1番良かったんじゃないかというぐらい良かった。

 

Twitterにも書いたけど、卓偉は野外で聴きたい曲が多い。青空の下で“ハロマイフレーンズ!!”と叫ぶ姿を見たい。フェスに出たら圧倒的な歌唱力で根こそぎファンを掻っ攫うんじゃないかと思うんだけどなあ。
その掻っ攫ったファンでもっと大きな会場で歌う卓偉が見たいよ。

武道館も見たいけど、個人的には渋谷公会堂とかで見たい。本当に良いライブをありがとうございました。

大阪も良かったけどまずはこちらから。
京都ごちそうさまでした。


※セトリはシングル縛りだからなんとなく何枚目か書いてみました。18枚目が我が子~となるとやはり配信とシングルカットとDVDシングルは数えられてない。
【セトリさん】
01.Calling You(5th single)
02.明日への階段(13th single)
03.BLACKSIDE IN THE MIRROR(4th single FREE FOR FREE c/w)
04.LAMBRETTA(7th single RE-SET c/w)
05.ひとりになることが怖かった(8th single)
06.Destination(6th single FORK IN THE ROAD c/w)
07.X-RAY MAN(5th single Calling You c/w)
08.BOYS LOOK AHEAD(1st single トライアングル c/w)
09.HELLO MY FRIENDS(9th single)
10.RE-SET(7th single)
11.メッセージ(11th single)
12.LONG WAY(15th single 3号線 c/w)
13.テルミー東京(14th single ユラリユララ c/w)
14.ギャンブルーレット(2nd single)
15.上手く言えない(18th single 我が子に捧げるPUNK SONG c/w)
16.FREE FOR FREE(4th single)
17.続けろ(17th single)
18.超えてみせろ(18th single 我が子に捧げるPUNK SONG c/w)
19.トライアングル(1st single)
20.我が子に捧げるPUNK SONG(18th single)
21.どんなことがあっても(16th single)
22.ピアス(3rd single)
23.3号線(15th single)