気まま猫草

音楽が好きな社会人の備忘録

17.09.30 GLAY ARENA TOUR 2017“SUMMERDELICS”@大阪城ホール

GLAYのライブへ行ってきました。
5ヶ月ぶりくらい。BREAKERZの対バン以来です。

 

行くと安心する実家バンドのライブです。

GLAYは実家。

場所は大阪城ホール。11000人キャパぐらいのまあまあよく来る会場。
前回も人事異動発表後のライブは大阪城ホールだったな。あのときはLUNASEA。

 

f:id:snowmansan:20171001071909j:imagef:id:snowmansan:20171001071941j:imagef:id:snowmansan:20171001071957j:imagef:id:snowmansan:20171001072034j:image

 

album SUMMERDELICSのツアー。
MUSIC LIFEを作った時に、リリースが秋で“まなーつの!”と歌詞が入っていたり、夏感があったので、今回は
どうしても夏にリリースしたいと言っていたSUMMERDELICS。ツアーは秋になりました。

仕事が終わって来れてよかった。

パネルが外に置いてあった。

f:id:snowmansan:20171001072520j:image

よくあるインスタ企画。

 会場内にお花がありました。

f:id:snowmansan:20171001072113j:imagef:id:snowmansan:20171001072118j:image

 

 今日はアリーナ席。

スクリーンは小さめなものが2つ。花道合わせて横に長いステージ。そして、前にもせり出しというか花道がある。
入場すると今回のロゴ?の目のマークが転がったり映像が流れている。名前あるの?この目の人。

 

17時頃間も無く開演アナウンスが流れ手拍子。
17:05暗転。
OP映像は映画のワンシーンのような感じで、外人女性が出てきて、手から追われるような感じ。これは一曲目シン・ゾンビかなと思った。

既にTOSHIはセット。


ポップアップで上手にHISASHI登場。
スクリーンに

guitar HISASHI
なにこれ!!この登場めっさかっこええ!!!!

TOSHIのドラムでギターを弾きだす。

 

そしてTOSHIの後ろ辺りでステージ高いところにポップアップでJIRO登場。
bass JIRO!
かっこいい!!

 

ポップアップでTAKURO
guitar TAKURO
かっこいい!!

この時点でだいぶ心を掻っ攫われて来て良かったなって感じでした。曲始まってないけどw

 

vocal TERU!
で、どこに登場かと思ったら、花道から続いたセンターステージにポップアップで登場。
かっこいい!!かっこいいしか言うてない。

!!!!ギター持ってる!!!
ゾンビじゃない!!!

 

1.the other end of the globe
スクリーンが大草原で、草原で演奏するGLAYな感じ。FFの世界のようでした。

リリースして時間も経ってるから冒頭から合唱。この曲はポップアップの位置で全員演奏。

曲終わり、ステージへ戻る。

アコギからエレキに持ち替えるTERU。不穏なSEからTERUのギターストローク

2.デストピア
この曲折りたたみだと思うんですよ。
みんなで折りたたみたい。


今回中央スクリーンは大草原が広がったり、この曲ではモノクロの映像だったり、メンバーを中央スクリーンに写すことはなく、映像を歌で表現している、または、GLAYが映像の中で歌ってるように空間を創り出していることが多かった。


3.JUSTICE[from]GUILTY
この曲折りたたみたい(2回目)
デストピアからジャスギルへの流れが自然だった。

 

4.超音速デスティニー
この曲で折りたたみたい(3回目)
ここまで連続でHISASHI祭り。

 

曲終わりで、黒装束だったかな、黒髪女性がぐるぐる回って出てきて、花道をおどろおどろしく舞い、センターステージから消えていった。
曲が終わってざわざわしていた。

 

TERU「大阪ー!!今日は最高のパーティにしようぜー!!!next song…ロングラン!」
5.ロングラン
TAKUROが言っていた“五感を刺激する”が“股間を刺激する”に聞こえる曲。
ちょくちょくミスチルっぽい。
走ってるような映像。

JIROと一瞬ワンマイクで歌ったのはこの曲だったかな。


TERU「大阪ー!楽しんでますか!SUMMERDELICSの曲になると…笑 自主性でいこうぜ!大阪なんだから遠慮せず!SUMMERDELICS聴いてきた?じゃあ一緒に歌おうぜ!」
6.空が青空であるために

 

映像が流れる。
The World of GLAY since 1994と
The World of GOLDEN EGGS since 2004のロゴがぐるぐる回って下記曲へ。

今回コラボしてるもんね。


7.SUMMERDELICS
服が変わっている。


映像はGOLDEN EGGSの世界にGLAYがいる。
NEVER MIND/NIRVANAのジャケットのような海の中に飛び込んだ4人の様子もあった。

SUMMERDELICSもGLAYっぽくない曲やね。けっこう好きな曲。

曲途中止まり、JIROのGOLDEN EGGS がスクリーンに映る。
JIRO「今回のツアー水を飲むところがないんだ!」とごくり。

 

JIRO「今日は新潟より緊張している!!!なぜか緊張している。それはここが大阪だからだ!!!
みんな、あんまプレッシャーを与えないでくれ!!!

 

 

JIRO「大阪、まだまだ盛り上がっていけますか!!」
と再開。

8.微熱Ⓐgirlサマー
映像がまずは♂♀のマークが溢れて、ちょくちょく虫の交尾やカマキリの映像などが流れる。カマキリはメスがオス喰ってた?
カタツムリだかナメクジだかの映像も出ていた。
なんかDIR EN GREYっぽい映像だ!グレイ繋がり。


曲が終わり、
センターステージの方に歩いてきて、
TERU「近いでしょ?ねぇ?ZEPPとかよりも近いんじゃない?(センターステージから1番近い人との距離が)
1番上までよく見えるもんね」

 

JIRO「近いよ、よく見えるってもんじゃないよ!ZEPPとかだと定位置TERUより後ろじゃん?恥ずかしいからみんなこっちあんま見ないで!笑 あの日本ステージの方見てて(看板のこと)」

www

 

TERU「みんなの声もよく聞こえる。大阪はやっぱりパワーあるね。
ツアー始まってこれから3カ月あるからね、最後まで廻れるように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もっとパワーを頂戴!!

なんか面白かった笑

 

TERU「準備あるから喋ってて…

TAKUROに振る。

 

TAKURO「大阪のみなさん、お元気ですか!久しぶりですが、お互い元気な顔で!
達者でしたか!そうですか!まだまだ盛り上がっていけますか!」

…と帰ってくるTERU。

 

TERU「今回のツアーは楽器隊も水飲むところがないけど、俺もないっていうね。6曲ぐらい連続でやったのかな。ここでは、のんびりしたいと思います。
季節は…夏から秋になったというのに、今日暑いね!!」

 

TAKURO「それは…

たくさん動いたからじゃないかな!大声で歌ったからじゃないかな!

 

 

TAKURO「今回のツアーTERUさん着替えがたくさんあります。
初日新潟、TERUさん着替えた回数5回。

2日目、2回!まだ2日目だよ!!!」

 

wwww

 

TERU「めんどくさくなっちゃって笑
ここ(センターステージ)来るのもほんとはジャケット着てこようと思ったのに笑」

 

TAKURO「俺に(イヤモニ通して)TERUの声聞こえるんだけど、ジャケットめんどくさいって聞こえたからね。マイクを通すな!!笑
聞こえた人には聞こえたんじゃないでしょうか」

 

TERU「でも良いんですここは薄手で。次の曲が愛情が濃い曲なんで!」

 

JIROの両手あげて外人みたいにWhat?って顔が忘れられんよww

 

TERU「今日は今2着目なんでね」

 

TAKURO「何着になるかはみなさんの盛り上がり次第じゃないでしょうか。。このままなら二2着で、盛り上がったら10着になるかもしれないし!」

またTERUがごそごそやってて


TERU「付け替えて良いかな?(イヤモニのこと?)音が漏れちゃうんだよね」
汗でテープ変えないとみたいな感じだった。


TERU「喋っといて」

雑wwww

 

JIRO「こんなライブ中のんびりしてるけど…楽しんでるの俺たちだけじゃない!?楽しんでる!?笑

ここはHISASHIに喋ってもらわないと!!!」

 

HISASHI「ただいまご紹介に預かりましたアメ村生まれアメ村育ち、見た目はコンパクトですが、志はあべのハルカスより高い。最近リーダーからはチャーハンと呼ばれます。ドラゴンボールかな?HISASHIです!」

 

TERU「はい、ありがとうございました

 

HISASHI「え、これでいいの?」

 

TERU「曲いきましょうか」
自分の準備が終わったからって自由すぎるwww

 

TERU「デビューして23年ですが、次の曲でなかなかギターを持って歌うことはないですね。今日はこういう編成で披露したいと思います」

9.HOWEVER
センターステージで5人で演奏。ものすごくこじんまり。


TERUのカノンコードストローク
“今2人ゆっくりと~”の前のストロークでは、TAKUROがピアノのところをギターでチョーキングで弾いていた。

 

ギターを置くTERU。
TERU「次はみんなへの感謝の気持ちを歌った曲です」

 

JIRO「これは…みんな聴きたがってる曲じゃないかなぁ」

 

TERU「みんなに感謝の気持ち歌ってる割には…暗くない?」

サビのコードがマイナーだからね!

 

JIRO「そう!?そんなことないでしょ!」

 

TERU「そんなことないか!グッとくる曲です!…自分で言ってるけど笑」

 

TERU「今まで支えてくれてありがとうございます…いや、これからもだと思うけど…

え、なんか変なこと言った?変なこと言った…?笑

…いきます!!!いきます!!!って変だなwww

 

wwww

 

TERU「みんなへの感謝を込めた曲です、SPECIAL THANKS」

10.SPECIAL THANKS
TERUの声が伸びてた。今日だいぶ調子良かった。

 

TERU「今日は最高の演奏、最高の歌、最高の想い、そして最高の愛情を届けようと演奏しているので、それを受け取って帰ってほしいと思います。いつまでもこんな愛情に溢れた空間を作れるように、魔法のような夢を見せられるようにこの曲を贈ります、都忘れ」
11.都忘れ

 

ピアノのところをギターでアレンジしてるから、少し尖った都忘れ。そして、テンポが少し早かった気がする。
イントロから入るところでTERUがノンマイクで叫んでいた。


メインステージに戻る。chronosが流れていた。
TERU「23年やっているとGLAYにはたくさんバラードができて。ずっと2人でから20年…あの物語の2人がどのような人生を歩んだのかを歌にしました。11月22日にみんなの元へ旅立ちます。ここで聴いてほしいと思います、あなたといきてゆく」
12.あなたといきてゆく
歌詞が表示。ホールツアーで聴いてだいぶ覚えたから聴きなれた曲。

 

13.Satellite of love
ピアノがないから冒頭はギターでTERUが歌う。ギターアレンジで再録ということなのかな、今度発売のCDは。

サテライトが終わり、SEと映像。
お着替えタイム。

 

14.Scoop
JIROは真っ赤なシャツを着ていて、TERUはフード被って出てきた。

 

その後、ヒカキンっぽい映像が流れる。
HISASHINって書いてた。
HISASHI「アリーナツアーリハーサルの初日です。このカメラで追っていきたいと思います」
と映像がスタート。
と合わせて曲もスタート

15.シン・ゾンビ
2番が終わった辺りで曲ストップ。
ホールツアーでやってた検証コーナーみたいな感じ。なんとかSERIESって書いてた気がする。

 

Zombie

ってスクリーンに表示されて、ロゴがえらいXと似ているな…というか同じだなと思ったらZがXに変わり

JAPAN

 

World Anthemが流れる…!!!まさか!!!!

 

TERU「ウィーアーエーックス!!!

Xの16分カッティングギターリフが始まる。やったー!!!
ヘドバン祭りだドン\(^^)/

とXジャンプ。

 

1番だけやって、シン・ゾンビへ戻る。

 

ラストは下手にアーケードの太鼓の達人が出てきてHISASHIが叩く。叩けてないけどコンボになっている。

曲終わりに太鼓の達人のあの太鼓の声の人が、
「失敗だドン」

 

HISASHI「よく見てよ、フルコンボだよ!」

 

「失敗だドン」

 

HISASHI「…バンダイナムコさん、ありがとうございましたー!!!」

シン・ゾンビにネタ詰め込みすぎ!!!www

 

その後、スクリーンに
“ては しく ために”

が出て

 

?????となってると

 

文字埋めで
~すべては美しくあるために~
が表示。
ビュードリだ。


TERU「夢見ていこうぜー!」
16.BEAUTIFUL DREAMER
イントロや途中の間奏で、これまでのGLAYの歌詞に“夢”が入ったフレーズが表示されていた。

歌詞がスクリーンに表示。


スクリーンに新幹線のような絵が描かれる。
17.Supernova Express 2017

TERU「今日で年内のライブが最後という方もいると思います。会えない中でもまたライブに来てもらえたらなという想いを込めて演奏します。もうそろそろ残りも少なくなってますが聴いてください、lifetime」
18.lifetime
6/8拍子?心地いい曲。イントロ手拍子。

 

19.聖者のいない町
いつの間にか服が変わっていた。
サビでは火柱が上がる。


この曲かっこいいなぁ。ギターがGLAYらしさとイエモンっぽさが混ざって、曲自体もGLAYのポップさとGLAYらしいヘヴィな部分も織り込んでいるなら一曲に詰め込み。
TERUのシャウトがすごい、聴いてて心地いいです。

曲が終わり捌けていくメンバー。最後にJIROが残る。


JIRO「今日は10時から打ち上げです!場所はFM802!BUGGY CRUSH NIGHT!たくさんメッセージ送ってください!
今回ベストな内容にするって俺言ったよね…?アルバムの曲、マニアックな曲、みんな知ってる曲…知ってる曲がちょっと少なくなっちゃった笑


23年やってると“これ聴きたいです…!”って曲とかいっぱい出てくんのよ。聴いてほしい曲もいっぱいあって。
今回はこんな内容になって、俺たち映像の準備やいろいろ準備したので、思い出の1つになっていたら嬉しいです。空回りしてたこともあったかもしれないけど大丈夫でしたか?楽しかったの俺たちだけじゃないですか!?笑

アンコールもね、あ…アンコールはあるかわかんないね。みんな次第だけど、懐かしいナンバー用意してるんでね!

みんなの楽しかった表情を俺のフォトグラフにおさめたいと思います。今日は4分割でおさめたいと思います」

と下手から撮影。


JIROのハイチーズの言い方が早いw

 

センター辺りになったとき、
JIRO「センターはTERUの曲順とか貼ってあるから取りにくいんだよね!」
と言いながら全て撮影終了。(~19:12)

 

En.(19:14~19:48)
アンコール出てきてセンターステージの方へ向かう。TAKUROのバズーカをぶっ放し。中身はTシャツなのかな、

TERU「あの辺が寂しがってるよ~」
とか言いながらTAKUROがぶっ放す。ぶっ放し方が腕のリーチが長いから笑ける程さまになる。ジョジョ立ちしてほしい。


TERU「23年ですよ、これだけ時間が経って満員の大阪城ホールを見られるとは思いませんでした、ありがとう。これからも25年、30年と向かっていきたいと思ってます。


GLAYデビューしたときに生まれてなかった人いる?うわ!そんないんのか!!GLAYデビューしたときに成人してましたよーって人?ありがとうございます!笑


これだけ何百本とライブをやっていると、リハーサルでやるのに、リハーサルの最後の方で“やっぱこの曲やめようかな”って外される曲があって笑
REVIEWにも入ってるんだよ!?あの400万枚売れたREVIEWにも入ってるんだよ!?

www


この時点でKISSIN' NOISEかと思った。

TERU「知ってる人多いでしょ?サビの頭では毎回マイクをみんなに向けたいと思います。10数年やってないからサビでどんなフリか覚えてません」

 

 

…これはKISSIN' NOISEじゃないな。
絶対聴いたことない曲だ…あの曲しかない!

 

 

 

TERU「みんなで歌ってください!RHAPSODY!」
20.RHAPSODY
やたーーー!!!!初めて聴けた!!

聴きたかったけどだいぶ前に聴けることを諦めた曲w

 

ギターリフレインのとこでジャンプするTERU。そこから一瞬ランニングマンやったのはこの曲だったと思う。

 

2番で歌詞間違いと忘れ


刺激の海に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

刺激の海に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

刺激の海にラープソディ!
と歌詞忘れwwどれだけ刺激的な海なんだww

 

その後のアレンジが少し違った。
ドラムが静かになってた、ギターも静かになってた。

Woo…裸になれば同じだろう”のところが氷室っぽいと思ってたんだけど、実際聴いても氷室節だった。

 

最後も“知ったふりでも知ったふりでも懲りない男女ラープソディー

だったかな、歌詞2回繰り返してたw
TAKURO大爆笑ww

 

JIRO「まだ暴れられますか!みんなが暴れないと俺たち帰れないんだよ!!!!」
21.SHUTTER SPEEDSのテーマ
ベースソロが終わり、上手で絡むTERUJIRO。
ラスサビでJIRO確変。


WHO GETのところからWHO GETも言わずに叫び出し、TERUのマイクを奪いベースも弾かないww

JIRO「うぉー!!!!!!!いぇー!!!!!」と叫んでテンションあがって滑って転倒www面白すぎるwww

 

22.HEROES
\カラーテープパーン/
取れなかった…

TERU「ラストー!X Y Z!」
23.XYZ

 

TERU「ありがとう!大阪めっちゃすっきゃねん!!!!」
なんか関西弁で話してたけど、何か違って

 

TERU「なんか違うでしょ?笑 せやな、せやな」
言いたいだけww

 

TERU「明日も来てくれる人ー?おぉ!二日間もありがとうございます!!明日はまたガラッと変わったセットリストなんでね!!」
と、JUSTICE&GUILTYツアーみたいな感じかな。

TERU「いってきまーーーーーーす!!!
今日はTAKUROのyes!無し。
モバミーでお約束はもう良いんじゃないかって話してたからかな。

 

エンディングはリハの映像や新潟の映像がSUMMERDELICSのオーケストラver.かな、流れていた。
最後にクレジットも流れていく。ここではあなたといきてゆくが流れる。

冒頭が映画のワンシーンのようだったからエンディングもってところかな。

 

で、最後の方にでっかく

 

 

 

 

 

 

 

 


guitar
HISASHI

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って出て。
1人だけ!!他のメンバーは名前すらなしwww

エンディングで笑ったの初めてw

 ---------------------------------

やっぱりGLAYは良いですね。

見ていて落ち着く。

9月最終日にGLAYが見られて、10月初日にGLAYが見られるとはなんて幸せ。

 

アルバムツアーだけど、セトリはほどよくマニアックで楽しかった。SUMMERDELICSは今までのGLAYと少し違って好きです。

2日目も楽しんできます。

ごちそうさまでした。

 

【セットリスト】
1.the other end of the globe
2.デストピア
3.JUSTICE[from]GUILTY
4.超音速デスティニー
5.ロングラン
6.空が青空であるために
7.SUMMERDELICS
8.微熱Ⓐgirlサマー
9.HOWEVER
10.SPECIAL THANKS
11.都忘れ
12.あなたといきてゆく
13.Satellite of love
14.Scoop
15.シン・ゾンビ〜X/X〜シン・ゾンビ
16.BEAUTIFUL DREAMER
17.Supernova Express 2017
18.lifetime
19.聖者のいない町
En.
20.RHAPSODY
21.SHUTTER SPEEDSのテーマ
22.HEROES
23.XYZ