気まま猫草

音楽が好きな社会人の備忘録

17.04.05 ASH DA HERO 2MAN SHOW SERIES 2017「CONNECT X」【ACT.3】ASH DA HERO×中島卓偉@下北沢GARDEN

ASH DA HERO主催2マンライブへ行ってきました。日記完成するのにめっちゃ時間かかった。


2MAN SHOW SERIES 2017 「CONNECT X」
いろんなアーティストと繋がり(CONNECT)、いろんな可能性(X)を生み出したいという想いが込められてる、らしい。2月から始まったこの企画。
【ACT.1】 BULL ZEICHEN88
【ACT.2】Baroque
で、追加で発表されてる【ACT.4】MICHAEL。


そして今回、

【ACT.3】ASH DA HERO×中島卓偉

ACT3とか言われるとFREEZEって言いたくなるよね。

ASHと卓偉ってASHを知ったときにいつか見たいなと思った2マンでした。こんな早く実現するとは。逆に今行かないともう見れないんじゃ…とか思ったら、ど平日、その上東京に行ってしまいました。

 

場所は下北沢GARDEN

f:id:snowmansan:20170406082142j:image

キャパは500~600人ぐらい入るらしい。下北行ったの初めてだった。本多劇場が見れた。

f:id:snowmansan:20170406082025j:image

 ららら下北以上、ららら原宿未満。

整理番号はA175ぐらいまであり、Bはよくわからず。何人ぐらいいたのかね。

地下におろされてそこから呼ばれていく感じ。

f:id:snowmansan:20170406082116j:imagef:id:snowmansan:20170406082123j:image

 

Rayflowerからこの前対バンしたからか花が来てたのだが

 f:id:snowmansan:20170406082243j:image

f:id:snowmansan:20170406082257j:image

どこから撮っても花に塗れてRayflowerが読めない。flower意識してんのかな、ただの盛りすぎかな。

 

ステージも高くそれなりに見やすそう。 

開演間際卓偉コール。相変わらず卓偉ファンはすごい。アウェーをホームに持ってくる。いつも卓偉が指導しているからか笑

 

19:00〜
SEにて入場。たぶんThe ClashのLondon Calling。バックの演奏に合わせてハーモニカ吹きながら入場する卓偉。いつも入場を考えててすごいと思うわ。

 

卓偉「中島卓偉ですオイェー!!!」
オレンジのスーツに黒シャツしか見えなかった。オレンジなのはジャケットだけかもしれん。


1.SPARKLE MAN
2.BEAT & LOOSE

ちょっとキーが低かった気がする。チューニングの関係で下げてたのかな。


3.我が子に捧げる PUNK SONG

卓偉「どんどん行くよ!!」
4.存在

 

卓偉がギター持ってた。ちゃんと見えなかったけどSGだったかな。股割りもよくするから見えなくなる。ステージから消える。

 

卓偉「初めまして、中島卓偉です!今日はこんな素敵な2マンライブにお呼び頂いて光栄です、ありがとうございます!
ASH君との対談もさせて頂きました。昨日バークスにあがってましたね。読んだ人ー?
ありがとうございます、ここに来て読まずに来た人はどういうつもりですか?冗談です!笑

 

初めて見る方でも楽しめるように頑張りますのでね!下北沢はイベントや前回のツアーとかでも使う場所です。今回は2マンですけど、前のライブよりさらに良いライブをしたい、さらに上を…と思ってます。ASH君のときもだけど、ここ下北沢を日本で1番熱くしようぜ!!曲知ってるかどうかではなくてロックンロールで身体揺らしてもらえればと思います!ロックンロールしていこうぜ!パワートゥザミュージック!!」

5.POWER TO THE MUSIC

曲終わりにお立ち台にあがってギターリフからDANCING STARDUST
6.DANCING STARDUST
“ジグザグ下北すり抜けて”って歌ってた。

 

ギターを置いて
卓偉「ステージの冷房切ってもらっていいですか。僕切るタイプなんですよ、乾燥しちゃうんでねー」

だからあんな汗。

 

卓偉「ASH君はね、ライブを去年、年末かな?見に行ったんですよ。渋谷WWWの上にあるとこ(WWW X)。元々去年の下北沢の中島卓偉のライブに見に来てくれて。まぁ、その前からCD頂いたりもしてたんですけど。少しは僕の音楽も聴いてくれてたみたいで。

 

で、以前ライブ来てもらったんで、伺ったんですよ。僕のポリシーとしてはライブには菓子折りを持って終演後ではなくて本番の20分前ぐらいに行くんですよ。最初に行って、“今日はお招き頂きありがとうございます”って話してアンコールまで見て帰るっていう。媒体向けのやつ(演者が喋るやつかな)も苦手なんでね。


で、同じようにASH君もそうしようとマネージャーさんのとこに行ったら、“あ、うちのASHは本番前に篭って精神統一みたいなことやってるんでね、終演後じゃないとダメなんですよ”って言われて。あ、ASH君意外とめんどくさい人なんだなーと思って。冗談です笑

 

俺もデビューして20代の頃は緊張しないと良いライブができないんじゃないかと思ってやってましたが、緊張って不安から来るみたいなんでね、テンションだけあげてライブをしてます。だから疲れなくなりました。

何が言いたいかというと…ASH君も本番前に疲れないようにしてもらえればなと思います!笑
18年目なんで今年で39歳ですね」

 

えー

 

卓偉「えーってそれ何のえー?あ、若く見える?でもね、見えないって言われてこの歳になると嬉しくないの。
普通若くいたいって思う人多いけど、俺はどんどん歳を取りたくて。どんどん歳をとりたい!でも周りの同い年よりは若く見られるね笑」

 

卓偉「初めて中島卓偉見る方も楽しんでもらえるように頑張ります、ロックンロールとかねパンクとかは全部リズムが似てるから、テンポが同じだからね、似た曲と思って身体揺らしていければ良いと思ってます!この後もパンキッシュな曲もファンキーな曲を交互にやっていくんで、特に意味もなく!ロックンロールしようぜ!」

 

7.トップランナー
8.TO THE MAX
卓偉「1.2.3.4の4.で飛ぼうか!」

 

卓偉「ここにいる人たちも、ASH君も自分の信じた道を行けるように、YES!MY!WAY!」
9.YES, MY WAY

この歌詞が好きだ。

“人生はつくづく「甘い」ものだと思う
それは何度でもやり直しがきくってことにある”

なかなか言えないよそれは。

 

卓偉「えー次の曲で最後になります。いやいやけっこうやったよ?俺の曲短いから笑
さっき3曲目にやった我が子に捧げるPUNKSONGですが、この前シングルを出しました。

何を言ってるかと言うと…宣伝です。c/w含めると4曲入りです。で、5~6月にSINGLES COLLECTIONと題してツアーをやります。たまたま18年目で18枚目のシングルとなったのでね。18年売れないのもしんどいですよ!

 

シングル縛りでライブやるのも面白いかなと思ってました。埋もれてるc/w曲もあるし、“これシングルだよ、シングルなんだよー”って驚かせたいなと思ってます。
だから曲順もめちゃくちゃです、今日よりもめちゃくちゃです笑
関東では横浜が初日で、埼玉、東京もあるので今日初めて見た方も、久しぶりに見たって方も来て欲しいなと思います。

 

ASH君のファンのみなさん、周りに年配の方がいれば僕のファンだと思います。それは一緒に歳をとったからです。
昔から支えてくれた大切なファンです。

長い間活動していくと、どんどん変わっていくし変わらないといけないと思ってます。俺も18年間どんどん変わり続けました。変わる度に“こんなの中島卓偉じゃねぇ”と言われたり悩んだりしました。出会ってからなかなか長く続かず離れていくファンの人もいて、、まあその人に戻ってきてほしい!とは思ってないですけど、なかなかファンとアーティストの関係性って難しいんですよね。そんな中でたくさんの引き出しを認めてくれたファンに長い間支えられてやってきました。もう一度言います、一緒に歳を取りました。
そんなファンを宝だと思ってます。

 

ASH君のファンのみなさん、彼もこれからどんどん変わっていくと思います。それは彼に才能があるからであり、その変わっていく器があるからです。そんな中で、一度ファンになったのなら彼が死ぬまで、やり遂げるまで応援してあげてください。たくさんの引き出しを活かせる人だと思います。今の時代でロックンロールできる人っていなくて特に日本ではいません。そんな中で自分で曲書いて歌える人はとても貴重で宝だと思ってます。
最後にこの曲で終わります、中島卓偉でした。ありがとうございます。全ての孤独に捧げます、ひとりになることが怖かった!」


10.ひとりになることが怖かった

最後のアカペラ部分力強くて今まで聴いた“ひとりに〜”よりも打たれるものがあった。それはMCの想いがこもってたからかな。(〜19:58)

 

舞台転換。

ASH DA HEROの準備。

 

20:20会場暗転。SEが流れバックバンド入場後、ASH入場。髪結んでた。

1.HERO IS BACK2
2.結局なんにもやれてない
3.Spawn
ASH「ASH DA HEROです!ASHと呼んでください!ありがとう!
今日は何曜日ですか?キットカット?誰かキットカットって言った?笑
水曜日です!ど平日にロックンロールしに集まってくれてありがとうございます!!
メンバー紹介します」

 

とサポートメンバーの紹介。

 

ASH「CONNECT X、ACT3今日は中島卓偉さんです!
アーティストさんと共鳴できて新しいものを生み出せればと思ってますが、今日はソロアーティストとして、中島卓偉さんとASH DA HEROのガチンコ勝負という形でね、闘っていきたいと思います!


17年、18年ですか、活動されていてなかなか手強いと思いますけど、敵わないとは思っていません!憧れのままで終わらず、憧れを超えていきたいと思ってます!

 

卓偉さんがね、ASHのこと喋ってくれてたんですが…卓偉さんはほんとに尊敬するアーティストの1人で子供の頃から聴いてました。
えーっとまずライブ前精神統一…してますね。めんどくさい人ですかね?まずバックバンドのメンバーどうですか?」

 

レフティ「え?何が?」

 

ASH「わかりました、目でわかりました!
確かに本番10分前にはトイレに篭ってますね!」

 

レフティ「どっか篭ってるね!」

 

ASH「良いんだよ良いんだよ、もうフィーチャリングは良いんだよ!笑

今日もトイレに篭って何をするわけでもなく、便器の丸いところ、ダイヤ?ハート?ホームベースみたいなところをじっと見つめて、
“大丈夫、絶対できる、お前ならやれる”って言ってました。こんな話するつもりなかったのになぁ笑」

なんか卓偉の曲の歌詞で言ってた気がしたなぁ。どんなことがあってもみたいなこと言ってた。

 

卓偉「もう少し喋って良いですか?お知らせがあります!メモの準備は良いですか!
ASH DA HEROメジャー2枚目のアルバムが5月24日に出ます!通算は4枚目ですね!タイトルはA。ASHのAね!
全15曲入りで、メロディアスな楽曲が多くなってます。ぜひチェックしてくださいというつもりはさらさらありません。絶対に聴いてください!

そして、発売記念ライブが7月28日に渋谷O-EASTであります。ASHが次のステップに登っていくために必要なライブで、キャパもあがってるのでぜひ来てくれたらと思います。そして今日初めてASHを見てくれた人、名前だけでも覚えて帰ってくれたらと思います。

 

 

 

 

 


というつもりもさらさらありません!
がっつりファンになって帰ってください!

まだまだロックンロールできますか下北沢!ロックンロールしようぜ!The next song is called…Rolling Stone」

4.Rolling Stone
5..Layla

 

ASH「ニューアルバムから新曲やります!頭振ってけよ!!!」
6.BRAND NEW WORLD

ASH「知ってる人は一緒に歌ってください、知らない人は中指立ててくそっくらえだと叫ぼうぜ」


7.反抗声明

いつも通り旗振ってた。


8.WAKE UP ROCK AND ROLL BAND

 

ASH「ありがとうございます!
卓偉さんと対談させて頂きました。読んでくれた人いますか?12回ぐらい読んでくださいね。そして、ちゃんと“いいね”じゃなくて“リツイート”してくださいね!笑


卓偉さんとは音楽性は違うロックンロールをしてると思うけど、魂の色は似ているのかもしれないですねという話もさせて頂きました」

 

この辺りかな、マイク音が出なくなって。マイク交換。そこからマイクに話しかける。


ASH「マイクチェック1.2.1.2。Hi.What's your name?My name is Bob.」
これは文面にすると伝わらないけど外人特有の喋り方でマイクにずっと話しかけてた。面白かった。

 

そこからラップ?即興のフリースタイルみたいな感じで喋り始め。

ASH「予定調和なんてない、全て思いつき、下北沢が熱いからマイクがへたってしまった!いけるかいぇー!中島卓偉が1000万人に1人のエンターテイナー(UP TO DATEの歌詞)ならASHは1000万人に1人のスーパーヒーローだ!」
みたいなことを言ってCall&ResponceからWA!!へ。
9.WA!!


マイクスタンドが出てきて壊れたマイクがついてて
ASH「下北沢が元気だからマイクが帰ってきたぜー!おかえり!!」

って言ってたけど、スタンドがASHの身長より高くて。

 

ASH「ちょっと高い…少し背の高い〜マイクスタンド…」とaikoのカブトムシの替え歌。で、バックバンドも合わしてきて

ASH「この先何も考えてないからもう、やめよう!」
と曲中止。

ASH「カブトムシの時期にはまだ早いし、そもそもノコギリ(クワガタ)派だし!」

 

そんなの知らねぇぇwww

 

ASH「卓偉さんが最後の曲の前にASHのファンに向けて、ファンになったなら最後まで応援してあげてくださいと言って下さったので、お返しと言ったらおこがましいですが、少し話させてください。

 

卓偉さんのファンのみなさん、これからも応援してあげて卓偉さんの追い風になってあげてください。ファンの方が1番の力になるので!これからも支えてあげてください!
そして、今、ASHを支えてくれてるBaby達。
デビュー2年目でまだ若手で、これから何があるかわからないしどうなるかもわからないけど、信じろ!!」

 

ASH「今日のライブでASHは卓偉さんのファンの人にファンになって帰ってもらおうと思ってます。そして、卓偉さんもASHのファンをファンにして帰ってもらおうと思ってやってたと思います。元々小さな輪がどんどん外に広がって行き大きな輪になっていくのを嬉しく思います。これだけロックンロールの好きな人たちがいてくれたらもっと日本の音楽は素晴らしくなると思います。ロックンロールを好きなみなさんのおかげで僕たちは飯を食えています、ありがとうございます!!」

10.Everything
11.Never ending dream

 

ASH「Oh,babyのところがたくさん出てくるので練習しましょう!タオル掲げてね!ASHのも卓偉さんのもいろんなタオルあるね!」
12.HELLO NO FUTURE

B'zみたいな曲で聴いててスカッとする。

曲中、ASH「盛り上がってくれたらこの後の卓偉さんとのアンコールセッションもすごくいいテンションで臨めます!!」

 

ASHがすごく楽しそうだった。満足気な表情で終了(〜21:35)

 

En.(21:37~21:52 )
バックバンド→ASHの順に入場。
ASH上裸。

ASH「ありがとうございます!終電とか大丈夫?泊まりで来てる?楽しんでますか?

 

今日はCONNECT X中島卓偉さんです。これまでのCONNECT X全部参加してくれてる人ー?その人たちはこの後何やるかわかるかもしれませんが、セッションをします!では呼びたいと思います、中島卓偉さん!」

 

卓偉呼び込み。
2人とも腕まで刺青あるけど、2人ともだからこれが普通ですよみたいな空間だった。

ASH「今日はありがとうございます!上裸ですみません!」

 

卓偉「いえいえ、良い筋肉してんじゃんか!」
って叩いてた。

 

ASH「ありがとうございます!今からセッションできればと思ってるんですが、、」

 

卓偉「ありがとうございます覚えてもらって。バックバンドの方もわざわざ練習してもらってすみません!!」

 

すみませんて笑

卓偉「でもね~この曲選んでくれたのは意外でした!」

 

ASH「ほんとですか?この曲はですね、ASH DA HEROのヒロイズムが全部詰まってる気がして、全てを表現してくれてる気がするんですよ!」

 

卓偉「ありがとうございます!!」

 

ASH「ではいきましょうか!本編でやってない曲だ!!歌える人は一緒に歌おうぜ!RE-SET!!」

1.RE-SET(TAKUI

ハモってた。卓偉が下ハモリだったかな。この曲をやってくれたことが個人的にも嬉しかった。僕もRE-SETでTAKUIを知って好きになったので。

 

卓偉「この曲選んでくれて光栄です!!
この曲出したの2003年なんですけど、出したときほんと不評でね。そんな中選んでくれたんでほんとに嬉しいです!」

そうなんや、こんなわかりやすい曲ないのに(・ω・)

 

ASH「誰ですかそんな評価したの!全員ここに連れてきてください!やっつけますから、ヒーローなんで!」

とシュッシュッとシャドーボクシング

 

ASH「ほんとに昔から、○○生のときから好きで、あ、ヤバい歳がバレるwww」

とのことだったので一応伏せときます笑

 

卓偉「でもね、この曲キー高いのよ。PVでも本当に歌ってて、高いなあって思ってたのよ。でも(ASHに対して)ちゃんとBのとこ出てたよ」

 

ASH「ありがとうございます、良かったです!“こぉーの愛にー”のとこですね!」

 

卓偉「そうそう、高いし、か行って高音出しにくいしね」

 

ASH「そうですね、あーとかはいけるけど…ごめんね、ボーカリストあるあるみたいになって笑」

 

卓偉「そうそう、いぇーとかおーとかいけるけど…」

 

 

 

 

 

 

 

 

卓偉&ASH「きーーー!!!!とか

なぜか合わせたように同時wここ1番爆笑ポイントだったw

 

ASH「次はASHの曲を一緒に歌いたいと思います!」

 

2.からっぽの街(ASH DA HERO)
この曲もハモって歌ったり。
卓偉が歌うと卓偉の曲だったかのようになってた。

 

ASH「ありがとうございました!!中島卓偉さんでした!!」
と先に卓偉が捌ける。バックバンドも捌ける。

 

ASH「今度卓偉さんといつやれるかはわからないんですが、今日しかない…今日しかできない素敵な夜にできたんじゃないかなと思います!ありがとうございました!!」
----------------------

いつも通りMCはニュアンスでした。


中島卓偉とASH DA HERO。
ロックンロールの形容が似合うアーティスト同士。
以前から似ている似ているとなんとなく言ってましたが、言葉足らずだったかもしれないなぁ。

 

音楽性は違う、格好も違う(刺青は同じ)、歌声も違う。attitudeや信念を持った活動をしてるところが似ているんだ。
音楽を聴きに来ているのに、精神の部分を見ている。そうか、だからロックンロールの形容が似合うのか、と納得した。

 

ロックは音楽ジャンルでなく、本来は精神であり、スタイルであり、信念を表現するもの。彼らは音楽ジャンルとしてのロックというより、表現したいこと、伝えたいことがたくさんあって、その手段としてロックを使ってるから似ているし、惹かれてしまうんだろうな。ASHの言う魂の色が似てるというのはこの部分だと思う。

 

RE-SETという個人的に卓偉のきっかけとなった曲を2人で楽しそうに歌ってたのを見れたことがほんとに良かった!
ど平日に東京行った甲斐がありました!
次はいつ開催されるのかわからんのだけど、彼らがぶつかる姿をまた見たいなと思って寝ることにします。
ごちそうさまでした。

 

【セトリさん】

中島卓偉

1.SPARKLE MAN
2.BEAT & LOOSE
3.我が子に捧げる PUNK SONG
4.存在
5.POWER TO THE MUSIC
6.DANCING STARDUST
7.トップランナー
8.TO THE MAX
9.YES, MY WAY
10.ひとりになることが怖かった

 

☆ASH DA HERO

1.HERO IS BACK2
2.結局なんにもやれてない
3.Spawn
4.Rolling Stone
5..Layla
6.BRAND NEW WORLD
7.反抗声明
8.WAKE UP ROCK AND ROLL BAND
9.WA!!
10.Everything
11.Never ending dream
12.HELLO NO FUTURE

 En.

1.RE-SET(TAKUI

2.からっぽの街(ASH DA HERO)