読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まま猫草

音楽が好きな社会人の備忘録

16.02.19 聖飢魔II 地球デビュー30周年 地獄の再審請求「控訴」@日本武道館

こんにちは。
聖飢魔IIのライブへ行ってきました。
地獄の再審請求 控訴

これは今回のツアーが全席死刑ツアーを回ってて、これでライブが終わりの人を死刑確定、次来る人を執行猶予をもらった者と言ってたのが関係してると思う。すごいタイトルだ。

会場は日本武道館。10000人規模。
悪魔が武道館。悪魔が天下取った感があって良いなぁ。武道館でライブ見るのはゴールデンボンバー以来かな。

そして武道館2days初日は2nd album “THE END OF CENTURY”の再現ライブらしく、それも楽しみの一つ。

18:30〜19:40ぐらい
閣下の影アナからメンバー登場。

1.聖飢魔II ミサ曲第II番 「創世記」
棺桶から閣下登場。


デーモン閣下「グハハハハハ、聖飢魔II THE END OF CENTURY!」

2.THE END OF THE CENTURY

デーモン閣下「しっ、振り向いてはいけない。誰か後ろにいるぞ。そう、汝の背後から我々悪魔が近づいてくる足音が聞こえるだろう。今宵あなたの枕元にお邪魔します。It's demon's night!」
3.DEMON'S NIGHT

デーモン閣下聖飢魔II期間限定再集結。今回は再審請求だ!お前らそんなに死刑が嫌か!そういうときはころさないでぇ…と言うんだ。死刑が嫌か!!」

殺さないでー!

「気持ちがこもってない!ころさないでぇ…だ。死刑は嫌か!」

ころさないでぇ…!

「そうだそうだ!命を取られるのが嫌か!そういうときは命だけは助けてください…と言うんだ。命をとられるのは嫌か!」

命だけは…

「命だけがなんだって!!言わされてる感がある!笑

30周年で喜んでる諸君!何を喜んでいるのだ!我々は自律しているか確認に来てるのだ!もう解散したバンドにすがって…あぁ行っちゃう、また出てきた…と。解散後に信者が増えているというのはどういうことだ!!笑 民放のテレビ番組に出るわけでもない、新曲を出しているわけでもないのに!
ここに来ていないやつに言っておけ、お前らは偉いと!そしてお前らは愚か者だ!自律できてない!我輩はそんな愚か者が大好きだ」

いぇー

「うるさい!静かにしろ!!笑」

受話器で喋るシーン。

「妊婦の胎教でハードロックやヘヴィメタルは良くないと言ったりするが、当人が良いも思うのであれば胎教になるのではないか。単に激しい音楽だからと言って悪いというのはどうかと…おもいます」

4.悪魔の賛美歌

デーモン閣下「時に19世紀末、倫教の街を震撼させた謎の男。奴の右手に光るナイフは悪魔に操られて毎晩女の生き血を啜るまで休まることを知らなかった。昨日人を殺した…だからあと何人殺しても同じだ!」

5.JACK THE RIPPER

プロジェクションマッピングで館の映像を流し…
デーモン閣下「悪魔の森の奥深く、一見何の変哲もない古い屋敷。ただ、その一室からは毎夜毎晩少女の悲鳴にも似たような叫び声が聞こえるとか…聞こえないとか…」

きゃーとおばちゃんばかりが言うから

デーモン閣下「熟女の叫び声が聞こえるとか…聞こえないとか…。はい熟女?お前も蝋人形にしてやる」

と、熟女に手を挙げさせて蝋人形に1人1人させてた。今日はデーモン閣下が英語で語ってゼノン石川が日本語訳するのではなくオリジナル。2ndの再現だからかな。

デーモン閣下「お前も蝋人形にしてやろうか!!」

7.怪奇植物

デーモン閣下血に飢えた狼達よ、今こそ自らの牙で鎖を解き放つ時がきたのだ。悪魔がこの世を治めた証…The fire after fire

8.FIRE AFTER FIRE

悪魔たちが早々に去り。
“こ、これはなんですか…?”
“10分間の休憩だ”
“10分の間にはばかりに行けるかしら、全員が行ったら戻ってこれないんじゃないかしら…”とか言うやり取りがあり休憩。

2部 19:54〜21:30ぐらい
9. GO AHEAD

デーモン閣下「第二部へようこそ。前座で出たバンドは若々しかったね(2ndアルバム再現ってこともあり)

でも、まだ荒削り感があってね。これから本編は一味違う空間をお見せしよう。森の仲間たち!」

とハイホーの小人や熊の格好した人たちが紅玉を持ってきた。


デーモン閣下「(熊に対して)お前森にいないだろ!!!笑  やはり紅玉が一番だ。投げてみてこの感じだ。前回の全席死刑ツアーではこれが出てくる機会がなかった。各会場に初めて我々を見る者も多かったようだが、、、
このイニシエーションを楽しみにしてたのに見れなくて残念に思っていたやつ!待たせたなぁ…!武道館でやるのも久しぶりすぎて前回この曲をやったかも覚えていない。

知っている者も知っていない者も知らないふりだ。ここに紅玉がある!これを青森県南部及び岩手県で何と言うか知っているか!」

知らなーい

デーモン閣下「なんとまんこう(満紅)と呼ぶのだ!男性に聞く。それを自由の手に納めたいと思っているのにいざ目の前に現れると背けてしまうものはなんだ!!」

まんこう!

デーモン閣下「女性に聞く。時にはそれを武器にして、手入れをしているものはなんだ!!」

まんこう!

デーモン閣下「全員に聞く。今すぐしゃぶりつきたいそれはなんだ!」

まんこう!

こんな感じだったかな…?笑
林檎を食べ過ぎてもぐもぐする閣下。食べ過ぎた、ちょっと待て。とのこと。


デーモン閣下「(金八先生の真似をして)一つ腐ったりんごが入っていると他のりんごも腐ってしまいます…それはこれが悪魔の実だからだ!」

10.アダムの林檎

アダムの林檎抽選会!!

デーモン閣下日本武道館は舞台上から物を投げてはいけないということで、我々は色々と考えた。釣竿にひっかけて吊るして渡したら投げたことにならないか…とか。結局抽選をすることにした」

とチケットの半券の入った箱を持ってきた。

各メンバー半券を引く。

デーモン閣下「合計で6枚引いている。復唱した方がいいのかな?いやなんとかなるか。いらなくても絶対持って帰れよ!!ミサが終わった後、落し物をまとめているテントのとこにまんこう引換所がある!そこに行け!あれ、半券我輩が引いたやつだけセブンイレブンで、他はローソンチケットだ。これ本当にうちのチケットか?!」

とかやり取りをする。
林檎はケースに入って、構成員のサイン入りらしい。

デーモン閣下「改めて紹介しようライデン湯澤!」

ライデン湯澤「武道館!今回ツアーでずっと乳首の話してきて今日はやめようと思ったけど、大事なこと思い出したんだよ。ルークとやってるCANTAのツアーで甲府に行ったんです。そのライブハウスで始まる前、ウロウロしてたんだけど、我々がやるすぐ後ぐらいに聖飢魔IIのコピバンがやるようでポスター貼ってあって。俺たちの後なんて商売上手だな!って。ライブの写真とかしっかりしってるんですよ、A2ぐらいのサイズで。わかんないよ、格好だけで下手かもしれないけど格好はしっかりしてて!で、ちゃんと上半身裸でね。でよく見ると乳首が綺麗なんですよ。俺ちち毛が生えてるんで…うーん、と思ってマジックで描いてやったんだ!後日談とか聞きたいんだけど、本人が落書きされて怒って捨てたのか、気づかれなくてそのまま捨てられたのか」

デーモン閣下「今日来てるかもしれないしね」

と、南側でわーわー叫んでて、当人が来てたみたいで

ライデン湯澤「書いたてたの知ってた?」

知ってましたー!

デーモン閣下「ライブハウスのスタッフの人が言ったかもしれないしね。誰かに教えてもらったの?って何会話してんだwwライブハウスならまだしも武道館で」

「武道館って久しぶりだけど意外と狭いよね。それは我々が大きくなったのかな?氣志團万博とか経験してると狭く感じるね。」

ゼノン石川「乳首の話で思い出してしまった。某バンドで庭みたいなとこでライブができる旅館があって、海水浴ができるとこもあって、上半身裸だったんだけど、誰が乳首が綺麗か決めようということをファンの人含めてやりまして。わたくし、いいところまでいったんですが2位でした。ドラムの人に負けてね。武道館という晴れ舞台でなんの話をしているのだという。まあ絶対脱ぎませんが」

デーモン閣下「そのときは脱いでたんだよね?うん。林檎当たった諸君いらなくても必ず持って帰れよ!!いらなかったらただであげるのだ。売るのではなくあげるのだ。持って帰れよ!なぜならbloosom dreamが詰まっているからだ」

11.秘密の花園
12.WINNER

デーモン閣下「我々の信者でたまに“聖飢魔IIは私にとって神です!”という者がいる。使う相手を考えて言え!!我々に神などと侮辱でしかない!笑   神というのはときにいいことのように使うが、すぐ流行り物を使おうとする!この前も信者の集いなるものを行ったが、チョコレートを持ってきたものがいた!何度言えばわかるのか!神を持ち込むなというのは今だけでなく、世を忍ぶ仮の姿のときでも神を考えたことはない!日にちを意識することもないからな。そんなわかってないやつをどうすればいい!」

殺せー!

今回は殺せーをウェーブでするとのことで、下手から順にわーっとやっていった。

「おい!ウェーブは綺麗にいった。ウェーブは綺麗だった。が、殺せと言うのを忘れているだろ!!やり直し!!笑  そして殺せなんだから両手をあげるのではなく拳だろ!やり直し!笑」

2度目はうまくいった笑

13.BAD AGAIN

「ミサも終わりのときが近づいている。幸せがあれば不幸せがある、楽しいことがあれば悲しいことがある。世界はその二つで出来上がっている。楽しいミサがあれば寂しくなるものだ。じゃあ楽しくないミサをすればいいのか…笑

聖飢魔IIを聴いている人には割と勉強ができる人やそれなりにこなしている人も多い。ただ日々の生活の中で悶々として、居場所があるのだろうか等考えたりするのだと思う。選択が正しかったのだろうかと考えることはもう過ぎ去ったもの」

居場所がない者の中でのマイノリティの星でありたいという二日目のMCと内容がごっちゃになってめっちゃ大事なこと言ってたのに忘れてしまった…(°_°)Blu-ray見よう。

15.EL DORADO

‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
2nd album再現ということもあり、語り部分もそのままで想像以上だった。初期のおどろおどろしい感じが表現されており、ほぼ解散後に聴き始めた自分としては過去の再現をそのまま見れているようで嬉しかった。そして、閣下の声量•ピッチが今まで見た中で一番良かったんじゃないかと思ったぐらいで。
THE END OF THE CENTURYやっと聴けた…!

そして、そこから第二部のGO AHEADの洗練された感。初期と後期の楽曲の違いを再認識できた気がする。

全席死刑は初期楽曲、続 全席死刑は後期楽曲を行うライブツアーだったから、初期後期が混ざるライブは今回が初めて。
ただ、全席死刑よりも今回の方が初期楽曲がフィーチャーされた内容に思う。過去があるから現在がある。現在を魅力的に感じるから過去を知ろうと思う。なんでも相互関係ですね。

テクニカルでメカニカルなのに哀愁も漂うメロディで。メタルって絶対日本人が好きだと思うんだけどなぁ。なかなか斜陽産業。

そんなマイノリティな中でも日本武道館を集められるマジョリティなバンド。

19日の内容はこんな感じです。
20日の内容はまた今度書こうかな。

ごちそうさまでした。

【セトリさん】
-1部-
1.聖飢魔II ミサ曲第II番 「創世記
2.THE END OF THE CENTURY
3.DEMON'S NIGHT
4.悪魔の賛美歌
5.JACK THE RIPPER
7.怪奇植物
8.FIRE AFTER FIRE

-2部-
9. GO AHEAD
10.アダムの林檎
11.秘密の花園
12.WINNER
13.BAD AGAIN
15.EL DORADO