気まま猫草

音楽が好きな社会人の備忘録

17.08.27 ART POP ENTERTAINMENT PRESENTS CRUSH OF MODE -PREMIUM HOT SUMMER'17- /w ムック、メトロノーム@心斎橋BIGCAT

A9の日記も書いてない中お先に。

今日はCRUSH OF MODEへ行ってきました。場所はBIGCAT。

f:id:snowmansan:20170827222528j:image


ART POP ENTERTAINMENT主催のイベント。2001年ぐらいからやってる?
普通は複数組の対バンイベントが多いけど、今回はムックメトロノームの2マン。
こんな面白そうなやつ行くしかないじゃないですか、同時期に活動し始めたバンド。


どっちが先攻かなと思ってたら会場入ると既にムックのステージセット。パンパンのBIGCATってそんな見ることないんよね。

 

CRUSH OF MODE -PREMIUM HOT SUMMER'17-

 

17:45開演。

☆ムック(17:45〜18:52)

SEのホムラウタが流れる。
1.絶望
2.娼婦
3.盲目であるが故の疎外感
4.鎮痛剤
5.君に幸あれ

SATOちのドラムタメが良い、

 

逹瑯「ムックです。復活したメトロノームと対バンです!昔イベントで対バンしてましたね。今日はメトロノームのペースを崩してやろうと思ってね。楽屋裏からずっとやってきたんですが。

チェキ撮ってたんですよ。

 

 

逹瑯“復活してからチェキ売ってるんですね~売れますか?”

 

シャラク“売れてるよ~!”

 

逹瑯“あ!!税務署に言ってやろう!!!”

シャラク“申告してるから大丈夫だよ~”

 

 

 

 

 

 

 

 


…ペース崩れないよ!笑

ART POPさんにもお世話になって、社長にもお世話になって。
ライブ見てもらうのいつ以来ですかって聞いたら、
“FOOL'Sのフェス以来かな…”って。
10年以上見ていないわけじゃないですか、久々に見たかと思ったら昔のムックで申し訳ないなと笑

こういうこともあるよね笑 今日は楽屋にあるスクリーンがこうやったら大きくなるようになってます。だからただでさえデカいメトロノームがもっと大きくなります」

楽屋のモニターがタブレット型になってるってことかな。

逹瑯「大阪…まだまだ行けんのか!!!」


6.黒煙

これもどんどんテンポ速くなる。


7.僕が本当の僕に耐えきれず造った本当の僕
8.暗闇に咲く花

逹瑯「はぁ、ムックです」

ため息というか歌いおえた…って感じの一息。

 

逹瑯「ムック初めて見る人いるー?あぁ、その人たちは
あ、これがムックねって感じ?名前だけは知ってたけどこんな感じね!!って感じ?笑
対バンで興味持ってもらって来てもらうのが対バンの醍醐味なんでね。
ムックこんな感じです!

 

 

 

 

 


いや、こんな感じじゃないんだよ!!
これ昔のムックで!この前までツアーやってて。そのとき、昔のムックでやっててそのままやろうかなと。
今日大阪でライブでしょ?で9月入ってからまたツアーが始まります。
でも、それも今のムック…ってわけでもないんだ笑
だから今のムックを見たい人は来年楽しみにしててください」

9.およげ!たいやきくん

「毎日毎日僕らはライブハウスでおっかねぇバンギャに見られて嫌になっちゃうよ
ある朝僕は心斎橋BIGCATの
フロアの海に飛び込んだのさー」って感じで歌ってた。嫌になっちゃうよのとこで、ユッケが手でしっしってやってた。

 

10.前へ
曲中クラウドサーフが来るので、

逹瑯「メトロノームのファンのみなさん気をつけて」

と言ってた。

 

11.スイミン
12.大嫌い
逹瑯「メトロノームのファンのみなさん、不快かもしれませんが今から嫌いと連発します、でも嫌いにならないでください!!!」

からモッシュでぐちゃぐちゃ。

暑かった!!!

 

幕が閉じ、舞台転換。

急にデジタルな爆音がなり幕が開く。

メトロノーム(19:14〜20:18)

楽器以外に、小型スクリーンがたくさん並んでる。当初2005年から来たって設定だったかな。なんとなくデジタル感。

 

シャラク「メトロノームだ!」

1.残念僕の人生
2.カフカ
3.解離性同一人物


シャラク「メトロノームです!
ようこそ、くらっしゅ おぶ もーど、ぶれみあむさまぁぁ?
ぱっつんワングランプリへようこそ」

シャラクもユッケも金髪ぱっつんだからね!

 

シャラク「どっちが似合ってるか、勝負負けたらぱっつんやめます!真ん中で分けます。
それかこの辺から分けて、ピンで留めて。
やっぱりちょっと古いな!っていう。

 

大阪、今日は優しいときいています!なぜか、それはおいら達がムックさんのかわいい後輩だからです。ムックさんは今年20周年でしょ?おいら達は来年20周年なんです。
年齢が上とか関係ないの、僕らが後輩なんです。後輩キャラでいくからね!

 

BIGCATは自分たちのツアーであともう少しでソールドアウトってところだったんですけど、今回ムックさんの力を借りてソールドアウトできたので全然良いです笑
一昨日のライブでおいら満身創痍なんでね。もういい歳なのでね」

シャラクが何か喋って、会場の反応が遅かったので、


シャラク「…ちょっと、ワンテンポ遅らせるのやめてよ!ムックの人に何か言われたんですか?おいらのペース乱さないで!

2マンってお互い助け合うものでしょ!
弱きを助け…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

強きに媚びる?
wwww

 

このときのシャラクの、ん?って表情よ。
こっち見んな感がすごくてわろてた。

 

シャラク「では、CDに入っている曲をやります」

さっきまでの曲もそうだったよwww


4.○△□×
5.空想ヒーロー
6.千年世界
7.ジキルでハイド
8.不機嫌なアンドロイド

 

お祭りのリズムを刻む。
MATSURIに入る前に
福助「大阪ー!元気かー!メトっ子元気かー!ムッカー元気かー!お、ほとんど今被ってたよね!


今日は言いたいことがある!ムック20周年の雑誌のコメントさせてもらったんだけど、そのときはYUKKEさんとSATOちさんは面識なかったんです。喋ったことなくて!逹瑯と矢口はね」

 

矢口ww

 

福助「こう呼ぶくらい仲良いのよ!
この間のライブのときにYUKKEさんと話して、

“本当にデカイね!”って言われて。
今日も話したんですよ。この前ロフトで話したし、その後もたくさん話してる…!
で、僕ら2マンライブのときって、写真撮るんですよ。並んだときに

 

 

 

 

 

 

 

“…デカイね!”って言われて。
話すことないんかーーーーーーい!!!
友達になりきれてないので今日は友達になりたいと思います!!!」

 

福助「逹瑯さんはモデル体型のシャラクを思えば良いし、YUKKEさんはシャラクと同じぱっつんと思えば話しかけられるし、俺はミヤと同じ一重だけど、、、SATOちさんの純粋さだけがない!メトロノームに純粋さだけが足りない!あの純粋さはユウイチローしか…」


ってとこでリウが俺俺って仕草をすると

福助「腹黒!!!あとは金の亡者(シャラクのこと)しかいない…唯一の希望は彼が我々の中で純粋なことです」
とサポートのK(NoGoD)を指す。
で、この流れから曲へ。

 

シャラク「難しいことないです、手を横にふれば良いのでね~」
9.MATSURI
10.三つ数えろ

CDで聴いてるのと少し違って歌い出しまでわからなかった。


11.強くてNEWGAME

シャラク「2マンライブではバンド同士だけじゃなく、ファン同士も仲良くなれば良いですね。2マンシリーズという言葉は僕が作ったんですが」

ほんと?笑

 

シャラク「今日は誰にでも後輩キャラでいきますからね!だからみなさん、Twitterで#メトロノーム…いい子?って呟いてください。
じゃあ最後にみんな回転して終わりたいと思います。どんどん回転してドリルみたいになって次はブラジルで会いましょう」

12.ΦD-SANSKRIT

懐かしい!!!

 

En.(20:22〜20:38)

メトロノームメンバーが登場。
その後、
福助「アンコールですが、この不気味なアンプ(ミヤのやつ)があります!セッションしまーす!」

と逹瑯とミヤ登場。
逹瑯「(シャラクを見て)…デカイね?」

 

福助「いや、あなたもデカイよ?」

 

と、1人小さいミヤをみんなが見ててざわざわ

福助「やめろ!!!!!!」

とミヤを隠していた。

 

福助「(ミヤに対して)…同じ内臓入ってるんだよね?」

何その表現www

 

逹瑯「デカイ上に、ラバーソール履いてるからさらにデカイ。横浜にそういうバンド多かったね。某W.A.R.Pとかね」
あともう1バンド言ってたけど忘れた

 

逹瑯「シャラクさんすごいクールだよね。
自分に話振られてるのに、“我、関せず…”みたいに水飲んでるし笑 今日の主役なんだから!」

シャラクが驚いて話そうとしたけど、マイク持たずに言い出したから

 

逹瑯「今マイク持たずに喋ろうとしたよね!!!!?」


自由www

 

福助「後ろ下がってるもんね」

 

シャラク「アンコールは一歩引いて…と思って」

逹瑯「五歩ぐらい引いてるって!!!!」
とその後、やっと前に出てきた。

 

逹瑯「今日シャラクくん声出したの聞いたの、さっき歌ってるときと、楽屋でYUKKEに
“前髪ぱっつん対決しようよ”って写真撮ってるときだ」

 

福助「今日はミヤと同じ絶望を顔に入れてます」とお揃いのフェイスペイントを紹介。

 

逹瑯「いやー数少ない同期なのでね、これからもよろしくお願いします。」

 

福助「またお願いします」

 

逹瑯「NoGoDいないときがいいな!サポート除いてね!」
NoGoDネタはよくわからんのだがなんかあるの?

福助が笑って笑って!!って気を遣った感じ。

福助「セッションしていいですか!」
とアンコールセッションスタート。
1.蘭鋳
シャラクが歌うと急にポップな曲になる。
途中全員座るところで、

逹瑯「座ろうか、全員無理して座らなくてもいいよ!
メトロノーム来年20周年です!でも途中やってないだろ!!!俺は認めねぇよ!!!!
これから先どうなるか来年どんなライブになるかわかんないけど、全員死刑!!!」

と全員でジャンプ。


ジャンプ直後に折りたたみになるけど、全員座ったから前との空間が空きすぎて折りたたみながら前へ詰めるという。
蘭鋳っていつもそんな感じなのかな、折りたたみウォーキングが奇怪すぎて笑った。

「もう一曲やっていいですか!!!
絶望!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


さん
2.絶望さん
絶望に見せかけ絶望さん。
途中でYUKKE、SATOちが出てきて賑やかし。
YUKKEはぱっつんに加え、メイクもシャラク、髪型は一部黒いガムテープ貼り付けて、シャラクになってた。白いタオルに黒ガムテープでメトロノームって貼り付けていた。
それと○△◻︎×のTシャツだったかな。ミヤはメタリア〜ノ?ピコリア〜ノ!のTシャツ。

曲を締めるときに
シャラク「じゃあ、1番背の高い人に飛んでもらおうかな、あ、おいらだった」
曲終わり捌けて終了。
-------------------------------
両バンド共、活動開始はギリギリ90年代後半で、知名度を上げたのは2000年入ってからかな。

 

今回参加したかったのは個人的な理由もあって。

メトロノームとムックを認識したのが同時なんですよ。中学生のときにHOTWAVEゲストでメトロノームが出ていて、そこでムックのベイNKホールのCMが流れて。

たぶん1メトロノーム発売時と我、在ルベキ場所の頃。


この同時に知れたバンドの対バンが見られるなんて素晴らしいな、と。どちらも目の周り真っ黒メイクだけど、音楽性は全然違う。

どちらもキャリアが長いだけあり、自分たちの音楽に自信を持っているので、安心感のあるステージでした。
特にメトロノームは初めて見たけど、ちょくちょく聴いてたから3つ数えろも不機嫌なアンドロイドもDSANSKRITも聴けてよかった。

メトロノームって今回予習してて、有頂天っぽいなと思いました。ナゴム所属でも違和感なくて。
僕募集中とか電気グルーヴやJIN-SAY!で歌いそうだもんね。だから好きなのかもしれない。
今度は1週間、コンピューター、プチ天変地異が聴きたい。
ムックは今年20周年、メトロノームは来年20周年。年齢はムックが後輩でメトロノームが先輩。どちらの今後の活動も楽しみにですね。
ごちそうさまでした。

【セットリスト】

☆ムック

SE:ホムラウタ
1.絶望
2.娼婦
3.盲目であるが故の疎外感
4.鎮痛剤
5.君に幸あれ
6.黒煙
7.僕が本当の僕に耐えきれず造った本当の僕
8.暗闇に咲く花
9.およげ!たいやきくん
10.前へ
11.スイミン
12.大嫌い

 

メトロノーム
1.残念僕の人生
2.カフカ
3.解離性同一人物
4.○△□×
5.空想ヒーロー
6.千年世界
7.ジキルでハイド
8.不機嫌なアンドロイド
9.MATSURI
10.三つ数えろ
11.強くてNEWGAME
12.ΦD-SANSKRIT
En.
1.蘭鋳
2.絶望さん