気まま猫草

音楽が好きな社会人の備忘録

【昔のおはなし】2007.10.29 Acid Black Cherry presents SWAPPING ROCK PARTY@Zepp Tokyo【yasuさんに会ったときのこと その2】

時間が無くてとりあえず“つづく”にしたものの、後半がすごく短くなってしまった。すごく尻すぼみ。竜頭蛇尾。やっとyasuが出てくる、

 

【前回までのあらすじ】

CD購入のライブ・バックステージ招待が当たって、ライブを見に行った

                                ↓

ライブを普通に楽しんで見終わった

                                ↓

バックステージへ連れていかれて心臓ばくばく

 

ってところ。

三行で終わるのにだらだら書いちゃったなぁ笑

 

バックステージで、

スタッフの方「ここにyasuさんが来ます!」という言葉。さらに緊張が高まる…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前方から華奢な黒髪の人が来た。
女性かと思うぐらい華奢な黒髪の人。
yasuだった。

 

スタッフの方「では1人ずつ話してもらって写真撮りますね、そちらの方から!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こっちから…?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ええ!!心の準備がぁぁぁああああ!!!!!!!

 

yasuが向かって歩いてくる。
もう心拍数上がって何言って良いかわかんなくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

yasu「今日は来てくれてありがとうね」

 

僕「ライブ最高でした!本当に楽しかったです!…昔枚方住んでたんです!」

 

yasu「え、マジで!!?どこ??枚方のどこ?

 

僕「茄子作ってわかります?駅は香里園とk」

 

yasu「kiyoん家やん!!!!

wwwwめっちゃ被せてくるwwww

 

 

僕「ええー!!映画のHIRAKATAとか見てて懐かしかったです」

 

yasu「ありがとうね!」

 

僕「またアルバムとか出るのかもしれないですけど、ライブ楽しみにしてます」

 

yasu「またライブに遊びにきてな、ありがとう!!」

と覚えてる範囲でもけっこう長く会話できて、チェキで写真撮影してもらいました。


他の人との会話も目の前で見れて、時間でいうとどれぐらいいたのだろう…30分ぐらいいたのかな。

他の方は“feel the windから好きで…”とか

ライブで氷室のモノマネしていたので

BOOWYカバーやってください!…”とか
ライブ後で疲れてるであろうyasuさんは本当に丁寧に対応してくれていて。

 

また来てなと見送ってくれました。


出口までスタッフさんが案内してくれる途中、顔洗ってんのか黒髪長身の男性の後ろ姿が。こちらをチラッと見てわかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ギター千聖さん!!!!!
バックステージやから当たり前やけど、ポケモンでいう草むら並みにバンドマンがいる!!野生のバンドマン!!!!

 

突然過ぎて、“お、、お疲れ様です!!!”ってしか言えんかった。千聖さん“ありがとう!”ってわろてた。

 

出口から出て夢だったのか現実だったのかわからないふわっとした状態でりんかい線に乗り込みました。

 

あのとき一緒にいた方たちは今でもABCが好きなのかな、どうしてるんだろうか。10年前行ったABCのライブは本当に忘れられないものです。少し風化してたのも事実ですが(笑)、急に思い出すと芋づる式にその時の感情が溢れ出してきました。づるづる〜。

 

yasuは今活動休止中で療養しているのでしょうか。どんな形であれ、活動を再開してくれると嬉しいですね。

またライブ来てな”って言葉が僕の心にずっと残っていて、その言葉があるから毎回ライブへ行きたくなるんだろうな。

 

Janne Da Arcからyasuのファンになったから、もちろんJanne Da Arcのライブも見たいんだけど、このときの記憶があるからAcid Black Cherryも本当に大切な思い出のあるバンドです。

 

活動再開するのが来年なのか、再来年なのか、その先なのかわからないけど、ずっと待っていたいなと思っています。
そんな想いも書き留めたくて日記を書いてみました。

 

この翌週にGLAYで最前ドセンライブがあって、僕のライブ運ピークは間違いなくこの時期だったのだろう。その話はまた今度。さりゅー。