気まま猫草

音楽が好きな社会人の備忘録

【ゆる募】2000.11.18 GLAY HEAVY GAUGE TOUR@さいたまスーパーアリーナの昔話【人を探しています】

【ゆる募】人を探しています

タイトルは8割冗談で2割ぐらい本気の話。本気というかどうしているのかなぁというか、お礼を言いたい感じ。まだGLAY好きなのかなぁ。

 

17年前の今日、初めてGLAYのライブに行きました。11月に入って初めてライブへ行った事を思い出したもので。
コンサート、ライブというものに初めて触れたのがGLAYでした。

f:id:snowmansan:20171118074813j:image

もう番号出ても大丈夫でしょう。

J-PHONE presentsというのが時代だなぁ。

 

f:id:snowmansan:20171118075002j:image

それと、完成してそんな月日の経ってない会場だったからか座席表記について書いてあった。

!!まだ与野市になっている!!さいたま市じゃない時代!!

 

 

埼玉に住んでいた時のお話で当時僕は小学生。
その日は土曜日。


午前授業(国語と算数と学級会とかかな?)を受けて帰宅するという日。日程からして第三土曜だったからですね。
今はよく知らんが、第二、第四土曜だけが休みの時代です。

まぁその授業が終わり、学校から帰ってきたわけですよ。

 

わたくし「ただいm」

 

母親「さいたまアリーナ行くよ!!!!!!

と、ただいまは言わせないわ、玄関でランドセルは取り上げるわ、急いでる母親。
チケットも持ってないのに、雰囲気だけでも…とさいたまスーパーアリーナへ行こうという話でした。話でしたというか、合意も何もなく。

 

当時、既に親の影響もあり、いろんな質問に対し、

好きな音楽は→GLAY
好きな曲は→誘惑とneuromancerと都忘れ

と、学校でも
習っていたエレクトーンの教室でも
英会話の教室でもこたえていた気がする。1人ラルクファンの女の子と対立していた、気がする。対立ってほどじゃないけどw

 

親の持ってたB-PASSARENA37℃VICIOUS等を読み始めており、聞かされてた時期から自分で聴く時期に差し掛かった頃だった。函館物語も上京物語も夢の絆もアンオフィシャルのものも読みまくった。ただ、CDは聴くけど、ライブまでは興味がなかった。


幼すぎて、ライブというものまで意識が及ばなかったというべきか。CDやテレビで満足していた中で、埼玉にGLAYが来る!という思わぬ状況で。
ただ、記述通り、チケットは無く。


GLAYのグッズも売っているということで、興味もあって親に連れて行かれたのでした。

 

さいたま新都心駅に着くといつもと違う風景。普段はもっと人は疎らなのに大量の人。人がゴミ(ry

すごい人。


コスプレの人もいて、EXPOの衣装だ…サバイバルの衣装だ…とかだいぶジロジロ見ていた気がする。そして、みんな持っていた謎の黒い箱(!)


黒い箱に雑誌の切り抜きとか貼ってる人多かったですよね。あの黒い箱はなんなんでしょう。痛バの前身みたいなものなのでしょうかね。


グッズ売り場もすごい列。
GLAYはやっぱり人気なんだ…と圧倒される。

確かGLAYのレゴブロックがあり、それが欲しくてねだって買ってもらったんだ。どこに保管してるかなぁ。


で、GLAYのスポーツカーみたいなものも置いてあって、その前でその辺を見渡したのだった。

 

わたくし「見たいなぁ、入りたいなぁ」
と、小声で呟いたつもりだったけど、でかい声だったのかな。大学生ぐらい2人組の人が寄って来て、


「チケット余ってるんでどうですか?そんなに席良くないんですけど」

即答だった。
母親も即答だった。

 

つい数分前まで羨ましく思っていた空間を急に体験すると決まると感情の整理がつかないものです。
求めていたのに緊張感がすごい。
喜びと緊張が共存した感覚。

 

開場して、通路を通り、椅子に座ったのを覚えている。200レベルだった。
緊張感が治まってくると急に眠気がさした。

たぶん開場直後に入って、ライブ直前まで寝ていた。客電が落ち、歓声なのか悲鳴なのか、人の声で目が覚めた。また急に緊張してきた…

 

メンバーが登場。本物だ!!震えが止まらない。遠くて肉眼では顔は見えないけど動いてる!

 

HEAVY GAUGEが始まった瞬間もずっと震えていた。
本物だ…という感動やTERUはCDで聴くより丸みのある声だ…とかいろんな感情が渦巻いていた。
やっと緊張が吹っ切れたのはFATSOUNDSからで、それからの時間はほんとにあっという間だった。

なんとなくセットリストを書いておこう。昔どこかのサイトで拾った物。

 

1.HEAVY GAUGE
2.FATSOUNDS
3.MERMAID
4.ビリビリクラッシュメン
5.生きがい
6.SPECIAL THANKS
7.とまどい
8.BE WITH YOU
9.Missing You
10.LEVEL DEVIL
11.ROCK ICON
12.VIVA VIVA VIVA
13.LOVE SLAVE
14.誘惑
15.COME ON!!
16.SURVIVAL
17.Will Be King
En.
18.新曲(WET DREAM)
19.生きてく強さ
20.SHUTTER SPEEDSのテーマ
21.ACID HEAD

 

大好きだった誘惑が聴けた喜びもあったし、CDで聴いてた曲が生で聴けたことも嬉しかった。何よりGLAY4人が見られたことが本当に嬉しかった。

 

ライブが終わった後は話が止まらなかったし、帰ってからも興奮しっぱなしだった。
翌日眼が覚めると高熱で寝込んだ記憶。
ライブで熱を持ち帰ったのかな笑

 

17年前の今日、初めてGLAYを見ました。

 

そのきっかけがなかったら、GLAYのライブへ行くことはなかったかもしれないし、自分でライブへ行くとしても何年も先だったかもしれない。

だから、その女性2人組には感謝しかないのです。女性2人組という手がかりしかなく、顔も格好も何も覚えていないんだけど。

 

17年経った今でもライブに行けていることは幸せなことです。まだまだ行くよ!

明後日の奈良も楽しみにしてます。
本当にありがとうございました。

以上、ライブレポでもなんでもない、思い出に浸った日記でした(╹◡╹)

ノスタルジーの予感でした(╹◡╹)