気まま猫草

音楽が好きな社会人の徒然

19.06.23 FEST VAINQUEUR HAL&HIRO ONEMAN LIVE 「FEST VAINCREA〜初期衝動〜」@大阪MUSE

FEST VAINCREAのライブへ行ってきました。
場所は大阪MUSE

f:id:snowmansan:20190627190256j:image


知っている人からすれば、バンド名でえっ!!って思うかもしれません。
現在FEST VAINQUEURは有期限活動休止中であり、各々がソロ活動を展開中。
その一環で、HALとHIROによるライブ。
サポートメンバーは


Gu:Hakuyu(i.Rias) 
Dr:飴(Ride In ReVellion)


FEST VAINQUEURになる前、HALとHIROがSINCREAというバンドを組んでおり、その時代の曲やそれぞれのルーツを演奏するというもの。
SINCREAの曲やルーツのあのバンドの曲をやるなら行かないわけにいかず行って参りました。


FEST VAINQUEUR HAL&HIRO ONEMAN LIVE 「FEST VAINCREA〜初期衝動〜」

 


17:37〜19:07

SEでTransient Gig #1 -Bearing the sky-が流れる。メンバー登場。

 

1.JESUS MARIA/SINCREA
イントロドン!で歓声。

HALの“Jesus Maria Show you Maria”が聴こえただけで来て良かったと思った。

 

2.Rosario/FEST VAINQUEUR
フェスト自体3年ぐらい見てなかったので、サビ前のヘドバンが右に傾いているのを見て懐かしさで満載でした。
たぶんジャンヌバンクールの時が初披露だった曲。

 

HAL「次はJanne Da Arcさんのこの曲…」
3.Judgement 死神のkiss/Janne Da Arc
CD ver.のイントロ付きだった。
ギターソロ前のキーボードのところは一部ギターでも弾いてくれて新鮮。
ギターソロはHakuyuさんがyouちゃん並みに弾いていた。

 

いつのまにかJanne Da Arcの定番曲がV系好きな人たちの中でヴァンパイアになったけど、個人的にはJudgementとかインディーズ曲の印象が強い。
HALがラストのサビで歌詞間違えていて、ここもコピーかい!!!って思ったw


HAL「大阪ー!俺たちがFEST VAINCREAだー!!大阪会いたかったぜ!デスボで呼んで!」

とデスボ煽り。

 

HAL「おおお!聞こえる、男聞こえる!ありがとう、男大好きぃ」

www

 

HAL「今回はFEST VAINCREA 初期衝動ということで、俺とHIROが影響受けた音楽、ルーツや昔の曲をやろうと言うものです。
Judgementとかノリみんな覚えてないよね?笑 本家ですらやってなかったんだから!」

本家活動してなかったからね!笑

 

HAL「こうやって懐かしい曲ばかりやります。これ懐かしいな〜ってなってたら世代一緒です、10年…いや、これ言ったら年齢バレちゃう!

wwww

 

HAL「まあ懐かしい曲やるので…わかるよね笑 でもJanne Da ArcさんのJudgementは昔車で聴いたりしてて、助手席に彼女乗せて。あ、あんま良くないね!笑  でも飴ちゃんも東京でそんな話してて元カノと…って。あ、俺元カノって言ってねぇわ

wwwwww


彼女いても結婚しててもどっちでも良いけどやっぱデリケートなのかな、バンドマン。自由に生きてくれたら良いけどな。

 

HAL「今日どうしたんだろう笑」

 

HIRO「会見しなきゃ笑」

 

HAL「今日はちょっと時間があるので。喋っていこうかなと思います」

 

HIRO「SINCREAの頃から知ってる人は知ってるかもしれないけど、最近知ってくれた人はHALと俺との出会いを話してもらえたら」

 

HAL「出会い…」

 

HIRO「手短かに」

 

HAL「手短かに…」

 

HIRO「手短かにじゃなくてもいいけど笑」

 

HAL「まず、俺が生まれて…

wwwwww

 

HAL「そこからかい!!っていう笑 この調子でいったら4時間ぐらいかかるわ!
中学生のときで…中学入学して教室に座って授業受けてたとき、俺が居眠りしてて。先生から“おいHIRO!”って言われて。
別のクラスでも同じことが起こっていたらしくて」

 

HIROくんも“おいHAL!”って言われてた感じらしい。どうやら似ている人がいるという認識があったとか。

 

HAL「当時髪の毛もこれぐらいの長さで…こんなもじゃもじゃじゃなかったけど」

もじゃもじゃってww

 

HAL「あるとき、昼休みに鬼ごっこをしてて、野球のホームベースの辺りにいたんですよ。そしたら遠くの方から歩いてくる野球部がいて。“これは殴られるわ…”と思って」

 

HIRO「両サイドに2人連れてな笑」

 

HAL「両サイドに野球部の坊主の2人連れて、すごいオーラで歩いてくるんですよ。イケイケな感じの人が。
なんかホームベース踏んでるし、これは殴られるわと思ったら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


似てるらしいね(右手差し出す)”って」

wwwww

 

HIRO「当時から見た目と話し方にコンプレックスありましたよ、19ぐらいまではあったかなぁ」

 

HAL「…なに言うてんねん、俺たちまだ10代やんか!

 

ステージネームの話になり、
HIRO「としから変えてんな、はるみから取ってんな」

 

HAL「そう、母親の名前がはるみやからそこからとってん」

 

HIRO「俺も一緒に変えようかって言ってて…陸にしようかって。
母親がむつみって言うんやけど、睦って字をぐちゃって変えたら陸になるなって。陸かっこいいなあって」

 

なんでこぞって母親から取るんや笑
フロアの反応があんまりで、

HAL「うん、HIROで良かった!!変えなくて良かった!

 

 

サポートの紹介。
HAL「今回HIROと俺のサポートで二人入ってくれています。ドラム飴ちゃん!」

手を振ってる飴ちゃん。

 

HIRO「何か喋ってよ!笑」

 

飴「こんにちはー!」

 

 

HIRO「さっきイヤホン外れてたけど大丈夫だった?」

 

飴「大丈夫です、なんとかやりました!」

 

HIRO「東京ではdiscordiaでは既にあたふたしてたけどね!」

 

HAL「飴ちゃんはSINCREAの曲を聴いてくれていたみたいで。専門学校でライブしたのも見てくれたり。胸いっぱいの愛をを聴きながら元カノと電話してたって、Phaseで言ってくれて

 

HIRO「どうなの先輩にバラされる気分は」

 

飴「それ今回黙ってようと思ったのに!笑

wwww

 

HAL「そっか、それ言ってくれなきゃ!笑」

 

HAL「飴ちゃんはFEST VAINQUEURでも叩いてくれたり、セッションでも叩いてくれたりしていて、ベストメンバーだなと思ってお願いしました。
そして、ギターHakuyuくん!」

 

HIRO「HakuyuくんはFEST FESに出てもらったのがきっかけで。i.Riasってバンドで。あれきっかけでTwitterフォローしたんだよね?」

 

Hakuyu「そうなんですよ、ありがとうございます」

 

HIRO「あのときはバンド同士で、よろしくお願いします!!みたいなやりとりだけだったんだけど」

 

Hakuyu「すみません、コミュ障の集まりだったもので…

wwwww

 

HIRO「(笑)
それきっかけでフォローしてたから、いろんなバンドマンがTLに流れるわけですよ。でも決め手はHakuyuくんが上げてた動画ですね」

 

Hakuyu「ありがとうございます!」

 

HIRO「SINCREAとか影響受けたバンドってなかなか難しい曲多いと思うんですけど、これは弾けるだろう!と思って」

 

Hakuyu「ずっと見てましたけどね笑(フレットを)
ありがとうございます…こんなありんこに声をかけてもらって」

 

HAL「こんな派手なアリいないwww」

wwww

 

HIRO「Hakuyuくんが蟻なら…俺たちは?」

 

Hakuyu「……人間?」
と踏み潰す動作をする。

 

HAL「蟻を踏むな!!!踏まねぇから!!!

wwwww

 

HIRO「ギターもTOMOの持ってたものに似てるんだよね」

 

Hakuyu「ミュージックマンのですよね?サブで持ってこようかと思ったんですけど、こう(両肩へ抱き抱える)なっちゃうんでやめちゃって…笑」

 

HAL「言ってくれたら迎えに行ったのに!!」

 

Hakuyu「いやいやいや!!…
すごく腰低かった。コミュ障感も伝わってきた(自分と同じにおいした)

 

HAL「リハでJudgementのギターソロで咲いてたからな」
膝ついて\(^^)/してた。

 

HIRO「(Hakuyuくん)ギター足りないから二本目のギターも録ってくれて送ってくれたんですよ」
同期で流してた。

 

Hakuyu「自分のバンドは四月に解散してしまったんですけど、自分たちの曲ってすごく思い入れがあって。
頂いた曲にもすごく思い入れがあるんだろうなと思って、練習しなきゃなと思いまして」

 

HIRO「もうアーティストの鑑ですよね」

拍手でした

 

HIRO「(飴ちゃんに向かって)おい!こういうこと言わなきゃ!事務所の後輩なんだから!」

 

 

飴「バンドを始める前に出会って…それで同じ事務所になるとも思ってなくて…

 

HAL「専門学校でライブを見た人が先陣でヴィジュアル系バンドをやっていて、そんな先輩

と同じ事務所になり、同じステージに立てて嬉しいです!!ってことね?」

 

飴「はい!

wwwww

 

HAL「東京も来てくれた人ー?」

そんなにいないちらほら

 

HAL「けっこう入れ替わってるね。関西の人ー?関東の人ー?」

 

HIRO「北から…は時間がないから…笑」


HAL「3曲しかしてないのに40分ぐらい経ってる…笑」
まああんまり両方行ってる人はいなかった。

 

HAL「今回は自分たちのルーツとなる楽曲、昔やっていた曲を演奏しています。いろんな曲あるけど、厳選してこの曲数です。東京とも曲を変えていて。
もちろん今のFEST VAINQUEURの曲もやるけど、ほぼほぼ昔の曲です。SINCREAを解散したのがほぼ9年前で…4月でここ大阪MUSEでさせてもらったので。9年越しにこうやって、またやらせてもらえると思ってませんでした。
次の曲は東京でもやったけど、僕たちの間違いなくターニングポイントとなった曲です。
桜舞い散る季節に君と夢見たこと」


4.桜舞い散る季節に君と夢見たこと/SINCREA


Janne Da Arcのkiyoプロデュースの曲。
BeatShuffleの観覧にkiyoとSINCREAで来ていて見に行ったのを思い出した。

 

HAL「次は俺とHIROが初めてコピーした曲…」
5.大切なもの/ロードオブメジャー
懐かしい!世代的にやっぱ一緒だ。

ギターの刻みがめっちゃソリッドだった、本家よりざくざくだった。


曲が終わり、HALが捌ける。
聴き覚えのあるベースラインとギターが流れる…

 

Black Cherry(°_°)(°_°)(°_°)
ライブver.のイントロが演奏。ここも悲鳴笑

HAL「…Black Cherry」


6.Black Cherry/Acid Black Cherry
久々にBlack Cherryを聴いたわ。
2回目のサビ前は
HAL「Ah〜Ah〜Ah〜Ah〜口に出してぇ〜」

でした笑

 

HAL「みんな大好きBlack Cherryだったよっ!」

 

HAL「そして、大切なものはHIROと俺が初めてコピーした曲でした。中学校の文化祭で。
だいぶメジャーな曲なので、知ってる人も多いんじゃないかなと思います」

 

HIRO「中学校の体育館ですよ…」

 

HAL「全校生徒900人ぐらいで。900人って初めてにしては大変でしょ?それも対バンよりも悪い環境で…自分たちに興味ある人いないんだもん

 

 

HIRO「GLORIAのMVで最後に出てくる写真、あれこのときの写真ですね」

 

HAL「え…え?」

 

HIRO「MVの本当最後の方に写真が出てきて」

HAL「待って待って…え…あぁー!!!坊主のときや!

 

HIRO「友達とじゃんけんで負けたか罰ゲームで坊主なってて」

 

HAL「いや、もっと酷いで…。
バリカン友達が持ってきてて、


HAL“なにそれバリカンやん〜”

 

友達“面白いことしようや”

 

HAL“え?”

 

ジョリーーーンやで」

やば(°_°)

 

HAL「頭の形綺麗やね、って言ってもらったのが唯一の救いです」

wwwww

 

HIRO「あのときあんま反応してないかもしれん…」

 

HAL「そうやろ、今俺がこの髪型で次のライブで坊主なってたらびっくりするやろ」

 

 

HIRO「阪急電車みたいになっててんな」

 

HAL「そう」

阪急電車のシートな笑

 

HIRO「逆撫でしたら色変わるやつな」

割とわかりやすい説明やった。

 

HAL「この前ソロで光とCANDLEは歌ったけど、SINCREAの曲こうやって歌うのは9年ぶりで。
SINCREAのとき来ていた方いますか?」

まあまあいた。

 

HAL「ヘドバン講座とかやってたの覚えてる?」

\あーー!!!/

 

HIRO「4小節目までヘドバンしてそこから止めるみたいなね。対バンのイベントでもヘドバン講座やったりして」

 

HAL「今フェストが軍隊みたいって言われるけど、こういうのも関係してるかもしれんわ。振付動画とか今いろんなバンド上げて、真似してくださいね〜ってやってるけど、けっこうはしりやったんちゃうんかな…って思ってんねんけど(*´꒳`*)」

 

 

HIRO「でもヘドバン講座やってた人が今日大阪いなくて。リハでやろう言うててんけどな」

 

HAL「(飴ちゃんとHakuyuくんに対して)今教えてもいい?」
とヘドバン講座。

 

HIRO「4小節までヘドバンして、演奏止めんねん」

 

HAL「演奏止めへんけど止めんねん!
止めへんけど止めんねん!!
止めへんけど止めんねん!!!

wwwww

乳首ドリルすなみたいやった笑

 

HAL「じゃあちょっとやってみようか」
と、Half to Breakerのサビだけスタート。
ここからここまでヘドバンしますよーってことで、

 

“Half to Breaker
灰色に染まる心は狂い叫んでる
くだらな”
までの4小節はヘドバンして、
“いプライド”からはヘドバンしない。

 

本番はヘドバン止めるだけだけど、講座では演奏を止めるというもの。そして止めて変顔。

HAL「ここで変顔すんねん。いや、変顔じゃなくても良いけど、これは鉄板でウケる!!って顔をやってもらえれば」
それ変顔やんw

 

HIRO「飴ちゃん得意でしょこういうの」

 

飴「👍」

で、何回か繰り返してた。

 

HAL「みんなどんな顔してるかお尻向けてやって良い?」
と他メンバーを確認してた。

 

HAL「Hakuyuくん初めてだよね…??」

wwww

 

HAL「メンバーに変顔してたけどみんな無反応やった、やり損やった」

 

そして本番へ。

 

HAL「これまでは喋ってたけど、ここからは飛ばしていくんでね!」
7.Half to Breaker/SINCREA
8.OVERDRIVE/SINCREA
9.Addiction-中毒性愛依存癖/FEST VAINQUEUR
10.ヴァレンシアとヴァージニア/FEST VAINQUEUR

HAL「ラストいこうぜ!!華恋歌!」
11.華恋歌/SINCREA
悲鳴すごかった。

 

En.(19:12〜19:43)
HAL「アンコールありがとうございます。
華恋歌も相当前からあった曲だよね?」

 

HIRO「だいぶ前からあった曲で、ライブでやってて桜舞い散る季節に君が夢見たことのc/wで収録したんだよね」

 

HAL「久々に歌った〜と思ったけどよくカラオケで歌うんだよね」

 

 

HAL「飴ちゃんもカラオケで歌ってくれるみたいで」

 

飴「そんな高く歌えないですよ!キー4つ下げぐらいで歌います。
君よ忘れないで〜ずっと〜って感じですかね」

 

HAL「そんなキー低くなかったよ、同じぐらいじゃない?」

 

飴「そうですかね…!」

 

Hakuyu「僕も華恋歌好きで1番練習しました、壁ドンされるんじゃないかってぐらい弾きましたね」

 

HIRO「ちゃーらっら〜って弾いてたんだね笑
確かに壁ドンされそうな。」

 

Hakuyu「なので、これからはカラオケで歌うと思います!」

 

HAL「なんだ〜またやっちゃう?最初からやっちゃう?」

やってー!笑

 

HIRO「華恋歌はいつものあそこで作ったような…」

 

HAL「そうはち?知ってる人そうはちやで!」
総合8階?8号館?って言ってたかな。

 

HIRO「HALとかほかの3人は音楽の専門学校行ったんですけど、俺は大学行けって言われたから、専門学校行けなかったんですよ。
でも、行きたいなーって気持ちだけがどんどんいっちゃって…遊びに行ってて笑」

 

HAL「専門学校に図書館があって、そこに音楽雑誌やヴィジュアル系雑誌とか置いてるんだけど、通りかかったら“あれ…HIRO!?”ってなって」

 

HIRO「ベースマガジンとかあって、ずっと読んでたもんね笑」


もちろん機材もしっかりしたものがあったらしい。

 

HAL「高い学費払ってるんだからね!」

飴ちゃんが200ってやってた。

 

HIRO「まあそうやって良い音楽ができてるという…」

 

HAL「ある程度良い音楽というのはお金で作れるという…いやいや!何言ってんだ!」

 

HAL「偉そうに言ってるけど俺卒業できてないんだよ(*´-`)出席日数足りなくて(*´-`)
でも、SINCREAで活動してると卒業生!って出たりして。
その専門学校でライブしたとき、映像に“〜としゆき さん”って出て。へっ!!????みたいな

wwwwww

 

HAL「SINCREA 〜としゆきさんって…いや、HALですけど!!!!

wwwwww

 

自分のコサージュが落ちてて拾うHAL。
HAL「これで元通り!」

 

HAL「今日は衣装を引っ張り出してきて…PANDORA?のときのものです。これ久しぶりに着てるとソフビっぽいなと思って。ソフビってわかる?ソフトヴィジュアル系ってあって。」

SINCREAはソフビ枠だったのかな、

 

HAL「ちょっと入るか心配だったけど笑
Hakuyuくん派手だね…笑」

柄シャツ着てた。

 

Hakuyu「服を持ってなくて…ユニクロとかきくちたけおとかしかないので…その中からちょっと」
TAKEO KIKUCHIじゃないかなぁ…笑
間違ってないんだけど笑

 

HIRO「俺のシャツは実はUNLIMITEDのときので」

 

HAL「へぇ!」

 

HIRO「裏がFESTのロゴになっていて。まあとなりにいないとわからないかもしれないけど」

HAL「となりにいてもわからんかったわ

wwwww

 

HAL「飴ちゃんはいつも通りオシャレな感じで。ソロのときの俺の格好に似てる!
もう服ないからちょうだい!」

って言うとボタン外し出す飴ちゃん

 

HAL「うそうそ!怖い先輩になりたくないから!」

 

 

HAL「そろそろアンコールいきますか…。と言ってももうあと2曲なんですよ。
この曲は何回やったかわからないくらいで」

 

HIRO「たぶん本家よりもたくさんやってますよ」

 

 

HAL「コピバンのときも我が物顔で、さも自分の曲のようにやってましたからね」

 

HIRO「SINCREAオリジナルとしてやる前にコピバンとしてやってたときですね。じゃあ林としゆきさんとしてやってください。ジャンヌダルク参上ーって」

 

HAL「じゃあアンコールいこうか!
大阪ー!お前ら全員手あげろぉ!うしろー!まえー!おとこー!女の子ー!アリーナー!お待たせしましたFEST VAINCREA参上!

お前らいかせてやるから最後まで頭ふっとけぇ!!!We are ジャンヌ!


似てるwwwwww


12.ヴァンパイア/Janne Da Arc
ヴァンパイアするところはMUSEの店長と大阪の友達が出てきて3人抱えてた笑


HAL「ラスト…俺とHIROが初めて作った曲…Ciel」
13.Ciel/SINCREA


HIRO「今日はありがとうございました。俺たちがやってきたことにみんながどこかで出会ってくれてこの空間ができています。
今FEST VAINQUEURは活動休止中ですけど、10月からまた活動していきますので、HAL、HIROそして、飴ちゃん、Hakuyuくんを応援してほしいと思います」

 

HAL「今日は本当にありがとうございました。
今日は二つの軌跡があって。俺たちがやってきた軌跡とみんなの軌跡がぶつかってこの空間が生まれました。
改めてたくさん名曲があったなと再確認できました。普段はFEST VAINQUEURで活動しているので、たまたまこの活動休止のタイミングがあってやることができました。もしまたタイミングが合えばやりたいなと思いましたがどうですか?」

お願いします!!

 

HAL「最後はいつもやってる一本締めで。ドヤ顔で言ってるけど、会社でもやってるし…みたいな感じでしょ笑
ではお手を拝借…
今日、自分たちの音楽でこの空間を作れたことの幸せを噛み締めてます。本当にありがとうございました、よーぉっ」

 

\パン/


HAL「ありがとうございましたー!!!」


Wen.(19:44〜19:55)


HAL「さっき締めたでしょ…」

 

 

HAL「一本締めでよーぉっパンってやったでしょ…笑  もう何をやって良いか…どうしよう?今日やった曲限定ね。何が良い?華恋歌?」


\Ciel/


HAL「Ciel?」


\華恋歌/


HAL「華恋歌?PAさん2曲やる時間ありますか?ないか…どっちか。多数決で。拍手で決めよう」


ということでCielに。


HAL「さっきCielやったけどいいの?笑
もうこれで最後です!」

14.Ciel


HAL「さっきは一本締めで終わったので今度は三本締めで!
パパパンパパパンパパパンパン
パパパンパパパンパパパンパン
パパパンパパパンパパパンパン
バーーーーンで」

 

HIRO「バーーーーンはないけど笑」

 

 

HAL「それではお手を拝借…
みんな愛してるぜ!!よーおっ」


\パパパンパパパンパパパンパン/


HAL「よっ」


\パパパンパパパンパパパンパン/


HAL「ほっ」


\パパパンパパパンパパパンパン/


HAL「ありがとうございましたー!」


それぞれメンバーが捌けていく。

HIRO「また機会があればやりたいと思いますが…そのときは来てくれますか!」


\いぇーー/

HIROが赤いタオルを見せる。
たぶんSINCREAのときのやつで。


HIRO「即完したタオルやで。タンスに入れてたからあれかもしれんけど」
って投げていた。


カーテンコールでATLASやDANCE ON VIBESが流れていて、これも聴きたかったなーってなった。
-------------------------
HAL HIROのルーツや過去の楽曲、ルーツから今の楽曲に繋がる軌跡を辿れるようなライブで本当に楽しかった。


SINCREAを知ったのは浅井さんがBeat Shuffleでdiscordiaをかけてくれたのがきっかけでした。
そこからCDを買い、ラジオの観覧とかも行ったけどライブはタイミングが合わず行けなくて。


SINCREAの楽曲が好きだったから今回聴けて本当に嬉しかった。
バンドが解散されると楽曲が演奏されなくなってしまうのが悲しいことだけど、今回9年越しにやってくれてよかった。それも、未来も見えるようで。


今、FEST VAINQUEURは活動休止中で2019年10月から活動再開です。
そして、2020年10月に大阪城ホールのライブをすると決意表明しています。
なかなか難しいキャパシティではあるものの、今のキャパシティを広げるためのソロ活動だと思います。それは人数的にももちろん、個々の可能性のキャパシティという意味でも。


2015年5周年の無茶かと思ったBIG CATもソールドさせたし、2016年は通常のチケット代であったBIG CATもソールドだった。
2017年なんばhatchもソールドだったし、なかなか無茶なことも実現させてきた。
今回は階段飛ばし過ぎのようにも思えるけど、どうにか形になるように、成功するように祈っています。行きますよ!
本当に良いライブをありがとうございました。
ごちそうさまでした。

 

【セットリスト】
1.JESUS MARIA
2.Rosario
3.Judgement 死神のkiss
4.桜舞い散る季節に君と夢見たこと
5.大切なもの
6.Black Cherry
7.Half to Breaker
8.OVERDRIVE
9.Addiction-中毒性愛依存癖
10.ヴァレンシアとヴァージニア
11.華恋歌
En.
12.ヴァンパイア
13.Ciel
Wen.
14.Ciel