気まま猫草

音楽が好きな社会人の徒然

【アーカイブ】14.08.30 音楽と髭達2014-Rock'n Roll STADIUM- /w 四星球、T.M.Revolution、ナオト・インティライミ、ゴールデンボンバー、Acid Black Cherry、マキシマム ザ ホルモン、エレファントカシマシ、コブクロ、SEKAI NO OWARI@HARDOFF ECOスタジアム

mixiで過去に書いてた日記のアーカイブです

----------------
こんばんは。
8月も終わりですが一大イベントへ。
新潟まで夏フェスへ参加してきました。


音楽と髭達…音髭って略すらしい。
夏フェスって参加するの初めてかも。 普通フェスっていうとゾーンを行き来する感じですが、 今回はワンステージのみ、しかも球場内。


で、球場名がハードオフエコスタジアム。 私の好きなものが球場名になってる!!!


リストバンド引き換えて並びに行くと人が多すぎて入れるか不安だ ったが、なんとか入場。
入るとすぐにオープニングアクト登場。

 


☆四星球
曲名はわからないが、曲中に炊飯器から白飯食べたり、 ギターの人がセットを上り始めて上空でギター弾いたり。 歌詞が面白かった。宇宙と交信するおっさんの歌とか。


2曲目が終わった時点で、ボーカルの方が
「もう満足しました、終わりますありがとうございました」 と言った瞬間、


“アンコール、アンコール”と流れて呼び戻るw
この感じ金爆っぽい!!


印象的だったのは
「CDは飽きたらハードオフに売ったら良いです!でも、 みなさんの見てるライブは売ることができません!! ずっと心に残り続けて後から思い出せるライブをやりたいと思って ます!!有難うございました!」
という言葉。


10年間コミックバンドやってるとのことですが、 なんだか人柄の温かさを感じました^^


T.M.Revolution


HIGH PRESSURE
HOT LIMIT
WHITE BREATH


西川「初めまして、ゴールデンボンバー!!ではなくT.M. Revolutionです! 今日は音楽と髭達招待いただきありがとうございます! まぁ僕の事知らない方や嫌いだと思ってる方もいると思うので、 みなさん、今日は僕がトップバッターなのでわかりやすい曲、 わかりやすい曲をと思ってやりました。ありがとうございます!! 」


西川「最近だと消臭力歌ったりしてますが…」


歌ってー\(^o^)/
と拍手が!!


「今は違うでしょ、最初のMCですよ? 今は別のCMであの曲そこまで歌ってないんだから!! もうちょっと空気読もうよしょ~しゅ~りき~!!


やった!!


西川「有難う御座います、有難う御座います。 まぁわかりやすい曲を… と先ほどのMCで言いました出たばかりの新曲やりたいと思うんで す…良いですか!!」


突キ破レル-Time to SMASH!
・Thread of fate


西川「今日の天気見て下さい、本当晴れて良かったですね! 車で昨日揺られて4時間ぐらいかけて来たんですよ。 着いたの3時ぐらいかな、雨凄くてね。でも見て下さいこの天気! 皆さんの日頃の行いが良いからですよ!ありがとうございます! まぁ8割は僕のおかげですけどね!


冗談は置いといて、さっき消臭力も歌いましたが、 歌わされましたが、昼から言うのもなんなんですが、今(CMで) 股間の歌を歌ってまして。それを今日やりたいと思います。 ものすごく力強い、心を込めたバラードとなっております。 ただですね、 サビに入る前皆さんの顔がにやける可能性があるので、 サビ前で膝を思い切り殴るとか、 つねるとかして聞いてほしいと思います」


Phantom Pain
Preserved Roses
革命デュアリズム


前方のスタンディングエリアで拝見。
トップバッターが西川さんってすごくよかった。WHITE BREATHは特にアレンジが変わりすぎて最初全然わからなかった笑


ベントライブやワンマン含めて何度か見てるけど、 あの声量は圧巻。打って変わってMCは大阪のおばちゃん。 その二面性が良いですね。
新曲も聴けたし、消臭力も聴けたし最初からトップギア


ナオト・インティライミ
・Yeah!
・Hot!Hot!n


ナオト「皆さん音楽と髭達へようこそ!皆さんすごいですよ、 冒頭やったのアルバム曲なのに…誰も知らないって!笑 知らないよね? それなのに一体になってもらえて…音楽好きだからこそ、 フェス好きだからこそできることですよね!


音楽と髭達と私というタイトルで作文を書くとしたら、 ちょうど6年前、コーラスで出る予定だったんですよ。 ミスチルさんのコーラスでこの辺にいる予定だったんですよ。 でも大雨で中止になってしまって。 去年も大雨で大変だったようですが…。
なので、 今回はその時のリベンジという意味合いと今回初めてナオトインテ ィライミとして招待頂いたということで、気合入っております!! よろしくお願いします!!


今回新曲出すことになりまして。 まぁみなさんからしたら全曲新曲だと思うんですけどね!笑 今回は人生について書きました。 みなさん生きていると楽しい事だらけじゃないと思うんです。 僕もリア充っぶってますが(笑) 生きていると辛い事も多くありますよね。 そんな人たちの背中をおせるような曲を作りました」


・LIFE


「大切な人を思い浮かべて聴いてほしいです」
・タカラモノ~この声がなくなるまで~

 


ナオト「いや~新潟!最高ですねー!
新潟と言えば、新潟と言えばですよ、 世界一周の旅行から帰ってきて、 フラフラしてるときに新潟の今はないjunkboxってライブハ ウスでお客さん五人の前でやったんですよ。 新潟の皆さんを感動させたいって気持ちでやってたんですけど、 今回!ついに!朱鷺メッセでライブできることになりました! ありがとうございます!!
今日までチケット先行やってるので、 今日のライブの帰りついでにポチッとして帰ってください!! ではワールドカップの曲聴いてもらって良いですか!!」


・The World is ours!
・おまかせピーターパン
・カーニバる?


変わらず前方エリアで参加。
最近ナオトインティライミが好き。起志快晴って曲が好き。


数年前ならおそらく聴かなかっただろうけど、 こういう優しい曲が心地良い。
そして好青年というかさわやかというか。全く害のない… 湯気のような存在でした。

 


ゴールデンボンバー
いつものゴールデンボンバー始まるよパーナが流れ登場。


鬼龍院「どうも、NEWSです!!音楽と髭達暴れていけるかい! 酔わせてモヒート


酔わせてモヒート


鬼龍院「だっさい、 だっさい振付があるので一緒に踊ってくれたらなと思います!」
Dance My Generation


鬼龍院「ゴールデンボンバーですイェイ!! 音楽と髭達2014招待頂いて有難う御座います!!僕たちね、 2012年も出させて頂きまして2度目です!!去年はね、 なんかあったんでしょうね。 事務所同志の攻防とかあったんですかね。有難う御座います!
僕らの事を知らない人や嫌いな人もたくさんいると思いますので、 自己紹介から始めたいと思います、僕がボーカルの鬼龍院翔です、 せーのっ」


キスミー\(^o^)/


喜矢武「うわ、全然人気ないね」


鬼龍院「本当だ、帰ろうかな。さっ次はギターの喜矢武豊!!」


喜矢武「どうもー!!新潟!!すごいねー!! こんにちはギターの喜矢武豊です。今日熱いですねー!! こんな熱い日には夏っぽいものを食べたいですね。 夏らしいものが食べたい喜矢武豊でした!」


歌広場「みなさんこんにちはー!!私事で申し訳ないんですが、 今日で29歳になりました!!有難う御座います!! 今日の目標としてはですね、誰よりも頭をふる! 頭を振って命日なっても良いかなと思ってます、 俺が振らないとみんなも振らないと思うので!!」


鬼龍院「今日が命日になったらちょうど区切りが良いしね! 次はドラム樽美酒研二!!」


樽美酒「しーーーー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おち~んち~ん!!! 」

 

wwwwww

 

樽美酒「静かなところでおちんちんは気持ち良いですね!! ドラムの樽美酒研二です!!私事でありますが、今日このライブ、 お父さんが見にきております!! ライブに来てもらえるという事で、 特等席を用意してもらいました!!今日はね、 そんなお父さんの為にも今日は頑張りたいと思います!!」


・抱きしめてシュヴァルツ
喜矢武さんのギターソロは西瓜の早食い。 早食いというか潰してるだけというかww
研二のドラムソロはお父さんに特等席を見せるということで、 ドラムセットの下に隠れて見るお父さん。 一番近い距離で見てますわねw


鬼龍院「うわ~どこから処理していこうかな。喜矢武さん、 西瓜食べるというか潰してるよね」


喜矢武「僕ね、あんま西瓜好きじゃないんですよ」


鬼龍院「そうなんだよね、 何年か前から西瓜やってるけどあんま好きじゃないんだよね。 そして、研二さん!あのおじさん誰?」


樽美酒「知らない」


鬼龍院「お父さんじゃないの?」


樽美酒「音髭のスタッフさんが用意してくれたの。いや、 お父さんに出てくれって言ったら“バカ野郎、 新潟まで行けるわけねぇだろ”って言われちゃったw」


鬼龍院「お父さん福岡だもんね。今日はね、B' zさんっぽい曲もやっちゃおうかと思うんです。 ぱくったわけじゃないんです、似ちゃったんです!この中にもB' zさん好きな方いらっしゃるでしょ?ねぇ喜矢武さん!」


喜矢武「僕もB'zさん大好きでね、 特に松本さんが大好きなんですよ。 あのギターさばきすごいですね、あの人間離れしたギターさばき。 。あの人はね、人間じゃないですよ、ギターです。僕もね、 あんな弾けるようになりたいと思います。まぁ、 弾いてないんですけどねwwこれからもB' zの松本さんをよろしくお願いします」


鬼龍院「 なんの話か全然わからなくなっちゃったけどいきましょう、ultra PHANTOM!」


・ultra PHANTOM
やっと聴けた!ギターソロでサングラスにGジャンの喜矢武さん登場。
そしてギターの被りもの被って口でギターソロ。 でも最終的には喘ぎ声に変わってそれは研二が言ってた。


・毒グモ女(萌え燃え編)


鬼龍院「どうもゴールデンボンバーです! 今の曲みたいな変なフリの曲あるけど無視していいんでね!! 僕たちの告知としてはですね、先週新曲が出ましてね、 ローラの傷だらけというんですが、 価格もお買い得になってるので聴いて頂けるとありがたいと思って ます、ねぇ喜矢武さん」


喜矢武「そうですね!みなさん知ってますか、 新潟の名物何か知ってますか?たれかつですよたれかつ!僕ね、 たれかつが本当に大好きなんですよ! たれかつが好きすぎて将来たれかつになりたいです」


・ローラの傷だらけ
・女々しくて


曲終わりの間奏で喜矢武さんが衣に飛び込んで、 たれに飛び込んでたれかつになりました。
会場去るとき、滑って滑って生まれたての小鹿のようでしたw


金爆も前方で見てた。
毒グモ女のときのフリが複雑すぎるという “え~” が普段のライブにない反応で新鮮だった。 喜矢武さん相変わらず身体はるなぁ。
やっぱり金爆はワンマンも良いが、 イベントライブも趣向がちょっと違って良い。


Acid Black Cherry
・Black Cherry
・楽園


yasu「どうも、Acid Black Cherryです!!汗がとまらないですね。 汗でもエッチなもんでも出したらいいんじゃないですか! さっきもね、裏通ってきたんですが、4人ぐらい寝てましたね。 みなさん休憩しながら見てくださいね。
みんな大丈夫?スタンドの人の方が(日差しが)きつそうですね。 大丈夫ですかー? 手を振る姿にも元気がないっていうねw大丈夫や倒れるときは俺も 一緒や!!


夏と言えば中3の夏ですかね、女体のなんたるかがわかったのは… 何を言うてんねん。みんなそんなもんやろっていう!


昨日もフェス出てたんですよ。a- nationっていうのに出てたんですが… もう完全アウェーでね。これは走り回らなあかん!! と思って走ってたらですね…昨日と衣装一緒なんですけど( スケスケだから)みんな乳首見てたんですね。 そんなライブですが、 次の曲で盛り上がりたいと思ってるんですが…すみません! バラードです!!今日こんな晴れてるんですが、 雨降ってたらぴったりな曲ですね」


・イエス
・チェリーチェリー
・ピストル
・少女の祈りIII
・SPELL MAGIC


わたくしの本命ABCでした。
セトリまとまってて良かったなぁ。 ホルモンファンが頭振っててなんだか一体感あったわ。 バンギャのヘドバンと何か違って新鮮だった。


マキシマム ザ ホルモン
・恋のメガラバ


だいすけはん「マキシマムザホルモンです! 今日は早々たる面々ですね!! そんな中、出させて頂いて有難う御座います!
朝からすごいね、 さっきゴールデンボンバーで喜矢武君がタレカツになるって飛び込 んだでしょ?喜矢武君がいたからお疲れ様! って近づいていったら、 僕には近づかないでくださいって言うんですよ。どうしたん? っていうと本当のペンキ使ってたみたいで。すごいなぁ
そしてAcid Black Cherryさんかっこよかったですね!」


ナヲ「ABC終わってから食事行ってる人多いですが、 ごはんには全部ヒ素を入れてますのでね
今日はね、yasuさんに影響されてちょっと化粧してます!」


だいすけはん「なんかおかしい! もう毎日一緒にいたってくださいよ」


ナヲ「みなさん、ABCさんは私たちと同じ人間ですからね、 ヒト科ですからね! ただちょっとこちらの方が体脂肪が高いんですよ!


だいすけはん「今日よう喋るな! まだ一曲しかやってないってのに!」


ナヲ「今日はテンション上がりまくってるんですよ!そこ! お前ら!今日はやるしかねぇんだよ! やるかやらないかじゃなくてやるしかないんだよ!! わかってんのか!!」


・ 「f」
・便所サンダルダンス
・ シミ


だいすけはん「今回すごい出演者いっぱいいます。 出演者だけじゃなくて、ファンもそれぞれだと思います。 お父さんお母さん、パワー見せてくださいね!
そしてバンギャ!さっきのヘドバン良かったぞ!次はな、 お前らのヘドバン見せてくれ、 しかも八の字じゃなくて折りたたみだー!!!」


・ぶっ生き返す!!
・恋のスペルマ


初めてホルモン見た!! 何がすごいって激しい演奏と激しいナヲとだいすけはんの漫才的M Cでやつらが休むところがない!!!!
サークルモッシュクラウドサーフも続出で見てて面白かった、 上述した通り、V系のヘドバンと違うんです。 V系折りたたみは2拍目に頭を振り下ろすんだけど、 ホルモンは1拍目に下ろす。 逆に言うと振り上げるヘドバンみたいな感じ。 陰陽座もこのタイプだったなぁ。
音楽の違いだけじゃなく、ノリの違いもあるから面白いね。
ABCとスペルマ対決でした。世界の終わりと眠り姫対決はなかったけど!!

 


エレファントカシマシ
・ズレてる方がいい
・悲しみの果て
・デーデ
・今宵の月のように
・Destiny
・桜の花、舞い上がる道を
・俺たちの明日
・so many people
・ガストロンジャー


大御所、エレカシ
ボーカル宮本さんのエモーショナル形相に綺麗な声というアンビバ レントな感じが良かった。曲も知ってる曲ばかりで、 タイアップの多くあった小学生の頃の記憶も思い出したなぁ。日も沈みかけて、ミディアムな曲たちが映えてよかった。


コブクロ
君という名の翼
・轍-わだち-


黒田「有難う御座いましたーコブクロでしたー!!」 とステージを去ろうとする黒田。


小渕「ちょっと待ってちょっと待って! まだ始まったばかりでしょww」


黒田「いや、なんか終わり感出てたやん」
小渕「もうちょっと曲やらせて下さいよ笑 みなさんこんばんはー!今日は晴れて良かったですね。 先ほどからたくさんのアーティストさんが出て、 そんな中僕らは清涼飲料水のような存在かなと思います笑  僕らはがなったり叫んだりはしませんが、 心で叫び曲を届けたいと思います!宜しくお願いします!」


・Million Films
今、咲き誇る花たちよ


小渕「コブクロの曲には今聴いてもらったように、 花がつく曲が多くあります。それは花が好きだから… という理由よりは花が咲いてるのを見ると人生と照らし合わせるこ とが多いからだと思います。売られてる花もあるけど、 路上に咲いてる花はどうしてそんなに綺麗なんだろう、 なんて力強く咲いてるんだろうと思うと人生に似ているなぁと考え てしまいます。 次に聴いてもらう曲は僕が18の頃に経験したことと花の一生を照 らし合わせた曲です」


・蕾(つぼみ)
・YELL~エール~


小渕「有難う御座いましたー!あ、告知忘れてた!! 新潟でアコースティックライブあるので来てくださーい!!」

 


日が沈みかけて風も出てきたところで良いタイミングの登場。レガッタの曲懐かしいなぁと始まり、 YELL終わりも懐かしさで満載だった。
全部有名な曲でイントロが鳴るたびにイントロドン状態。復活してから黒田さんは歌いにくそうだけど、 他にも聴きたいのがたくさんあるから一度行ってみようかなぁと思 えたライブでした。

 


SEKAI NO OWARI


炎と森のカーニバル
・虹色の戦争
・Love the warz
・ファンタジー
・銀河街の悪夢
・幻の命
・Death Disco
スターライトパレード
RPG


encore
インスタントラジオ


大トリ!
最初はなんで彼らがトリなのかと思ったけど、 あの映像やレーザーを駆使したステージを魅せるなら、 日の落ちた瞬間がぴったりだと思った。 有名なRPG聴けてよかった。
------------------------------------------
今回のイベントはジャンルもバラバラで、でも各ジャンルのエースがやってきた感じで全くフェスって感じじ ゃなかった。KING OF FIGHTERSでした。 テリーボーガードとリョウサカザキ一緒に使えるの?みたいな。 それがすごく楽しかった。


そして全部見たいバンドばかりでごはんほとんど食べられなかった笑 もう2度とこんなベストメンバーでのライブは無いんだろうな。
そんな空間だからこそ、 決してフェス向きではない自分が行こうと思ったんだと思う。
8時間野外で疲れたけどごちそうさまでした\(^o^)/

 


【setlist】
☆四星球
T.M.Revolution
HIGH PRESSURE
HOT LIMIT
WHITE BREATH
突キ破レル-Time to SMASH!
・Thread of fate
Phantom Pain
Preserved Roses
革命デュアリズム


ナオト・インティライミ
Yeah!
Hot!Hot!n
・LIFE
・タカラモノ~この声がなくなるまで~
・The World is ours!
・おまかせピーターパン
・カーニバる?


ゴールデンボンバー
酔わせてモヒート
Dance My Generation
・抱きしめてシュヴァルツ
・ultra PHANTOM
・毒グモ女(萌え燃え編)
・ローラの傷だらけ
・女々しくて


Acid Black Cherry
・Black Cherry
・楽園
・イエス
・チェリーチェリー
・ピストル
・少女の祈りIII
・SPELL MAGIC


マキシマム ザ ホルモン
・恋のメガラバ
・ 「f」
・便所サンダルダンス
・ シミ
・ぶっ生き返す!!
・恋のスペルマ


エレファントカシマシ
・ズレてる方がいい
・悲しみの果て
・デーデ
・今宵の月のように
・Destiny
・桜の花、舞い上がる道を
・俺たちの明日
・so many people
・ガストロンジャー


コブクロ
君という名の翼
・轍-わだち-
・Million Films
今、咲き誇る花たちよ
・蕾(つぼみ)
・YELL~エール~


SEKAI NO OWARI
炎と森のカーニバル
・虹色の戦争
・Love the warz
・ファンタジー
・銀河街の悪夢
・幻の命
・Death Disco
スターライトパレード
RPG
encore
インスタントラジオ

【アーカイブ】14.08.24 ムック SIX NINE WARS-ぼくらの七ヶ月間戦争-Episode6 「ARMAGEDDON」 VS ゴールデンボンバー@大阪城野外音楽堂

mixiで過去に書いてた日記のアーカイブです。
----------------
ライブへ行って参りました。
今回はムック×ゴールデンボンバーの対バンライブ。
大雨の中、野外ライブです。

 

 

まずは金爆の登場。
鬼龍院「雨イェイ!!ゴールデンボンバーです!! 元カレが憎いかー!!」
・元カレ殺ス


Dance My Generation
鬼龍院「だっさい振付があるので一緒に踊ってください!!」

 


・綺麗になりたくて


鬼龍院「みなさんこんばんは、ゴールデンボンバーです!! ムックさんのファンのみなさん初めまして!!そしてムックさん、 対バン誘って頂き有難うございます!! 逹瑯さんから対バンお誘いメールが直接来たとき、これは( 対バン)受けるか死ぬかだなと思いましたwすごい雨ですね。。 これは良い意味でも悪い意味でも忘れられない、 思い出に残るライブになりそうです。


今日ね、雨が凄いので、 体力奪われると思うので気をつけてくださいね。 濡れたらブラが透けたりね。ブラが透けると僕が歌詞とばしたり、 喜矢武さんがギターソロですいか喉につまらしたりしちゃうので、 気をつけてもらえたらと思います!
初めましての方が多いようなので、 自己紹介からしたいと思います、僕がボーカルの鬼龍院翔です、 せーのっ!!」


キスミー\(^o^)/


喜矢武「3人ぐらいでしたね、人気ないよね」


鬼龍院「今日も決まった!では次はギターの喜矢武さんです! こんな雨降ってたら喜矢武さんまた禿げちゃうね」


喜矢武「ハゲって言うなよ!!どうも~ギターの喜矢武豊です。 ムックさんのファンのみなさん、 いつも僕はゴールデンボンバーのファンからハゲっていじめられて ます。
大阪と言えばたこ焼き、僕ね、 大阪のたこ焼きが大好きなんですよ。もうね、 将来はたこ焼きになりたいです。 エアバンドなんていつ終わるかわからないですからね」


鬼龍院「次はベースの歌広場淳!」


歌広場「ベースの歌広場淳です! 喜矢武さん以上に髪が薄くなっている気がして心配なんですが…!
僕らは昨日も野外フェスに出てたんですが、 昨日思いっきりヘドバンをしたんです。 すると他のバンドのファンの方が拍手して笑っててですね、 あぁバカにされてると。 今日も思いっきりヘドバンして楽しみたいと思いますので、 宜しくお願いします!」


樽美酒「大阪ー!!イェー!!普段は侍やってます、 樽美酒研二です! 今日は大阪で戦があるということでやってきました。 今日はこんなに大勢の侍の方がいらっしゃいますね、 みなさん一緒に戦ってくれますか!!一緒に死んでくれますか!! 有難うございます、ドラムの樽美酒研二でした!」


鬼龍院「何言ってるんだ。ほとんどの人置いてけぼりじゃないか、 大丈夫か。まぁ良いか次の曲を再生してください、 抱きしめてシュヴァルツいってみよう!」


・抱きしめてシュヴァルツ
ギターソロで喜矢武さんは生のタコにかつお節やらかけて、 最終的に生で食べてたw
研二は刀やら振り回して段ボールで作った白い馬を持ち、 会場を駆け巡ってた。


鬼龍院「研二さん大丈夫?どうしたの?」


樽美酒「いや、こいつらちんこ触るんだよ!! ずっと触ってくるから白い馬あそこに置いてきた!!」


鬼龍院「あ、持ってた股間触られるからねww」


樽美酒「半勃起です!!


・トラウマキャバ嬢
・101回目の呪い
・デスメンタル
歌広場が扇風機やってたんだけど、 その隣でキリショーが扇風機やりながら歌ってた。


鬼龍院「有難うございます!告知と言えばですね、 僕ら新曲ローラの傷だらけって曲を出しました、値段もね、 498円でお買い得なのでぜひ聴いてみてください。 それと合わせて来週Mステに出ます!有難うございます。
いやぁ、今日はムックさん誘って頂いて有難う御座います。。。 ムックさんすごいですね。歴もすごいしね。僕高3の頃、 ポップジャムに出てたの覚えてるんですよ。。。 いやぁムックさんみたいになりたいな。まぁ、 ムックさんのファンからすると、 ここからどうやってムックに行くんだって感じですけどねw」


・ローラの傷だらけ
・毒グモ女(萌え燃え編)
DAIGOからもらったグローブがびしょびしょで、 お立ち台の下から取り出したとき、
「うわ、びしょびしょだ!!」とww


そして曲終わりで、
「DAIGOさん、(グローブ)もう一枚ください…」


・ザV系っぽい曲
“月明かりの下…”のグラスを飲むところで、
「おうぇ、雨水!!」

 


鬼龍院「ラストー!!みなさんラストいけますか!! それでは最後の曲、やっぱりこの曲でしょう!!!ヤングマン!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・YOUNG MAN (Y.M.C.A.) (カバー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


!?????
全く意味がわからんかったが曲スタートwww
サビになったら、
“Y M C A”を“M U C C”に変えて歌ってた。
それも、足でMUCCをやって、
M字開脚、UCCは又を広げてやってたwwww


鬼龍院「みんなもやるんだよ、ほら!!みんな座って!!M U C C!!


wwwwww


鬼龍院「ラストー!!女々しくて!!」
・女々しくて
曲の最後で小さなプールが出てきて、 4人全員が赤いペンキを被り、竹とんぼを付けてた。
ムック完成!!


セット転換後、ムック登場。


ニルヴァーナ
・大嫌い
・ENDER ENDER
・G.G.
・WateR


逹瑯「この前キリショーがうちのラジオ来たとき、 SATOちに熱湯風呂させたいって話したんだけど、 今回はペンキ被るんで熱湯やりませんって言われちゃった。 本当は熱湯やりたかったよな?」


SATOち ドラミングで対応。どっちかわからんww


逹瑯「そういえば、この前BUCK- TICKと対バン打ち上げの時、ヤガミトールさんに“ 今度ゴールデンボンバーとも対バンするんだね~ ドラムの樽美酒くんに今度ドラム飲み会に来てって言ってよ” って言われたんですよ。で、さっき研二くんに伝えたら、“ ずっと断ってたんですよ、でも次行きます”ってw」


ドラム叩いてないから行きにくいのか… 単純に行きたくないだけかなww

 


・謡声
・Tell me


逹瑯「ムックで-す!今日雨ですが… だいたいムックの野外で大事なライブのときはいつも雨ですね。 ゴールデンボンバー言ってたけど、 良い意味でも悪い意味でも思い出に残るね!! できれば良い思い出にしましょう!雨すげぇなぁ、 ここ濡れてるだけだと思うだろ?それが何かぬるぬるすんのよ。 ゴールデンボンバーのファンの人たちは分からないと思うけど、 俺いつも華麗なステップしてんの!! Jリーグ立ち上げ世代だしね。だから、 またステップ見に来てほしいと思います」


・ピュアブラック
・ファズ
・風と太陽
・YOU & I


逹瑯「このツアー地方公演は今日で最後なんですよ。長かった? 短かった?まぁ、このツアーあまりMCないけど、 リーダーに聴いてみようか」


ミヤ「今日はね、雨なのはしょうがないんだよ。まず、 ゴールデンボンバーの女性マネージャーが雨女、で、今日ZEPP NAMBAでLUNASEAが来てるでしょ、 嵐を呼ぶバンドだし。で、俺もムックの中で雨男らしいし」


逹瑯「あと、 ムックが入った頃のデンジャークルーのマネージャーいるでしょ、 今日見に来てんのよ!!


・Mr.Liar
・蘭鋳


途中で飛ぶところで、
逹瑯「ゴールデンボンバーのファンの人に説明すると、 SATOちのカウントで一緒に飛ぶぞ!!なんの為にって? しらねぇよ!!!!!」


故に、摩天楼


以上で終了。
雨の中ものすごかった…靴泥だらけだった。
ムック×ゴールデンボンバー面白かった!!
ムックは去年の12月に見た以来かなぁ。 今回は対バンツアーというか、 全箇所異なる面々と対バンを行うというものの一環で。


メンプロライブやらアルバムツアー、ツーマンツアー、 スリーマンツアー、そして今回のライブを経て、 代々木第一体育館でライブをするという。
今回アルバムが出て曲の幅もまた広がったようでした。

 

一方金爆はツーマンで見るなんてしょこたんと対バンした以来だ、 コンパクトにまとまってる感じが良かったですね。


にしても雨凄かった!!シドの横浜野外ほどじゃなかったけど!!
ごちそうさまでした\(^o^)/

 


ゴールデンボンバー
元カレ殺ス
Dance My Generation
綺麗になりたくて
抱きしめてシュヴァルツ
トラウマキャバ嬢
101回目の呪い
デスメンタル
ローラの傷だらけ
毒グモ女(萌え燃え編)
ザV系っぽい曲
YOUNG MAN (Y.M.C.A.) (カバー)
女々しくて


☆ムック
ニルヴァーナ
大嫌い
ENDER ENDER
G.G.
WateR
謡声
Tell me
ピュアブラック
ファズ
風と太陽
YOU & I
Mr.Liar
蘭鋳
故に、摩天楼

22.07.25 GLAY HAPPY SWING 25th Anniversary 公式応援ソング「Only one,Only you」シングル購入者限定ライブ@Zepp Diver City

GLAYのライブへ行ってきました。Zepp Diver City。

f:id:snowmansan:20220726154359j:image
f:id:snowmansan:20220726154341j:image


今回は9月27日リリース 60th single “Only one,Only you”購入予約者限定ライブ。
現在HAPPY SWING 25周年記念ツアー中。 通常こういったライブハウスでのライブはツアー始まる前に予行演 習のようにやるケースが多いので、 今回のような合間での公演は珍しいですね。

 


19:01〜20:32

SEが流れる。


HISASHIさんツイートしてたけど、 アマチュアの頃に登場SEで使っていたらしい。
ライブハウス公演だからかな。

 


TERU「東京ー!楽しんでいきましょう… YOU MAY DREAM」
1.YOU MAY DREAM


RED RUM…!RED RUM…!の映像無しで音だけ流れる。
2.BLACK EYES SHE HAD
こんな近くでBLACK EYES SHE HAD見れたの嬉しかった。


3.風にひとり
4.GONE WITH THE WIND


TERU「みなさんよく来てくれました、ありがとうございます! 今日は…長いんだよね?
HAPPY SWING 25th AnniversaryシングルOnly one,Only you購入者限定ライブ…?ありがとうございます!」


\8888888/

ちょっと足りなかったけど笑


TERU「現在アリーナツアーを廻っていますが、 ここライブハウスでは特別なライブにしたいと思います! みんな嫌なことも沢山あるかと思いますが、 この時間だけは純粋に楽しんでください!
そんなみなさんに愛情を届けるように歌いたいと思います。a Boy〜ずっと忘れない〜


5.a Boy〜ずっと忘れない〜
ドラムが4つ打ち。

 


6.summer FM

最初JIROがベース入るところで入れてなくて、

TERU「ワン、ツー、ワンツースリフォー!」

ってカウント入れてた笑 いつもと違ってベースラインの無い浮遊したsummer FMのイントロでこれはこれでよかった。


“聞くならTERU ME NIGHT GLAYbayfm〜”に変えていた。 大阪で聴くと毎度バギクラだから新鮮だった。


7.ゆるぎない者達
TAKUROさんアコギに持ち変え。

 

8.都忘れ
イントロが割と音源に近かった。
TERU「Hey!」
手拍子求めてて初めてだった。


TERU「マスクしてくれてありがとうございます。 みんなの声が聴きたいねえ。前回のアリーナツアーのときはこのHAPPY SWING25周年のときは声出せるんじゃないかなと思ってまし たが…まだまだでしたね。
でも、こういう機会はなかなかないと思います。 20年以上やってきて、 みんなの声が重ならないライブはこの3年だけです。
都忘れ聴きたかったけど、隣の男性がずっと歌ってて…” ってこともあったでしょ!?」


wwwwwww


TERU「 ステージの音だけ鳴っている今をぜひ楽しんでもらえたらと思いま す。 では次の曲はみんなの声を想像して重ねて演奏したいと思います。 GROOVY TOUR」
9.GROOVY TOUR
10.My private“Jealousy”
11.ROSY
12.クロムノワール
13.百花繚乱
14.SHINING MAN
15.ビリビリクラッシュメン
“汚れた手で抱きしめた〜” のところでよくTERUさんが後ろ向いて自分抱いてるけど、 この日のは“これでしょ?これやったら嬉しいんでしょ!?” みたいな感じでメタレベルに立っていた。

 

TERU「東京まだまだいこうぜ!ピーク果てしなくソウル限りなく
16.ピーク果てしなくソウル限りなく
“wowwow glory day wow〜”はフロアが声出せないので4小節endだけど、 ずっと高音でTERUさんが歌ってくれていた。


TERU「早いもので次で最後の曲です。Last song…GALAXY!」
17.GALAXY
イントロでTAKUROさん頭振っていた。
横ヘドバンで楽しそうだった。


TERU「ありがとう!水分補給してねー!またすぐ来ます!」



En.(20:37〜21:11)


わちゃわちゃとJIROさんが上手に走っていってた。


TERU「水分とった?アンコールありがとうございます。 こうやってみなさんにせっかく集まってもらったので、 メンバーの声も聴きたいと思います。この方は980… 983回目?ぐらい?永井利光!」


TOSHI「永井利光です!HAPPY SWING25周年おめでとうございます! 今アリーナツアー中で、 そこからライブハウスでやってなかなか新鮮です。 そんな中ですごく楽しく叩けたライブでした。 こんなに983回やっていても楽しいライブができるのはみなさん のおかげです!これからもGLAYを支えていきますので、 みんなも一緒に頑張っていきましょう!ありがとうございました」


TERU「さあ彼は大阪以来…51回目かな?ハジメタル


ハジメタル「こんばんは、ハジメタルです。仙台は色々あり… 体調不良になってしまったので51回目です。 今日は元気なので大丈夫です!
村潤くんが引き受けて下さって、 そして演目を変えることなく無事ライブができたのを家で知って安 心しておりました。もう体調は問題ないので、 心配しないでください!ありがとうございました!」


TERU「続いてベース、JIRO!」


JIRO「ハジメタル真面目だなあ」


ハジメタル「よく言われます笑 名前の割に真面目だと


wwwww


JIRO「俺がはしゃいで出てきたのが馬鹿みたいじゃないか!


wwwww


JIRO「みなさん、今日はありがとうございました。 今日日中すごく暑くてねえ。そして、 このライブハウスも負けないぐらいの熱気でした。 みなさんのおかげで良い夜になったように思います。
絶賛アリーナツアー中で、 この幕張が終わるとしばらくライブがないので、 ぜひ残り楽しんで帰ってもらえたらと思います。JIROでした」


TERU「続いて、ギターHISASHI!」


HISASHIが唐突に頭下げてた。なんだかそれが新鮮で。


HISASHI「今日は…なんだか恥ずかしいです。 こんなスカイブルーな


wwwww
グッズのTシャツを着ていた。


HISASHI「普段coyote,colored darknessとか黒く塗れとか言ってるのにこんなスカイブルーのTシャツですよ


wwwww


HISASHI「これはアリーナツアーでのグッズですね。 今日も売ってるのかな?
そして今回60枚目のシングルということで還暦シングル!



HISASHI「 ということでシングルを振り返るラジオ形式のトークをやったり… これは収録されるんだっけ?」


TAKURO「収録されます!」


HISASHI「収録されます!


\888888/


HISASHI「この前はMVも撮ったりしました。そして、 60枚目と言ってますが…61枚目もあるんだよねえ!!!」


\888888/

 

 

HISASHI「もう録ってます! この前のアリーナツアー終わってから録っていたので、 60枚目も…61枚目もぜひ楽しみにしてほしいと思います。」


TERU「ギターTAKURO!」


TAKURO「盛大な拍手でのアンコールありがとうございます。 HAPPY SWING 25周年は本当は去年ですが、コロナやら色々あって延期になり… 一年越しですが、無事開催できたことを嬉しく思います。 ありがとうございます!


絶賛アリーナツアー中ですが、 今回はライブハウスなので映像とかは流せないんですけど… 昔の写真は恥ずかしいねえ!みんなもそうだと思いますが。 なんであんな眉毛をしていたんだろう!!!


wwwwww


TAKURO「 過去の眉毛の形で悩んでいたことをJIROに言ったことがありま す。そのときJIROは言いました。“ 過去を悔やむということは今が良いからだよ”」
おおおおおお


TAKURO「これからも60枚目、61枚目、62枚目と… どこまでいくんだろうか。 そもそもCDという形態が残るんだろうか…。 CDが続く限りリリースしていきたいと思うので、 これからもよろしくお願いします!」


TERU「後悔していることといえば、 何を考えたか一度丸坊主にしたことがあって
2005年だね笑


TERU「あのとき、 TAKUROが4ヶ月撮影を伸ばしてGLAYを回してくれて。 で、その後にFCの撮影があったんだけど、 4ヶ月って言ってもこんぐらい(指で測って少し) しか伸びてないから、白い帽子被って隠してたんだけど、 どう見ても社会人野球の人みたいで
wwwww

 


TERU「それも白いタンクトップ着てたから


wwwwww


TERU「あれ以来、もう髪は短くしないと決めました!」


TAKURO「初めて会った時も坊主だったよ笑」


TERU「野球やってたからねえ!


無邪気な関係。


TERU「この中でHAPPY SWING入ってる方いますか?わあ〜ほとんどだねえ。 ありがとうございます。今回は声が出せませんが、 次は出せることを祈って。 こういう活動しにくいときもGLAYは活動していきますので。
GLAYを好きでいてくれる人に何が恩返しになるかと考えたら、 こうやってずっと活動していくことだと思っているので。 それぞれその時代のGLAYを見てくれていたと思いますが、 これからも10年20年と頑張りたいと思うので、 それぞれの会場で、そのときの空気を吸って、 一緒に音楽を共有していきましょう。」


TERU「こうやって久々にライブハウスでやると盛り上がるね。 長くやってきたからこそあるアンコールもあります。 この曲で楽しんでいこうぜ、STAY TUNED
18.STAY TUNED
2番サビの前で一旦ブレイクがあるけど、 それを間違えて早めにTERUさんが入ってしまい、 歌い間違えるミスがあって。

 


TERU「慣れないことをやるもんじゃないですね。 普段あそこでいぇーって言わないもんね。
言い訳は良くないですね」



TERU「今日も今までやったことない動きしちゃったし」


JIRO「SHINING MAN?」


TERU「そう!」
とクロールみたいな動きしてて、SWIMMING MANはGALAXYでよくやってるけど、 SHINING MANではやってなかったかなあ。


TERU「今回HAPPY SWINGが25周年ということで、 TAKUROに曲を書いてもらいました。 この曲で盛り上がっていきたいと思います。We♡Happy Swing」


19.We♡Happy Swing
TERU「We love!」


TERU「We love!

 

TERU「We love!

 

TERU「We love!

 

TERU「We♡Happy Swing!!!
やはり言い方がウィーアー!!の言い方笑

 


ACID HEADへ繋ぎの演奏終わり辺りでTERUさんのシャウトが芯から出ていて最高だった。
ライブハウスだから直接響いてきてふらふらした。

 


TERU「ラスト東京…声は出せないけど盛り上がっていこうぜ! ACID HEAD!」
20.ACID HEAD

 

 


TERU「 やはりGLAYの本質はここライブハウスにあるような気がしまし た。次は声出して馬鹿騒ぎしようぜ! と言っても幕張では無理だけど笑 幕張で待ってるぜ!
行ってきまーす!!!」


メンバー一人一人はけていき、TAKUROさんだけ残って深くお辞儀。
yes締めにて終了。
Only one,Only youが流れる。初披露かな。

 

“いまあなたに逢いたい”とTERUさんがミックスボイスで力強くも優しく歌い上げたのが印象的なミディアムバラードだった。BAD APPLEに引き続きドラム生音比率が低めで、それがまたボーカルの力強さを際立たせてよかった。早く生で聴きたいな。

 

Only one,Only youのc/wがもう一曲明かされてないけど、We♡Happy Swingかなあ。
----------------
久々のライブハウスでのGLAYでした。
個人的には平成最後のGLAYGLAY mobile限定でツアー廻った以来だったので令和初だった。


今回は下手で見ていたので、HISASHIのリフ、JIROのベースラインがベースとして、TERU、TAKUROが乗っかって聞こえてたので、すごく新鮮でした。
ライブハウスでGLAY観れるのは近いのももちろんだけど、音のバランスが位置によって違うのが楽しみなところ。アリーナだと割と一律だもんね。
特にこんなレア曲を細部まで聴けたのがよかった。


幕張は行けないので私のWe♡Happy Swingはこれで終わりです。Zeppも行けると思ってなかったから、こうやってこのセットリストを噛み締めながら楽しめて本当によかった!
何度も言ってるけど、HAPPY SWING25周年おめでとうございました🎉


【セットリスト】
1.YOU MAY DREAM
2.BLACK EYES SHE HAD
3.風にひとり
4.GONE WITH THE WIND
5.a Boy〜ずっと忘れない〜
6.summer FM
7.ゆるぎない者達
8.都忘れ
9.GROOVY TOUR
10.My private“Jealousy”
11.ROSY
12.クロムノワール
13.百花繚乱
14.SHINING MAN
15.ビリビリクラッシュメン
16.ピーク果てしなくソウル限りなく
17.GALAXY
En.
18.STAY TUNED
19.We♡Happy Swing
20.ACID HEAD

【アーカイブ】14.07.20 ゴールデンボンバー全国ツアー2014「キャンハゲ」@大阪城ホール

mixiで過去に書いてた日記のアーカイブです。
----------------
3連休の中日、ゴールデンボンバーのライブへ行ってきました。
ベントライブでは昨年のハロウィン、 今年1月のANNとかで見てきたけど、 ワンマンライブは去年の7月以来でちょうど一年ぶりでした。 今まで金爆は日記書くの控えてたんですが、 初めて書いてみようと思います。


影アナは研二。


冒頭映像が流れる。
2044年の映像。還暦のメンバーたち。喜矢武宅。
キリショーは印税暮らし、 歌広場や研二のおじいさんになった映像でみんな会話する中、
喜矢武さんはニット帽被ってた。肩書きは科学者。


歌広場「喜矢武さんすごいよね、 得意の工作から科学者になるんだもん。次の開発はやってるの?」


喜矢武「次はね…」


鬼龍院「なんだか楽しくなってきちゃったなぁ。 久々に歌おうかなぁ」
とアコギアルペジオで女々しくて。 マイナーコードだからものすごい寂しい曲に。


それをBGMに喜矢武さんの回想シーン。
2014年にメンバーやスタッフから「 喜矢武さんまた髪少なくなったんじゃない?」と笑われる日々。 そんなとき、街でおばあさんが毛生え薬を喜矢武さんに渡す。 このおばあさんはたぶん週刊ストーリーランドのおばあさんシリー ズがモチーフw


で、その薬を飲んだ喜矢武さんはマルハゲ、キャンハゲに。。。
その後握手会を開催しても喜矢武さんだけ列ができず、 耐え切れなくなった喜矢武さんは脱退の申し入れ。ただ、 4人で金爆だというキリショーは解散。。


そんな回想シーン。


で、夜トイレに行くキリショー。 光を放つ部屋を見つけて入ると喜矢武さんが。


鬼龍院「喜矢武さん、これは…?」

 


喜矢武「新しく開発した商品、タイムマシンだよ!」
とドラムセットを改良したもの。
歌広場も研二も集まってきて


喜矢武「みんな昔に戻りたくないか。本当に今みんな幸せなのか! ?俺は戻りたい!2014年に戻りたい!!」


と、みんなドラムのバスドラの中へ入っていきタイムスリップ。
幕が開き、ドラムセットから登場。


Dance My Generation
タイムスリップからのダンジェネっていうのが統一感あって良いね 。


・レッツゴーKY


鬼龍院「ゴールデンボンバーですイェイ!大阪城ホール大きいね! !アリーナ!スタンドは2層になってるけど、 両方スタンドで良いのかな?後ろの人も有難うね、 ヤフオクで売らなくて有難うね~!
これだけ多いとね、初めて見る方もいっぱいいると思いますので、 自己紹介したいと思います。ボーカルの鬼龍院翔です。 ファンのみんないつもの行くぞ、行くぞ、せーの! 丸書いて丸書いて口を書いたらかに道楽!!よし決まった!!」


喜矢武「なんだよそれ、初めてきいたよ」


鬼龍院「いやいつものですよ。 ゴールデンボンバーのライブはややこしいフリがいっぱいあります けど、棒立ち大歓迎ですからね!楽しんでもらえたら良いのでね、 宜しくお願いします。次は喜矢武さん」

 


喜矢武「どうも~喜矢武豊です。せーのおっぱい!! 合わせろよお前ら。何やってんだよ。僕ね夢がありまして、 GLAYのHISASHIさんになりたいんですよ。やっぱね、 ギタリストとして大きくなりたいです。エアバンド、 エアギターで止まってられないですからね。人生綱渡りですから、 絶対大きくなって、HISASHI、 ひーくんって呼んでもらえるようになります!」


研二「こんばんは~僕ね、最近万華鏡作りにはまってるんですよ。 あの~中を見てキラキラしてるやつです。 今日持ってきたので見てほしいので、宜しくお願いします」


鬼龍院「え…?下ネタじゃないよね?」


研二「馬鹿野郎、何言ってんだ!!俺は下ネタは卒業したんだよ!


歌広場「30超えて卒業も遅いけどね」


鬼龍院「PAさん次の曲お願いします、抱きしめてシュヴァルツ」


・抱きしめてシュヴァルツ
ギターソロで喜矢武さんはGLAYのHISASHIと書いた垂れ 幕を横で綱渡りするも股間を打ち失敗。
ドラムソロでは研二が股間をふりふりするモザイクの入った万華鏡 がスクリーンに放映。


その後、 改めて綱渡りに挑戦する喜矢武さんの反対側から研二がHISAS HIの格好で登場。
雨合羽の青頭にタルボをダンボールで作ってたwwww
段ボールのタルボほしいww


曲終了後、
喜矢武「それHISASHIじゃねぇし、 そんな白塗りじゃねぇしw」


鬼龍院「淳くん、シュヴァルツの間いた? 二人はなんかやってたけど全然いた記憶ないよ」


歌広場「いたよ!邪魔にならないようにマイクスタンドよけたり、 俺にしか出来ない仕事やってたよ!」


鬼龍院「それスタッフさんがやる仕事じゃない。 淳くん用無しだな」


・タイムマシンが欲しいよ
またタイムスリップが舞台でこの曲ってのも良い選曲。
ベースそろもないのに歌広場がふなっしーだかようなっしーだかの 着ぐるみで登場。
さっきのは前フリだったのねw


・トラウマキャバ嬢
・ザV系っぽい曲
こんな中盤でくるなんて早いね!


暗転で映像が流れる
ギルド 対 金爆オールスターズでサッカー対決。
実況が川平慈英に扮した喜矢武さんと野々村議員のキリショーww
野々村議員面白かったwww


で、サッカーは喜矢武さん何やってたか忘れたけど、
歌広場がラモス
キリショーがキリヨナ(キムヨナ)
研二はGENERATIONSの関口 メンディー。名前は関 ロメンディーになってたww
関口メンディーって存在で笑いを誘ってくるからすごい。


そんなんでサッカーの試合をして映像終了。


【演劇コーナー】
喜矢武さんがロボット(鬼龍院)を作り、完成。 歌広場は喜矢武に思いを寄せる人。
喜矢武さんは感情チェックの為に喜ばせたりけなしたり。
その中で


喜矢武「しょうがないなぁ、ハードオフに連れてってあげるから、 それもブックオフと併設の大型店舗だぞ!!」


鬼龍院「やったー!!8cmシングル探そう!!!!
ってセリフがまさに自分すぎて吹きだしたww


感情チェックをするも恋愛感情だけわからず。 君に届けを読ませるも、 こんなイケメンは周りもちやほやするもんだから、 傲りが生じてこんな風にはならない… とひねくれた考えをするのにわからず。


でも喜矢武さんが恋愛感情を植えようとするから恋愛を勉強するた めにキリショーは図書館へ。
喜矢武「裏の森には行くなよ、 女の子がさらわれてるみたいだからな」


一方ロボットにのめりこんでる喜矢武さんに怒る歌広場。
図書館から帰ってきたキリショーのスイッチをオフにして裏山へ連 れて行く。
山を守る神(研二) が裏山にロボットを捨てに来た歌広場を人形にしてしまう。
逆にキリショーは恋愛感情のわからないロボットから人間になりた いと望む。


研二「そんなに人間になりたいのか。楽しい事だけでなく、 辛い事も受け入れるという事だぞ。それに人間には寿命がある。 病気にもなる。それでも人間なりたいというのか」


この言葉がキリショーらしい。 ロボットなら感情がなくて楽しい事はなくても苦しむ事はない。
人間は楽しい事はあるけど、辛い事がある。
寿命が引き起こす死や病…それは本人だけでなく、 周りの人にも感情の変化を起こさせる事。
それを受け入れなければ生きていけない事。
負の要素を嗜好品である楽曲やライブで取り除ければと思ってるの かなぁ。


マイナス思考ってわけではなく、 マイナスを受け入れた上でのプラスがキリショーらしい。
今までの演劇の中で一番好きだったなぁ。


劇中は
・煙草
・片思いでいい
・いつもと同じ夜
・HEN


でした。


鬼龍院「 ゴールデンボンバーのライブは唐突に演劇が入るんですよ。 ありがとうございました!」


物販紹介。


今回のグッズで帽子(キャップ)があり、 それが紹介されると逃げようとするキリショー。
頭大きくて入らないけど、ぎりぎり入る様子。
歌広場「鬼龍院さんが入る帽子なので、 全世界の誰でも入る帽子です、宜しくお願いします」

 


鬼龍院「次はね、 8月20日に出る新曲を聞いてもらいたいと思います。 さっきやった片想いでいいもカップリングに入ってますので聞いて ほしいと思います」


・ローラの傷だらけ
・101回目の呪い
・毒グモ女
・イヤホン
・だからバイバイ


En.

鬼龍院「アンコール有難うございます!!いや~有難う!! 僕らね、感謝の気持ちを伝えたいんだけど、 言葉以外だと上手く伝えられないんですよ。だから、 今日はなんとか身体で表現したいと思います。八分後ぐらいにね。 ところで喜矢武さん、最近どう!」


喜矢武さん「でた、雑なフリ!いや、大阪城ホール大きいね。 さっきも言ったけどGLAYのHISASHIさんになりたいんで すよ。金爆EXPOも開催したい!!でもね、 僕はもっと上にいきたい」


鬼龍院「GLAYさんより上っていないよ?」


喜矢武「いやいるんだよ、北島三郎さん、さぶちゃんだよ! 年末の紅白みた?あれすごかったでしょ。 大御所じゃないとあの演出もしてもらえないし、 だからあそこまで行きたいですね!さぶちゃん、いや、 きゃぶちゃんと呼ばれたい」


・また君に番号が聞けなかった
ギターソロでパンチパーマの喜矢武さんが段ボールで作った龍? に乗って登場w
でかいwww


・女々しくて
間奏でモジモジ君の格好したメンバーが出てきて、人文字で
“オオサカ”を写真にとりスクリーンへ。
これが感謝の気持ちですね。

 


スクリーンに映像が流れ、 喜矢武さんが毛生え薬飲む直前で薬容器を壊すことに成功。
すると、喜矢武さんから髪が生えてきた。それで、 現実世界でゴールデンボンバー再結成って事に。「 未来は変えられる!!」がテーマかな。
エンディングはまさしをハゲに変えて流れてた。


Wアンコール
・ギーガー


以上で終了。
スタンドのステージサイド席だったからめっちゃ近かった!!
キリショーの演劇やライブテーマは面白いんだけど、 考えさせられるものも多くてそこが良いところ。
たぶん彼は事柄を一度否定するんだけど、 実はあると信じたいっていう一見ひねくれものに見えて純粋だと思 うんですよ。 アンチテーゼのままで終わらないところが共感できる。


そして今回GLAYのHISASHIだったり、 ハードオフの下りだったり、 どこかで見られてるんじゃないかってくらい自分とリンクした内容 だったww
本当にありがとうございますw
今回もごちそうさまでした。

 

【setlist】
Dance My Generation
レッツゴーKY
抱きしめてシュヴァルツ
タイムマシンが欲しいよ
トラウマキャバ嬢
V系っぽい曲


-演劇-
煙草
片思いでいい
いつもと同じ夜
HEN


ローラの傷だらけ
101回目の呪い
毒グモ女
イヤホン
だからバイバイ
-encore-
また君に番号が聞けなかった
女々しくて
-W encore-
ギーガー

【アーカイブ】14.05.13 Acid Black Cherry Project『Shangri-la』Encore Season~Arena tour~@大阪城ホール

mixiで過去に書いてた日記のアーカイブです。
----------------
こんばんは。
またAcid Black Cherryのライブです。 きっと今回でしばらくはライブないだろうなー。今回はお父さんが行きたいっていうので一緒に見てきた☆


ディズニーっぽい音楽が照明と共に流れメンバー登場。


1.sins 
2.CRISIS 
yasu「大阪ただいまただいまー! 今回はアリーナツアーですよ。昨日は雨でしたけど晴れましたね! !何度も言ってるんですけどね、 大阪城ホールはインディーズ時代によくビラ配りに来てた場所なん ですよ。思い入れある場所なので、 晴れるとなんだか嬉しい場所です。
アリーナツアー大阪始まりにしました、地元が大阪だからです! って言いたいとこやけど、単なる日程の都合です笑 大阪はいつ以来ですか?9月?あ、11月ですか、 ほら全然覚えてないw


大阪城ホール久しぶりに来たんですけど、大きいですね。 みんな距離感大丈夫?テレフォンセックス状態やけど大丈夫!?そんな距離感を俺のなにがしで、 お前らのなにがしで埋めたいと思います!! 今日も最後まで暴れていこうぜー!!」


3.I'm not a ghost 
4.黒猫 
5.scar 
6.Greed Greed Greed 


yasu「今回47都道府県回ってきましたけど、 ツアー会場毎でご当地の食べ物が出てたんです。で、 今回は551の豚まん出たんですよ。でね、こいつがね、 YUKIがね、 豚まんにウスターソースかけて食べるって言い出したんですよ


YUKI「ひたひたにしてね。関西の人はウスターソースでしょ?
 
yasu「ウスターソースかける人ー?ほら、 絶対こいつら関西人ちゃうわ。でね、楽屋で一人で
あー喉渇くわーって言ってて、 何したんって聞いたらウスターソースかけすぎたかなーですよ。
何にかけるんってきいたら豚まんにかけたって。おかしいでしょ」


YUKI東京で関西ではウスターソースかけるって広めちゃったww


yasu「変な事広めんといてや!!笑 あ、アジフライには何かけます?」


淳士「ケチャマヨとかソース。 っていうか関東では豚まんにカラシもかけないですよ。 関西の人が上京してきて、 コンビニの人が言わないと何にも出してくれないって」


yasu「YUKIウスターソースやとして、 SHUSEさんなんでしたっけ?」


SHUSE「ポン酢じゃぼけ!!」


yasu「なんでそんな喧嘩腰なんですかww」


SHUSE「いや、俺ポン酢なんですけど~ って言ったら負けるかなぁってw関西人はポン酢じゃ!!」


yasu「そんな話を楽屋でしてたんですが、 今日もツイッターで募った質問に答えたいと思います」


SHUSE「先にそんな話すんなやw」


yasu「 すんませんww今日は子供の頃集めていたものはなんですか、 これにしましょう。今日も淳士さんからで良いですか?」


淳士「シャン!!(シンバルの音)」


淳士「こんばんは!! 子供の頃何を集めてたかというと超合金とプラモデルですかね。 まぁプラモデルは作れるようになってからですけど。 超合金は集めて一人で遊んでたんですよ。もうね、 ロボットのパイロットになり切って遊ぶわけです」


yasu「プシューとか言ってですね」


淳士「そうそう。で、前も言ったけど、 あるとき砂場で超合金使って遊んでたら、 小学生にどけよって言われて、争ってたんですよ。そのときに、 超合金見て“なんだよこれ”、“返せよー” って引っ張り合いになり、 そうやってるうちに超合金の首がぼきって…。
もうね、今回シャングリラツアー回りましたけど、 僕としてはそのガキ大将を全国探し回ってたっていうね。 裏テーマが“首返せ”でしたよ」


YUKI「僕はね、キン消しプラレールと切手ですね。 切手が好きで郵便局行くのも好きでした。 お小遣い貯めて記念切手買いに行ったりしてたんですよ。で、 普通の切手じゃなくて製造終了した切手集めるのも好きで、 自転車で20分ぐらいかかるとこのコイン屋さん行ってたんです。 切手と硬貨ってだいたい同じとこに売ってるんでね。 でも高いんで、そのコイン屋毎日行ってケース眺めてました」


SHUSE「僕はね、キン消し世代ですけど、 ウルトラマンや怪獣の消しゴム、 ウルトラマン消しゴム集めてましたね」


HIRO「言われてもーた…」


SHUSE「(笑) 世代やからな。最近ね、 親がウルトラマン消しゴム持ってきたんですよ。 お菓子のカンカンに入ってて。 よう残ってたなあって数えたら374個あったんですよ」


yasu「そんなあったんですか! でも今そんなの中野とかに持って行ったら高いんじゃないですか」


SHUSE「いいえ、ゴミです」


yasu「いやいや、 子供の頃に集めてたものって高かったりしますからねぇ」


SHUSE「いいえ、ただのゴミですw


あ、あとはミクロマンミクロマン同士でストーリー作って遊ぶんですよね。 恋をさせてそいつの為に戦うとかね」


淳士「基本だね!」


SHUSE「で、飽きてきたら、野球させるんです。 こいつはめっちゃ上手いとか。想像で」


yasu「子供の想像力は無限大過ぎますね。。 ではウルトラマン消しゴム集めてたHIROさんw」


HIRO「僕もウルトラマン消しゴムや切手。 あとは蝉の抜け殻集めてたわ!自転車の籠いっぱいにしたり。」


yasu「それを踏み潰すとかじゃないんですか? 何もしないんですか?」


HIRO「そう、何もしないw入れてただけww」


SHUSE「そういえばな、自分(HIRO) から来てた年賀状当たってたかもしらん。換えに行ったんよ」


HIRO「いつのいつの?」


SHUSE「今年のやつ!」


yasu「なんですかこの楽屋トーク!! っていうかHIROさん年賀状律儀に出してるんですね!!笑


僕はキン消しも集めてけど、一番集めてたのは牛乳キャップ。 牛乳キャップでパン!って遊んでました。 牛乳キャップに製造のとこの住所書いてあって、 そこに新しいの下さいって返信封筒と一緒に送ると新しいキャップ 送ってくれんねんで!
ヨーグルトのキャップとか普通のよりでかいから今見てもドキドキ するもん。で、あるとき学校で流行り過ぎて、 一応賭け事やから学校で禁止になってん。でも、 俺は絵の具のケースにずっと入れて持ってたからある先生に全部没収されたんですよ、もうね、あの先生は未だに恨んでますよ」


淳士yasu、探しに行こうぜ!


wwwww


yasu「 まぁ子供の集めてたものって変わったものが多いですけど、 思い出はプライスレスということで。 僕らも皆さんの思い出になれればと思います」

 


7.眠り姫 
8.君がいない…あの日から 
9.黒い太陽 


yasu「今日もね、 エロいというかあんま答えたくない質問ばっかやな。元カレとエッチすることになりそうなんですがどうですか? 僕は無理ですね」


SHUSE「それは別れたら友達になるってやつ」


淳士男女に友情なんてないんだよ!


yasu「 ゲネプロに続いて名言出ましたwゲネプロのときはバンドマンの彼氏をどう支えたら良いかっていう質問に、、なんでしたっけ?」


淳士見ない、聞かない、触らない


yasu「 だそうですwでもエッチできないから別れるんじゃないんですかね ~?

 


テレビで言ってたけど、 女性の浮気は9割バレないらしいんですよ。 それがアメリカの実験みたいなんですけど、 日本の女性をいれたら限りなく10に近づくんですって。 こいつら浮気ばっかしてるってことですよ。 女は男の嘘を見破るのが上手くて、 男は女を欺くのが上手いんらしいですよ、 結局男と女のかけひきですね。何の話をしてるんですか?」


SHUSE「新曲のタイトル?」


yasu「ニューシングル 男と女のかけひき


淳士カップリングは切手


wwwww


SHUSE「首返せやないんやw」


淳士「やっぱりABCの世界観があるからね!w」


yasu「じゃあYUKIちゃん作詞お願いします笑


次、“AVの面白さがわかりません”
今女性用のAVあるんでしょ? よくどんなAV好きですかって聞かれたりあるんですけど、 ここでは答えたくないって感じなんですよ」


SHUSE「マジックミラー号とか?


wwwwwwwwwwwww
ここめっちゃおもろかったww

 


会場のyasuのAVが見たーいって声に


yasu「あれなんでしたっけ?優しい嘘ですか。 優しい嘘の別バージョンで僕と淳士さんが絡んでるので、 もしよかったら見てくださいw面白さを追求したらあれになりまし た。


“新しいグッズのマッサージ、彼氏とどう使えばいいですか?”


まずね、彼氏とって時点で使い方間違ってるから。 僕使ってるのは通販で買ったやつなんですけど、 本当に気持ちいいんですよ。 他のグッズはいいからこれは買ってほしいですね」

 


yasu「“お化けは信じますか”
僕ね、割と信じる方なんですけど、 都合の良い解釈しか多くないですか? たとえば落ち武者とかあるのに、 原始人の幽霊とか知らないでしょ? あとは犬とか蛇の霊はいるのにゴキブリとか蚊の霊っていないでし ょ?だからね、そういうの説明してくれる人に会いたいんですよ。
ここいわくつきの場所なんですよってよくありますけど、 そんなん…(蚊なら) いっぱいあるじゃないですかwだから説明してくれる人に会いたい ですね」


10.少女の祈りⅢ 
11.DRAGON CARNIVAL 
12.少女の祈り 
13.SPELL MAGIC 


En.
yasu「アンコール有難うございます。今回もね、 みんなのチケット半券を引いて、 リクエストに応えたいと思います」


今回はアリーナ前方の男性がピストルを選曲。


yasu「 これはABCDreamCupの5ヶ月連続リリースの第一弾シン グルでしたね。ピストルはね、最初エイベックスの方、 いやエンジニアさんか、本当にこの詞でいくんですか? って言われて。 この頃何がエロくて何がエロくないかわからんかったからね。 今でもエロいかわからんもん」


14.ピストル


2曲目はスタンド後方の方が選曲。


yasu「一応全曲いけるようにしてるんですけど、 この曲がくるとみんなドキドキします。 HIROさんなんかギターもってないですからね!!違うか!笑( たまたまスタッフが持ってきてなかった) 普段はアコースティックでやってますが、今日はバンドver. で」


15.君がいるから
16.Black Cherry 
17.シャングリラ 

 


こんな感じで終了でした。
アリーナ席でものすごい見やすかった。。。
 


シャングリラツアー。幸運にも福島、三重、京都、長崎、 ゲネプロ、城ホという6会場行けましたが、 本当に楽しいツアーでした。 セトリが変わっていくっていうのも良かった。
元気のもらえる素晴らしい空間でした。
本当にごちそうさまでした\(^o^)/


setlist
1.sins
2.CRISIS
3.I'm not a ghost
4.黒猫
5.scar
6.Greed Greed Greed
7.眠り姫
8. 君がいない、あの日から…
9.DRAGON CARNIVAL
10.少女の祈りⅢ
11.黒い太陽
12.少女の祈り
13.SPELL MAGIC
En.
14.ピストル
15.君がいるから
16.Black Cherry
17.シャングリラ 

【アーカイブ】14.05.05 Acid Black Cherry Project『Shangri-la』Janne Da Arcオフィシャルファンクラブ“マドモアゼルなあなた達”会員限定イベント 公開リハーサル・ゲネプロ@幕張メッセイベントホール

mixiで過去に書いてた日記のアーカイブです。
-----------------
こどもの日。
GWも終わって大変残念ですが、 先週弾丸でAcid Black Cherryのライブへ行ってきました。


アリーナツアーが来週から開催されるリハーサルとゲネプロを見れ るということなんですよ。
ゲネプロは本番通りに一通りやるやつだから、 運動会の予行演習と一緒なんだけど、 リハーサルは音漏れぐらいでしか聴けないからこれは見ないと…! と思って行ってしまった。


フロアがいるからいつものリハよりもリハらしくないかもしれんけど、それは良いのです。 今日はリハから書いてるから文章いつもより長いよー!

 


入場すると照明がキラキラ。オフショットでよく見る光景だー!! 音が鳴らずに照明だけが動いている。
13時ぐらいからスタッフがサウンドチェックスタート。 言うなればメンバーのサウンドチェックの為のサウンドチェックっ て感じ。
ギターとドラムチェックついでになんとなくIRON MAIDENの2minute to midnightやってたw


そしてメンバー登場。
普段みたいな歓声はなく… というかあんまり名前呼んじゃダメなんだろうなという少々ぴりつ いた(良い意味で)雰囲気でした。


淳士→SHUSE→YUKI→ HIROの順でサウンドチェックだったかな。 クリーンやエフェクト、 それぞれの曲の特徴的なフレーズ弾いたり。
スタッフの人が
「次グリグリお願いしまーす」
って言ったときはちょっと面白かった。グリグリ言うんだーって笑


そして、 メンバーがそれぞれスタッフに対してよろしくお願いしますって言 った後に客席から拍手が起こるのもなんだかおもしろかった。


yasu以外のメンバーのサウンドチェックが終わり、 曲を通しで演奏。


・眠り姫
眠り姫はyasu声なしで楽器陣のみ。


・I'm not a ghost
ヘドバンもyasuステップもなし、淡々と歌唱。
新鮮。


・君がいない…あの日から
・黒い太陽
・少女の祈りⅢ

 


3曲繋ぎでっていうリハ。演出、照明効果のリハですね。


・DRAGON CARNIVAL終わりから少女の祈りのイントロ
楽器持ち替えるからその対応


どこかで録音チェックやら立ち位置調整やら音の返し調整やらで暇 になって


yasu「暇ですね。みんなリハやから見なくてええねんで? ごはん食べてきーや。みなさんわかってますか、 お金とって練習を見てもらうっていうね。 まぁどうせ見てもらうならリハから見てもらっても良いんじゃない かなって事で。
今日は雨ですか?こんな日にディズニーランドも行くんですかね、 渋滞してなかった?入場規制かかってた? まぁ僕は行ったことないんですけどね。YUKIちゃん、 今日は何時起きですか?」


YUKI「7時!いや、その渋滞が心配で! 結局混まなかったんだけど笑 今日のリハよく変な緊張感ありますね。リハやけど、 香水つけてきたw」


yasu「こんなMCを本番でやります!笑 リハやからね!!」


どこかで会場から
「そーですね!!」


って聞こえてきて


yasu「それなんやっけ?」


会場「いいとも!!」


yasu「あ、あぁ。そっか。“い” すら出てこんかったw一度も出ないまま終わったなぁ。 一流芸能人に入れませんでしたwSHUSEさん、 HIROさんは出たことあるんですよね?」


SHUSE「座ってるだけでなんも喋らんかったけどなw」


・黒猫アウトロ~scar
・Greed Greed Greed


繋ぎリハ
曲はそんな感じだったかなぁ。


その後オープニングの打ち合わせ。
メンバーが後ろにきて、打ち合わせてた。
アリーナの後方席だったので、メンバー良く見えた^^


yasuがスタッフと話してる間、 メンバーは写メ見せ合ったりしてたな。
その姿をマドモ集団がガン見w
この光景ものすごくシュールwww
yasuもこっち見んなって心で唱えてたかなぁw


そしてオープニングの照明効果の見せ場を通しで。
ディズニー音楽みたいな曲に照明を合わせて、
最終的に光で目がくらんだところに気づいたらバン!! ってyasuがかっこよく立ってるって演出なんだけど、


リハだから目眩み→バン!!→ スタッフが申し訳なさそうに立ってて笑いが起きたw
でも笑っちゃいけないような空気も出てて、 ガキ使の気持ちがわかった気がした。


リハはこんな感じかなぁ。
ネタバレは承知というか、 リハ時の練習してるメンバーが見たくてすごく有意義でした。


-----------------------------------------------


はい!!本番!
オープニング音楽が始まり、レーザー光線で
Shangri-la in MAKUHARI マドモアゼルなあなた達」と表示


バン!!っとキメたメンバーが登場。


1.sins
2.CRISIS


yasu「こんばんはー!マドモアゼルなあなた達!!今日はね、 リハから見られてて変に緊張感ないんですよ、 今までにない感じなんで笑 リハみんな見てたんかな?いや、 さっきより明らかに人数増えてるな。リハ緊張しませんでした?」


SHUSE「リハ緊張しすぎてようわからんかった。 今抜けてるもん」


yasu「ほんとね、 サングラスしてくればよかったって思いました、 普段せんのにwリハもっとかっこよく決めた方が良かったかな。 淳士!そんなビートじゃ響いてこねぇよ、淳士!!! みたいなw
まぁね、普段は見れないようなライブになると思うので。 何度かゲネプロ公開っていう完成度の低いライブを見せてきました が、 今回はリハから見られてるので変なテンションですwマドモアゼル なあなた達!!暴れていけるかい!!」


3.I'm not a ghost

4.黒猫
5.scar
6.Greed Greed Greed


yasu「今日はメンバーに挨拶してもらおうと思うんですが、 さくっとお願いします」
と、お題を決めて話すのではなく、挨拶程度でした。


yasu「会場外で質問ボックスを置いたので、 それを読んでいきたいと思います」


まぁエロいのばっかりであんまり覚えてないんだけど。


〇胸の大きさについて
yasu「どっちが良いかって聞かれますけどね。 僕は小さくても良いんですよ、大きくても良いんですよ、 おっぱいが好きなんですよ。チキンカレーが好きですよ~ グリーンカレーも好きですけどね!!ってのと一緒ですよ。 YUKIは?」


YUKI「僕もつるんとしてて大丈夫ですね」


yasu「何言ってんねん!!パイパンの話ちゃうで!!」


YUKI「いや…胸の話ね!」


yasu「俺でもいけるってことやろ?」


SHUSE「お前、けっこう(胸)あんで」


この話、どこかでもやったような…
yasuがタンクトップ着てた屈んだりしたとき、
SHUSEは目を背けるって感じの話w


〇彼がバンドマンですがどう支えたら良いですか
yasu「みなさん、どうしたら良いですか」


淳士見ない、聞かない、触らない

 

wwwwwww

 
yasu「ほんとそれですね!!笑 それに尽きると思います。HIROさんは?」


HIRO「売れなくても、私はあなたの才能には気づいてる、 って全部肯定すること」


yasu「 HIROさんはこれまでそうやって支えられてきたってことですね wでもね、 バンドマンの彼氏になるってそういう事じゃないですか」


会場「ざわざわ」


yasu「俺なんて言うた?バンドマンの彼氏?おい、 俺の性癖がばれたやんけ!笑
バンドマンの彼女になるってそういうことじゃないですか。 お好み焼き屋で服が焦げ臭いって言うならやめれば良いじゃないですか。だから、淳士さんなんでしたっけ?」


淳士見ない、聞かない、触らない

wwwww


7.眠り姫
8.君がいない…あの日から
この2曲満天の星を照明で現したのが綺麗だった。


9.黒い太陽
10.少女の祈りⅢ
11.DRAGON CARNIVAL
12.少女の祈り
13.SPELL MAGIC


En.
yasu「アンコール有難うございます! 今日も箱からひきますよ!!あ、何も言わずひこうとしてたわ笑 このツアー初めて参加するって人ー?けっこうおるなぁ。 ここにはみんなのチケット半券が入ってます。で、 当たった人に次やる曲決めてもらいます」


で、一人目の人はものすごく緊張してて、やり取りが面白かった笑
選曲したらメンバーが中心に集まり話合い


yasu「みなさん、何してたかわかりますか。お察しの通り、 あとでやる曲やったんですよwまぁね、そういう事もありますよ。 みんなが聴きたい曲やろうと思ってるんでね笑 じゃあ、マドモアゼル!いけますか!!」


14.Black Cherry


リクエスト2人目はアリーナ前方の方。
yasuとのやり取りでムッカーという事がわかり
yasu「お、ムック好きなん、逹瑯に言っとくわ!逹瑯! ムックの本命やった人が浮気してんで、お前それで良いんか? って言っとくわー!!」


ってやり取りしてたw
で、選曲後、再度メンバーが中心に集まり


yasu「 こういう事もありますよwこの曲合いの手難しいですか? ちょっとタイミングさえ覚えれば簡単だと思うんですよ。 確かに単純じゃないんですけどバシッと合ったらかっこ良いと思う んで、マドモアゼルなあなた達!!バシッと合わせてください!! 」


15.cord name 【JUSTICE】


yasu「まぁ本番(ツアー)では2回しかやらないですけど、 今日はやりましょうか。あ、 ツアー始まってからゲネプロではリクエスト3回やったのに!! っていうのなしやで!!」
という事でリクエスト3回目


16.prologue end
17.ピストル
18.シャングリラ


yasu「リハから見られて恥ずかしかったですが、 またFCイベントやりたいですね! 7日はリハから気合いいれようかな。SHUSE!! お前のベース刺さるぜ!!良いビート刻んでるぜ!!みたいなw 有難うございましたー!!」


こんな感じでした。
リハとゲネのどっちで言ったかも曖昧ですが、 だいたい合ってるかなぁ。
えらい長いイベントで面白かった。
リハーサルのリハーサルから見られるなんてないもんね。


今回のライブはyasuも言ってたけど、 いつもより抜けたライブで、これはこれで面白かったなぁ。
リハ公開を今後もやってほしいとは思わんけど、 FC限定ライブとかもうちょっと増やしてくれたらと思いましたわ 。
次はジャンヌで期待してるけどヽ(^o^)丿
ごちそうさまでした\(^o^)/

 

【setlist】
1.sins
2.CRISIS
3.I'm not a ghost
4.黒猫
5.scar
6.Greed Greed Greed
7.眠り姫
8.君がいない…あの日から
9.黒い太陽
10.少女の祈りⅢ
11.DRAGON CARNIVAL
12.少女の祈り
13.SPELL MAGIC
En.
14.Black Cherry
15.cord name 【JUSTICE】
16.prologue end
17.ピストル
18.シャングリラ

【アーカイブ】14.04.05 Acid Black Cherry Project『Shangri-la』5th Season~四国・九州・沖縄tour~@長崎市公会堂

mixi過去に書いてた日記のアーカイブです。
---------------------
4月に入りましたねー!
年度始まりから遠征でございます。Acid Black Cherryのライブ行ってきました^^
長崎は修学旅行、GLAY遠征に続いて3回目です。
グラバー園やら海鮮丼やらカステラやら眼鏡橋やら皿うどんやらで 観光の心は満たされたんですが、あと一つだけ… 軍艦島行きたかったなぁ。


それは置いといてライブです。
今回は2階の最前で、ものすごい見やすい席…
会場暗転してディズニーっぽいSEが流れメンバー登場。


1.Re:birth
2.少女の祈り


yasu「 長崎のみなさんこんにちはAcidBlackCherryです! 初めまして!長崎ABCとして来るのは初めてです! 長崎といえばね、ながさき~は~ですよね。 本当に雨降っとるやんか!誰ですか雨男は?いやいやいやいや、 僕ね、よく雨男とか言われるんですけど、そんなこと無いんやで。 けっこう晴れることの方が多いんやって。 まぁどっちでも良いんですけどね。


長崎って、関西でいう神戸や東京でいう横浜とかですか? 言い過ぎ?いや、 この前大分行ったらテレビが4チャンネルぐらいしか映らんかってん。いいとものグランドフィナーレ見れんって感じで笑 で、長崎はテレビ映るんで、都会なんかなぁって。 思ったより都会ですね!笑
長崎にしては!って言ったら失礼やけど、 この会場九州ツアーの中では一番大きいんですよ。 今日入って人数の多さにまずびっくりしました。 まぁ僕は田舎だろうが都会だろうがどっちでも良いんですけどね、 みなさんに会いにきてるんでね!!


昨日はOFF(オーエフエフ)、あ、仕事休みでね、 長崎を堪能しましたよ。稲佐山行ったんですよ。 世界三大夜景でしたっけ?どんなもんかなぁと思って行ったら… 案外普通でした!笑
あとね、長崎色々食べましたよ、トルコライスシースケーキ、 カステラとかね。シースケーキ特に期待して食べたんですよ、 めっちゃ美味そうやなぁって!!…普通でした笑 普通って褒め言葉ですよ?誰が食べても美味しいっていう! 今日は人数が一番多い会場なんでいつもより元気なかったらあかん という事で大丈夫ですか!!最後まで暴れて行ってくれよ!!」


3.Greed Greed Greed
4.in the Mirror
5.指輪物語
6.黒猫~Adult Black Cat


yasu「今日もね、ツイッターで質問募りまして… 今日は真面目なやつからいこう! 今日ってデビューの日らしいんですよ。 長嶋茂雄がプロ初出場したことにちなみ、 その年デビューした新人にエールを送る日らしくて。 それにちなんで、 皆さんのデビュー日の思い出を語っていただきたいと思います。 誰から行きます?」


淳士「こんばんは、ドラムの淳士です。デビューの思い出… デビューはね、1995年ですね」


yasu「もう19年前ですね、 この中にまだ生まれてない子もいっぱいいるんやないですか]


淳士「まだ精子にもなってないやろうなぁ!
僕ね、デビューの2週間前事故ったんですよ、 それで死んだんですよ」


yasu「今は笑い話みたいになってますけど、 結構やばかったんですよね?」


淳士「そうそう。いや、僕ね、 オートバイ乗ってて事故ったんですけど、救急車きて、 昏睡状態みたいな感じだったんですよ。で、 救急車の中でそん時待ち合わせしてた兄貴から電話かかって来て… もしもしって出たっていう」


yasu「生死を彷徨ってたんですか」


淳士精子だけにね!!fuuuuヽ(^o^)丿


wwwwwww


淳士「 もう救急車もダメだと思って音鳴らさずに走ってたみたいでね。 僕が電話出たもんだから取り返さんばかりにピポピポピポピポって 鳴らしてたみたいで笑 
頭強打してたから、その頃の記憶って断片的なんですよ。 それから一年ぐらい自分の頭じゃないみたいで。 今言われたことすぐに忘れるっていう。 犬の脳みそ入れられたんじゃないかなーって笑  そんなこと言ったら犬様に失礼ですね!笑 まぁ今は元気にドラム叩いてます!」

 


yasu「続いてはSHUSEさんいきましょうか」


SHUSE「こんばんは、SHUSEです! 僕のデビューは1997年5月8日ですね。その頃ですね、 プロモーション活動ってのをやるようになって、 ボーカルの人と僕が行くのが多かったんですよ。 Ivorytrees発売!みたいな。で、 どんな曲なんですかって聞かれても全然応えられんくて… やったことなかったから笑  


とりあえず聴いてくださいみたいなやり取りしてましたねー。 デビューしたら楽器弾くだけじゃなくて、 こういう仕事もやらなあかんねんなぁって思いました。で、 地方のラジオに行けば行くほどDJがよう喋るんですよ。 僕らみたいなバンドってあんまり喋らんって印象もあるからかもし れないですけど、例えば、みなさんは大阪で結成されて、 今度デビューされるんですよねーとか聞かれて、あ、はい~ みたいな」


yasu「YesかNoかで応えられる質問ばっかりね笑  あと、こいつ曲全然聴いてへんやろってやつもいますよね笑」


SHUSE「デビューの日はボーカルの人と飲んでましたね。 ワインでデビューおめでとうみたいな…w」


yasu「なんで笑うんですか、良い話じゃないですか!笑


SHUSE「いや、ワインって俺に合わんなぁと思って笑 まぁそれが忘れられん思い出ですね~有難うございました」


yasu「じゃあ続いてHIROさんお願いします」


HIRO「ながさきー!こんばんは~HIROです! 僕のデビュー日はですね、1997年5月8日ですね」


SHUSE「お、一緒やん!!」


yasu「なんですかその茶番は?笑  同じバンドですよねw」

 


HIRO「いや、最初に(SHUSE) 振ってくれて良かったですよ。5月8日は覚えてるんやけど、 何年やったか覚えてなくて。 僕は彼みたいにプロモーション組からは落選して、 畳の部屋でゴロゴロしてましたね。僕が曲作ったにも拘らず…笑 まぁ僕が行っても曲語れたかは微妙ですけどねwそういえばその飲 んでるとき電話くれんかったっけ?」


SHUSE「あ、したかもしれん! デビュー日他のメンバー何やってんのかなぁって笑」


yasu「良いお話有難うございました!続いてYUKIちゃん! 」


YUKI「こんばんはーYUKIです!僕はね、 知ってる人いないかもしれないけど、 アニメから飛び出したんですよ!快感フレーズっていうね、 1999年9月ぐらいですね」


yasu「俺1999年5月やから俺の方が先輩や!敬語使え!笑 何回このやり取りしたかっていう笑」


YUKI「 アニメではすらっとした人が演奏してるわけじゃないですか。 デビュー日に初お披露目というか、 僕たちも初ライブやったんですよ。で、 お客さんもアニメの方は知ってても僕らの事は知らなくて。 アニメのすらっとした印象で来て、僕らが出て行って、 なんだかお互い気まずかった思い出がありますね笑  まぁ色々経て楽しくギター弾いてます!」


yasu「YUKIちゃんでした~!僕はね~ デビューの日入院してたんですよ。ポリープの手術でね。でもね、 その手術当日の朝までレコーディングしてたんですよ、 手術したら3ヶ月声出せないから次のシングルまでとらなあかんく て。だからデビューした日は筆談してました。 でもデビュー日なんでみんなお見舞兼ねて祝いに来てくれて、 ものすごい花の量なんですよ笑 誰か不幸あったんかな…にしては色鮮やかやな…みたいな」


「婦警さんにもいじめられてたんですよ、あ、婦警さんはこれ( 敬礼)やなw
婦長さんにいじめられてたんですよ。そんなんもあったり、 僕ジャラジャラつけていって歩くのがうるさいって怒られたり。 その日レコーディングが朝8時に終わって、 一回帰って病院行ったから来てくださいって言ってた時間から2時 間ぐらい過ぎてたんですよ。それでもまた怒られて笑
あなたより大変な人いっぱいいるんだからね!あ、そうですよね… みたいな笑」


SHUSE「yasu以前手術したこと黙っててんなぁ、 前ラジオ出たとき言ってしまってごめん」


yasu「いや、良いんですよ、 自分から言いたくなかっただけで。なんか心配してくれオーラ出してキモいやないですかw」

 


7.愛してない
8.君がいない、あの日から...
9.チェリーチェリー


yasu「さてさて、質問続きですが、、、」


体位の話とかいつもの下ネタはつまらんかったので割愛で笑


yasu「あ、初めてもらったファンレターの内容覚えてますか? 」


淳士「覚えてません!」
HIRO「もらったのは覚えてるけど内容は覚えてません!」


YUKI「僕はあのときですよ、その初ライブのとき。 送ってくれた子も誰かわからないですけど応援してます!! みたいな感じで笑」


yasu「僕覚えてるんですよ!
ライブ後って会場外でバンドマンがビラ配りしてるじゃないですか 。俺らも行こう!って初めて行ってですね、 忘れもしない大阪メルパルクホールのEinsVierのライブですよ。まぁチラシを配ってライブしたんですけど、 そのときにチラシ受け取ってくれた子が来てくれたんですよ。で、 そのときにファンレター貰ってね。 全然お客さんおらんから誰か来ると、え?なんで来たん? みたいになるんですよ。で、 話聞いたらそのチラシもらったから来てくれてて。 わざわざ淡路島から枚方まで来てくれたんですよー!」


アインスフィアのときに反応した人0だった!!!笑


yasu「ここから後半戦暴れていけるかい!!」


10.シャングリラ
11.I'm not a ghost
12.罪と罰~神様のアリバイ~
13.ピストル


En.
yasu「アンコール有難うございます。 今回はリクエストを会場で募るっていう企画をしてます」


今回は1Fの一人で来られてる人が当たり、冬の幻を選定。


yasu「今回からね、 やってない曲リストを渡すようにしたんですよ、 この方がわかりやすいでしょ?
冬の幻はね、本当はシングルにしたくなくて、 スタッフと衝突した曲なんですよ。 それでリクエスト来るとスタッフがシングルにして良かったやろば りの顔で見てくるんで、ちょっと悔しいんですよね笑 そんな想いの詰まってる曲です」


HIROのオートワウかなんかでかけるエフェクトからスタートす る本曲ですが、ノイズのみで、場内笑いに包まれ…


yasu「ノイズだけっていう新鮮な感じでした。いやいや、 ライブですからね、ハプニングあってのライブですよ! でも逆にミスしてくれてよかった、 僕たち完璧な演奏をするじゃないですか、こんなのレアですよ! 逆に良かった!!」


14.冬の幻


yasu「続いてもリクエストにしようと思います!」


次も1Fの一人で来られた方でした^^


15.この青空の向こうに
yasu「この曲いつからやり始めたんやっけ?あ、 BlackListのホールツアーか。 あのときアルバム出したばかりで、 本編も12曲ぐらいしかなくて、 これじゃ少ないからアコースティックだけど、 みんなでやれる曲やろうって作ったんやったな。


今日は集まって頂いて有難う御座います。 長崎でやったのはずいぶん前でライブハウスやったから、 今回こんな大きい会場でできて嬉しいです。 初めての場所って楽しみでもあり、緊張もするんですが、 いつも楽しんで貰えて有難いです。 もうすぐこのツアーも47都道府県周りきりますが、 長崎にはまたライブなり、 キャンペーンなりで来ようと思うので宜しくお願いします。 じゃあ、しっとりと二曲聞いてもらったんで、 最後に長崎にとどめさしましょうか!」


16.Black Cherry
17.SPELL MAGIC


以上で終わりでございます。
今回は本当に見やすくて良い席でした。。
長崎公会堂、すごく見やすい会場で他のバンドで何かあったら見に行きたいなぁ。


今年は行きたいライブがたくさんあるな。 GLAYも金爆も卓偉も!!

ABCのゲネプロも楽しみですし。
そして、長崎もまた来たい!今度は佐世保も行きたいな!
本当にごちそうさまでしたヽ(^o^)丿

 

setlist
01.Re:birth
02.少女の祈り
03.Greed Greed Greed
04.in the Mirror
05.指輪物語
06.黒猫~Adult Black Cat
07.愛してない
08.君がいない、あの日から...
09.チェリーチェリー
10.シャングリラ
11.I'm not a ghost
12.罪と罰~神様のアリバイ~
13.ピストル
EN
01.冬の幻
02.この青空の向こうに
03.Black Cherry
04.SPELL MAGIC

22.07.18 ReoNa FM802 HOLIDAY SPECIAL 和歌山マリーナシティpresents SEASIDE PLEASURE @和歌山マリーナシティ

FM802 HOLIDAY SPECIALへ行ってきました。

場所は和歌山マリーナシティ

f:id:snowmansan:20220723155731j:image
f:id:snowmansan:20220723155728j:image


FM802が毎年海の日にイベントをやっているのは知っていたも のの、行ったのは初めて。
今回はライブゲストで川崎鷹也、ReoNa、 ビッケブランカが出るということで、ReoNa目当てでした。


FM802 HOLIDAY SPECIAL 和歌山マリーナシティpresents SEASIDE PLEASURE 

 

特設ステージが黒潮市場の奥に作られている。
入場後、リハでANIMA、A Thousand Milesのカバーをやって
ReoNa「では、本番でよろしくお願いいたします」
と去っていった。


本番前の注意事項で中島ヒロトさんが出てくる。
ラジオで毎日聴くから本物だ…!!!となった。
中島「リハというもののまるっと歌ってもらえましたよね!? ありがとうございます。
みなさん暑いので水分補給しっかりして本番楽しみにしてもらえた らと思います」

 

 

13:00〜13:31
中島ヒロト「時刻は午後1時を回りました、FM802 HOLIDAY SPECIAL 和歌山マリーナシティpresents SEASIDE PLEASURE この時間はマリーナシティ特設ステージからお送りしていきたいと 思います、よろしくお願いしまーす。

みなさんお待ちかねですからね、 今日のゲストを紹介したいと思います。ReoNaさーん!!」


ReoNa「みなさんこんにちは、 絶望系アニソンシンガーReoNaです。よろしくお願いします」


中島「 陰のある少女のようなルックスながら繊細で深い少年のような歌を 歌うReoNaさんですが、 ソードアートオンライン等のアニメ作品の主題歌を手がけ、 802では豊田ほのかが担当する802Paletteの準レギュ ラーとしても出演してくださっています。 豊田ほのかはご迷惑をかけてますせんか?」



ReoNa「とんでもないです…


中島「楽しくやってますか…


ReoNaが囁くような声なので
中島「僕まで声が小さくなりますね」


 


中島「さっそくライブをしてもらいたいとは思うんですが、 今日はファンのみなさんもたくさん着てるので代表して一つ質問を したいんですが…暑くないですか?」


真夏に白いライダースを着ている。笑


ReoNa「気になられていますか…暑いかもしれません」


中島「暑いかもしれません、暑くないかもしれません… ご想像にお任せしますということで。
でもね、早く歌ってもらって(暑いので) 早く裏にいってもらえたらという気持ちもあるので」



中島「ReoNaさんのスペシャルライブでーす!!!」


1.ANIMA
これはオケを流して歌っていた。


ReoNa「ありがとう。 和歌山マリーナシティにお集まりのみなさんこんにちは、 ReoNaです。初めての和歌山、 そして初めての和歌山でお送りするライブ。お歌、 言葉の一つ一つお楽しみいただけますように。
ここからはキーボード荒幡亮平さんとお届けします。キーボード、 荒幡さん!」


え!?!?!???


ReoNa「デビュー前からカバーし続けてきたお歌。 アニメ映画ブレイブストーリー見たことある人もいるかな? 辛い時辛いって言えたら良いのにね…決意の朝に」
2.決意の朝に(Aqua Timez cover)


卓偉さんの現場でおなじみの荒幡さんが出てきてびっくりだった。
いつもの跳ねたピアノで、 立ち上がって身体を動かしたくなるようで、 荒幡さんのピアノだなあ…!という感じだった。 ReoNaさんのカバーがまた良くて決意の朝には感動だったなあ 。


ReoNa「 ReoNaは絶望系アニソンシンガーという言葉を掲げてお歌を紡 いでいます。言葉にできない心の内側に、 誰にも見せられない想いに寄り添えるお歌がありますように。 名も無き絶望に、名も無きお歌を…unkown」
3.unkown


ReoNa「マリーナシティ、お歌お楽しみいただけましたか? またこうして顔を見て同じ空間でお歌受け取っていただけますよう に。最後にもう一曲お届けしたいと思います。
きっと傷ついたことのない人なんていなくて、 傷つくことのない世界なんてなくて… でもあなたの生きる日々に寄り添えますように。ライフ・イズ・ ビューティフォー」
4.ライフ・イズ・ビューティフォー
このピアノ一本でのアレンジがよかった。
ピアノのめっちゃ跳ねてるし、 間奏のピアノも相変わらず声を出したくなるようなピアノを弾いて いて、ピンポイントのグリッサンドも最高であった。
なによりReoNaさんのウィスパーボイスなのに振り絞るような 力強い声がまた良かった。


中島「 ステキなライブを聞かせてくれたReoNaさんに大きな拍手を! 海辺でのライブいかがでしたか?」


ReoNa「海辺での野外でライブをすることは滅多にないので、 外の風を感じながらお歌楽しんでいただけたのならよかったです。 」


中島「ありがとうございます、楽しめました。
もうこうやって夏が始まったと思うんですが、 ReoNaさんは既に夏を楽しんでるということで… バーベキューをされたんですか?」


ReoNa「夏がまだまだ続くんですが、 早速スタッフさんとバーベキューをさせていただきました」


中島「そのバーベキューで…何を焼いたんですか!!?」


ReoNa「お肉も焼きました…エビもいただきました… 骨つきウインナー…」


中島「けっこうお肉もいただくんですね笑
このバーベキューのときに夏を感じたということですがいかがでし たか?」


ReoNa「夏の夜が独特な香りで、懐かしくなるような… 炭の香りとか混ざって夏が来たんだなと思います」

ここからライブの告知とシングルシャルウィダンスの告知。

 


ReoNa「来年でデビュー5周年なんですが、 そんなとしにみんなとたどり着いた舞台で。 一つの大きなステージだけど、ここからまた始まる思いを持って。また関西にもお歌を届けに来ますし、 そこからまた武道館に向かうので楽しみにしてもらえたら嬉しいで す」

 


中島「ありがとうございます、 ぜひスタジオにも遊びに来てください!」


ReoNa「もちろんです、スタジオでもお話させてください!」


中島「ではいつものやつお願いします」


ReoNa「本日は本当にありがとうございました、 ReoNaでした。じゃあな」


中島「ありがとうございました、では最後に7/ 27リリースReoNaでシャル・ウィ・ダンス?」


とラジオではシャルウィダンスが流れてるんだろうけど、 イベントスペースでは写真撮影。
中島「せっかくなのでみんなをバックに撮影したいと思います。 豊田ほのかも来て! 豊田ほのかが来たから出てくださったんだから!」



見に来てた豊田さんとかとまきこと加藤真樹子さんも出てきて本物 だ!!!ってまたなっていた。


中島「豊田ほのかから“ヒロトさん(ReoNaの前で)ずっとにやにやしてる”って言われて」



中島「ReoNaさんありがとうございました」


ReoNa「こちらこそありがとうございました!」
----------------
SAOやシャドーハウスのアニソンで知ったReoNaだけど見たのは初めてでした。
ウィスパーボイスで静かに囁かれていると思いきや、絞り出すような強い声になるときもあって、その差がわからないうちに変換されているのが魅力的でした。


そして、キーボードが荒幡さん。
ライブのバンマスもやってるようで本当にびっくりだった。卓偉さんの現場で聴き慣れた跳ねたピアノで演奏されていて、ライフ・イズ・ビューティフォーは特にぴったりでかっこよかった。
今度は通常のライブにも行ってみたいと思えるイベントでした。

【セットリスト】
ANIMA(リハ)

A Thousand Miles(リハ)

 

1.ANIMA
2.決意の朝に(Aqua Timez cover)
3.unkown
4.ライフ・イズ・ビューティフォー

22.07.16 KinKi Kids 24451〜君と僕の声〜@京セラドーム大阪

KinKi Kidsのコンサートへ行ってきました。
京セラドーム大阪

f:id:snowmansan:20220718213405j:image


KinKi Kidsは今年でCDデビュー25周年。
夏デビューで周年だからか、珍しく夏のコンサート。
2会場4公演の初日へ行ってきました。


プレイガイドで取ったのでまあまあ天井席。
ネタバレおおありです。
ジャニーズのMCの書き方はよくわからないけど、 いつもの自分ルールで書いてみます。

 


KinKi Kids 24451〜君と僕の声〜

 

18:05〜20:35 


オープニングで最新曲から遡っていく映像が流れる。 スクリーンに曲タイトルと映像がスクロールしていき、 硝子の少年まで戻る。

そこから昔のKinKi Kidsの写真や映像が流れていく。25周年、 それより前のものもあって、歴史の重みに既に感動してしまう。
最後に硝子の少年のジャケットを見つめる2人が映る。


ステージが明るくなり、歴代の衣装が並んでいる。 これがまた圧巻だった。その一部に光一さん、 剛さんが紛れていて、光一が下手、 剛が上手から歩いてきて手をパーンって合わせていた。


1.FRIENDS
ここからFRIENDSというのが感動的だった。
スクリーンに大きな木が映っていて若葉のころのイメージだった。歌唱力も当時と違ってそこがまた泣けてくる。

 


光一「デビュー25周年を迎えました、なにわあっ間違えたKinKi Kidsです


wwwww


剛「まあみっちーも和訳しただけって言ってますからねえ」



剛「今日ね、先程男闘呼組見てテンション上がってるんですよ」


光一「見てきた!?」


剛「さっき見てて。健一さんに電話してて〝 再結成おめでとうございます!〟って。
そしたら〝ありがとう、見てね!どこいんの!?〟って。


〝今日大阪いるんですよ〜KinKi Kidsで〟って言ってたら、 ちょうど会場の入り状況で5分押すって決まったので」


光一「あー!あ、僕のトイレ待ちじゃないですよ!?」


wwwww


剛「僕が男闘呼組見てたからでもないですからね!?で、 時間ある!って思って、17:45からずっーと見てて」


光一「昭次さんギター位置低かった?」


剛「低かった!」


光一「なんでKinKi Kidsの25周年イベントの最初に男闘呼組の話なんや


剛「まあまあまあ… デビュー前に男闘呼組の曲もやらせてもらいましたしね、 その上で僕らもあるので笑」

 

 


剛「 なかなかコンサートに来にくい状況ですけど来てくれてありがとう ございます」


光一「また増えてきたもんねえ… 今日はいつものコンサートというよりは座って聴いてもらって、 僕らのしょうもないMCも聴いてもらおうと思います。 もちろん曲は一生懸命届けますよ!衣装わかりますか?」


ステージセットになってる衣装の話になる。
光一「これだけ残っててすごいよねえ」


剛「もちろん処分されたのもあるとは思うんですけどね、 ちゃんとこれだけ残ってて嬉しいですね」


光一「僕ら2人なのでなかなか後輩にも受け継がれなかったり… でも逆に2人だから8人とかのグループよりは倉庫保存しやすいのかな」



光一「 一曲目にやったのはFRIENDSという曲でこれは今回デビュー25周年ですけど、デビュー前から歌ってた曲ですね。 この曲は25周年でもやりたいなと思ってました」


剛「久々にやりましたね」


光一「久々ですね…良い曲だなあと思って。 歌ってた当時はうーん…ってわからなかったけど、 今歌うと良い曲だなあと思いますね。
そして、僕らはデビュー曲が硝子の少年で、歌詞松本隆さん、 曲山下達郎さんに作ってもらったんですけど、 この前もSONGSで嬉しいコメント頂きまして」


光一「こんな風に考えてくれていたのかと本当に嬉しく思います。 この他にも山下達郎さんには作ってもらってて。 これもデビュー前から歌ってる曲ですが、 Kissからはじまるミステリーという曲があって」


剛「これね、当時なぜ作詞松本隆さん、 曲山下達郎さんなのかなって思ってたんですよ。 これで謎が解けたんですよ」


光一「ちゃんと言って?」


剛「謎はすべて解けた


wwwwww


剛「 当時この曲をバックに暗いところを彷徨う映像がエンディングで」
金田一のエンディングね笑


剛「この辺りでKinKi Kidsをデビューさせる可能性もあったんやなと」


山下達郎さんのモノマネしながら
剛「きーーみがほっすぃいっ


光一「きーーみがほっすぃいっ、なんだばかにしてんのか!」


剛「してないですよ、モノマネなんで笑」


この辺り面白かったな笑

 


光一「でもデビュー曲はこれじゃない…となって。 それでこの曲はアルバム曲という形でリリースされました。 実はジェットコースター・ ロマンスもデビュー曲として作られたんですけど違うってなって」


剛「みんながジェロマって言ってるやつですよ」


光一「そんな略し方すんの!?プロレスラーみたいやな


剛「インタビューでジェロマって言われるから…」


光一「あ、インタビュアーさんにね?」


剛「そうそう。ジェロマジェロマ言われるから、〝 ジェロマってなんですか!?〟って聴いたらジェットコースター・ ロマンスのことで。
僕もキン肉マン世代なんでジェロニモしか出てこなくて


wwwww


光一「 そんな山下達郎さんの曲を3曲続けて聴いてほしいと思います」


2.Kissからはじまるミステリー

3.硝子の少年
4.ジェットコースター・ロマンス


光一「山下達郎3曲連続はきつい! 硝子の少年も今になってまた奥深さがわかって…難しいよね?」


剛「難しい」


光一「 Kissから始まるミステリーもよく歌ってたなと思うもん」


剛「みなさんカラオケとかで歌えますか? きーみがほっしっいーってメロディ難しいんですよ。 みんな頷いてますけど」


 

 


光一「あっつい…」


剛「あっつ…」


光一「みんな暑くない!? 我々基本冬にしかライブやらないからさ…衣装冬仕様じゃない!?



光一「どんちゃん暑すぎてコーラス忘れたでしょ? 君がほしいの後の」


剛「きーみがほっしっい俺の方がーみたいな。 リハでやろうって言ってたのに」


堂島「…明日がんばります!」


剛「いや入れなくて良いって


wwwww


光一「吉田建さんも大丈夫ですか?(コーラスの方向いて) ノースリーブは正解でしたね。 あとはさっきのダンサーなんて最悪ですよ。 あんなキラキラした通気性悪い服着て」


 


光一「リハのときから暑くて、 ここ借りるのって数時間でうん十万するからさ、 冷房代けちってるのかなと思って


wwwww


光一「マックスにしてよ!って言ったんだけど、 マックスにしてます…って」

 

剛「リハは短パンTシャツとかでやんねんけど、 それでも暑かったからな…」


光一「で、お客さん入るともっと暑くなるもんね。 みんな体温あると思うので火照ってんの?剛見て火照ってんの!? 」



剛「一応俺は中は涼しいようにしてて」

網網で


光一「定置網か」


剛「地引網にしといてや


wwwww


剛「脱ごうかなあ」


光一「剛くん脱ぐの!?」


剛「5曲ぐらい終わったからどうしようかな…」


光一「下もどうぞ」



剛「下はちょっと…」


光一「みんな脱ぎたくなったら脱いでください、 安心してください誰も見てません!
ブンブブーン見た人?パンツ姿が見れます。 ブンブブーンって今日だっけ…わかんないや」


剛「ちなみに氷水も置いてんねん」
氷水入れた霧吹きを自分にシュッシュしてた。


光一「水でもいろいろ剛は種類あるんだね。俺の見て! タオルだけ!」
白いタオルが箱の中に一つ入ってた笑


剛「もう水の飲み方がコンサートの飲み方じゃないもんな、 登山やもんな



光一「脱ぎたいけどせっかくだからもうちょっと… せっかくステキなおべべ作ってもらったんですね。
ちなみに今日も股ゴムです! 以前股ゴムって言ったらTwitterトレンド入りしたみたいで 」



光一「今日はずっと暑い…しか言わないんじゃないかと思います。 マスクも暑いよね」

 


剛「普段バンドメンバーは温かく見てくれるんですけど、 もう早く曲行けって顔してる笑
wwwwww


光一「ほんと夏にライブやってる方尊敬しますよね。 もうここで9分押してる!!!
次は今回新曲で再び山下達郎さん作ってもらえることになったんで すが、なんとc/wはまりやさんと。こんなことあるんですね! 夫婦で作ってもらえるなんて。
またこの曲が難しい!難しいしか言ってないな笑
まりや節全開なので竹内まりや降臨しないとね…」

 

と降臨させてた。笑


剛「まあ、普通に生活されてると思いますけどね…



剛「 レコーディングのときはコーラスとかもあったから入り込まないと 歌えなかったのもあるからな」


光一「そうそう、まりや節で歌わないと半減して… いやあんま言いすぎるとどんどん歌いにくくなる笑
降臨させた上で、自分らしさ出していきます」


5.Midnight Rain

 

光一「レコーディング以来初めて歌いました、 そりゃそうですよね。みなさんが初聴きです!」


\8888888/


剛「暑いのでちょっと脱がせてもらいます…!」


光一「雨に打たれたいね。雨降ってた?降ってない?」


剛「 こっちも夕方降るとか言ってたから終わってから少し涼しくなった らええな。でも数週間前よりはまだ今日涼しい方でしょ?」


たしかに。
衣装の話になり。


光一「この衣装は覚えてる! 硝子の少年初めて披露したときのもの。これは… なんとなくは覚えてるけど…なんだろう」


剛「それ言い出したら俺もこれはなんとなく覚えてるわ。 曲名とかツアーをパンっと言えたらええけど」


光一「この衣装だれか知ってる人いる?」


しーーん


光一「誰もおらんのかい!!!


wwwww


光一「このチョッキ…」


剛「ベストな」



剛「衣装上だけあって、下がないものもあるけど、 そういうのは後輩くんに引き継がれてるんやろうな」


光一「この剛くんの衣装よく見ると… 神宮寺って書いてたりするんですよ。いいなー神宮寺着たんだ」


光一「カメラ寄れるかなあ。これは…北川って書いてある。 ジャニーさん!?」



光一「この衣装は八乙女と薮って書いてある。これはHey! Say!JUMPが引き継いだんだな。でもね、 よく見ると八乙女の下に薮って書いてて」


剛「サイズが合わなかったりしたのかなあ。 それか剛の衣装が良い!!ってなったのかな」



光一「でもこの衣装の1番下に光一とか剛って残ってて、 残してくれてるのが嬉しいよね。」

 


光一「昔、全国ツアー廻ってたときにたぶん広島かな… 広島グリーンアリーナで衣装の盗難あったんですよ。」


剛「あれ…もう一個なかった…」


光一「え、それは知らない」



光一「結局それ返ってこなかったんですよね。おい! 取ったやつ出せよ!!!


wwww


剛「どこかに転売するわけでもなく… 家に帰って着てごはん食べてるんですかね?」



剛「福井かな、僕のジーンズ無くなったんですよ」


えー
いろいろと盗難が当時あった話だった。


光一「この衣装もいずれここに(セットに) 展示されるかもしれませんね」

 


光一「次はデビュー前にやってた曲なんですけど」


剛「たよりにしてまっせって原曲聴いたことあります? 最初ジャニーさんに〝これやるんだよ〟 って言われたときえって思ったけど、 当時流行ってたようなアレンジされて今思うと悪くないなって… といっても言ってる内容はたよりにしてまっせやけどな」


光一「コーラスもあいふおっろんさんろん… みたいになってるじゃないですか」


剛「セシールのCMみたいなやつな。セシール〜 いろっふるこんふぃあんす…みたいなやつな」


セシール懐かしいwwwwww


光一「ずっと調べてこなかったな。(コーラスの方に) あれはなんて言ってるんですか?」


だいたいあってます


光一「あってんの!?


wwwwww


剛「コーラスもJa.Ja.Ja. Jaって腕上げるところあるし…今日みんなでやりますか? 誰が最初に脱落するかみたいな」


光一「あの頃の衣装も当時流行ってたようなバスケの短パンに、 ノースリーブの…チョッキ?」
またチョッキ笑


光一「フード付きのね。あのままいってたら〝Yo Yo、Hey men〟とかなってたのかなあ」


剛「なってないやろ、その素質無いこと今わかったもん」



剛「あのときは衣装に何か言うのってできなかったなあ」


光一「ほんと言われたまま着せられてね。踊れたら踊ろうかな。 剛くんは無理しなくていいからね」


6.たよりにしてまっせ

練習してないのに踊れていて。

 


剛「意外と踊れるもんですね」


光一「覚えてるもんだねえ。 この頃のものって忘れないのかもしれない」


剛「最近の方が覚えてないもん。いや、 今が不真面目にやってるってわけじゃないんですよ?」


光一「あの頃は見るものが新鮮で、 吸収量もすごかったかもしれない。今でもSMAP踊れるもんね」
足パーンって上げてた。


剛「この曲は振り付けを自分の誕生日の日にした記憶があって。 それ終わってからジャニーさんに言ったら〝なんで言わないの!! !〟って言われて」



剛「誕生日だったから特に覚えてるような気もしますねえ。 でも踊ったから暑いねん」


光一「そう!踊れるわ〜と思って終わったら…あっつ」


 

 


光一「ここからはKinKi Kidsのターニングポイントとなった曲を歌っていきたいと思い ます。
僕らは硝子の少年でデビューして、 当時ユーロビートとかが流行っていた中、歌謡曲の… 僕らはよく哀愁系と言ってましたけど、 歌謡曲のメロディを歌ってきました。 その中で一つ転機になったのが、 ボクの背中には羽根があるという曲で。作詞松本隆さん、 作曲織田哲郎さんに作ってもらいまして。
この曲は民族楽器でアレンジしていて、KinKi Kidsの幅を広げてくれた曲だと思っています。 ここからアレンジで民族楽器使われたりしていきました。


そして、薄荷キャンディー
これもターニングポイントになった曲ですね。 スウェーデンの作曲家の方にアレンジもお願いしたり、 当時流行ってたもの等色々取り入れてもらって、KinKi Kidsの幅が広がった曲かなと思います。 その中でも松本隆さんの詞に昭和も感じる部分があったり。
〝白い歯舌見せて微笑する〟…どういうことかなあ… 剛くんやってみて」


剛さんが歯見せながら笑うけどどう見てもコロッケさんのモノマネ のようw


光一「wwwwwwww」


剛「ヤバいやつやん。でもこうなると…😬」


wwwww


剛「やってみてえや」


光一「😬」


wwwwww


剛「でも同時にじゃないかもな、歯見せてから笑うんやろな。 たぶんてへぺろ〜みたいな感じで」


光一「どうやんの?」


剛「歯を出してから…舌だして…😬」


wwww
ここは映像化されてほしい。上手く伝わらん。


剛「こんなん切り取り出したら全部あかんわ笑
きみ笑い方独特だね、他は素敵なのにね〜って言われちゃう。 こんなん後で楽屋で言ってくれたらよかったのに」



光一「良い曲なんですよ!良い曲なんですけど、 斜め上から見過ぎなんですね。一言で区切るから良くない」


剛「もう全部気になってきた…ボクの背中には羽根があるなんで、 羽根あんねんで?ヤバいやつやん。

〝朝起きたら羽根生えてて〜〟
たぶん知らんと思うんやけど…光一知らんと思うけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ZAZYやねん


wwwwww


光一「ZAZYってなに?芸人!?
でもボクの背中には羽根があるはジャニーさんが死んじゃってから 繋いでくれるような曲になったなって思うよね」


剛「You 羽根あげるよ


wwwww


剛「2枚ずつで良い!?4枚しかないんだよ


光一「やめて笑 とりあえず2曲乗り切ろう」


光一「歌詞言い出したら全部だもんね、Mistyとかさあ。 どんちゃん歌詞どんなんだっけ?」


堂島「両手で作った双眼鏡 愛しい背中を追いかける」


剛「やべえやつやもん」


wwwww


堂島「両手で作る意味ないもんね」


wwwww


光一「良い曲なんですよ!?こういう見方をしたらダメですね。 薄荷キャンディー〝白い歯舌見せて微笑う〟 にいくまでにクスッとしたらやり直しますからね!! そういう素振りみせたら最初からやり直すからな!たのむぞ!!!
 
たのむぞじゃないよ笑


光一「とりあえず乗り切ろう!」


7.ボクの背中には羽根がある
羽根があーるで背中を差す剛。

 


8.薄荷キャンディー


光一「ちょっと後ろ向きながら歌っててずるいな」


剛「集中しないといけないんでね笑」


光一「でも曲始まったら大丈夫でしたね、やっぱ曲が良いから」


剛「会場の人の気持ちにもなってよ」


光一「ごめんごめん、俺が悪かったな笑」


剛「〝飴玉持ってないかなあ〟って寄ってくんねんで? ヤバいやつやん。で、😬」


wwwwwww


光一「やめてwwwwwww」


剛「三日月の小舟とかあったらニュースですからね



剛「心の計算機 そんなものないわ!って無邪気に言い切んねん」


光一「そんなものないわ!」


剛「それで可愛い〜♪って」


wwwww
文面にすると面白さ半減以下になるけど、ここは面白かったなあ。


剛「心の計算機♪ そんなものないわ!って無邪気に言い切る君〜♪かわいい〜 急に英語出てくる」


光一「You're the one〜



光一「暑い…次俺降りないといけないから準備してて」
この上下ポジションは薔薇と太陽かな…


光一「暑い…ここから踊るのか、いけんのか俺!?いけんのか!? 」


自分に煽ってた笑


剛「硝子の角刺さってるからねえ」


光一「答えを探してます…」


剛「すみません、答えを探してるものなんですが、 この辺に答え落ちてませんでしたか…?


また歌詞になぞって小芝居w

 


光一「 ダンサーのみなさんに出てきてもらわないといけないですね。 ダンサーのみなさん、出てこいや!


剛「高田延彦さんですね」



剛「次の曲は吉井さんに作ってもらいまして」


光一「そうだ!吉井さんのこと話してないじゃん! ダンサーのみなさんもうちょっと待っててね



剛「THE YELLOW MONKEYの吉井さんが歌謡曲も好きらしくて。 歌謡曲メロディではあるんだけど、吉井さんのロックが加わって… メロディも吉井さんの色気があって初めて聴いたとき衝撃でしたね 」


光一「そして剛くんがギターを弾いて、 僕は踊りながら歌うというスタイルでKinKi Kidsの幅を広げてくれた曲だと思います。 これ終わったら脱ぎます。これあるから着てようと思ったのよ」


剛「脱いだら天国ですよ〜」


光一「ありがとうございまぁす」


剛「はいぃぃいい


wwwwwww


光一「30年ぐらいやってこのやりとり初めてしたな笑」


言い方は芸人のやす子みたいな感じ。


剛「もう一回やって」


光一「ありがとうございまあす」


剛「はいぃぃいい!!!!


wwwwwww


光一「もう曲紹介して笑」


剛「俺!? みんなの中にある薔薇と太陽を青空にかざして聴いてください。 愛してるぜ、薔薇と太陽!」
9.薔薇と太陽

 

火ボーしてて
光一「暑い…火熱い…」


剛「ここにおっても熱かったからな。 でも熱いなあと思いながら焼き鳥食べたくなったわ」



光一「火出るたびに?」


剛「火出るたびにこうやって」
焼き鳥手に持って火つけて燃やす仕草。

 


光一「火ってね、酸素を使って燃えるんですよ。 そうするとこの辺の酸素がなくなるんですよ。はあ…」
ちょっとしゃがんだときに


光一「あああ!!!!ビリっていった気がする!!破けてない!? 大丈夫!?


剛「ちょっとそのまま下がってきて」



剛「硝子の角のところで破けてほしかったなあ」
結局破けてなかったのかな。


光一さんが上に上がってギターを持つ。
その辺を見つめたりしてたので、


剛「答えを探してるんですか?」って言ってた。笑


光一「おそらくいろんなメディアで知ってると思いますが」


剛「メリーアン?アルフィー?」


光一「メディアね、 そうそうこのギター坂崎さんにもらったやつで。 もう一本あるけどね」
剛さんがコスして弾いたら良いみたいな話をしていた。


光一「LOVE LOVEあいしてるが最終回ということで… 吉田拓郎さんが音楽を引退するというので。 収録はまあ異様な空気ではありましたね。
でもほんとにあの時間は宝物だなと思います」


剛「LOVE LOVEあいしてるKinKi Kidsに音楽を教えてもらって…KinKi Kidsの音楽としての幅を広げてくれなと思っていますね。 こんな音楽聴いてみたら…とか、 他にも色々教えてもらえた宝物の時間だと思います」


光一「LOVE LOVEあいしてるは宝物のような時間で、このコンサートも、 この瞬間も宝物のようにしたかったんですが… ちょっと違う方向にいってしまったことを心よりお詫びします


 


光一「まあキンキらしいということで…ここからそんな思い出の曲を演奏したいと思います」


10.全部抱きしめて

11.好きになってく愛してく
12.恋涙
13.愛のかたまり


光一「ここまで全部抱きしめて。
初めて共作をした好きになってく愛してく。
共作の中でも隠れた名曲と思ってる恋涙
そしてみんな大好き愛のかたまりでしたー」


\88888888/

 


光一「もう愛のかたまりは社歌みたいになってますね」


剛「社歌でいいんじゃないかな」


光一「我々が共作したものではあるんですけど、 なんといっても吉田建さんのアレンジがあってこそみんなに好きに なってもらえたんだと思います。 吉田建さんありがとうございます!」


\88888888/

 

光一「アレンジがいいんですよ。 吉田建さんと今時代がイントロがいらない、アウトロがいらない、 間奏がいらない…となってきてるという話もしたんですが、 この愛のかたまりは印象的なピアノのイントロで始まるので本当に 良いアレンジをしてくれたなあと思っています。」


光一「あと少しでコンサートが終わってしまいます。 今回はコロナ禍というのもあってみんなには座って見てもらいまし た。もちろんイベントのような感じでやってるので、 座って聴いてもらいたいとも思いましたが、 コロナ禍じゃなかったらもう少し長くやっていたかもしれません。
今、アーティスト毎でいろんな対策の仕方があって、 コンサートやライブの基準は違うと思うけど、 だからこそみんなが安心してもらえるように座って聴いてもらいました。


ただ、ここから先は少しだけですけど、 ぜひ立って聴いてもらえたらと思います。 あーやっぱ立つとライブって感じがするねえ! ずっとこの景色を見てきましたからね。そして、 これからみんなの側にも行こうと思いますが、 ぜひ黙視でお願いします。みんな得意でしょ!?(°-°)」


光一さんずっと(°-°)この顔して見てた笑


フロートへ下手から乗り込む2人。 普通は2人が違う方向から乗り込んで、センターで合致する… とかなんだろうけど、やはりニコイチ。

 

14.このまま手を繋いで

 

手を振りながら、スタンド・アリーナいろんな方向を見ながら下手側をぐるっと回りつつ歌う2人。
静寂の中、ピアノ1本に2人の声が乗って、

 


スタンドの後ろ、センターに来たところで止まる。


光一「こういうのフロートとよく言いますけどね、こう移動すると… 座ったままだったらアリーナの人どうやって見てた?」


光一「座ってると(後ろ見にくいから) どうやって見たら良いか難しいもんね。 なので立ってもらいました」


剛「まあ、それもどうなるのかちょっと見てみたかったけど笑」



光一「少しでも近くで見れたらと思ってきましたが…あ、 でもあの衣装ぐらいでここから見てもらってるということだもんね 」


剛「このまま手を繋いでもデビュー前からやっていますね」


光一「これを歌うとライブも終わりだな…って感じがしますね。 もう一曲聴いてもらいたいと思います」


15.Anniversary

 

またピアノ一本で歌う2人。
曲が終わっても上手側のアリーナ中腹部で止まってるフロート。


光一「ありがとうございました。こうやってくると近いですね。 普通は激しい曲とかアップテンポな曲でフロートは廻ると思うんですけど、バラードの方がゆっくり廻れるかなと思いまして。


そして、普通フロートが途中で終わるとSE流したり、 暗くして終わるんだろうけど、 キンキレベルになるとトークに使います。 移動としてフロート使います


wwwww


光一「いや〜ほんと近いですね。 せっかくなのでガン見して帰ろうと思います。 お子様連れも多くてね。みなさんマスク美人ですね。 マスク取ったらわからんけど


剛「いや、そこは美人ですね、でええやんか」


wwwww


光一「普段は遠いところ見えてねえよ!!って言ってますけど、 今日は見えました!!!ということにします



光一「その辺りも見えにくかったでしょ?」


ド上手のスタンド最上階辺りを見ていた。
光一「見えにくかったと思うけど、 ごめんねチケット代一緒なんだ



光一「きっと今度は前の方のこともあるよ!
この辺も前なのは良いけど見えにくかったでしょ?」
アリーナ最前のド上手に話しかけていた。


光一「横過ぎて見えにくかったでしょ、でもあの辺( アリーナドセン)とチケット代一緒なんだ


剛「それ別に言わんでええねん」


wwwwww


光一「でも僕らあの辺はこうやっていじらないから! ここしかいじらないから!」



フロート到着してるのに降りないから
光一「到着してるんだから早く降りろっていうね。
いや〜でも後ろの方も暑かった!みなさん湿気すごいですね。」


光一「次で最後の曲になってしまいますが、 次の曲は山下達郎さんが曲を作ってくれて、 それに僕らが歌詞を載せるという…。

今この会場で(ペンライト)振ってもらってるのが虹のようで、 そうその光景です。その光景やライブのことを歌詞にしていて… 山下達郎さんに聞いたらこの曲はコンサートでやることをイメージ して作ってくれたみたいで… どこかみんな同じ方向を向いているのが奇跡だなと思いました。
サイリウム配られてるでしょ?あれ!? みんなそれ持って帰ろうとしてた!?


光一「ここで大きな虹をかけてもらえたらと思います」


剛「 こうやって虹を見れるのはステージに上がる人のある種特権じゃな いですか。 ずっとそんな仕事をさせてもらってるのをほんとに嬉しく思いますし、奇跡と思います」


光一「ステージに上がれるのも奇跡だし、 こうやってみんなに集まってもらえるのも奇跡だし、 もっと辿ると山下達郎さんの曲に歌詞を書かせてもらえるのも奇跡 だし…いろんな奇跡の上で今ここにいるんだと思います。 ではいきましょうか。達郎さん降臨させるんで!」


ってまた憑依させてた笑


16.Amazing Love
最後銀テープが飛んで


光一「ほんとは少し懸念してたんですよ、 銀テープが飛んだら席を離れて取りに行くやつがいるんじゃないか と。でもマウント取るみたいだけど、KinKi Kidsのファンは誰も取りにいきませんね!!」

 


\88888888/

 

光一「ゴミになるので全部持って帰ってくださいね〜



銀テープは残念ながらもらえなかった。


光一「ぼくたちはダンサー、バックバンド、 ストリングスと支えてくれる方が沢山います。 その方々に大きな拍手をお願いします」


\88888888/


剛「今、 社会情勢でなかなかライブができないところではありましたけど、 こうやってたくさん集まってくれることに本当に感謝だと思います 。もちろん、コロナ禍以前も思っていたことではありますけど、 改めて感謝したいと思います。ありがとうございました」


光一「そうですね。いろんな社会情勢があります。 いろんなニュースや事件がある中… 特に震災のときは僕らにはできることって特に無い… いらないものかもしれない。でも、 その中でもなにかできないかと思ってエンターテイメントをやって いければと思います。 エンターテイメントしかやってこなかったので、 これしかないんですけど、 この中でやれることを見つけていければと思います。 今日はありがとうございました」


終わりにステージからはけていくとき、光一さんが指で1を作り、 剛さんが斜めから指で2を作ってなにしてんのかと思ったら、 Kを作っていた。


また映像が流れる。
冒頭の硝子の少年を見つめる2人は背中からのアングルだったけど 、それを表から映したような感じで、 絵に描かれた2人の笑顔が映され、


See you again 
for the magic time 
at this place in this winter

 

と書かれていたから冬コンかな。
------------------------
※お二方がなかなか喋りすぎなので、 内容が抜け落ちてるところやあやふやな箇所もあるけど、 ニュアンスで読んでもらいたいと思います

 

KinKi Kidsは2回目ですが、 ジャニーズのコンサートに1人で行ったのは初めてでした。

前回は20周年のときでした。

 

snowmansan.hatenadiary.jp

 

今回はKinKi Kidsのコンサートというよりは光一さんが言っていた〝 イベント〟というのがふさわしく、KinKi Kidsミュージアムに入って、 ひとつずつ解説してもらい、楽曲を演奏してもらうような感覚でした。


歴史を感じるような曲、転機となった曲ばかりであり、 もちろん表題曲も多かったからこそ、 幼い頃からテレビで嗜む程度のにわか男子の私でも全曲わかるよう なコンサートでした。


KinKi Kidsは楽曲とドラマや音楽番組が記憶の中で結びついていて、 若葉のころ、金田一少年の事件簿愛犬ロシナンテの災難、 元カレやLOVE LOVEあいしてるの記憶が演奏されながら走馬灯のように駆け巡 っていた。
物心ついて思春期を過ごすまで、過ごしている最中も、過ぎ去った後でも、必ずどこかでKinKi Kidsの曲は流れていたので、人生そのもの!…までとは言わずとも、生活に寄り添ってくれた音楽の1つだと思っています。
だからこそこうしてコンサートを開催してくれたことにも感謝であり、25年…デビュー前から含めるとそれ以上活動してくれていることに感謝だなと思いました。


相変わらずニコイチで、フロートもニコイチだし、配られたうちわもニコイチでした。

f:id:snowmansan:20220718214834j:image
衣装の方向性も違うし、音楽のスタイルも違うのに、2人がステージに立つと説得力がある。改めてそんな魅力を持ったグループだなと思いました。
デビュー25周年おめでとうございました🎉


【セットリスト】
1.FRIENDS
2.Kissからはじまるミステリー
3.硝子の少年
4.ジェットコースター・ロマンス
5.Midnight Rain
6.たよりにしてまっせ
7.ボクの背中には羽根がある
8.薄荷キャンディー
9.薔薇と太陽
10.全部抱きしめて
11.好きになってく愛してく
12.恋涙
13.愛のかたまり
14.このまま手を繋いで
15.Anniversary
16.Amazing Love

22.07.13 GLAY LIVE TOUR 2022〜We♡Happy Swing vol.3〜Presented by HAPPY SWING 25th Anniv.@大阪城ホール

引き続きGLAYのライブへ行ってきました。
大阪城ホール

f:id:snowmansan:20220717221129j:image
f:id:snowmansan:20220717221133j:image

 

昨年2021年にFCであるHAPPY SWINGが結成25周年。昨年はそのイベントができず、 1年越しにFCイベント。ツアーで3箇所6公演の2公演目。


360°解放しているので、 縦に組むような大きなステージセットはなし。 ステージ上方にスクリーンが設置されて、 イメージカラーの青照明でHAPPY SWINGと照らされている。
遠方に星があったり、 ラルクのライブにあったark号みたいなものも置いてある。

 

同じく入口でSHININGMANで使われるカードが配られる。


GLAY LIVE TOUR 2022〜We♡Happy Swing vol.3〜

 


18:33〜20:25
客電が落ち、SEが流れる。
SPEED POPのIntroductionをベースにWe♡Happy Swingという言葉を載せたような曲。ちょくちょく〝 嫌なムードだ〟〝too fast to live too young to die〟とか聴こえてくるから、 これまでの歌詞も散りばめていた。
メンバー登場。


1.都忘れ
ピアノのゆったりとしたイントロから始まる。


2.summer FM
TERU「聞くなら802 BUGGY CRASH NIGHT」ってちゃんと変わってた笑


3.GROOVY TOUR
TERU「今日は1000回目のライブいくぜー!!」


映像が流れる。
redrum…redrum…
が回転してmurder。
4.BLACK EYE SHE HAD
5.風にひとり
アルペジオに乗せて冒頭を歌うんだけど、 RATWと比べてゆったりとちょうど良くなっていた。


6.GONE WITH THE WIND
今回は歌詞間違ってなかった。
コーラスでJIROさんがGONE WITH THE WIND歌う。
日替わりで消えず大満足です。

 


映像にHAPPY SWING会報からの写真が時代を追って流れる。

 

7.月の夜に
8.ゆるぎない者達


前日と同じくハジメタルさんがsummer FM(Album ver.)の後奏を演奏する。
9.HOWEVER

 


映像にHAPPY SWING会報からの写真が時代を追って流れる。

 

10.My Private〝Jealousy〟
11.ROSY
12.夏音
13.クロムノワール


映像にHAPPY SWING会報からの写真が時代を追って流れる。

 

14.百花繚乱
15.GALAXY
今日もアウトロでTERUさんがSWIMMING MAN


16.SHINING MAN


TERU「ここからはみんなで楽しめる企画を持ってきました。 プラカードを持ってほしいと思います!

青はHAPPY SWINGカラー、赤はSHINING MANカラー」


SHINING MANカラー初めて聞いたぞ。


TERU「まずは青にしておいてください。 そこ1人反対になってますよ!そこも」


TERU「ここでは会報でも人気コーナー、 緊急特番あなたはどっち派をやってみたいと思います。 普段はみんなからお題をもらってやってますが、 今回はこちらからお題を出します。緊急特番あなたはどっち派? the LIVE」


\8888888888/


TERU「今日はJIRO!」


JIRO「昨日はね、TERUが無謀な…2択と、 TAKUROがデートするならどっち!?ってやってましたけど、 俺は遊びはしません。仕事します!
演奏中に考えてたらミスすると思ったので、書いてきました。 昨日からFCライブをやっていますが… SNSとかもあってネタバレ見れると思うけど、 事前にセットリストを知りたい方とセットリスト知りたくないという方」


どっちでもいいかなあ。 誰か誘うなら膨大な曲があるから伝えておきたい気もする。


TERU「セットリスト教えてほしいという方は青! そんなのいやだー!!!!って人は赤!」
そんなのいやだwwww

 

f:id:snowmansan:20220717221207j:image
出した感じだと赤が多かった。


HISASHI「後ろ(ステージバック)の方が青多いね。 っぽいねえ」


JIRO「え、なんで!?」


HISASHI「なんでだよ!!


wwwww


JIRO「なるほど…青が多いね。俺もね、 どっちかというとネタバレ嫌な方で。 何年か前にサッカーでドイツ対ブラジルっていう好カードがあって めっちゃ楽しみにしてて。 ブラジルでやってたから昼間にやってたんだけど、 ニュースとかも情報入ってくるからシャットアウトして、 携帯もマナーモードにしたりしてたんだけど、 そしたらTAKUROが〝…試合、見た!?〟って」


wwwwww


JIRO「〝やめて!家帰って見る予定だから!!!〟 って言ったら…


〝ほほう…波乱な展開だったよ〟って。
この野郎!!!!」


wwwwww


TAKURO「俺普段見てないのになんで見てたんだろう… JIROいじめるために見てたのかな」


JIRO「俺そんな不甲斐ない仕事してる!?」


wwwwwww


JIRO「これからもGLAYからはネタバレをしないようにして いきます。今日はお忙しい中、 集まってくれてありがとうございました!」


TERU「次はHISASHI!」


HISASHI「ここに2枚の赤と青のチケットがある! 心の綺麗な人には見えるはずだ!赤いチケットはこれからずっと… 最前でも後ろでもどの席でもGLAYのライブがずっと観れるチケット。そして、青いチケットはGLAYに入れるチケットだ!
wwwww


HISASHI「ポジションはね…えー…この辺」


下手のHISASHIとJIROの間ぐらい笑


HISASHI「良いポジションだ! GLAYに入るから著作権ももらえる。ただ、 クセの強いメンバーだからいろんなハラスメントもあるかもしれな い!どんなハラスメントかはわからないが。ちょっと赤が弱いな… ライブ後の牛角もつける!

 


TERUさんがこの後ライブが見れるチケットを青、
GLAYに入れるチケットを赤と言い換えてしまったので、 色は逆になったけど、
TERU「あなたはどっち!?」

f:id:snowmansan:20220717221207j:image


HISASHI「みんな…GLAYなりたいか? このクセの強いメンバーと馴染めるの?」



JIRO「けっこうクセ強いよ?」


TERU「きついんじゃない?」


TAKURO「函館弁で喋るし…クセしかねえよ」


クセばっかりwwww
SHINING MANのギターソロへ戻る。

 


17.ビリビリクラッシュメン
1度目のAメロで、
TERU「汚れた手で抱きしめた…あ、間違った」


カラオケで間違ったばりの間違っただった。


2Aで汚れた手で抱きしめたすぎて
TERU「抱きしめ…汚れた手で…だ、抱きしめあおうぜー!!!
もう曲じゃなくなってた笑

 


18.ピーク果てしなく ソウル限りなく
19.BURST
TERU「ラスト、久々のナンバーで暴れようぜ! インディーズ時代からやっていた曲を今日この1000回目のライ ブでもやります!声は出さなくていい!拳をあげてくれ!」


TERU「Let me burst」


\burst burst/


を何回かはやったけど、いつもの
TERU「いくぜ!」


\Yeah/


TERU「いくぜ!」


\Yeah/


TERU「いくぜ!」


\Yeah/


TERU「いくぜ!」


\Yeah/
の煽りループはなくて、 今まで聞いた中で1番短いBURSTだった。 声出せないとはいえ、なかなか貴重でCD ver.にとても近かった。


En.(20:29〜21:15)
今日はTERUさんは浴衣ではなかった。


小声で
TERU「いきますよ」
20.STAY TUNED


TERU「 デビューして1994年7月31日のライブから今日のライブまで 数えて1000回目のライブになります。 ここに来てくれてる人はそのうちたくさん来てくれていることと思 います。今はSNSの時代なので、〝 今日来たかったけどどうしても行けなくなってしまった〟
〝空席作ってしまってごめんなさい〟という声も聞きました。 なので、そういう気持ちも背負って僕らはここに立っています。 そして、こんな状況下でもこうして集まってくれて、 みんなの笑顔が見れて嬉しいです。
ではメンバー一人一人の声聞いてみましょうか。 たぶんこの人は980回ぐらい?かと思うんですが…TOSHI」


TOSHI「HAPPY SWING最高!ありがとうございます。 たぶん980回ぐらいじゃないかと思います笑
27年? 当時GLAYでこんなに叩いていくとは思っていませんでした。GLAYにどうやって追いつこうかな…と思いましたが無理ですね笑 これからも1500回、 2000回とみんなでGLAYを支えていきましょう! ありがとうございました」


ハジメタルハジメタルです。今日はありがとうございます。 たぶん僕は今日で50回…ぐらい?だと思います。 50回もGLAYに関わらせてもらえて嬉しいです。 今日も中学生の頃から聴いていた曲を演奏できて嬉しく思いました …ありがとうございました!うまくまとまらなかった」



TERU「次はこの人…BUGGY CRASH NIGHTで24年?大阪で長く番組を続けているJIRO」


JIRO「JIROです。さっき感謝の気持ちは述べたので… さっきTOSHIの話聞いてて気づいたんだけど、 もしかしたら俺999回かもしれない…


wwwww

一度休んだもんね笑


JIRO「残念でした」



JIRO「1000回か…俺たち頑張ったな」


\888888888/


JIRO「 さっきはリーダーのことクソミソに言ってしまったけど、 リーダーすごいよね!? ここまでGLAYを引っ張ってきてくれて」


TAKUROさん両手親指をかなり力強く自分に向けていた笑


JIRO「烏龍茶飲みながらケツにボールペン挿して歌詞書く… だっけ!?」


TAKURO「Yes!」


wwwwwww


JIRO「 GLAYの回転率が速すぎて戸惑ったこともありましたけど、 このメンバーでよかったなと思います。 残り短いけど楽しんでください。それと、 今日はFC以外の人もいると思うので、 友達に連れてこられた人でGLAY面白いな〜 と思った方はまたぜひ遊びにきてください。 今日はありがとうございました」


TERU「彼とは高校時代からの付き合いですが、 GLAYの幅を広げていろんなところに連れて行ってくれました。 彼の脳みそは僕には理解できません!HISASHI!」


なにそれwwwww


HISASHI「HISASHIです。俺は寂しいよ。
寂しいなあ…寂しいよ。大阪でしょ? みんな突っ込んでくれないんだもん。そんなマスクなんてしてさ! 」



HISASHI「大阪が初日で、 みんなの叱咤激励があってツアーが上手く滑っていくというのに!
さっきも印税のことを間違えて著作権って言ったのに誰も突っ込ん でくれないんだもん!」


wwwww


HISASHI「まあ著作印税だから間違いないんだけど。
だからその後ビリビリクラッシュメンで前衛的なギターソロを弾い てしまってね…考えたんだけど、 学校とか仕事とかでミスしたときに〝 ちょっと前衛的なミスをしてしまいました〟 って言ったら薄まらない!?それ、ジャジーなミスですね… とかさ。以上、HISASHIでした!」


TAKUROなにを言ってるんだ…


wwwwwww


TERU「彼とは小学生からの付き合いで、 TAKUROGLAYをやろうと言わなければここにはいなかっ た、この景色はなかったと思います。だから感謝ですね、 TAKURO!」


TAKURO「みなさん、盛大な拍手ありがとうございます。 すごく想いが拍手に乗せて伝わってきました。 今日ステージに立てたのは陰ながら支えてくれたスタッフのおかげ でもあると思っています。 原稿の期限を守らないメンバーの対応をしたり、 裏で手を回してくれたり… いろんなことがあってステージに立てています。 スタッフにも大きな拍手を!」


TAKURO「温かい!温かい拍手だ!
昨年でHAPPY SWING25周年を迎えましたが、コロナ禍でライブができず、 今年になりましたが… 今回25周年を記念した曲を作ってくれと言われ、 一曲作りました。
We♡Happy Swing!そのままですが。
これまで音楽には人生の在り方やいろんな歌詞を載せてきましたが 、ただただみんなが楽しめる曲を初期衝動を思い出し、 パンクナンバーをHISASHIと持ち寄って作りました。 CRAZY DANCEほどアホではありませんが、 クロムノワールほど悲壮感は漂っていない、ちょうどいいやつ!」



TAKURO「俺には夢があります。 この曲を掛け声だらけの曲にしましたが、 これをいつかみんなで歌いたい! 声を出せるようになったらみんなで歌いたい! その夢が叶うまでは少なくともGLAY続くでしょう!ボツだったら言ってください、また書きますので笑」


TERU「 今日は1000回という記念すべき日なのでケーキを準備しました 」
1000回ケーキでてきた!
JIROさん動かしたりしてた。


TERU「写真撮りましょうか。みんなはカード持ってもらって… 青の方でお願いします。会報にも使うかもしれないので、 カード有と無しで撮りましょうか!」
表側とバックステージ側で沢山撮る。


TERU「We♡Happy Swingで撮りますよ、
We♡Happy Swingにこっ」


この無邪気はなんだ(°▽°)


TERU「ありがとうございました!」


曲の準備をして、
TERU「では聴いてもらいたいと思います。We♡Happy Swing」

 


21.We♡Happy Swing
ギターソロにHAPPY SWINGのイントロでお馴染みのsus4、 add9を入れててとても良いオマージュ。

 

 


映像にHAPPY SWING会報からの写真が時代を追って流れる。

 

 

TERU「今日ここからまた新しい一歩が始まります!」
22. はじまりのうた


TERU「次で最後の曲です。今日はほんとにありがとう! 昨日TOSHIがFC名が決まったときを覚えてると言ってました が、その証明の曲、HAPPY SWING!」
23.HAPPY SWING

 


TERU「今日はありがとう!スタンド後ろの人も見えてたぜ!
次は声出したいねえ!次は声出せることを祈って、 また会いましょう。」


ステージを一周しながらフロアのタオルや着てる服を見てる。
TERU「おっ、TERU MEの…あ、少年ありがとう!」 みたいにバックステージの人に声かけていた。


TERU「めっちゃすっきゃねん!ほんまおおきに!」
関西弁を出し惜しみしてたかのように最後に連発。


TERU「We love


TERU「We love

 

TERU「We love

 

TERU「We love Happy Swing

 

めっちゃWe are Xみたいに煽る。笑
他のメンバーもにやにやしてた。

 


TERU「また会えるその日まで行ってきまーす!」


みんながはけて、TAKUROさんだけ残り深く礼。
TAKURO「次は1001回目かあ!!!!」
とノンマイクで叫び、Yes!で終了。

 

最後映像でHAPPY SWING20周年のベネチアでライブやりたいんだ力を貸してく れ!!!という映像と、 これまでのベネチアでのライブの様子が流れる。
2026年の開催へ向け、来年またカーニバルへ行くらしい。
------------------------
2日間の大阪でのFCライブが終了しました。
事前情報で珍しい曲をやると言っていたけど、 正直舐めていたのでここまでやってくれて本当に嬉しかった。
ファン歴を試されるような玄人向けであり、 このセトリであれば友達連れて行くなら事前に教えてもらわないと 困るリストでもありました。


約3時間のライブの中で、珍しい曲が数曲あるのは時々あっても、 ほぼ珍しい曲というのは少ないので、 やはりこういうライブはFC限定でもいいから定期的にやってほし いなと思いました。BUCK-TICKで言えば、THE DAY IN QUESTIONのような感じですかね。


珍しいイントロが流れるがゆえ、 当時のツアーを曲が変わる度思い出していたけど、 それだけ長い間ファンをやって、 ツアーにも行ってるんだとノスタルジーの予感に浸りつつ、 嬉しく思ったライブでした。
ライブ1000回、そしてHAPPY SWING25周年おめでとうございました🎉

【セットリスト】
1.都忘れ
2.summer FM
3.GROOVY TOUR
4.BLACK EYE SHE HAD
5.風にひとり
6.GONE WITH THE WIND
7.月の夜に
8.ゆるぎない者達
9.HOWEVER
10.My Private〝Jealousy〟
11.ROSY
12.夏音
13.クロムノワール
14.百花繚乱
15.GALAXY
16.SHINING MAN
17.ビリビリクラッシュメン
18.ピーク果てしなく ソウル限りなく
19.ACID HEAD
En.
20.STAY TUNED
21.We ♡Happy Swing
22. はじまりのうた
23.HAPPY SWING

22.07.12 GLAY LIVE TOUR 2022〜We♡Happy Swing vol.3〜Presented by HAPPY SWING 25th Anniv.@大阪城ホール

GLAYのライブへ行ってきました。大阪城ホール

f:id:snowmansan:20220717220559j:image


GLAYは昨年2021年にFCであるHAPPY SWINGが結成25周年。昨年はそのイベントができず、 1年越しにFCイベント。そして、15周年、 20周年は幕張のみで開催だったが、 初めてのツアーで3箇所6公演。
今回は一般発売があると案内もされており、FCライブだけど、 FC限定ライブではない。


360°解放しているので、 縦に組むような大きなステージセットはなし。 ステージ上方にスクリーンが設置されて、 イメージカラーの青照明でHAPPY SWINGと照らされている。
遠方に星があったり、 ラルクのライブにあったark号みたいなものも置いてある。

 

入口でSHININGMANで使われるカードが配られる。


GLAY LIVE TOUR 2022〜We♡Happy Swing vol.3〜

 

 

18:35〜20:26
客電が落ち、SEが流れる。
SPEED POPのIntroductionをベースにWe♡Happy Swingという言葉を載せたような曲。ちょくちょく〝 嫌なムードだ〟〝too fast to live too young to die〟とか聴こえてくるから、 これまでの歌詞も散りばめていた。
メンバー登場。

 

1.a Boy〜ずっと忘れない〜
意外な選曲で周囲でも声が漏れてた。
JIROさんがコーラス。 座席の関係でそう聞こえただけかもしれないけど、 ドラムが4つ打ちにアレンジされていて、違った印象だった。
2009年の男ナイト以来に聴いた…


2.summer FM
ラストは〝聞くなら802 バギークラッシュ〟


3.YOU MAY DREAM
TERU「大阪いくぜー!」


360°ステージなので動き出すメンバー。
TERUさん腰落として歌ってて、久々にこれ見たー!!! っなった。


映像が流れる。
redrum…redrum…
が回転してmurder。シャイニングかな。


4.BLACK EYES SHE HAD

2009年THE GREAT VACATIONアリーナツアーで披露されて以来、13年ぶり。 このツアー以外で演奏されていなかった。


今のGLAYで聴きたいと思っていたからすごくよかった。

 

5.風にひとり
6.GONE WITH THE WIND

ずっと2人で…ver.ではなく、an Optic ver.だった。


ドラムのイントロが流れた時にまさか…と思ったけど、 初めて聴けた。ずっとリクエストで送ってたから嬉しかった。

歌詞間違ってて、JIROさんに怒られる! と思って確認するTERUさん。ギターソロ前のGONE! もラストのGONE WITH THE WINDと語る部分もそのままやってくれていた。 ヘドバンしたかったなあ。

 


映像にHAPPY SWING会報からの写真が時代を追って流れる。


7.月の夜に

これもROCK AROUND THE WORLDツアー以来11年ぶり。


8.ゆるぎない者達


ハジメタルさんがHEAVY GAUGEに入っているsummerFMのアウトロを演奏。 そこからHOWEVERへ。
9.HOWEVER
HAPPY SWINGだけあって、 今日のHOWEVERはいつもよりもスウィングしてて、 手拍子しそうになるぐらいだった。

 


またHAPPY SWING掲載の歴代の写真が流れる。


10.My Private〝Jealousy〟
TERU「久しぶりのやついくぜー!」


11.ROSY
12.時の雫
13.クロムノワール
悲壮感漂う行仰々しいイントロが最高である。 初めて全編通じて聴いた。


HAPPY SWING掲載の歴代の写真が流れる。
14.百花繚乱
YAVAI YAVAI…のイントロ
昔やってたようなサビループはやらず、一回で終わり。


15.GALAXY
TERU「大阪行くぜー!」
ギターソロが終わり、 サビが終わりアウトロでダンスタイムというかステップ踏みたくな るゾーンがあると思うけど、 TERUさんはクロールやっていてSWIMMING MANだった。そこからSHINING MAN


16.SHINING MAN


TERU「 ここからはみんなで楽しめるような企画を持ってきたので、 ぜひ配られたプラカードを持ってほしいと思います!
ここでは会報でも人気コーナー、 緊急特番あなたはどっち派をやってみたいと思います。 普段はみんなからお題をもらってやってますが、 今回はこちらからお題を出します。緊急特番あなたはどっち派? the LIVE」


\8888888888/


TERU「初日なので今日は俺から!
始まってからずっとどうしようかな…と思ってました。 今日はTwitterとか見てる人は知ってると思いますが、 HYDEくんからアイス(グリーンソフト) の差し入れがあったり、B' zの稲葉さんから激励のメッセージがありました。
そこで…次に対バンをするならどっち!!??


( ゚д゚)


TERU「これは口外なしでお願いしたいですが…L'Arc- en-Cielと対バンと思う方は青、B'zと対バン思う方は赤。B' zさんとはUNITEDでもやりましたねえ。
俺も挙げます」


挙げるんだwwwwww


TERU「じゃあいきましょうか!」
TOSHIのドラムが合図でせーのドーン!みたいに出す。

f:id:snowmansan:20220717220651j:image
TERUさんが青出してる。
全体も青が多かったのか、
TERU「青…が多いかな?どうですか!?TAKUROさん!! !!


TAKUROおっかねえ!!!このツアーが不安になってきた…


wwwwww


TERU「次はTAKURO!」


TAKURO「もっとHAPPYなやついこう!
TERUとTAKUROデートするならどっち!?


これもおっかねえ!!!


TAKURO「TERUとは北新地でちょい飲み。
TAKUROはリムジンで迎えに行ってUSJデート。 途中JIROが合流。HISASHIはルイージの格好で合流!


TERU「まてまてまてまてー!!!!


wwwwwww


TAKURO「じゃあ… TERUさんとの北新地飲みは2000円にする」


wwwwwww


TAKURO「TERUさんとのちょい飲みデートは青、 TAKUROは赤!どっち!」

f:id:snowmansan:20220717220713j:image


TERU「…その中でも青がある!!!ありがとう!笑
いくぜー!!」
とギターソロから曲再開。


17.ビリビリクラッシュメン
ワンマイクで普段歌うところはディスタンス取ってたからそれぞれ で歌っていた。


18.ピーク果てしなく ソウル限りなく
wow wow glory days wowはTERUさんが4回全部歌っていた。 いつものシンガロングは声が出せないのでループなし。


19.ACID HEAD

TERU「ラストいくぜーACID HEAD!」

 

En.(20:30〜21:15)
メンバー出てくるも、TERUさん浴衣。でも誰も喋らず…
TERU「いきましょうか、GLOBAL COMMUNICATION」
20.GLOBAL COMMUNICATION

 


TERU「はいみなさんありがとうございます!」
すごく司会の人みたいになってた笑

 


TERU「ステージ上で(浴衣姿は)〝なんで!?〟 って聞こえてくるんですが…夏だからです」



TERU「ファンクラブだからいいかなと思って。 普通のライブだとTERUがおかしくなった… って書かれちゃうけど」
書かないでしょ笑


TERU「この格好でけっこうアガってるんでね、 引き続き楽しんでいきたいと思います。 ではメンバーの声聞いてみましょうか…どうする?TOSHI? TOSHI!」


TOSHI「HAPPY SWING最高!ドラムのTOSHIです。HAPPY SWINGというファンクラブ名が決まったとき、 その楽屋に一緒にいたのを覚えています。
これからもGLAYをみんなと一緒に支えていくのでよろしくお願 いします!」


ハジメタルハジメタルです。僕はHAPPY SWINGのライブには初めて参加します。 今まで相当曲を覚えて演奏してきた…と思っていましたが、 今回初めて弾く曲が沢山あり、まだまだでした。 でもとても楽しんで弾けました、ありがとうございます」

 


JIRO「みなさん、 今日はお忙しいところお集まり頂きありがとうございました。 大阪はFREEDOM ONLYでも来ましたね。 でもなかなか来れていなかったから新大阪降りたときはちょっとド キッとしたけど、今は無事開催できたので安心しています。
ラジオでもあまり演奏してない珍しい曲やるよーって言ってたけど …大丈夫ですか?」


\88888888/


JIRO「まだまだ物足りないって人や満足したよー! って人はバギクラまでメッセージ寄せてもらえたらと思います。 残り短いですが、最後まで楽しんで帰ってください。 JIROでした」


HISASHI「どっち向いて喋ればいい…?どっちだ?こっち?
はい、ギターのHISASHIです。
私、一昨日の夜、犬の散歩をしてたんですよ。 そしたら親子に声をかけられてね。
〝HISASHIさんですよね?〟


〝はい〟


〝デビューしたときからファンです!ファンクラブ入ってます!〟


すごいよね。27.28年ファンって。
でもね、そのときファン付きの作業着着てたの」


wwwwww


HISASHI「強さがあるんだけど、 暑がりだから強にしてたの。弱だと音鳴らないんだけど、 強にしてたの。
ブーーーン…って。


〝HISASHIさんですよね?〟


〝はいブーーーン


〝幕張いきます!〟


ブーーーーン!!!!〟」


wwwwww


HISASHI「みなさん、犬の散歩はどうしてますか? 私は中国製のファン付き作業着です。
これからも街で話しかけられたら感謝を述べたいと思います。今日はFC以外もいるのかな?ファンクラブ会報とかもあるんで、よかったら入ってみてください。 25年ありがとうございました。HISASHIでした」

 


TAKURO「みなさん、 盛大なアンコールありがとうございます。声は出せなくとも、 大きな拍手で伝わってきました。本来であれば、昨年がHAPPY SWING25周年ではありましたが、 コロナ禍でいろんなライブが延期になる中開催できず、 1年越しの開催となりました。 無事開催できたことを嬉しく思います。ありがとうございました」


\888888/


TAKURO「というのと、面白いやつどっちがいい?」


wwwwww


TAKURO「まず2つ確認させてほしい。
2曲目summer FM…なにか足りなくないか!?ギークラッシュ!


TERU「ナイトが出てこなかった笑」


TAKURO「そして、ここ大阪城ホールは先日B' zのHighway Xが開催され、自分も見にきましたが…」
城ホきてたんだ!


TAKUROB' zさんとの輝かしい対バンはUNITEDじゃなくUNITEだ! !!!


wwwwwww


TAKUROこのツアーが不安だ!!!狂ってるよ!!!!


wwwwwww


TAKURO「さっきのHISASHIのMC聞きましたか? あの起承転結がしっかりとして、簡潔で無駄な贅肉のないMC… 明日は1000回目のライブですが、 1500回もこんなMCが聞きたいと思いました。 ありがとうございます」

 

 

 

 


TERU「次の曲はTAKUROがHAPPY SWING25周年を記念して一曲作ってくれました」


TAKURO「 初期衝動を思い出して80年代のジャパニーズインディーズパンク をイメージして作りました。たいした歌詞はありません! みんなで楽しめたらいいな…ただそれだけです!」

 


TERU「せっかくなのでプラカード使おうか。見えないかな? 胸元あたりで…あ、2A(2番Aメロ) でジャンプするところあるからそこでジャンプしよう。
2Aー!って指示するので…こんなバンドいる?
wwwwwww


TAKUROいない、でもいても良い!


wwwwwww


TERU「ではいきましょう、We ♡Happy Swing」
21.We ♡Happy Swing

昔のパンクにあるようなゆったりとした、 仰々しいイントロからスタート。The Clashのような曲だった。

飛行船はこの曲で会場内を回っていて、ark号よりもかなり速かった。


2Aでみんなでジャンプ。


TERU「みんな次2Aね!飛ぶよ!」


ここでも歴代のHAPPY SWING掲載写真が流れる。


22. はじまりのうた


TERU「ラスト…このHAPPY SWINGのテーマで終わりたいと思います!」
23.HAPPY SWING


TERU「ありがとうございましたー!
写真撮りましょうか。 今日は表とバックステージで撮りたいと思います。 プラカード使って撮ろうか。青の方でお願いします。」


ハジメタルさんがどこいこうか…ってしてると
TERU「真ん中きなよ、後でファンの子に恨まれると思うけど」  
wwwww
そんなことないよ笑


TERU「撮影のときWe are…じゃなかった


We are Xだね笑


TERU「We ♡Happy Swingで撮ってもらいます!」
と写真撮影。

 

TERU「ありがとうございましたー! プラカードちゃんと持って帰ってね。残ってると悲しくなるから… とりあえず家まで持って帰ってね」


wwwwww


ステージを一周するメンバー。
TERU「スタンド後ろー!ちゃんと見えてたよ! 最初に言えって話だよねえ」



TERU「 明日来られる人はまた違うセットリストになるので楽しみにしてい てほしいです。アリーナは残り5本、 ライブハウス1本これから廻っていきます!
また次会える日まで…行ってきまーす!!!」

 

最後映像でHAPPY SWING20周年のベネチアでライブやりたいんだ力を貸してくれ!!!という映像と、これまでのベネチアでのライブの様子が流れる。
2026年の開催へ向け、来年またカーニバルへ行くらしい。
-----------------
珍しい曲やるとは言ってたけど、ここまで揃えてくるとは思わなかった…でもその時代時代を彩る楽曲を用意してくれて、それぞれのツアーを思い出すようなセットリストでした。見返すと今でもドキドキするようなセットリストでした。


MCはほぼなく、楽曲をできるだけ詰め込んでくれて嬉しい限りでした。
HAPPY SWING25周年おめでとうございました🎉


【セットリスト】

1.a Boy〜ずっと忘れない〜
2.summer FM
3.YOU MAY DREAM
4.BLACK EYES SHE HAD
5.風にひとり
6.GONE WITH THE WIND
7.月の夜に
8.ゆるぎない者達
9.HOWEVER
10.My Private〝Jealousy〟
11.ROSY
12.時の雫
13.クロムノワール
14.百花繚乱
15.GALAXY
16.SHINING MAN
17.ビリビリクラッシュメン
18.ピーク果てしなく ソウル限りなく
19.ACID HEAD
En.
20.GLOBAL COMMUNICATION
21.We ♡Happy Swing
22. はじまりのうた
23.HAPPY SWING

【アーカイブ】14.02.14 摩天楼オペラ BOYS ONLY GIG – LIVE摩天狼@目黒鹿鳴館

mixiで過去に書いてた日記のアーカイブです。

---------
バレンタインデー!大雪!そんな特別な日、 特別な天候に摩天楼オペラの野郎限定ライブという特別なライブへ 行ってきました。そして摩天楼オペラ初ライブ。


場所は目黒鹿鳴館V系の聖地。 そんな女性がメインのロクメーでこんなに野郎が溢れるとは異様でした。


BGMはずっとQUEENが流れており、客電落ちてからはWe  will rock youをSEにメンバー登場。 


1. RUSH! 
2. INDEPENDENT


苑「男ー!すげぇな!海外?笑  よく集まってくれた!大雪でよくここまでたどり着いたな! 帰り帰れねぇかもしれねぇのに!笑  30人くらいしかいねぇかなって思ったけど満員で、 ほぼほぼきてるよな。 いつもは女が主導権握って髪ばさぁってやってるけど、 今日はお前らが主導権握って最後まで暴れていってくれよ!

 


3. CAMEL 
4. Murder Scope
5. SWORD 
6. Innovational Symphonia
7. Merry Drinker 
8. 悲哀とメランコリー


彩雨「ちょっと、湿気がすごいんだけど。湿気すごくて( 固定してる)ガムテープ外れた笑」  


苑「 前の方が意外と眼鏡率高くてみんな曇ってるんだけど大丈夫か!笑  上着きてるけど大丈夫か!今日俺の声聴こえないんだよ笑  辛そうでも何言ってるかわかんねぇから助けてあげられないよ! 男ー!大丈夫か!!??あーこりゃ大丈夫だな笑」

 


9. INPERIAL RIOT 
10. Adult Children
11. Psychic Paradise 
12. GLORIA


苑「去年の野郎限定アンコール何回やったか知ってる?そう3回! まだやりたりねぇよな!アンコール待ってるんで!」

 


En.
Anzi「野郎共、吠えたりたか?イェーってことは十分なのか… ?俺のギターは吠えたりねぇんだよ!!!」


13. Just Be Myself 

14. Justice
15. ANOMIE


Wen.
彩雨「楽屋からステージくるまでに階段あるんだけど、 階段あがった瞬間熱気がむわってした。
外は雪なのが嘘みたいな熱さだ!集まってくれて有難う!」


苑「昨年の野郎限定で学んだことがあって、ステージより向こう( 客側)はにおいすごくて行っちゃダメだって思ったんだけど、 今回そんなことないわ、みんなどうしたの? 健康的になったってことかな?笑」


悠「今日はHELLOWEENのTシャツです。 今日アンコール一回目もHELLOWEENだったんだけど、 どれ着るか楽しみで10着ぐらい持ってきちゃった。 そんなかに一枚ヤンキースのTシャツがあるんだけど。 それ着るかどうかはお前ら次第だな!」


16. 落とし穴の底はこんな世界
17. 喝采と激情のグロリア
ラストの
“ 永遠を生む 私達のグロリア ここで生まれて ここで命を落とすの”の合唱が物凄かった。
その後、マイク無しで苑がアカペラ。


普段のライブ行ったことないからわからんけど、泥臭さ・ 命懸けって言葉がぴったりの合唱で、 久しぶりに初見ライブで感動した。 その後の野郎の歓声といいV系とはいえ、 メタル畑だなぁと思いました笑

 


Ten.
彩雨「野郎ども!チョコほしいのはどいつだ!!
とチョコ配布。


悠「今日ね、ここにみんな来るかも不安だったけど、 俺も運転してこれるか不安だったんだわ。でも、 こうやってライブできて良かった。鋼鉄の魂見せてるね。 なんでも反応してくれて嬉しいよ。 普段のライブで鋼鉄の魂とか言ってもわかんないもんな!」


Anzi 「俺の鋼鉄の魂聴いてくれ!」 とJudasPriestのPainkiller弾き出して、 それに乗っかってドラムも入って苑さん入るかと思いきや入らず笑

 


苑「じゃあラスト、俺達の鋼鉄ANTHEMを聴いてくれ、 一緒に歌おうぜ!!」


18. Eternal Symphony
ギターイントロを大合唱。まるでHELLOWEENのI WANT OUTやIRON MAIDENのFEAR OF THE  DARKのように。 喝采と激情のグロリアでピークだと思ったけど、 この合唱がピークでした。


苑「来年もやろうぜ!来月?男はねだるんじゃない!!笑  来年2/14もやろうぜ!」

 


非常に満足でした。


今日は語りたい事が沢山あるんですよ。

まず目黒鹿鳴館。今でも好きなGLAYがやってた箱で、 中2の頃今は亡きThird StageというV系CDSHOP見るのも兼ねて行ったんだが、 中に入ったのは初めて。GLAYのサインがあって、 あぁここで魔女狩りやらAngelousやらやってたのかなぁと 思うと凄く嬉しかった。


そして摩天楼オペラ。 GILIAの頃に知ってCDも持ってたんだけど、JusticeとAdult childrenを知ってカラオケで歌い始めて気になり出したバ ンド。完全にはまる前にライブ行くのは僕の中では稀有で、 楽しめるか不安だったが、これは行って良かった。


合唱部分とかはRhapsodyと似た雰囲気もあり、 ドラムの悠さんは HELLOWEENが好きで、 ボーカルの苑さんは山田信夫さんから教えて貰ってて、 俺の好きなバンドやボーカリストばかりじゃないか、と。

 

野郎限定ライブはGLAY中島卓偉、シドと行ってきたが、 メタルバンドらしからぬヘドバン率の高さ(俺もやる!)これはV系だからかなー。
また近いうちに彼らのライブへ行きたいものです。

本当にありがとうございました。


【セットリスト】
1. RUSH! 
2. INDEPENDENT
3. CAMEL 
4. Murder Scope
5. SWORD 
6. Innovational Symphonia
7. Merry Drinker 
8. 悲哀とメランコリー
9. INPERIAL RIOT 
10. Adult Children
11. Psychic Paradise 
12. GLORIA
En.
13. Just Be Myself 

14. Justice
15. ANOMIE
Wen.
16. 落とし穴の底はこんな世界
17. 喝采と激情のグロリア
Ten.
18. Eternal Symphony

【アーカイブ】14.01.18 ニッポン放送開局60周年記念イベント LIVE EXPO TOKYO 2014 ALL LIVE NIPPON vol.2@国立代々木第一体育館 /w ゴールデンボンバー、T.M.Revolution、BABYMETAL、MAN WITH A MISSION、DJダイノジ、backnumber

mixiで過去に書いてた日記のアーカイブです。

---------
ニッポン放送開局60周年記念イベント LIVE  EXPO TOKYO  2014  ALL LIVE  NIPPON  vol.2


行ってきました、金爆も西川さんもベビメタも出るということで!異色に見えて好きなバンド被ってる(気がする)イベント。 今年初ライブ。


開演直前、 現在一番長くやっているナイナイの二人からのコメント映像があり 、ニッポン放送の歴史の映像へ。


そして、ダイノジが登場し司会。
今日は海外で行われるアニメエキスポのお偉いさんも来てるという 話。そして、オードリーの60周年おめでとうコメントが流れ、 パフォーマンスへ。


☆BABYMETAL
さくらさくらのメロディーにメギツネと歌詞を乗せ登場。 バックバンドは今日は当てぶりなものの、轟音すぎる。 アイドルとメタルの融合だけあって、 このグループが一番楽しみだった。


・メギツネ 
ド・キ・ド・キ☆モーニング
・ヘドバンギャー! 


「髪の長いお兄さんが教えてくれたんだ、ウォール・オブ・デス」 とイジメのイントロで語られる。やっぱりメタルだった。
ステージ上でやってるじゃれあいがウォールオブデスらしい。


・イジメ、ダメ、ゼッタイ
サビでメロイックサインをフォックスサインにし、 エックスジャンプをする曲。歌詞の「飛べ飛べ」や最後に「We are!!!  Baby metal !」というとこは完全エックス意識で面白い。


MC無し、歌唱中の笑顔無し、 完全なキャラを演じてステージを去って行きました。 昔のV系を見ているかのよう。
ヘドバンギャーなんて、 土下座ヘドバンにも似たパフォーマンスがあってバンギャとシンク ロ部分が面白い。
なんといってもボーカルSUMEALの伸びのある声がアイドルと 思えず、何度口パクと思ったか笑
一組目から興奮したイベントは正直初めてでした(*´ω`*) ワンマン行こう。


-------------------------------------------------
ライブ転換では再度ダイノジ登場。
JETの曲に合わせエアギター。チューニング、 アンプいじりからエアでやるもんで細かく面白かった。

 


☆back number 


・青い春 
・約束 


「皆さんこんばんは、backnumberです。 ニッポン放送開局60周年おめでとうございます、 そしてお集まり頂き有難う御座います。人多いですね… 端から端まで。あ、それ僕らのタオルかな? 他のバンドのタオルは掲げないでくださいね!笑

wwwww


・fish 
・高嶺の花子さん


基本的に優しめな曲がメイン。 青い春はドラマの曲だったのもあってやってくれて嬉しかった。
----------------------------------------------

 

ダイノジが登場し、次の企画の説明。
「今回会場に12000人いるんですが、 恋するフォーチュンクッキーをみんなで踊りたいと思います! 踊れる人ー?ちらほらいますがダンスの先生を呼びました。

 


キンタローさん!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


は、予定がつかなくてダメでした。
なので、AKB48から柏木由紀さん、渡辺麻友さん、 小嶋真子さん!!


と、サプライズ出演!金曜オールナイトニッポンやってんもんね!
3人が挨拶して一言。
柏木「私たちキンタローさんの代わりですか?笑

wwwww


恋チュンの指導があって、全員で踊って終了。
もうね、ダンスだいたい頭に入った!!カラオケで踊れる!!


柏木「みなさん覚えるの早かったです! 私たちのファンより早いかも…笑 ぜひカラオケや学校・会社の人に教えてください\(^o^)/」


ダイノジ大谷「そうですね! 誰から教わったのって聞かれたら本人からって言えますもんね笑 今日は有難うございました!!」


とクロージング。


ゴールデンボンバー 
Dance My Generation


鬼龍院「こんばんはー!!ゴールデンボンバーです!! ニッポン放送60周年おめでとうございます! 初めて見るという方もいらっしゃると思いますので、 自己紹介からしたいと思います。僕がボーカルの鬼龍院翔です。 ファンのみんな、いつものやつやるぞ、いくぞ」


キスミー!!


「10人ぐらいでしたね」


キスミー完全無視より、 ちらほら言ってるぐらいの方が寂しげで面白いなw


喜矢武「せーのおっぱい!!ギターの喜矢武豊です。僕ね、 今日の共演者の中で好きな人がいるんですよ。僕ね、 backnumberさんが大好きなんですよ。 特にわたがしって曲が好きで! もうねー好きすぎて物販で売りたい!! これからもゴールデンボンバーではなく、 backnumberのわたがしをよろしくお願いします!」


樽美酒「おちんち~ん、おちんちんぺろぺろ~!! ぺろぺろおちんちん!!どうも、ドラムの樽美酒研二です!! 僕はね、ダイノジさんが好きで、 今日のライブが楽しみだったんですよ。だから、 今日はライブで好きな気持ちを体で表現したいと思います!!」


鬼龍院「みなさん、 ゴールデンボンバーのライブはMCがすべてです。 今のをよく覚えておいてくださいw」


・抱きしめてシュヴァルツ 
ギターソロで会場外でわたあめを売る喜矢武さんの動画が流れる。 一方ドラムソロでは研二が墨を被り、 特大の半紙に向かって走り突撃。MC通り、大の字を半紙に表現。 その後、歌広場・喜矢武さんも墨被って、“ノ”、“ジ”を表現。
墨で大ノジと記述。


キリショー以外真っ黒ww誰が誰だか肉眼じゃわからんwモニター でやっとわかったw


・101回目の呪い 
・毒グモ女(萌え燃え編) 
・女々しくて


真っ黒で、床汚して帰って行きました。


------------------------------------------
☆DJダイノジパフォーマンス

フジファブリックの曲をミックスして煽る。 クラブ最近好きだからかな、楽しかったー\(^o^)/
正直、 今回出たアーティストの中で一番盛り上がってたような気もするw

------------------------------------------


MAN WITH A MISSION
・Emotions 
・Get Off of My Way 
・database 
・TAKE ME HOME 
・FLY AGAIN


バンドサウンドとクラブのノリのような部分も混ざって、DJダイノジからの流れもうまくはまって楽しかった。
------------------------------------------
狼が捌け、ANN出演者祝辞コメント。
宮藤官九郎、ゆずがコメントしてました。


どの転換か忘れたけど、金爆、backnumberが登場し、 サイン入りハンドボールを投げてた。 あと松村邦広がたけしのものまねしてた。

 


T.M.Revolution 
HIGH PRESSURE 
西川「一応トリを務めます、T.M.Rです!! 宜しくお願いします! 曲知ってるか知ってないか問題じゃないんだよ、いけるかー!!」


WHITE BREATH 


ニッポン放送開局60周年おめでとうございます。 僕にとってラジオはファンのみなさんと近い距離で関われる大事な ものです。ラジオって一人で聴くことが多いじゃないですか、 だから1対1で関われるものなんですよ。 ラジオのイベントって今なかなかなくて、 本当に特別なイベントです。 どのバンドのファンとか関係ないです。 初めて僕見る方もいるでしょう。でも、もう2、 3時間一緒の空間にいるんだから、仲間と呼んでよいですか!! いけますか!!!」


・HEAVEN ONLY KNOWS~Get the Power~ 
・Count ZERO 
Preserved Roses 
革命デュアリズム


イベント終了。
最後にカーテンコールで全アーティストが登場。
各グループ挨拶して4時間のライブが終演。

 


2年ぐらい前のオールナイトニッポンイベントも行ったけど、 今回も楽しかった。Babymetalが良い!当てぶりとはいえ、 このイベントで一番激しい音楽でしたわ。
またそれぞれのワンマンに行きたいと思えるライブでした。


setlist

☆BABYMETAL
・メギツネ
ド・キ・ド・キ☆モーニング
・ヘドバンギャー!
・イジメ、ダメ、ゼッタイ


☆back number
・青い春
・約束
・fish
・高嶺の花子さん


AKB48(柏木、渡辺、小嶋)
恋するフォーチュンクッキー』企画


ゴールデンボンバー
GB始まるよパーナ
Dance My Generation
・抱きしめてシュヴァルツ
・101回目の呪い
・毒グモ女(萌え燃え編)
・女々しくて


☆DJダイノジパフォーマンス


MAN WITH A MISSION
・Emotions
・Get Off of My Way
・database
・TAKE ME HOME
・FLY AGAIN


T.M.Revolution
HIGH PRESSURE
WHITE BREATH
・HEAVEN ONLY KNOWS~Get the Power~
・Count ZERO
Preserved Roses
革命デュアリズム

【アーカイブ】13.12.10 FM802 「BUGGY CRASH NIGHT」15th anniversary special GLAY CHRISTMAS SHOW 2013 winter~ACOUSTIC MILLION DOLLAR NIGHT~@大阪フェスティバルホール

mixiで過去に書いてた日記のアーカイブです。

---------
本日は初めて有休ってやつを使ってライブへ。 
GLAYのアコースティックライブ。
GLAYアコースティックライブなんていつ以来よ、 っていうかアコースティックライブ行った事ねぇ!! 記憶にあるだけでも、日産のjulia、 WHITEROADの逢いたい気持ちとかHOWEVERぐらいし かアコギで聴いた覚えがなかったのではじめましてでした。


大阪フェスティバルホール、夏にT.M. Revolution見た以来の会場。


Christmas Showと名打っており、 ステージにはシャンデリアやキャンドルが。その上、 フェスティバルホールが赤い椅子生地に黒の手すりなもんで、 空間がピッタリ。


メンバーの位置には段通だかシルクだか知らんけど絨毯が敷いてあ り、JIROのとこだけは赤い円形絨毯が敷き込まれてた。 今日がバギクラ15thイベントだから?


場内BGMがクリスマスソングだったんだけど、 イントロがTicket to rideのWhite ChristmasとかLOVE ME DO風味のジングルベルとかEightdays a week風味のSanta Claus is coming to townとかPlease Please Meイントロのジングルベルとかビートルズイントロのものばかり でなんだか良かったんですよ。このアルバムどこにあるんやろ。


会場暗転しライブスタート。
17ansをSEに登場。全員スーツ? HISASHIはちょっと違ったけど笑


 01.CHRISTMAS SHOW ※新曲
TERU  「バギクラ15周年おめでとー!!バギクラリスナー、 FM802リスナー、802スタッフ有難う!!」
 
少し唄ってたけど、なごませる為の煽り曲みたいな感じ。 イントロはmagical mystery tour。今日ビートルズばっかりだな笑


各メンバーのソロパートみたいなもんがあって、 TAKUROはチャックベリーの有名なフレーズ、 HISASHIは赤鼻のトナカイだったかな。


JIRO「皆さん有難う御座います。 今回バギクラが15thということでね。 昨日は公開収録もできて。来てくれた人もいるのかな? 楽しかったねー、お客さんいじったりしてね。 40代なってから悪口楽しくなって…笑 みんな言うなよ!!すぐツイッターとかでTERU さん、JIROさんがとか言うから!」


ここでTERUがいつでも言っておいでと言わんばかりの両手広げ たTERUポーズ。すると、 JIROがなぜかTAKUROのイエスポーズ。


で、どこかでJIROが噛んで、
TERU 「JIROってよく噛むの?」


JIRO 「おめぇーには言われたくねぇよ!!!笑
冒頭からいつものライブよりアットホームな感じ。


TERU 「次に聴いてもらうのは、先月リリースされた新曲なんですが、 この会場の皆さんの愛にピッタリのナンバーだと思います」


02.虹のポケット
03.HEART SNOW~心に降る雪~ 
ベースが原曲の違って動きまくり。原曲より良かった!

 


会場静かになって…


MC
JIRO 「はい!!この静けさからはいって入るの気持ち良いね。 次は企画なんですが、 最初にしてこのライブ一番のコーナーだと思います。GLAY MOBILE 大人気珍コーナー、twitteru!! これを斬っていこうってコーナーですね。TERUさん、 なんでこれ始めたの?」


TERU 「いやぁ、俺をカリスマと見る人がいるから、 人間性を出していこうと思って笑  俺も人だよと笑  そんな面白いのあるかなぁ?」


JIRO「まぁいろいろありますが、俺が気になったのはこれね。 “生きるって食べることとあとは何かな?”これ何? 写真の赤いやつ何?」


TERU 「これはね、ウーパールーパー飼ってたんだけど、 入院しちゃって。赤いのはアカミミズってエサなんだけど、 食べずに入院しちゃったんだよね」


JIRO 「あ、これウーパールーパーの気持ちで呟いたのね! TERUじゃなかったのか!笑  そんな僕もJirotteru作ってみました。“ アホになった人たち”これは函館ライブの写真ね。 みんなびしょ濡れで、楽しかったなーと思って。 TERUは四年後にまたやりたいっていってたけどね」


TERU 「やりたいねー今度はみんなに富士山(函館山のこと) を見せてあげたい!」


JIRO「その辺はDVD見てもらえばわかると思います笑」
 
TAKURO 「TERU さんちょいちょいボケるよね。今日も冒頭でBUGGY CRASH  NIGHT のことをBUGGY  AND CRASH って言ったりw」


JIRO 「 TAKUROくん何かありますか?」


TAKURO 「俺が好きなやつはね、“おはよう日本!”ってやつ。 TERUクラスになると、大阪有難うとかじゃなくて、 日本になるんだわ。有難う地球とかwwで、僕も作りました、“ ごちゃまん”」 


スマホのアイコンでメールの件数が300件なってたり、 壁紙がGLAYだったり、 でもアイコンだらけでGLAYが見えなかったりww


HISASHI「壁紙なのにアイコン入れてるの?」


TAKURO言ってる意味がわからない、アイコンって何!?


wwwwww
TAKUROが前々からアナログってのは知ってたけど笑


TAKURO「みんな、俺のメール件数を見てくれ。 みんなあれ0なの?」


HISASHI「全部見る」
TERU「消す。変なウイルスとかあったら危ないし、 知らないやつは消しちゃうな」


TAKURO「そっかー。まぁごちゃごちゃしてますね。 あとはFMイルカが好きすぎていつでも聴けるようにしてます。 HISASHIさんは何かありますか?」


HISASHI「俺が好きなのは足湯なうってやつね。これこれ。 ライブ後かな?顔が疲れてる、でも決め顔だよねwwwこの写真、 シャツ替えたら今のアー写っぽいもんね。で、僕も作りました、 え、また宇宙行くと?」
スターウォーズのキャラクターがサーフィンボード抱えて呟いた感 じ。ツイッターというボケテというか。


HISASHI「スターウォーズ新作があるということで、 作ってみました」


TAKURO「なんで九州弁なの?関西にすれば良かったのに笑」


TERU「え、また宇宙行くん?
場内拍手


HISASHI「そっかーでもこっちの方が破壊力あるでしょ、 行くとー!!って笑」


TERU「まぁこんな感じでみんな呟いたわけですが、、 曲いきましょうか笑」


TAKURO「そうだこうやって曲いけば良いんですよ、 今まで脱線しすぎたんだ!笑」


04.DIAMOND SKIN
05.カーテンコール 
クリスマスっぽい仕様で、 いつものカーテンコールよりも暖かく感じた。 アレンジが素晴らしい。


06.出逢ってしまった2人 
イントロと中盤でSOUND  OF  MUSICのワルツ導入。これが秀逸で、3/4拍子から4/ 4拍子にぶったぎるように始まるギターソロがかっこよかった。

 

 


TAKURO 「今回はライブという名を借りた忘年会ですからね。 4本目にしていい感じでまとまってきて、 最高の夜になる事をお約束します。
JIROさん、バギクラ15周年おめでとうございます」


JIRO「有難うございます、これからもがんばります」


TAKURO「もう燃え尽きたでしょ?」


JIRO「いや、ないない!!笑 まだまだこれからもたくさん曲紹介したいしね。頑張ります!!」

 


TAKURO「 それでは次は2013年を写真で振り替えってみましょうか。 みんなバギクラリスナーだな? じゃあGLAYの一年全部わかるよなー? 気抜いてたら当てちゃうからな」


HISASHI「あの写真2枚似てない?絶対同じだよ」
疲れたサラリーマン姿の写真の引きと拡大写真が並列。


HISASHI「なんだよあれ!気になって集中できないー!!

wwwwww

 


TAKURO「あれはね、アジアツアーの前の写真で。皆さん、 この声覚えていますか、“海外ロングツアー決定!” 元々4公演でロングではないんだけど、 2か月に及んでたからロングでも良いかなと思ってたんだけど… 半分消えた!笑 その頃になかなかうまくいかねぇなぁと思ってたら、 寂しげな背中のサラリーマンがいて撮ってしまったわけです。 他気になるやつある?そこの赤い格好した方?」


あの写真…と別の人が答えたようで


TAKUROいや、君じゃないよ!もう、 ちゃちゃ入れるんじゃない!!笑 あの写真はなんですか?」


HISASHI「 これは5年近くなるRX72という番組の収録でスノボしてきたや つですね。茂木さんね」


TAKURO「5年って長いよね。 HISASHIさん今年きてるよね、俺界隈ではざわついてるよ」


HISASHI「いっつもその辺(TAKUROのとこ) で止まってるよね、俺の方にきてるって情報来ないもん」


TAKURO「もう他に気になる写真ないですか? まぁこの後もこの企画ありますからね。 TERUさん喉冷えてない?俺喋りすぎ?」


TERU「冷えるね~!笑 曲行こう!! 次はGLAYがインディーズの頃からやっていたナンバーをアレン ジしました!」


07.LOVE SLAVE 
中近東っぽいというか、MASCHERA でいうラーって曲っぽいアレンジ。


間奏で
「インディーズのときはよくSENSATION FOR THE MODERN BOYって言ったらNEW NEW ROMANTICって言ってください!!ってよく言ってました! 今日もみんな頼むよ!!」

 


08.ROCK ICON 
このROCKICONめっちゃかっこよかった…! 元々の音階とアレンジがピッタリってのもあり、素晴らしかった。

 


09.ACID HEAD 


HISASHI「水属性ポケモンのHISASHIです。 函館ライブ以来“運動会があるんで雨を降らしてください” とか依頼されますが、そんな力はないです。バギクラ15周年… 人間15年何かを続ける事ってありますか」


GLAYのファン!!


HISASHI「うん… 次も2013年の写真を見てみましょうか! 気になる写真ありますか、SEIさん」


SEI「そのリハ写真なんですかね、僕写ってないんだけど」


TAKURO「SEIさんはカメラマンだよ!!笑 これなんだ、函館ライブの前にZEPPでやったときのリハかな」


HALLOWEEN PARTYのTERU× TAKUROとシド明希の写真があって大人気。


TAKURO「これね~hyde君主催のHALLOWEEN PARTYね。楽しかったなー。 JIROは彼の事知らないかもしれないけど、 シドとかっていうバンドのベースの人ね。 GLAYファンの中にもシドファンいるのかな?」


手挙げた!


TAKURO「 バンドやってて良かったなーって思うのはずっと聴いてましたって 来てくれる明希みたいな人がいる事なんだけど… 彼は酒で身を滅ぼすねwさっき手挙げた人、彼に伝えてほしい、 酒はほどほどにとw」


他にはTERUが手料理振る舞う写真があり、
TAKURO「これはアマチュアの頃からずっと変わらないね。 アイルランドへ行っても、アイスランドへ行っても、 ニューヨークへ行ってもTERUの焼うどん!!笑」


あとはTERUが酔って赤いヅラ被ってる写真があり、
TERU「これ酔ってたな~赤いヅラに赤ワイン飲んで…」


JIRO「どう見ても白ワインじゃん!!笑 ボケが雑だよ!!
wwww


次の写真はTAKUROが酔ってるような写真で
HISASHI「TAKUROも酔ってたの?ねぇ、酔ってたの?


と声かけても無反応で曲へいくTAKUROwww


TERU「こんな感じで曲いくんだ…笑」


10.WHY DON'T WE MAKE YOU HAPPY 
TAKUROがピアノでTERUは1オクターブ上で歌ってた。 初聴き。


11.Miki Piano 
これも初聴き。いつか聴きたいと思ってた。


12.SORRY LOVE 


HISASHI「ご清聴有難うございました。 ちょっと良いですか。GLAY1年を振り返ってみました、 GLAY FILEは終わらない」


今年はJUSTICE&GUILTY tourで幕開け大成功、 アジアツアーはさっき言ったように半成功ですね。 そして函館ライブ、大成功ですね。
エッチなミュージックビデオ…これはダイアモンド成功です。 総合的にGLAY大成功ですかね!!


JIRO「今年は挑戦的なライブが多かったね。楽しかったな」


TAKURO「そうですね。 来年20周年でいつもまでも若いつもりでいたら、 中堅またはベテランバンドと言われるようになり…。 改めて音楽やバンドをやるときが楽しいですね。 GLAYもそうですが、 バギクラをJIROをこれからもよろしくお願いします」


HISASHI「奇妙な曲いきましょうか」


13.電気イルカ奇妙ナ嗜好 


TERU「函館でやったパンキッシュなナンバーいこうぜー!!」


14.CRAZY DANCE 
15.彼女の“Modern…” 
アレンジがスペインギターアレンジで、 ずっとTAKUROのターン。


16.JUSTICE [FROM] GUILTY 
冒頭で「誰もが傷つきながら…」 部分をピアノに合わせ歌い上げるTERU。 めっちゃメロディアスに聞こえる。


17.VERB


ENCORE 


TERU「JIROのエピソード、 ツイッターで募集してたんですが、色々集まってね。 一番多かったのが、よく噛む」


JIRO「だからおめぇに言われたくねぇって!!!!

wwwwww

 


TERU「あとは98年紅白後にバギクラ生放送があったときに、 やたらテンションが高いJIROが和田アキ子の真似をしたとか」


JIRO「 全然覚えてないwwでも紅白でやたら感動したのは覚えてる」


TERU「あとは一つだけすごく良いことを言ったみたいで…」


JIRO「おかしいなぁ、いっぱい言ってるんだけどなぁw


TERU「2004年のEXPO後、 僕が一人だったら何にもできないけど、 GLAYだからこそこんな舞台でライブができた。 本当に感謝してる…って言ったらしいんですよ」


JIRO「TERUの声で言うとやっぱ違うね、 お前良い声してんな!!笑


TERU「はははは!!

なんと無邪気な関係w


TERU「 あとはさわおさんが初めてゲストに来たときは緊張しながらも嬉しそうだったとかね。 僕たちに背中を見せてくれるたくさんのバンドがいますが、 そんな中でもあこがれていたバンドの中で、 ブルーハーツというバンドがいます。 HISASHIがこの曲をやりたいと言ったんですが、 そんな曲をここで演奏したいと思います」


01.1000のバイオリン(THE BLUE HEARTSカバー) 
02.ホワイトロード 
03.Time for Christmas 
04.CHRISTMAS SHOW(Reprise) 


曲終了後、スクリーンが登場。バギクラのジングルが鳴るが、 映像が出ず。


TAKURO「出ないね…みんな今のはなかったことにして!笑 帰ろうか!」
と言い、その場でYES!してたww


TERU「今日は終わり、帰ろう!!

wwww


再度準備ができ、ジングルが流れる。
それに合わせてバギクラ15周年おめでとうスライドショーが流れ 、JIROに花束が贈られ終了。


ステージはけるときはTAKUROは足早とYES!
最後にJIROが残りTAKUROの真似をし、 抱きしめるしぐさを見せ、最後にYES!!で終了。


JIROのYES初めて見たww


GLAY見たのは今年のさいたまアリーナ以来で本当に見れて嬉し かった。
なんといってもアコースティックアレンジが素晴らしくて、 近年稀にみる良いライブでした。。。 というといつもは違うみたいだけど。


アコースティックライブも定期的にやってほしいもんです。曲を全部知ってるからこそ、 どんなアレンジが飛び出すかが楽しみで楽しみで。
全体的にマニアックな選曲だった気がするなぁ。


今回のライブは本当に忘年会って感じで、 いつもより温かいライブでした。
次はEXPOか何かわからないけど、 来年もGLAYのライブ行きたいです。ありがとうございました!


01.CHRISTMAS SHOW ※新曲 
02.虹のポケット 
03.HEART SNOW~心に降る雪~ 
04.DIAMOND SKIN 
05.カーテンコール 
06.出逢ってしまった2人 
07.LOVE SLAVE 
08.ROCK ICON 
09.ACID HEAD 
10.WHY DON'T WE MAKE YOU HAPPY 
11.Miki Piano 
12.SORRY LOVE 
13.電気イルカ奇妙ナ嗜好 
14.CRAZY DANCE 
15.彼女の“Modern…” 
16.JUSTICE [FROM] GUILTY 
17.VERB


ENCORE 
01.1000のバイオリン(THE BLUE HEARTSカバー) 
02.ホワイトロード 
03.Time for Christmas 
04.CHRISTMAS SHOW(Reprise)

 

【アーカイブ】13.10.04 Acid Black Cherry Project「Shangri-la」2nd Season~北陸・甲信・東海tour~ @三重県総合文化センター 大ホール

mixiで過去に書いてた日記のアーカイブです。

---------
会社の振休使ってAcid Black Cherryのライブ行ってきました!
三重県ってなんとなく群馬県に似てる気がするんだよな。 都市部の周りっていうところかなぁ。昼はうなぎ食べました(^^ )

 

キューピー買って入場へ。キューピー長野だけ出なかった!! 交換したい!!


1.greed greed greed

2.Murder License


yasu「三重の皆さんこんばんは!!Acid Black Cherryです!!2nd  season2日目です。三重ちゃーん!三重ちゃーん! いつも通りのクオリティ有難う!今回は津ですよ。煽りにくいな、 つーっっって!笑
会場の形が不思議ですね、オペラティックというか。 上品に見なきゃいけないような会場で、 みんな下品なTシャツ着てるっていうw
三重には積もる話もありまして、積もる話はありません。 いやいや、伊勢神宮行ったんですよ。 まぁ積もる話もこれで終わりっていうねww」


yasu「三重はね、2012ツアーのときも来ることができたんで、 二年連続来れてます!
まぁ去年は四日市市だったんですけど。今回はもう少し南に来て… あってるよな?笑 よかったよかったwみなさん暴れる準備はできてますか!! できてますか!!最後まで暴れて行ってくれぇぇーっ!!」


3.cord name 【JUSTICE】
4.楽園
5.蝶
6.1954LOVE/HATE


yasu「楽しんでるかい!!ありがとうございます!! 先程つもる話が…って言いましたが、 今回伊勢神宮行ったんですよ。
名古屋ライブの次の日にね。 ちょうどその翌日に神様がお引っ越しだったのでね、 運がいいなと。まぁ人が多くて、いつも多いやんな? 年配の方もたくさんいらっしゃったんですが、 ロックやってんのかってしか聞かれませんでしたw  
絶対YUKIせいやと思うねん! こいつの格好ハットにグラサンやで。 ロックやってますよアピールですよw


yasu「伊勢神宮って初めて行ったんですよ。えーっておまえら! 日本人が全員行ったことあるとか思うなよ!! 大阪住んでたんで何回か行こうって話になったんですけど、 すぐ行ける距離でもなくて結局行かず。今回行けて良かったです、 それもちょうど良いタイミングで」


yasu「今回のツアーではTwitterで質問募って、 この場所で各メンバーが回答してるんですよ。 今回の質問は今の話とちょっと絡んだ内容ですね。 自分のパワースポットはありますか?
今日は誰から行きますか?あれいつも淳士さん手あげんのに笑  じゃあSHUSEさんいきましょうか」

 


SHUSE「皆さんこんにちは~!ベースのSHUSEです! 僕はね、 伊勢神宮とかこういういわゆるパワースポットとか行くの好きですね。神社とかね。 まぁパワー貰うってあんま思ってはないんですけど」


yasu「そうですね、 僕もそういうのあんま信じる方でもないんで、、、 パワー貰いに行く感じじゃないですね」


SHUSE「僕が好きな場所はパソコンショップですね! 僕機械見るの好きで、基盤とか好きなんですよ。 電気屋みたいに家電が置いてあるわけじゃなくて、 なんとかヘルツの基盤が表で書いてあるだけなんですよ」


yasu「 わかりやすく言うとパソコン自分で作るってことですね。 なんとかヘルツのを繋いで…って」


SHUSE「そうそう、 たぶん1年に一個ぐらい作ってんのかなぁ。 作ってる割にネットしか見いひんのやけどw」


yasu「ダメですやんwなんでまず作ろうと思ったんですか?」


SHUSE「元々パソコンを拾ったんが始まりやからなぁw」


yasu「もう最初から漫画みたいな始まりですね、 拾ったってw」


SHUSE「 まぁこういうこと話してる間にもまたちっちゃいやつ作りたいなぁ って想像してんねんけどな笑 なんか非日常な空間なんよね。 パソコンショップ行ってこういうの作りたいなぁって考えるのが好 きやな。基盤みると興奮すんねん」 


yasu「基盤見てビンビンになるってことですか


SHUSE「そうそうww」


yasu「 じゃあパソコンショップではぁはぁしてる人おったらSHUSEさんですね笑 
パワースポットはパソコンショップ、 それも家電とかじゃなくて基盤の方ってことでした、 ありがとうございます!次はHIROさん!」


HIRO「こんにちは~三重の皆さん元気ですか! 
みんな行った伊勢神宮には乗り遅れてしまったんですが… すみません笑 
僕のパワースポット…あんまないな…笑  


あ、 今回のツアーでyasu君にサウナに連れてってもらってはまりましたねー」


yasu「そうそう、これまでツアーでHIROさん風呂誘っても来てくれてなかったんですけど、今回から来てくれてね、サウ厨にしてやりました」


HIRO「1st seasonのツアーが終わってオフだったときも、 なんか行きたくなって近所のサウナ行っちゃったからね!」


yasu「完全サウ厨やないですか!」


HIRO「そうそう5時間ぐらいおったんかなぁ…」


yasu「8分×8本ぐらいするんですよね。 若い頃は10本ぐらいできたんですけど。 でも最初からHIROさん8本やっててすごいですね。 水風呂入ってね」


HIRO「その水風呂が気持ちよくてね」


yasu「サウ厨やないですか!!笑」


HIRO「パワースポットはサウナという事で。 有難うございましたー!!」


yasu「有難うございます、これで、、、 僕はメンバー全員のね、、、、正宗を見れたとw 次はYUKI!!」


YUKI「三重のみなさんこんにちはー!! ギターのYUKIでーす!!パワースポットね、富士山が好きで。 これまで6回登ってるんですよ。淳士さんと行ったりして。 コースが2つあって、1泊2日と日帰りコースがあるんですよ。 日帰りは夜11時ぐらいに登り始めて朝5時んもご来光拝むってや つなんだけど、それが好きで。
で今回ツアー中だったんでやばいかなぁと思いつつ行ってしまいました」


yasu「良い写真見せてもらいましたね」


YUKI「そうそう、 僕写真見せるの好きなんでwwこの時期が本当なら解放してる時期じゃなくて、自己判断で登れる時期なんですよ、 山小屋とかあいてなくて」


yasu「登っても良いけどなんかあっても知らんぞってやつ?」


YUKI「そうそう、もう真っ暗で。 小さい光だけで登っていくんですよ」


yasu「今回は淳士さん行かんかったんですか?」


淳士「俺レコーディングしてて、そん時電話かかってきて、 今向かってますけどどうですか?って!行けるかー!! みたいなw」


YUKI「いや、 ツイッターとかで仕事ってわかってたんですけど、 念のため確認してww」


yasu「今日ご来光拝めそうとか何をもってわかんの?」


YUKI「今回は台風去った後だったから、 なんとなく良いの見えるかなーと思って」


yasu「そうなんや、でも富士山はまったのって、 ABCなってからやんな?」


YUKI「そうそう、 AKIHIDEに誘われてドはまりしてww」


yasu「良いですね、影響受けあってます」


YUKI「でもね、本当のパワースポットってここ(ステージ) やと思うんですよ」


yasu「…お前、それはないわ。。。


淳士そんな締めで言う事言ったら俺落とすしかないやろ!!! 富士山の話で終わりで良いやろ!!笑


ここの流れ秀逸やったわw


淳士はパワースポットというか富士山で死にかけた話になり…


淳士「初めて富士山登ったとき、死にそうになって。 YUKIと一緒に登ってたんやけど、 登りはご来光拝むって目標とかもあるやろ。で、下るときね。 200mぐらいの砂利道を70往復ぐらいして下りるわけですよ。 でもね、 足がもうがくがくで3往復ぐらいしたとこでもう無理ってなって。 で、ふと思ったわけですよ、 長く往復してるとこをショートカットできるんじゃないかって。 パソコンでもショートカットキーあるでしょ。 もうこうしないと降りれんとなって縦に行こうとしたわけです。


静止しようとするYUKIを振り切って行きましたwYUKIが自然をなめちゃアカンですってずっと言っててww


で、縦に行ったら勢いで止まらなくて。 ずっとルパンのカリオストロの城状態ですよ!! 止まったら転がっちゃいそうなんですよ。で、 服ズボン破れてwショートカットするために行ったのに、 YUKIより1時間遅れて到着するっていう。あれは死にかけましたねw」


淳士でもね、 本当のパワースポットってステージだと思うんですよ

wwwwww

 

淳士「yasuの後ろで叩くのも、 yasu越しに見えるみなさんの姿が一番のパワースポットですね !w」


yasu「 有難うございましたw自然はなめたらアカンですねw僕のパワースポットってなんかなー。考えとけよって話ですねw
…でも、 HYDEさんとかDAIGOとごはんいくとパワーもらった感じはありますね。DAIGOとはよくファミレスのデニーズに行って、 季節のデザートをあしらったもの食べたりするんですけど、 メロンのやつは美味しくなくて、 本気でクレームしそうになりましたね。


まぁでも本当のパワースポットは…(にやにや)

wwwwww


yasu「いやステージやと思うんですよ。 ほんとに体調悪くても元気になるしね」


YUKI「僕らにとってはステージに立つ過程が大事ですもんね」


yasu「やっぱYUKI、良いこと言いますね!!はい… まぁパワースポットを聞いたところで、 次の曲を聴いてほしいなと思います、優しい嘘」


7.優しい嘘
8.Maria
9.so…good night


yasu「さっきの質問募った話なんですが、 こんな質問もあったでと紹介します。 もはや質問になってないやついっぱいあるけどな」


・胸をどうすれば良いですか?→知らんがなw 
・年齢を知りたかった→?
・ニーハイは好きですか?


yasu「ニーハイってどうですか、 こんな話名古屋でもやったよな笑 なんやったかな。あ、ガーターベルトの話やwww」


HIRO「俺は脚に関するもんはなんでも好きですよ」


yasu「脚ってどうですか? 脚って男にもついてるじゃないですか。 だから僕脚とか尻とかよくわかんないんですよね」


SHUSE「じゃあyasuは何が良いん?」


会場「おっぱい!!」


yasu「いや、おっぱい好きですよ!! おっぱい嫌いな人おったらどうしたん自分、 大丈夫かって絶対聞きますもん!ボインやなくても良いんですよ、 大きさやない、気持ちが大事!!」


SHUSE「…でも自分(yasu) 前からいうけどちょっと胸あるで?タンクトップで屈んだりすると目そらすもん

wwwww

 

SHUSE「今度ベストショットとったるわw」


yasu「そうですかねwwwそれはなんか恥ずかしいですw」


yasu「下ネタばっかりですけど。 下ネタ恥ずかしがる女の子ってどうですか?」


淳士「下ネタ恥ずかしがってるって段階で、 ドスケベですけどねw」


yasu「 そうですねw僕ね多少の恥じらいは必要やと思うんですけど、 恥ずかしがられすぎると、ふん…ってなっちゃうんですよw」


淳士「まぁ恥じらいがなさすぎるのもアカンよね。 スポーツになったらアカン」


yasu「よっしゃ!!みたいな?w」


淳士「wwそうそうw」

 


なんかの下りでそういえば三重弁ってあんのって話になり、、
yasu「三重弁ってあんの?関西弁やないの?」


SHUSE「関西弁と名古屋弁足して2で割ったようなやつやで」


yasu「だっさ!

wwwwwww


SHUSE「あんな、俺La'cryma Christiってバンドやってたんやけど、 ボーカルが三重出身やねん。先輩やけど思うけどなww」


yasu「すんませんでした…なんか三重弁ってないんですか? 」


SHUSE「 俺知ってんのは関西のやんと名古屋のだにを合わせたんかしらんけど、やにってのがあんでw」


yasu「だっさ!

wwwwwww


SHUSE「さっきの下りまたやる?笑」


yasu「 また忘れてたww名古屋ってでもおもろいしゃべり方やんな。 ドクタースランプのにこちゃん大魔王やんな? あのしゃべり方で最初笑わせようとしてるんやと思ったもん。 俺そんなんじゃ笑わんで!って」


yasu「やにってどうやって使うん?盛り上がるやに~? まだまだいけるやに~?


淳士それはばかにしすぎですやに


yasu「いやいや、 淳士さんこそそれは絶対違いますwwwwwまだ暴れていけるやに ーーーー!!!!


10.少女の祈りⅢ
11.罪と罰
12.Black Cherry
13. シャングリラ


En.
yasu「アンコールやりますよ!! 皆さん知ってる方もいると思いますが、リクエストで決めます。 3枚のオリジナルアルバムの中からね」


3階の方が当たり、


yasu「曲大丈夫?決まってる?」


 もう決めてるー!


yasu「自分ため口か!w いやいや、気にすんなって、小さい男やなあ。 いやいや小さい男ですんませんww」


yasu「リバースという事でみなさん準備しましょうか。あ、 音出てますね。いきましょうか」


14.Re:birth
なんだか普段のリバースよりアットホームな感じでこのリバース好 きだったな。良い意味で緊張感のない感じ。

 


yasu「次もリクエストにしましょうか」


で、引いたのが2階席の方で、泣き出してしまい。


yasu「泣いてんの?何泣いてんねん!笑 大丈夫?何歳?」


yasu「12歳!!!?お父さんって俺ぐらいやないの? すごいなぁぁぁ。こうやって年齢差ができていくわけですね。 隣は?お姉ちゃんか。22歳?はなれてるなぁ!」

 


yasu「曲決まった?」


  愛してない


yasu「ませガキが!!!歌詞わかってんのか? 通いなれた街路樹やで?通学路やないからな!!これ(親指) の家やで?

親指の表現もわからんと思う(^-^)

 


yasu「まだ歌詞の意味わからんかもしれんけど、 君がこれから辛い思いしたときにこのことかってわかってくれたら 良いと思います」


15.愛してない


yasu「小学生でロックコンサートってすごいなあ。 ありやすありやす。 俺なんて小学生の頃は近所のモールにおにゃんこクラブが来るって 騒いでたもんな」

昔のくずはモールかな笑 


yasu「 今回初めての47都道府県ツアーで三重に二年連続で来れて良かっ たです。 
このツアーは来年までかかるので次に来るのはまた先になりそうですけど、応援してくれたらと思います。 ここからラスト駆け抜けていきますが、行けるかい!!」


16.ピストル
17.SPELL MAGIC


今回はたまたま譲ってもらえてラッキーでした(^^)
関西にABC好きな友達がいなくて一人参加でした。
ABC一人で行ったの初めてかなぁ。


楽園もやったし満足でした!!
今回のツアーはセトリがめちゃくちゃなので、 行くのもそうだけど、他会場のセトリ見るのも毎回楽しみですね。


3rd Seasonはまだチケット手に入ってないけど、 なんとかしていきたいなぁ。
三重はGLAYライブでも見ているので2回目だったけど、 またこの辺りでライブ見に来たいなと思えるような土地でした。


チェリーチェリーもドラカニも20thがなくても全然盛り上がるやんか。 そういうお決まりがなくても楽しいところが良いなあと帰りのアー バンライナーで思いました。


13.10.04 setlist
1.greed greed greed
2.Murder License
3.cord name 【JUSTICE】
4.楽園
5.蝶
6.1954LOVE/HATE
7.優しい嘘
8.Maria
9.so…good night
10.少女の祈りⅢ
11.罪と罰
12.Black Cherry
13.シャングリラ
En.
14.Re:birth
15.愛してない
16.ピストル
17.SPELL MAGIC