読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まま猫草

音楽が好きな社会人の備忘録

16.04.24 氷室京介 LAST GIGS@京セラドーム大阪

LASTGIGS2日目(言い方変)

昨日のライブが終わった後、もう一度見たいなと思い、チケット譲ってもらった!
席が思ったよりよくてスタンドの最前、ステージ近く。こんなとこで見て良いんかというところ。

サポメンこちら

CHARLIE PAXSON (Drums) 
SHUNICHI OSHIMA (Keyboards) 
FUMIAKI NISHIYAMA (Bass)  
 DAITA (Guitar) 
YUKIHIDE TAKIYAMA (Guitar) 
TESSEY (Manipulator)

17:10〜19:15ぐらい
昨日と同じで、これまでのツアータイトルとそのときの映像が順番に流れているうちにメンバーが登場してスタート。

氷室「いくぜ大阪!」
01. DREAMIN' 
02. RUNAWAY TRAIN 
03. BLUE VACATION 
04. ハイウェイに乗る前に 
05. BABY ACTION 
06. ミス・ミステリー・レディ 
07. "16" 
08. WELCOME TO THE TWILIGHT 
09. LOVE & GAME 
やっぱりアレンジカッコ良かった!
このver.CDであるのかな?
10. IF YOU WANT 
11. LOVER'S DAY 
12. ダイヤモンド・ダスト 
13. CLOUDY HEART 
14. PARACHUTE 
15. WARRIORS 
16. NATIVE STRANGER 
17. SUMMER GAME 
18. RENDEZ-VOUS 
19. BEAT SWEET 
20. B・BLUE 
21. MARIONETTE 
22. ONLY YOU 
23. PLASTIC BOMB 
24. WILD AT NIGHT 
25. WILD ROMANCE 

氷室「OK大阪!最後にこの25年の歴史を始めた1番大事にしている曲があるので聴いてください!ANGEL!」
26. ANGEL

〜Encore〜 (19:18〜19:39ぐらい)
氷室「ありがとう大阪!

昨日もここで喋ったんだけど、52本のツアーのファイナルで…ファイナルの前か、山口の周南というところで引退の発表をしたんだけど、これは15年ぐらい前からも考えてたことで。体力やいろいろ含めて限界かなと。周りには今でも頑張ってる先輩もいて本当に申し訳ないんだけど…坂本さんもガンから復帰してディカプリオのサントラとかも作っているし。何より待たせているみんなに申し訳ないと思ってます。
俺自体がコンディションの良い時と悪い時に差があって、みんなに申し訳なく思います。今回の引退は(良いコンディションのライブを見せられないことがある)俺のプライドが関わるところだけど、自尊心ではなくて(アーティストとしての)矜持なのでわかってもらえたらなと思います。

そんな俺を支えてくれてるサポートメンバーを紹介します。


彼はアメリカに住んでるけど毎回ツアーに参加してくれて後ろでいつも支えてくれています。
ドラムス CHARLIE PAXSON

彼は女房役で笑 似たようなところや…見た目とかじゃなくてね。渋いところとか考え方とか憧れてるところもあるベーシストです。西山史晃


彼は髪緑にして若作りしてます!笑 (他にも言ってたのに忘れた…)キーボード大島俊一


彼はみんなも知ってると思いますが頼りになるギタリストです。いつも日本のことを教えてくれたり、飲んでる時にしょうもない話を聞いてくれます。LAにもよく遊びに来てくれますDAITA!言い忘れた、最高のギタリストです!笑

彼はこの中では新参者で、BORDERLESSというアルバムから参加してくれてます。GOSPELS OF JUDASというユニットも一緒にやったり曲も作って素晴らしいギタリストです、滝山幸英。

もう1人隠れて見えないけどいつも支えてくれてます、マニピュレーターTESSEY」

27. The Sun Also Rises 

氷室「最後にポップなやついくぜ!」
28. NO, NEW YORK 

氷室が去った後、endrollにREVOLVERに合わせてファンのコメント(募集してたんかな)が流れて終了。
------------
MCだいたいこんな感じかな、はっきり覚えてないけど。セトリは2ちゃんから。曲は相変わらず覚えられん。
ライブの経緯は初日に書いたので、個人的なことを書いてみます。
氷室京介との出会いははっきりとはよくわからん。親の影響でGLAYは好きだったのだが、氷室京介の曲を親が聴いてたことはない。ただ、KISS MEやらダイヤモンドダストやらテレビで流れてるの聴いててなんとなく知ってたところかなぁ。
ちゃんとCD聴いたのはMemories of blueが最初だと思う、ブックオフで買ったやつ。

BOØWYに関してももちろん解散後で、マリオネットだけは知ってた。ちゃんと聴いたのは中3ぐらいかな、たぶんDiskunionでBEAT EMOTIONを買ったのが最初。

BBLUE聴いたとき、全部持ってかれた感があった。

Memories of blueとかBBLUEとか氷室の印象はなんとなく青い印象がある。青い照明よく見るのもあるかもしれんけど。

長いキャリアのあるアーティストだから、昔から見てる人からすると今回の引退はちょっと寂しいかもしれないなあ。
自分としては知ってる曲を特に滅多に聴けないBOØWY曲を聴けたことが本当に嬉しかった。
まあSUPER-CALIFRAGILISTIC-EXPIARI-DOCIOUSとかINSTANT LOVEは聴けなかったけど!笑

昨日とセトリちょっと違ったなぁ、ありがたい。氷室曲でいうとDear Algernon聴きたかった!LASTGIGSツアーは始まったばかりだけど、僕の参加ライブは今日でおしまい。

まだまだ聴きたい曲はあるけどおしまい。たぶんこれはずっと通ってる人でも同じで何度見ても聴きたい曲はあるはず。それでもおしまい。

GLAYのHISASHIが“BOØWY解散の時を思い出そう。ヒムロックは解散から3ヶ月で僕らに”ANGEL”を叩きつけた、今回も始まりなんだ。”って言ってて、また見られる日が来るんじゃないかと思ってます。またいつか、戻って来る日を楽しみにしてます。

今日もごちそうさまでした、そしてお疲れ様でした。

【セトリさん】
01. DREAMIN' 
02. RUNAWAY TRAIN 
03. BLUE VACATION 
04. ハイウェイに乗る前に 
05. BABY ACTION 
06. ミス・ミステリー・レディ 
07. "16" 
08. WELCOME TO THE TWILIGHT 
09. LOVE & GAME 
10. IF YOU WANT 
11. LOVER'S DAY 
12. ダイヤモンド・ダスト 
13. CLOUDY HEART 
14. PARACHUTE 
15. WARRIORS 
16. NATIVE STRANGER 
17. SUMMER GAME 
18. RENDEZ-VOUS 
19. BEAT SWEET 
20. B・BLUE 
21. MARIONETTE 
22. ONLY YOU 
23. PLASTIC BOMB 
24. WILD AT NIGHT 
25. WILD ROMANCE 
26. ANGEL

〜Encore〜 
27. The Sun Also Rises 
28. NO, NEW YORK