気まま猫草

音楽が好きな社会人の備忘録

17.07.07 ANDROGYNOS-a view of the Megiddo- /w PIERROT,DIR EN GREY@横浜アリーナ

PIERROT×DIR EN GREYの対バンライブANDROGYNOSへ行ってきました。

2017年1月1日に突如ANDROGYNOSのHPが立ち上がり、
“交わる事の無かった2バンド
交わる事の無かった2 つの物体
ここに破壊的融合”


を合言葉にちょっとずつライブの日付等がアップされていきました。
ANDROGYNOSは両生具有の意。
PIERROTかDIR EN GREYの二者択一ではなく、両方ちゃんと見ろよという意味かな。じゃあどっちが男か女か気になるところ。(どちらがねこかたちか)

前回のライブがスピッツで、差が激しいんだけど、アンドロジナスの共通点があるバンドたち。

 

ライブタイトルが
-a view of the Megiddo-
-a view of the Acro-
の2日間。
ファンならニヤリとするレベルじゃなく、びずある系をかじっている人であれば聴いたことがあるであろうメギドの丘/PIERROTとアクロの丘/DIR EN GREY
公式が本気でふざけてきた。

 

宗教戦争と呼ばれるぐらい対立していたバンド(おそらく対立してたのはファンであって本人らはそうでもないと思う。メンバーからは良い迷惑のような)だから、ジョイントライブなんてあり得なかったわけで。
それが実現するものだから、話題にならないはずがない。

 

会場は横浜アリーナ

f:id:snowmansan:20170709093840j:image

GLAYやABCやMR.BIGで来たことがある。
今回は17000人ぐらいのキャパだったのかな。この辺はわからず。

会場に着いたときのPIERROTとDIR EN GREYのファン層の違いが顕著。対立!というよりはジェネレーションギャップ。ビジュアル系とハードコアの異色の対バンという感じもあり。
前回のPIERROT復活ライブのときも思ったが、黒い箱(なんて名称?)を持ってる人が多くて、懐かしき90年代V系だなと思った。

 

横浜アリーナは普通アリーナ席のところをセンター席と言う(TERUは下って言ってた)
そして、スタンド席1Fをアリーナ席と言う。

今回はセンター席のところがオールスタンディングでした。開場から開演まで1時間半あり、長い。
チケットを譲ってもらったのでBブロック入場。けっこう近い。横浜アリーナでスタンディングって初めて。

事前公開の会場MAP。
戦場MAPになっている。

f:id:snowmansan:20170709094019p:image

 

公式が本気でふざけてきた(2回目)

これこそファンがニヤリとする要素がたくさん含まれている。

スクリーンは3つ。

 

7月7日のタイトル-a view of the Megiddo-
メギドだけあって、PIERROTがメイン。
DIR EN GREYが先攻。

SEと映像に合わせてメンバー登場。

DIR EN GREY(18:05~19:19)

客の押しが強い。
京が前髪ぱっつん。誰か書いてたけど、正太郎具合がすごい。

01.Revelation of mankind
PV流しながらで、相変わらず抉られるような映像。曲終わりに
DIR EN GREY
ANDROGYNOS

ってロゴ下で、京の両手を挙げる様が教祖。挙げ方も雰囲気あるんよ。
民を従えて民が崇める感じ。民衆が暴徒化する感じ。

02.audience KILLER LOOP
03.FILTH
こんな曲やるんか!嬉しかった!!一部PVに出てくる映像。

04.空谷の跫音
05.OBSCURE
有名なPV。あの花魁?映像流れた時点でなんの曲かわかる。

06.Chain repulsion
07.輪郭
08.INCONVENIENT IDEAL
09.SUSTAIN THE UNTRUTH
10.THE FINAL
FINALはだいたいやるんだろうけど、聴けてよかった。
みんな手を伸ばしている。

11.AGITATED SCREAMS OF MAGGOTS
これも嬉しかった!(2回目)懐かし!扇風機ヘドバンがやりやすい。

12.CHILD PREY
これも嬉し!!(3回目)

13.Un deux
14.譜踏み
京「ピエラーのみなさん、こんにちは。DIR EN GREYです」

この後ニコッてしてて、笑うんだ…と驚きでした。京の口からピエラーという発言がまた特別。会場もざわざわざわしてた。

 

 

 

 

 

 

 


京「ラ゛ス゛ト゛ォォォォオ゛ー!!!か゛か゛っ゛て゛こ゛い゛いぃぃぃぃぃ!!!!

ニコニコとの落差www

15.激しさと、この胸の中で絡みついた灼熱の闇
曲終わりに京が拍手していた。けっこう笑顔で。こんなニコニコする人なんやな。
終わりにまた
ANDROGYNOS
DIR EN GREYが出た。

 

機材転換。1番苦しい時間。
白い幕というかスクリーンが下から上がってきた。

☆PIERROT(19:49~20:56)
映像とSEが流れる。
メンバー登場。キリト赤髪にベガみたいな帽子。
01.MASS GAME
軍帽被ってるし、マスゲームだし、やっぱPIERROTは軍隊なのか。
そういう戦争か。

02.Adolf
腕クロスの箇所になって白幕が落とされて、会場内の客席の映像が流れる。
一体感がすごかった。
軍隊感。

03.ENEMY
恋ダンス

 

 

キリト「横浜のみなさん狂ってますか!今日は戦争ですよ。
ピエラーちゃんは!虜ちゃんは!
一般社会から見たらここに来てる人は狂ってるんですよ!今日はここまで何をしに来たんですか?暴れにきたんでしょう!
同じキチガイ共暴れようぜ!」

04.AGITATOR
05.脳内モルヒネ
06.ドラキュラ
07.THE LAST CRY IN HADES(NOT GUILTY)
ステンドグラスのイメージ映像をバックに演奏。

 

08.HELLO
バックでPVを流していた。

09.新月
月の映像が映る。
この曲のスピード感が昔から好きだ。

10.REBIRTH DAY

キリト「戦ってますか?もっと声出せよ!ピエラーも虜も!頭振るぞ!ぶっ壊すぞ!ぶっ壊すぞ!」
11.HAKEN KREUZ
潤がお立ち台に上がり、イントロを弾く。
鉤十字が少し違った。自主規制してたのか。

12.CREATURE
13.MAD SKY-鋼鉄の救世主-
折りたたみの元はこのフリじゃないのかなぁ。

14.蜘蛛の意図
En.(21:01~21:10)
キリト「横浜狂ってますか?良いと思います。
最初は戦争だったんですが、もはや戦争じゃない。今はみんな溶けて1つになっちゃいました。なんですか丘戦争って!なにがメギドの丘ですか、なにがアクロの丘ですか。最初はみんな1つだったんですよ!
最後に、最後にまた1つに戻れますか!」
15.HUMAN GATE
銀テープが曲途中で発射。

キリト「ありがとうございました!明日もあるけど、とりあえず今日は最高でした」
---------------------------------
初日終了。
思った以上に曲やってくれて良かった。
PIERROTよりもDIR EN GREYがどんなセトリかが楽しみで。
過去曲だらけを並べるような攻めない事はしないと思ってたけど、Child preyやFILTHを混ぜてたのが嬉しかったな。OBSCUREもMagotts聴けたし。

PIERROTは再度の復活ライブではあるものの、2014年の復活の時の緊張感は全然無く、“久しぶりー!!”みたいな雰囲気でした。今回は祭要素が強いからかな。
曲に関してはメインどころの楽曲を揃えてて最後のHUMAN GATEできちっと締まった印象です。

待ち時間は辛いけど、初日の段階で来てよかった。楽しかったという一言。

暴徒化する民衆と軍隊の戦いでした。

京が“ピエラーさん”と呼ぶことも、キリトが“虜ちゃん”と呼ぶこともあり得なかっただろうし、貴重な現場。まあこの対バンはPIERROTが解散しておらず、DIR EN GREYDir en greyのままならあり得なかったんだろうなぁ。


総括は2日目の日記で書けたら書こう。
特筆すべきはレイヤー集団がいる事、黒い直方体の箱を持ってる人がそれなりに多く、90年代~2000年前半に戻ったような気がしました。
間違いなく時空の入口が横浜アリーナにありました。
とりあえず初日ごちそうさまでした。

 

【セットリスト】
DIR EN GREY
01.Revelation of mankind
02.audience KILLER LOOP
03.FILTH
04.空谷の跫音
05.OBSCURE
06.Chain repulsion
07.輪郭
08.INCONVENIENT IDEAL
09.SUSTAIN THE UNTRUTH
10.THE FINAL
11.AGITATED SCREAMS OF MAGGOTS
12.CHILD PREY
13.Un deux
14.譜踏み
15.激しさと、この胸の中で絡みついた灼熱の闇

 

☆PIERROT
01.MASS GAME
02.Adolf
03.ENEMY
04.AGITATOR
05.脳内モルヒネ
06.ドラキュラ
07.THE LAST CRY IN HADES(NOT GUILTY)
08.HELLO
09.新月
10.REBIRTH DAY
11.HAKEN KREUZ
12.CREATURE
13.MAD SKY-鋼鉄の救世主-
14.蜘蛛の意図
En.
15.HUMAN GATE