気まま猫草

音楽が好きな社会人の徒然

18.09.24 和楽器バンド 平安神宮単独奉納ライブ in 和楽器サミット2018@平安神宮特設ステージ

和楽器バンドのライブへ行ってきました。
場所は平安神宮(!)

f:id:snowmansan:20180924225916j:image


ライブ日付前後するけど新しいものを新しいうちに。イナズマと浅井さんの日記はまた今度で。

 

平安神宮でライブってなかなか神秘的。
どんな感じなのかなと思ったら、本当に入場したところにステージセット。

 

鳥居が入場ゲートのようで、なんかそれも感動で。席に着くまでにけっこう感動してしまった。
砂利の上に客席がある。
上手側。

 

和楽器バンド 平安神宮単独奉納ライブ in 和楽器サミット2018

18:45ぐらいにお祓いをされた。
ステージと、会場全体。なんか祓ってもらえたかもしらん。

 

18:56ぐらいにステージ裏のえいえいおー的なのが聞こえる。

 

19:00〜20:12
1.花一匁

ゆう子「平安神宮!この特別な場所で特別な時間を過ごしましょう!」


2.戦-ikusa-

ゆう子「改めまして、平安神宮にお集まり頂きありがとうございます。昨年に引き続き2回目。和楽器サミット2018を開催させていただきまして、、二条城にも行ったよーって方いますかね?ありがとうございます。昨日に引き続き和楽器バンドが和楽器サミットの締めをここ平安神宮での奉納ライブで務めさせて頂きます。これは震えますよ…!

 

前回は夕方から始まったんでね、日が沈むところからライブが進んで行ったんですけど、今回は日が沈んでからのスタートなのでまた特別ですね。見てください、みなさんのペンライトの和楽器バンドのカラーが綺麗に光ってます!
ここからまだまだ特別な場所で楽しんでください。バラードを聴いてください。砂漠の子守唄」
3.砂漠の子守唄
町屋さんはアコギ、エレキ二台持ち。この曲の圧が平安神宮にぴったりだった。

 

4.細雪

 

ゆう子「和楽器バンドが結成されるきっかけとなった詩吟。詩吟をここ平安神宮で吟じたいと思います。詩吟って聴いたことありますか?なかなかないですよね?和楽器バンドとしてもなかなかフルでやる機会が無いので、ぜひ聴いてもらえたらと思います。ここ東山なので、京都東山という詩吟を吟じます」
5.詩吟奉納
和太鼓、箏、尺八の編成。
詩吟は生で初めて聴いた。

 

京都東山という詩吟で、

三十六峰 雲漠漠
洛中洛外 雨紛紛
破簦短褐 來って涙を揮う
秋は冷ややかなり殉難 烈士の墳

というものでした。くもばくばくとかあめふんふんという言葉がすごく印象的。

 

 

ゆう子「ありがとうございます。私もなかなか聴いて頂く機会がないのでね、嬉しく思います。京都東山という詩吟なので、今日の記念に持って帰ってもらえたらなと。今便利なんで、“京都東山 詩吟”で検索してもらえたら、詩ももちろん意味も出てくるんで、ぜひお風呂とかで歌ってもらえたらと。メロディとかは自由なんでね。

詩吟と言っても京都にもたくさんの素晴らしい流派があってなかなかここでやりにくいです笑 でも自分の流派をやらせて頂きました。
ここからも今日だけの特別な時間を過ごしてもらえたらと思います!」

6.吉原ラメント
4人の津軽三味線の方が登場。
いつものリフをユニゾンしていた。これが圧巻。

 

7.刹那-桜風雪花-
和太鼓ソロかと思いきや、和太鼓と剣舞剣舞中心はゆう子さん。

 

8.知恵の果実
ギター、ベース、ドラムのインストナンバー

めっちゃゲームミュージックっぽくてかっこいい。

 

ゆう子「次はみんなお待ちかね、ボカロメドレー!!」

9.ボカロメドレー
セツナトリップ
脳漿炸裂ガール
三拍子のところは
ゆう子「はぁ、たまらんですなぁ。。
この電話番号は…?」

 

と、それぞれがこの電話番号は言って、
“あわわわわわわ!!”って山葵(?)が言ってた。

ゆう子「何言ってるんですかwww」

いろは唄
千本桜

和を感じるようなボカロ楽曲がメインでした。

 

黒流「和楽器サミットお集まり頂きありがとうございます!こうやって今年も開催できて嬉しく思います。僕たち和楽器バンド以外にも、こうやって和を持って活動しているグループがたくさんあるので、ぜひ一緒に応援してもらえたらなと思います。」

 

ゆう子「今回はね、墨絵アーティストの永田充さんとのコラボタオルとTシャツがあります。みんな買ってくれたかなー?今日だけの特別のものなんでね。
そして、さっき吉原ラメントでも出てきてもらいましたが、べにとね」

 

べに「はい、私の流派(何流って言ってたかな)と出ました。私京都出身なんで、ここでやれることを嬉しく思ってます!!
大新年会でもやったんですけどまた一緒にできて嬉しかったです」

 

ゆう子「そうですね、ここで再現できたことを嬉しく思います。
ああ痺れるなぁ!魂込めてバラード歌っちゃうよ!風立ちぬ


10.風立ちぬ
11.律動遊戯・群
リズムバトル。
無限のメンバー登場。

 

黒流「まだまだ叫べますかー!僕らに続いて叫んでください!明日のこと考えるなよ!学校とか仕事とか忘れて全部ここに出していけ!」

黒流「だんだんだん!」

 

\だんだんだん/

 

山葵「だだだだだーん!」

 

\だだだだだーん/

黒流「全然だめ!!!特に前の方がだめ!無限のメンバーがイケメン過ぎて見とれすぎ!!!
無限老けろおお!!!」

wwww

もう一度

 

黒流「だんだんだん!」

 

\だんだんだん/

 

山葵「だだだだだーん!」

 

\だだだだだーん/

 

黒流「和太鼓どーん」

 

\和太鼓どーん/

 

山葵「無限もどーん」

 

\無限もどーん/

 

ここからは無限を交えたドラムと和太鼓のリズムパワープレイ。

 

ゆう子「ここからは日本人誰もが知ってる三本締めのリズムでいきたいと思います、準備はいいかい!!」
12.起死回生

 

ゆう子「ちょうど今、月が見えてます!曇ってたけどここで見えました!!ラスト一緒に歌ってくれますかー!!」
13.Perfect Blue
ここで月が顔出してPerfect Blueというのが素晴らしい\(^^)/

 

En.(20:15〜20:29)
ゆう子「みなさんありがとうございます。さっきみなさん月見ましたー?今日は中秋の名月のようです。まるでライブを祝福してくれているかのようですね。
今回平安神宮でのライブは私たちとしては4月から続いた長いツアーのラストのように思います。今のところ今日で国内単独公演ラストなんです。


ここまで一度しか会えなかった人もいるかもしれないけど、和楽器バンド1人も欠けることなく無事にライブができました。素晴らしい仲間、スタッフそしてみなさんに支えられて廻ることができました。ありがとうございます!
だから今日は全てが集結したような気がしています。次はさいたまスーパーアリーナだぜー!!!みんな来てくれるかい!!ここからアンコール、タオルある人は振り回していこうぜ!」

 

黒流「タオルない人はペンライト振り回していこうぜ!!」

14.雪影ぼうし

最初のイントロでお立ち台にいるだいさんとべに。この曲が今年は一番聴いたんじゃないかな。

 

ゆう子「最後、みんなで歌いましょう!暁の糸」
15.暁の糸

アンコール呼び込みが暁の糸で毎度のように聴いていたけど初めてライブで聴いた。なんだかライブで聴くと意識が飛びそうというか引き込まれ方が違って。

プログレッシブな要素をどことなく感じで…でも和音階。それが不思議で、不思議だけど歌詞は紡いで止まらなくてこの和を中心に拵えた和楽器バンドが平安神宮でやる意味をこの曲に見たように思った。

 

ゆう子「みなさんありがとうございましたー!!最後に仲間を紹介したいと思います」

 

と、壮心流(?)の剣舞の方々と、べにの津軽三味線の方々と、和太鼓パフォーマーの無限の紹介。

 

ゆう子「だいぶいじられてた無限!!」

 

黒流「なんとかメンの無限ね!」

たしかにイケメンやってん!!!

 

そんな感じで終了でした。

---------------------------
昔から何度もお参りに来ていた平安神宮
そんな場所でライブを見られるというのが不思議で。


でも和楽器バンドが平安神宮で奉納ライブですごくぴったりじゃないですか。そんな空間が観たくて行ってきました。


普段のライブとも少し違って、詩吟も長かったり、剣舞も仲間がいたり、三味線も仲間がいたけど、基本的には和楽器バンドなわけですよ。特別な何かを飾らずとも平安神宮で似合うステージを熟せることが素敵ですよね。


和楽器バンドのライブ行き始めたのは今年の2月からでど新規もいいとこなんだけど、今年に入ってフェス含めて5回行くことができました。
何度見ても何度聴いても発見があって、だから観に行きたいと思えるバンドです。
来年のたまアリも極力行きたいなと思ってる次第です。ごちそうさまでした。

【セットリスト】
1.花一匁
2.戦-ikusa-
3.砂漠の子守唄
4.細雪
5.詩吟奉納
6.吉原ラメント
7.刹那-桜風雪花-
8.知恵の果実
9.ボカロメドレー
セツナトリップ
脳漿炸裂ガール
いろは唄
千本桜
10.風立ちぬ
11.律動遊戯・群
12.起死回生
13.Perfect Blue
En.
14.雪影ぼうし
15.暁の糸