気まま猫草

音楽が好きな社会人の徒然

18.06.09 中島卓偉 FC限定 Acoustic GIG in KYOTO 夜公演@京都SOLE CAFE

中島卓偉のライブへ行ってきました。
6月の話でだいぶ遅くなりました!

 

今回はFC限定で、Acoustic GIGと銘打たれた通り、アコギ一本で、歌で、声で勝負するというライブ。昼夜公演があったものの、50余名しか入れない会場の為、抽選に溢れた方が多かったとか。
有難い事に当選して行ってきました。
私は夜公演の方。

 

場所はSOLE CAFE。という京都のCAFE。
紫野の方にあって、なかなか電車だと行きにくい笑 前仕事でよくこの辺通ってたわ。

スケジュール見ると、よくこんな感じでライブ・イベントをやっているCAFEのよう。

 

もうパンパンに詰め込んで、これ以上入らんだろうというぐらい。アコギが二本。EpiphoneとGibsonだったかな。
セトリは途中順番自信ないです!誰か教えて!

 

18:00〜19:34


1.LILY
1番はパワーコードミュートで8分で刻み、2番は大きくストロークでそれに合わせて声にも強弱があって。CDと比べて緩急のある、クライマックスがはっきりと見えるLILYでした。ラストに向かってどんどんと力強くなるLILY。
もうこれ聴いただけで来た甲斐があった。


卓偉「寝たら叩き斬るからなぁ!」

 

 

2.明日はきっと風の中
通常テンポより遅め。
アルペジオで展開していて、すごく綺麗だった。


卓偉「中島卓偉だよっ!!

 

 

卓偉「改めまして集まって頂いてありがとうございます。昨日大阪来た人いる?昨日はものすごく盛り上がって。今日は昨日の感じとは違う形で。今日は優しいから!今日は優しいので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チューニングしてますけど!チューニングしてるよ!昼の部でも言ったけどすぐ気抜くから。どんくさいな!怒っちゃった!笑
昼の部は途中まで何事もなかったように呼ばないの!」

 

 

卓偉「今日は久しぶりのアコースティックスタイルです。普段とは違うグタグタな感じとか、できるだけ長くやりたいと思ってます。
普段のバンドスタイルでは良い意味で規制があるのでね。ソロだとダイナミックに強弱つけたりできるからね、バンドスタイルだとできないから。そんな部分も楽しみながら聴いてほしい
と思います。
セットリストも…20分前に決めました!今回のアコースティックはあんまりみんなリクエストとかなかったからね笑  だからリクエストしてくれたのは全部入ってるんじゃないかな。久しぶりにやる曲もあって…これからやる曲に好きな曲があれば…嬉しいなあ!!

 

3.愛しい人よ
アルペジオ弾き始めたときに、
卓偉「ギブソン音良すぎてびっくりした」

本当に音良かった笑
卓偉「これもsweet soulだ!寝るなよ!」


4.存在
要所要所で歌い方を変えていて、ギターもアルペジオ基調からパワーコードへ展開したり、いつもの存在の印象が強いが故、新鮮なアレンジでした。
タメやフェイクがいつも以上に多くて、別の曲のような、何かの形でリリースしてほしいぐらいでした。たぶん即興なんだろうけど。

 

卓偉「愛しい人よ、存在という曲を聴いて頂きました。昼の部でも言ったけど、こうやってジャーンで終わる時、普通Cで終わるとこをC7で終わってんの。で、最後半音…一音か?あげてジャーンてするんだけど、“最後間違えてましたよね!!?”って言われることがあって。間違えてねーし!!お前らジャズ聴け!!間違えてねーしー!!ジャズはあげんだよ!

www

 

卓偉「いやー昨日は煽らずともあれだけ盛り上がってくれてね。スタッフとかも俺が煽らずにちゃんと歌ってると“あぁ、今日は盛り上がってるんだな”って安心するんだって。ありがとう!今回大阪公演が平日で、平日行けません!って言われて。どうにかして行けないことを言いたいらしい!笑
少し動員不安だったけど、あれだけ盛り上がってくれて。

 

今日は土曜日?だと思うけど、それぞれ色々あると思います。土日が休みな人、そうでない人。そんな中で集まってくれてありがとう!
次はカバー曲やろう!世界的な名曲です。これ知らなかったら…うんこです!」

 

 

卓偉「Bee Geesの曲です。3人の声が次々に出てくるから難しい曲だけど、それを一人であわせてやります。きっと俺ぐらいにしかできません!きっとわかるから。タイトル言ってもわかんないかもしれないけど。世界的な名曲です。え、世界的な名曲なのになんで知らないの!!?」

 

 

卓偉「How Deep Is Your Love」


5.How Deep Is Your Love/Bee Gees
確かに連続で、How Deep〜繰り返すところすぐに歌ってた。一人ビージーズでした。


この曲終わりにまた上げて終わって、間違ってねぇから!って顔してた笑


卓偉「How Deep Is Your Loveでした。知ってた?」

 

\知ってた/

卓偉「ほんとかよ(°_°)」

www

 

卓偉「サタデーナイトフィーバーの曲でもありましたね。実際のキーはもう少し低くて、高く歌ってます。高い声で歌いたいとかではなくて、自分が出しやすいのがここでした。あとは弾きやすいとこ探して。
Bee Geesは名曲が多いので、ベストとかぜひ聴いてほしいなと思います。次はみんなで歌える曲です。でも、アコースティックであんまやったことないな!歌ってくれますか!2.4で取れよ!」

 

 

卓偉「さっきの存在みたいにき〜〜〜〜み〜〜〜の、ひとみが〜〜〜みたいな歌い方はしないので笑 ちゃんとリズムキープするので!笑」

6.もっとそばに〜it's a real love〜
7.LONG WAY

 

卓偉「またカバーやりたいと思います!もう俺の曲やらなくていいからカバーやろう!次は俺が生まれた年の名曲です。
本当にこれ知らなかったら…うんちです!この曲キー高いです!後半のとこなんかずっと伸びて行ってるから笑  でも頑張って歌おうかなと、頑張ってる中島卓偉見せようかなと思ってます!お前らあんまり俺に頑張ってるって言わねえから!!!!頑張ってる中島卓偉見せようと思って!!!!

 

 

卓偉「Boz ScaggsのWe're All Alone」
8.We're All Alone/Boz Scaggs
小野さんもカバーしてたね。
だから今年このカバー聴くの2回目だ。

 

卓偉「たっけ!!キーたっけー!!この曲、outside the rain begins〜って最初こんな低いのにOwe it to the wind ,my〜〜lo〜〜〜ve!!!ってこんな高くなるから!俺も出るのよ、声はどこまででも出るのよ。ただ、よく響く範囲で歌った方が良いと思っていて。日本人はレンジが狭いけど…それをやってのけちゃった感じ???」

wwww

 

卓偉「もう…終わりでいいかな?笑」

 

えーー!!!

 

卓偉「ちゃんとやるって!笑 良い感じで陽が落ちて…ないですね。陽が落ちる時期にやったりもありましたけど。よく考えるとこのスペースに50人って…面白いよね。
チューニングしてます!すぐ気抜く!なんで忘れるかな!

 

 

卓偉「この前和田唱さんのライブ行ったらおんなじこと言ってた。なんで黙んの??って笑
みんな同じなんだよ、これもコール&レスポンスの一環でやっていこうぜ!
ここからみんなで歌える曲やっていきたいと思います。京都良いですか!」

 

9.スピカ〜Looking for my star〜
スピカ好きなんだよな!合唱タイム。
最後のshining star waiting for shooting starは通常の進行だったりクリシェになったり、コード感でだいぶ雰囲気が変わるんだと実感した。こういう変換もソロじゃないとできないもんね。

 

卓偉「次もハッピーになれる曲です、花束とスーツ!」
10.花束とスーツ


卓偉「次の曲はせっかく京都に来たので…東京という歌詞を京都に変えて歌いたいと思いますテルミー京都!」
11.テルミー京都

 

卓偉「ありがとう京都!やっぱり京都は日本の都なのよ!東京は東の京都って書くくらいだから。やっぱり京都が日本の中心なんでね。って東京に住んでて説得力無いかもしれないけど。笑」

 

卓偉「でも、昔から誰もが憧れた街です。俺も新幹線で大阪向かう時、京都通過するときに“京都か、降りたかったなぁ!!!”ってなるもん。盆地で夏暑くて冬くそ寒いけど、もともとロサンゼルスみたいに道も整備されてて。京都道わかりやすいでしょ?


歴史の話になるけど、信長も秀吉も京都に憧れたんだって。でも土地がなかったから、信長は近くの滋賀に安土城作って。秀吉は港が欲しいから大阪に作って。家康は江戸に赴任させられたけど、家康はパンクだからさ、東に京都みたいに都を作っちゃおうって作って。でもやっぱり京都に土地が欲しいけどなかったから、既存
のところを壊して二条城造ったっていう。だから、二条城だけ歴史が浅いんだよね。
京都の人は上からものを言うのよ、でもそれでいいの。都だから!
俺の京都出身の東京にいる友達もライブに来たら、“今日のライブ良かったと思うで”って上から言われて。どの視点で言ってんの!!って笑」

今日のライブ良かったと思うで〜知らんけど。じゃないかな。笑

 

卓偉「そんな京都でライブができて嬉しく思います、ありがとうございます!
次も一緒に歌ってくれますか!」

12.蜃気楼


卓偉「次で最後の曲になります」

えー!!

 

卓偉「えー!!って。アコースティックライブは13曲ぐらいって決まってんの!」

 

えー!!

 

卓偉「えーって知ってんだろ!笑
今回アコースティックライブ久しぶりで。しばらくやってなかったのでね。大阪の翌日に京都でアコースティックライブやるって決まって嬉しかったからね。
バンド形式でライブやった翌日に一人でやるというのも珍しくて、本当に嬉しいことだなと思って。こんな距離でやるのすごいよね。俺もこの距離で森重さん歌うの見たいもん笑   またやるのでぜひ来て欲しいと思います。毎回大阪の後に京都でやってもいいけど笑」

 

お願いします!

 

卓偉「昨日発表したけど、9月には8ビートオンリーのライブをします。また大阪来るので。さっき歌ってくれた蜃気楼も8ビートです。16ビートと8ビートの聴いたら絶対に勉強になるから。16の曲を8でアレンジしたりしないから笑

16ビート限定のライブもまだあるので。名古屋と大阪…じゃなくて東京か。大阪もっかいやってもいいけど!!」

 

やろう!!

 

卓偉「いろんな人がいると思います、土日休みな人と土日休めない人。いろんなスケジュール調整して会いに来てくれてありがとうございます!これまでずっと歌い続けて来たように、これからもずっと歌い続けていきたいと思ってますので、よろしくお願いします!今日はありがとうございました、Calling youという歌を聴いてください!」

13.Calling You

卓偉「ありがとうございましたー!気をつけて帰ってね!!」
--------------------------------
すごく良いアコースティックライブでした。
リリースイベントとかでアコギソロは聴いてたけど、ライブとしてはアコギタクイ以来でした。

徳川家康はパンクというパワーワードがでました。

 

アコギ一本で歌う彼の声を受け止めるのはこちらとしてもなかなか体力がいる。だから1時間半ぐらいでちょうど良いのかもしれない、たぶんこちらの身体がもたない!笑

 

バンドスタイルのライブよりも繊細であり、力強くもあり、そして、緩急の付け方がメロディの良さを伝えてくれる。

そして、カバーでやったHow Deep Is Your Loveはサタデーナイトフィーバーの挿入歌だったり、We're All AloneはAORでソウルを感じる楽曲だったり。ボズスキャッグス自体がソウルシンガーかな。
だから、前日の16ビートの続きだなと思っていて。まあ16というか裏拍のリズムというか。
卓偉さんはテーマを提示すると全部一貫しているなと思った次第です。

 

勢いで演奏してカバーすることができない、自分の声でしか勝負できないアコースティックスタイルだからこそ、卓偉の楽曲の良さ、歌唱力の高さを再確認できた1時間半でした。
本当に良い2日間でした!
ごちそうさまでした。

【セットリスト】
1.LILY
2.明日はきっと風の中
3.愛しい人よ
4.存在
5.How Deep Is Your Love/Bee Gees
6.もっとそばに〜it's a real love〜
7.LONG WAY
8.We're All Alone/Boz Scaggs
9.スピカ〜Looking for my star〜
10.花束とスーツ
11.テルミー京都
12.蜃気楼
13.Calling You

18.08.05 B'z LIVE-GYM Pleasure 2018-HINOTORI-@日産スタジアム

B'zのライブへ行ってきました。
場所は横浜  日産スタジアムGLAY以来かと思いきや、Xで行ってたわ。8年ぶり…月日(°_°)

f:id:snowmansan:20180810195140j:image

 

今年B'zはデビュー30周年。節目毎にPleasureというライブをやってるのは知っていて。
シングル祭りに行きたいなと思った次第です。

 

本当は大阪のチケットずっと探してたけど全く当たらず…摩天楼オペラで東京行くのは確定していたので、帰りに見て帰りたいなと思って実行したところでした。

LIVE-GYM Pleasure 2018- HINOTORI-

 

18:07〜20:05
映像が流れ始める。青と赤の光が混ざるような感じ。ライブタイトルHINOTORIのような鳥が各色で描かれていたような。ステージセットも火の鳥のようなセット。
センターから二人が登場する。


SEはultra soulの冒頭がループ。
ultra phantomと言いそうになる。

 

1.ultra soul
2.BLOWIN'

水を飲んでいる稲葉さんがスクリーンに映る。


カメラマンをこっちこっちと呼んで、紙コップの裏を映す…も、特に何も書いてない。

 

あれ??と言ったようにステージ上にある紙コップの裏を見ても何もない。
ドラムのシェーンに聴いても、ドラムスティックを渡されただけ笑

 

松本さんも水を飲んでて、
“あぁ、あっちだ!”というように歩いていく稲葉さん。
松本さんのコップ裏を見ると…何も書いてない笑

マジックを渡されて
松本「自分で書いて笑」

 

稲葉「これは…初めてだなぁ笑」
とコップ裏に書き始める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B'z
Live Gymへ
ようこそ

 

稲葉「B'z Live Gymへようこそー!!

 

3.ミエナイチカラ〜INVISIBLE ONE〜
4.TIME
稲葉「横浜!こんな猛暑の中、日産スタジアムへお集まり頂きありがとうございます!
今日は今のところ昨日よりも熱い!いい意味で!どんどん熱く、騒いで、タイトルの火の鳥のように羽ばたきましょうよ!」

5.love me,love you
6.光芒
7.もう一度キスしたかった


稲葉「Pleasureというライブを不定期でやるようになりました。次第に節目に行うようになり、いつしかそこでしかやらない曲があります。B'zにしては珍しく振付がある曲…恋心という曲で。せっかくなので、この曲の前に振付練習をして臨みたいと思います。次いつやれるかわかんないのでね!」

と恋心の振付練習。

 

稲葉「忘れないっ…らーらららーらー」
って歌いながら手をくるくる。

 

稲葉「最後の方はパンパンパンって叩かないところもあるのでね、あとは流れで!」

 

雑!笑

 

8.恋心(KOIGOKORO)
9.OH!GIRL
10.イチブトゼンブ
11.ZERO
ラップ部分でスクリーンに警備員が映されてると思ったら、ブラックマヨネーズの小杉ww

ラップを口パクでやって、その後特に紹介もされず笑

 

稲葉「ここでメンバー紹介したいと思います」
とバンドメンバー紹介。

Key. 増田隆宣
Dr.   Shane Gaalaas
Ba.   Bary Sparks
Gu.   大賀好修

最後松本さん紹介。


稲葉「ギター、TAK MATSUMOTO!」
と言った後、星に願いをを奏でる松本さん。
そこからピアノに掛ける稲葉さん。

 

12.ALONE
稲葉さんピアノ弾いてた。昔すごく好きだった曲。初ライブで聴けてよかったー!

13.LOVE PHANTOM
LOVE PHANTOMの長いイントロで映像が流れていた。大盛り上がり。


そこからコードが同じHINOTORIという曲へ。そこからまたLOVE PHANTOMへ戻るという仕上がり。

 

また映像が流れる。
B'zの2人がカーチェイスする映像。
どうやらLIVE GYM'96 spirit LOOSEのOP映像として流れていたらしい。


稲葉さんの車はB-178-Zだった笑

映像の最後にspirit LOOSEと出て、曲スタート。
14.Real Thing Shakes
15.Juice
缶ジュース型の風船?ボールが宙を舞う。
曲途中の掛け合いコーナー。
NATIVE DANCER太陽のKomachi Angelのコール&レスポンスした!

 

定期的に

稲葉「ジュースを回してください!!」

と言っていた笑

 

16.Bad Communication

稲葉「皆さんPleasure感じてますか!Pleasure感じてますか!Pleasureですか!こちらはビンビンPleasureですよ!

1991年にPleasure1991〜人生の快楽〜という曲を作り、ライブをやり…皆さんがライブへ来てくれて。みんながPleasureを感じてくれている…だからやめられないんですよ!」
17.Pleasure2018〜人生の快楽〜
En.(20:12〜20:40)

アンコールはアリーナ後方から出てきて、サブステージがあり2人はそこへ。
他のバンドメンバーはメインステージ。

 

稲葉「B'z30周年を迎え、ゆっくり振り返って話すことも少ないんで…せっかくの2人のステージです。ちょっと喋ってもいいですか?」

 

松本「神奈川で初めてB'zのライブをしたのは1989年でした。近くで言うと、神奈川県民ホール横浜アリーナとたくさんライブをやってきました。デビューして30年経っても、こうやって俺たちの音楽を見に、聴きに来てくれていることが本当に嬉しいです。本当にありがとう」

 

稲葉「もう一言…頂いて良いですか!」

 

松本「要するにですね、みんなが俺たちのPleasureということだよ!

おお(°▽°)


18.Brotherhood
最初は2人だけで演奏。途中からバンドが入ってくる。

途中のWe'll be alightのところをオーディエンスに預け、ステージを降り日産スタジアムのアリーナ部分を廻る。下手側を松本さん、上手側を稲葉さん。

 

確か一周500mだったような。GLAYが円周ステージでぐるぐるしてた。

メインステージに戻る2人。
We'll be alightを再歌唱。
brotherhood良かったー!

 

稲葉「もうちょいいけますか、日産スタジアム!」
19.愛のバクダン
20.RUN
RUNの終わりの方で終電の関係で退席。前も詰まってたから出れたのは曲のちょうど終わりぐらいだったかな。
---------------------------
B'zを生で見るのは初めてでした。
主題歌などで時代を彩った曲がたくさん聴けて幸せでした!

 

稲葉さんのハイトーンはCDままと言ったところで。そして、松本さんからちょくちょく感じるブルース要素がアクセントにもなっていて、ただのHRユニットとは画してますね。それが良いところ。

 

久々に日産行ったけど広い!このスタジアムクラスの動員を落とさず活動しているのがすごい。
セトリ初日も見たら日替わり曲があって、聴きたかったなと思ったところです。
またB'zのライブ行きたいな!
ごちそうさまでした。

 

【セットリスト】
1.ultra soul
2.BLOWIN'
3.ミエナイチカラ〜INVISIBLE ONE〜
4.TIME
5.love me,love you
6.光芒
7.もう一度キスしたかった
8.恋心(KOIGOKORO)
9.OH!GIRL
10.イチブトゼンブ
11.ZERO
12.ALONE
13.LOVE PHANTOM〜HINOTORI〜LOVE PHANTOM
14.Real Thing Shakes
15.Juice
16.Bad Communication
17.Pleasure2018〜人生の快楽〜
En.
18.Brotherhood
19.愛のバクダン
20.RUN

18.08.04 摩天楼オペラ Invisible Chaos TOUR@マイナビBLITZ赤坂

時間が経ってしまいました。
先週の話、摩天楼オペラのライブへ行ってきました。場所はマイナビBLITZ赤坂
以前の名前では赤坂BLITZ。こっちの方が耳馴染みある名前ですね。


たぶん赤坂は2012年のMASCHERA復活以来。Eins:Vierや卓偉さんでも見た会場。良い会場です。


new single“Invisible  Chaos”発売に伴うFCライブ含めて12本のツアーファイナル公演。


Invisible  Chaos TOUR

 

17:30〜19:11
SEが鳴りメンバー登場。
定位置に着き、SEが鳴り止む。


1.Invisible Chaos
“向日葵〜”と歌い始めにセンターにスポットライトがあたり、苑さんが照らされたんだけど、赤髪!悲鳴のような歓声も溢れる。
拳とヘドバン、高音とツーバスの畳がけ。

 

2.落とし穴の底はこんな世界

 

苑「赤坂ー!もっといけんだろー!!!」
3.BURNING SOUL
タイトルコールも無く、ドラムイントロへ突入。ものすごい疾走感。

 

苑「赤坂ー!今日はファイナルです!
ツアーを回ってきてファイナルです。赤坂BLITZ…今はマイナビBLITZ赤坂は俺たちが初めてワンマンライブをしたところです。
だから、俺たちの箱だと思ってます笑」

 

 

苑「今思うことはこの会場は小さいなということで。よく見えます。そう…今手を振ってくれいる人が一番後ろなんだけど、初めてのワンマンのときは後ろが見えませんでした。
今日は後ろまでよく見えます!あの時は大きな希望を持って臨んだライブでした。今日はあのときと同じ…それよりも大きな希望を持って臨みたいと思っています。


いつも来てくれている人、今摩天楼オペラどうしてんのかなと思ってきてくれた人…摩天楼オペラを欲してんだろ!欲してんだろ!赤坂!!いこうぜ!!!」

4.The Gambler
5.Psychic Paradise
6.It's You

 

key.イントロで、コード感がもう一人の花嫁

7.もう一人の花嫁

8.SYMPOSION

苑「今日はいつもよりも衣装を脱がずにやれています…笑

楽しんでますか!楽しんだ者勝ちだと思うのでね。これは押しつけです!笑
2Fのみなさんも2Fから叫ぶのはこの距離なんで大変だと思います。これ(メロイックサイン)やりませんか!
1Fの…下からの圧が強いので、上からもどうですか!

 

そして札幌のライブのとき、今日も警備員さんいるけど、普段みんなの方向いていて。あるときにニコッとこっち向いていて笑
今日も警備員さんも楽しんでくれて良いんで笑 せっかく同じ空間にいるんだから!声出せるか!声出そうぜ!もっと声出していこうぜ!!」
9.悲哀とメランコリー

Raise your voice of greed to this worldの掛け合いからスタート。初めてのライブで聴いた以来聴けてなくて嬉しかった!


10.EVE
11.Adult Children
12.蜘蛛の糸
13.Mammon Will Not Die
14.孤独を知るには一秒も長すぎる

苑「楽しんでますか?ツアーファイナルあっという間でもう後半に入っています。
ツアーが終わる度に思うけど、ライブが終わるのが早いな…と。こうやってみんなが求めてくれるから立たせてもらえています。

 

震災の時も話したけど、音楽は衣食住とは関係なくて。無くても過ごせるもので。
でも、無いとダメだと思ってくれる人もいて。こうやって集まってくれて…これだけ生活に欠かせないと思ってくれている人がいる。これだけ求めてくれていたら、音楽も衣食住に近いものではないのかなと思っています。
それはすごく奇跡のようなことで。音楽を始めて、趣味で終わっていたらわからなかった。そして、こうやって続けてきたからわかることだと思っています。

 

何度も音楽に命懸けてきました。
今、メンバー全員が同じように音楽に命を懸けています。摩天楼オペラ、今ものすごく気合いが入っています。もう希望しか見えない状態です。
例えるなら…リストラされたサラリーマンが事業を始めて希望しか見えずにやってやんぜ!!って感じ…え?」

 

わかんない…笑

 

苑「良い例えが見つかりませんが笑

 

去年のツアー…どこかの会場で目標を掲げました。登竜門的なことかもしれないけど、日本武道館でライブをやるという目標を。
夢というか、ライフプランとして絶対にやるんだという想いです。
…もう少し見届けてもらえないかな。数ヶ月じゃ無理だけど…数年でも無理かもしれないけど、絶対に“あいつらやったんだ!!”と思わせるから!

みんな思ってるかもしれないけど、摩天楼オペラ…今のってます。大丈夫です!」

 

苑「今回シングルツアーなのでいろんな曲をできて、昔の曲も聴いてもらっています。俺が札幌出身だから札幌贔屓で札幌でよくやってる曲をこの夏の暑い東京でやりたいと思います」

15.sara

初めて聴けた…!


16.喝采と激情のグロリア

ギターリフがちょくちょくハーモニクスで、これまでハーモニクスだったかな?新鮮だった。


17.PHOENIX
金テープ\パーン/
取れなかった(o_o)

 

En.(19:15〜19:55)

彩雨「アンコールありがとうございまーす!」

 

JaY「ありがとうございまァす!」

 

 

苑「ツアーが終わっちゃった!
今回のツアー本当に楽しくてね。ファイナル来てほしくないなと思ってましたが…早かったなぁ。でも、終わったということは…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


おお(°▽°)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苑「次があるわけで」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おお(°▽°)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苑「ライブを発表します

おお(°▽°)

とライブ告知。


苑「まずは、Club摩天楼presents 『re:1214』
1214というのは摩天楼オペラが大事にしている数字です。わかる人にはわかるかな。1218(って言った?)ではありません。
帰ってから少し調べてもらうとわかりますので笑」

1214は摩天楼オペラ初ライブからインディーズラストライブまでの日数。それを記念した1214というライブもある。
これは再現ライブなのか、それともこれからのオペラを構築する上での別の意味でのライブなのか…。また小さいキャパ笑

 

苑「次は…これは去年も楽しかったのでね。やるでしょ!HALLOWEEN PARTY
お分かりの通り2daysです。2日とも違う内容のライブです。どちらか一方でも良いし、両日来てもらっても大丈夫です。
そして、年末12/30 Resound Of Opera。新宿BLAZEにて開催します。もう年末飲む気満々です」

 

 

彩雨「まだ8月でしょ?もう年末の予定まで全部出しちゃった笑」

 

苑「そうそう。10月こんなにライブが詰まっててね。でも他の月は摩天楼怠け過ぎじゃねぇか?って思うかもしれませんが、8月9月は曲を作ります。
考えている曲が…十数曲あります。それぞれの頭の中で鳴っている曲があって…それを具現化していく作業をします。JaYもあるもんね!」

 

JaY「摩天楼をJaY色に染めてやりますよ!!!!」

 

\ジョイー/

 

JaY「ジェイや…

ちゃんと返すんやね。笑

 

彩雨「今回ツアーをHibiki君がドラムとしてサポートしてくれました…何か一言!」

 

Hibiki「たくさん人いますね…すごい人ですね…ありがとうゴザ…いま、す?…?」

かたこと笑

 

Hibiki「やばいです!ツアー楽しくて。
ちょうど3ヶ月前からですよね、5/4からスタートしたツアーなんで。今日…やばいですね。やばいしか言ってないですね笑
またやりたいですね、今日最初からやりたいです!」

 

苑「俺は…まだいけるよ!
今回から色々前にあるのも取っ払ってやってみたら体力ついた気がします。今になって体力ついてきたよ!」

 

Hibiki「全12本楽しかったです。それとラーメンたん行きましたね…10数回食べました」

 

苑「ラーメン食べたねぇ…打ち上げ行った後にラーメン行って、翌日起きてラーメン行ったりしたもんね笑 」

 

彩雨「そして、たくさん曲叩いてくれました!何曲?」

 

Hibiki「57曲です!

 

おお!!ありがとう…!

 

苑「Hibikiのことを考えたら同じセットリストの方が良いんだろうけど…でもやりたくなっちゃうんだよねぇ笑」

 

燿「よく叩いてくれたよね…前例をJaYくんが2年前作っちゃったからね」

 

苑「頼んだらやってくれるんだ!ってね笑」

 

燿「でも不思議だよね。JaYくんのときも、Hibikiくんのときもすぐ決まって。どうする…?って言っててすぐ決まって。Hibikiくんは聴いてくれてたみたいで。ドラム叩きながら歌ってるもんね」

そうそう!

 

苑「JaY歌ってる?」

 

JaY「ギター弾きながら歌ってますよ。
ドゥクドゥクドゥクドゥクドゥクドゥクって」

ソロじゃなくてパワーコード口ずさむんだwww

 

JaY「苑さんありがとうございまァす移ってきてますよね」

 

苑「え…?」

 

JaY「移ってきてますよね?」

 

苑「嘘でしょ?

 

JaY「ねえ?(会場に対して)」

うん…ありがとうございま(あ)す、ぐらいだけど。みんな頷く。

 

苑「いやいや…一緒に弄ってるだけでしょ…?

 

JaY「さっきアンコールで登場したときも…」
JaYが変なステップ踏みながら歩いてきて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苑「え、それ俺なの?笑

wwwwww

 

JaY「アンコールありがとうございまあす!って。苑さんをJaY色に染めてます!!

 

苑「…もっとカッコよくありたい。一番染まりたくないとこに染まってしまった…笑」

 

JaY「時期に関西弁になって、“〜やんなー!!”って言ってますよ!JaY色に染めます!!」

 

 

JaY「苑さんセミをファイルに綴じてるんですよね?」

 

苑「…一回噛んだことぐらい許してくれよ…笑」

セミファイナルを噛んだのかな笑

 

燿「あ、今回ドラムはHibikiくんにお願いして今日までなんだけど、Hibikiくん年末スケジュール空いてんの?」

 

Hibiki「えっ…あいてまーーーーーーす!!!

 

\わーーーーーーーい/

 

苑「今日はファイナルなんで…(JaYに対し)なんか意気込み喋っとく?」

 

JaY「あ、本日はご来場誠に御礼申し上げます。集まってくれてありがとうございます。
今日赤坂…ソールドアウトせぇへんかってん。でも次は絶対にしような!次は絶対ソールドアウトさせたいねん!俺は武道館へ摩天楼オペラ連れていくために入ってん!俺アホやからさ。アホやから音楽やってんねん。
バンドマンってアホやからさ、バンドマンってアホやねん。でも次は絶対ソールドアウトさせたいねん。だから…次は絶対ソールドアウトさせような!」

 

途中、Hibikiくんが何言ってるんですか?って言わされてた笑  
文面にするとわかりにくいかもしれんけど、悔しさが伝わる発言で。至って真顔だった。

 

JaY「あれ、俺だけですか?笑」

せっかくだから他のメンバーもコメント。

 

彩雨「あ、ゴホッゴホッ」
急に咳き込むwwwww

 

苑「えええ、大丈夫ですか…笑」

 

彩雨「いやあ〜〜みなさんが美男美女すぎてお腹のあたりがぐわってなって」

 

苑「え、何言ってるんですか…笑」

 

彩雨「バンドマンアホだからさ

天丼wwww

 

彩雨「アホやからさー
アホなんやー
いや、(関西弁)大阪では言わないよ!笑
12周年を迎えて今になり摩天楼オペラ目標ができたのでね、これからもよろしくお願いします!」

 

燿「11周年、12年目ね!」

 

彩雨「もうその辺りになったら、そんな変わんないやんかー!

wwww

 

燿「では、せっかくなので一言。
摩天楼オペラを長くやってきましたが、摩天楼オペラって概念みたいだなと思うんです」

概念?

 

燿「きっと何かのきっかけがあって今日来てくれているんだと思うけど、きっかけは全て違って。最近来始めてくれた人も昔から来てくれている人もいると思うけど、それぞれ違うと思うんですよ。
だから、みんなに摩天楼オペラって何?って聴いたらみんな答えが違うと思うのね。でも全部間違ってなくて。だから概念みたいだなと」

 

苑「おお…概念というのが頭にかかってます笑」

 

燿「(JaYに対し)俺は…噛むよ!!11年間噛んだよ!!」

 

 

苑「ツアーファイナル。ライブ始まる前にここ赤坂で9年経ったと聞いて、そんな経ったのかと思いました。最初のライブのときは紗幕…薄い膜がかかっていて。ステージから膜がかかっているけど、みんなが見えていて、盛り上がるのかな…という気持ちだったけど、あっという間に2時間経って…ライブが2時間って誰が決めたんだろうね笑

それに広告のアサヒビールもみんなに向かずに俺に向かって見えてるし…」

下手後方にビールの宣伝があります笑

 

苑「過去は変えられないし、記憶を超えていくのは難しいことだけど、それでも俺たちは記憶を超えていけるようなライブをしていきたいと思います。11年目にここでできることにも意味があるんだと思っています。
アンコール、ぐわーっといきたいとも思ったけど、ここではJaYの一番好きな曲をやりたいと思います。みんなわかるかもしれないけど。
21mg」
18.21mg


この21mgめっちゃよかった。
アウトロで、苑JaYで向き合うんです。

チョーキングとハイトーン合戦で。これが今まで聴いた21mgで一番良かった。
記憶は記憶として良かったけど、それを超えるような、その日にしか聴けない楽曲を提供してくれるから今の摩天楼オペラは好きだ。

19.止まるんじゃねぇ
20.SHINE ON
燿さんベースが一番でもピック投げてすぐ指弾きにして、1番サビ終わりでまたピック持ってアップダウン繰り返し。二回投げた。


ジャーンのコーナーでは、
彩雨JaYで、彩雨さんがギターを下からジャーンしたところ、隙だらけでJaYが脇をくすぐってたw昇竜拳ミスってタイガーアッパーカット食らうケンみたいだった。

 

Wen.(19:57〜20:06)
苑「アンコールありがとうございます!楽屋までアンコール聴こえてました!今日は…まだ跳んでないでしょ?最後跳んでいこうぜ!赤坂跳んでいこうぜ!!そっちも…跳んで行こうぜ!」
と警備員さん煽る笑


苑「honey drop!!」
21.honey drop


最後ピックなどなど投げる。
Hibikiくんがスティックをものすごい量持ってきて、各メンバーが投げてた笑


そして、Invisible  Chaosのback trackが流れて合唱。合唱にはだいぶ高音がきつい!笑
-----------------------------
終演後、二階席に悠さんがいて、誰か名前を呼んだのを皮切りに悠!!!という声。
見に来ていたことも嬉しかったし、手を振ってくれたことも嬉しかったし、摩天楼メンバーが二階のすごく見やすい席に招待してくれたのも嬉しかった。


摩天楼オペラが前を見ていること、希望しかないと言い、悠さんとの関係も大事にしてくれている。なにか良い言葉で表現したいのに、嬉しい以外の言葉が見つからなかった。


“もう少し”でなく、ずっと応援していきたいバンドです。いつのまにか自分の中の存在が大きくなっているバンド。


これからの摩天楼オペラがもっと楽しみです。Invisible  Chaosツアー大成功でしょう!日程調整して10月行かな!年末もな!
ごちそうさまでした。


【セットリスト】
1.Invisible Chaos
2.落とし穴の底はこんな世界
3.BURNING SOUL
4.The Gambler
5.Psychic Paradise
6.It's You
7.もう一人の花嫁
8.SYMPOSION
9.悲哀とメランコリー
10.EVE
11.Adult Children
12.蜘蛛の糸
13.Mammon Will Not Die
14.孤独を知るには一秒も長すぎる
15.sara
16.喝采と激情のグロリア
17.PHOENIX
En.
18.21mg
19.止まるんじゃねぇ
20.SHINE ON
Wen.
21.honey drop

18.07.22 SOUL POWER なにわ SUMMIT 2018 /w 鈴木雅之、佐藤善雄、ゴスペラーズ、Skoop On Somebody、Bro.Korn、ダンス☆マン、さかいゆう、Anly@グランキューブ大阪

これも先週のお話。SOUL POWER なにわ SUMMIT 2018というイベントライブへ行ってきました。
場所はグランキューブ大阪メインホール
SOUL POWER SUMMIT。東京と大阪で開催されていて、今年で13回目。大阪開催は12回目らしい。

 

ダンス☆マン(17:00〜17:15)
1.背の高いヤツはジャマ
2.よくある名字「斉藤」

ダンス☆マン「改めましてこんにちは、ダンス☆マンです!短めに曲を聴いて頂きました。デビュー曲背の高いヤツはジャマ、よくある名字「斉藤」を聴いて頂きました!

 

SOUL POWERなにわSUMMIT2018!次の曲は以前SOUL POWER SUMMITで初披露させて頂いた思い出の曲です…コーラスがないといけません。呼びましょう、ゴスペラーズ!」
早くもゴスペラーズ登場!赤い衣装!

 

ゴスペラーズのメンバーが誰が喋ったかあんまわかんなくて、とりあえず「」入れときます。
ダンス☆マン、地球デビュー20周年おめでとうございます!ファンクとソウルの伝道師!」

 

ダンス☆マン「ありがとうございます!この曲はゴスペラーズにコーラスをしてもらわないといけません!二度と言い切ったりしない」

3.二度と言い切ったりしない(with ゴスペラーズ

ダンス☆マン「歌いながら帰っていきまーす」
とはけていくダンス☆マンゴスペラーズ


★Anly(17:16〜17:31)
1.この闇を照らす光の向こうに

Anly「大阪のみなさんこんにちはAnlyです。大阪は大好きな街で…デビューして2、3年よく来てまして。第二の故郷だと思ってます!
じゃあ第一の故郷はどこなんだ…と言うと沖縄県伊江島なんです」

 

Anly「一曲目はよくAnlyを知るきっかけになったと言ってもらえるので、スキマスイッチさんと作ったこの闇を照らす光の向こうにを聴いて頂きました。次は7月25日にリリースするアルバムから聴いて頂きたいと思います、ドライブしているイメージで聴いて頂けたらと思います。Moonlight」

2.Moonlight

Anly「次で最後の曲です、Oh〜Ohと歌うところがあるので良かったら一緒に歌ってください!」

3.エトランゼ

 

ゴスペラーズ(17:32〜18:01)
1.ヒカリ

ゴスペラーズです!SOUL POWERなにわSUMMIT!最初から声援をありがとうございます。
初めて来た方もいると思うので、念のため自己紹介をしたいと思います」
と5人自己紹介。


酒井さんははっきりと
「さかい ゆうじと申します。
似た名前がいるのでね!」
さかいゆう示唆w


「先日51枚目のシングルをリリースしまして…僕らもコツコツやってきました!」

 

「50枚目のシングルのときはレコード会社の方に言われて気づいたという。もう数えるのをやめました笑」

 

「ここでは50枚目のシングルのc/wを歌いたいと思います。なんと映画の主題歌になりまして。太賀さん、吉田羊さんが出演される“母さんがどんなに僕を嫌いでも”という映画の主題歌となっております。
親子の愛や親子であるがゆえの愛情表現の難しさなどを描いていて、ぜひ劇場で見てください!それまでは我々の歌を楽しんでもらえたらと思います」
2.Seven Seas Journey

 

村上「SOUL POWER SUMMIT、これがSOUL POWER SUMMITというのを見せていきたいと思います。初めて見る人にも何度も見てきた人にも楽しんでもらいたいと思います。SOUL POWER SUMMITといえばコラボレーション!先程歌って頂きましたAnly!」

Anly登場。

 

村上「SOUL POWER SUMMITどうですか?」

Anly「すごく貴重な経験をさせてもらって…たくさんの先輩方からいろんな話…面白い話をしてもらって笑」

 

村上「面白い話って…笑」

 

村上「今回共演するのは名曲ですね。グラミーですよね!」と曲紹介。

3.Hello(Adele cover with Anly)

黒沢「21ですからね…このイベントでAnlyのファンが着々と増えているのを感じます!!
先程c/wはやりましたけど、シングルの方をやってませんでした!みなさんと盛り上がりたいと思いますがいかがですか!」

4.In This Room
5.1 2 3 for 5

 

さかいゆう(18:02〜18:23)
1.Fight & Kiss
2.SHIBUYA NIGHT
曲中、
さかい「僕の神様!KO-ICHIROさん!」

と、Skoop On SomebodyのKO- ICHIROさんの紹介。


さかい「大阪のみなさんこんばんは、さかいゆうです!お久しぶりです」
何年かぶりらしい。

 

さかい「諸先輩方にはいつもかわいがって頂いて…かわいがって頂いて…かわいがって頂いて笑
リラックスできません!!笑
ソウルのレジェンドの方と久々にご一緒するので…頑張ります。最初はリリースしたばかりのFight&Kiss EPからFight&Kissを聞いて頂き、続いてSHIBUYA  NIGHTという曲を聞いて頂きました。

 

次の曲はFight & Kiss EPの最後に入ってる曲です。松田聖子さんのSWEET MEMORIESをカバーさせて頂きました。ソウルアレンジをしたんですけど、JPOPなんか聴いてる友達に…JPOPなんかって言っちゃダメだな笑
JPOPを聴く友達もいるわけですが、そんな人には暑苦しいと言われます笑
今日この会場に来て下さってる方々にアレンジを気に入って頂けなかったら高知県土佐清水市へ帰ります!笑」
3.SWEET MEMORIES
めっちゃ良かったよ!
3拍子のスローロック調で。


Skoop On Somebody(18:24〜18:48)
1.束縛
TAKE「SOUL POWERのみなさんこんばんは、Skoop On Somebodyです。
SOUL POWER始まって袖で見てました。さかいゆうはさっき何か降りてきてましたね…話してたけど、さかいゆうはおばけだ!Anlyもすごかったね。
このイベントはマーチンさんとゴスペラーズSkoopのソウルトライアングルに若手のAnlyやさかいゆうも加わってもらってます。まあさかいゆうはもう若手というよりベテランだけど笑
でも久々に彼が来てくれて良かったと思ってます。

みなさん名曲や有名な曲はたくさん聴いたでしょ?だからここからはリラックスして聴いてもらえたらと思います。ボクが守るとか、遠くにいても守るとか言わないから!笑」
抱きしめてとかのこと言ってんのかな笑

 

TAKE「若い奴らは若い奴らで楽しんで、大人は“大人ずるい!”って言われるような音楽を奏でていきたいと思います。まさに最新アルバムState of Soulがそんな世界なので。そのアルバムからLuvtone、Nice'n'Deep」

2.Luvtone
3.Nice'n'Deep

TAKE「次で最後の曲です」

 

\えー/

 

TAKE「そういうの待ってました!」

 

 

TAKE「昨年は僕らは20周年で盛大にSOUL POWERで祝って頂きまして。今年21年目はまたツアーを廻ります。10都市」

 

KO- ICHIRO「61公演!」

 

おおお!!!

 

TAKE「滞在型で、その土地に滞在してコンサートをやりたいと思っています。この時間ならいける…って日を選んで来てもらえたらと思います。コラボレーションをしたいと思います。
Anly!さかいゆう黒沢薫!」


4.The Greatest Showman-This is Me-(with Anly,さかいゆう,黒沢薫

 

★Bro. KORN(18:48〜19:05)
1.Verhicle

Bro. KORN「この前すごく久しぶりにトムに会ったんですよ。実は今年でバブルガムブラザーズ35周年で。
10年ぶり…電話番号もLINEも知らないのでね。今何してんの?って聞かれて、同じようにライブやって音楽活動してるよって話をして。
再々会したのをきっかけに35周年ライブをすることになって…トムも大阪に来てるんですよ。呼んでみましょうか!トム!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


…え?帰った??」
このネタまじかよwww

 

Bro. KORN「ディナーショーもやるのでぜひ来てもらえたらと思います。それではそんなバブルガムブラザーズの曲…心残りのアヴェニュー」
2.心残りのアヴェニュー
3.Trokel Lady
彼らも歌って踊りながら帰って行った笑


鈴木雅之(19:06〜19:46)
1.おやすみロージー


鈴木「ラブソングの王様…鈴木雅之でーす!!SOUL POWER なにわSUMMIT…すごく待ちましたよ!今年で13回目を迎えます。大阪は12回目ですね」
干支が一周でワン!って言わせてた気がする。

そして、それまでの出演者に一言コメントして紹介。


SOSはTAKEさんに対し、
鈴木「TAKEはこれまでSOUL POWER SUMMITのセクスィー部長と呼んでいたけど、エロ番長です!!!

www

ちゃんとMC忘れちゃったけど、山下達郎に作ってもらった曲ということ。


鈴木「そして、SOUL POWER SUMMITは毎回コンピレーションアルバムを作っています」
コンピって曲を寄せ集めてるかと思ったら、それぞれ歌ってるのね!すごい!

 

鈴木「今年2018年は1978年から40年経ってて。山下達郎さん縛りでもう一曲1978年の曲で楽しむのはどうでしょうか!」

2.Bomber(山下達郎cover)

鈴木「シャネルズは1975年結成して、1978年も大事な年を過ごしてきたんです」
と佐藤義雄さんを呼び込む。ドゥー=ワップのお話。黒塗りした話、黒人だけど大森生まれみたいな話してた笑
一緒に佐藤さんの曲を歌う。 


3.30th(with 佐藤善雄)

この辺だったかな、どっかの曲で、
鈴木「裏で取らないといけないんですよ。見事にばらばらでしたね!難しいもんね!」
って言ってて笑  たしかに会場内年配の人も多くて、1.3揉み手でリズム取ってたし笑

 

その後、ゴスペラッツとして呼び込み。
ゴスペラーズ酒井さん、村上さん呼び込み。

鈴木「1978年といえば、サタデーナイトフィーバーが日本で公開された年です。そして、1978年、ジョンベルーシー主演作アニマルハウスが大好きで。当時レコードもなかったから、映画5回見に行きましたよ」
その部分だけ録音したらしい笑

 

4.Shama Lama Ding-Dong(ゴスペラッツ
5.め組のひと(ゴスペラッツ

 

鈴木「1985年それぞれが新たに力を蓄えようとラッツ&スターはソロ活動を開始しました。そして、改めて一つに戻るのに10年かかりました」

そのライブに佐藤さんに誘われてゴスペラーズも来てたらしい。

 

村上「代々木体育館ですよね、見てましたよ。あのときは周りのお姉様方がすごかった…あんなライブ見たことないですよ!」

 

鈴木「佐藤がゴスペラーズと関わりがあったからゴスペラッツもできて。
そしてラッツ&スターに改名せずシャネルズのままだったら…シャネラーズ?ゴスネルズ?とかだから改名したのも伊達じゃなかったわけですよ!!」

 

酒井「そして、ゴスペラッツ結成の翌年からSOUL POWER SUMMITが始まるわけですよ」

 

鈴木「あのライブの曲紹介で曲をスタートするのはいかがでしょうか?
この曲が流れていたあのとき、あなたは誰とどんな恋をしていたでしょうか…」
6.Tシャツに口紅(ゴスペラッツ
7.夢で逢えたらゴスペラッツ
これ嬉しかった!夢で逢えたら好きな曲。


En.(19:48〜20:25)
ダンス☆マン登場

ダンス☆マン「SOUL POWER TRAINは今夜も定刻通り発車〜まずはAnly!」
SOUL POWER TRAINはソウルナンバーを畳み掛けるアンコールみたい。

 

1.Mac Arther Park(Anly   Donna Summer cover)
2.Stand Up(ダンス☆マン&Anly  Atlantic Starr cover)
3.Hot Butterfly(さかいゆう&酒井雄二  Gregg Diamond Bionic Boogie cover)
4.More Than A Woman(黒沢薫&北山陽一&安岡優&さかいゆう Tavares cover)
5.YOU&I(黒沢薫&北山陽一&安岡優&TAKE   Rick James)
6.Disco Dance Contest(ゴスペラッツ  The Dramatic cover)
7.Won't be long(全員  バブルガムブラザーズ cover)
8.We Got Soul Power(全員)

最後にバンドメンバーの紹介。バンドメンバー全員知りたいけど誰か教えて!
------------------------------
急遽参加を決めて良かった!
最近ソウルとか16ビートを気にして聴くようになっていて。完全に卓偉さんの影響だけど笑

どのアーティストも初めて見たけど、知らない曲も本当に楽しかった。横揺れでステップ踏んで、多幸感高揚感に満たされたライブでした。


Skoopは特にTAKEさんの声量すごくてノンマイクでこんな聴こえるのかという瞬間があった。TAKEさんの声に絡むKO-ICHIROさんのピアノを軸に展開するR&Bナンバー。これはワンマン行かないと…。


ダンスナンバーは低音を効かせないといけないからベースも五弦だったり、16ビートで音数詰めたり、普段好きなHR/HMと似ずとも通ずると思っています。ジャンルという言葉で分断されているように見えるけど、音楽は繋がっている。


ジャンル分けは便利であり、不便だなといつも思うのです。これからも聴きたいものを聴いていきたいなと思えたそんなライブでした。
ごちそうさまでした。

【セットリスト】
ダンス☆マン
1.背の高いヤツはジャマ
2.よくある名字「斉藤」
3.二度と言い切ったりしない(with ゴスペラーズ

 

★Anly
1.この闇を照らす光の向こうに
2.Moonlight
3.エトランゼ

 

ゴスペラーズ
1.ヒカリ
2.Seven Seas Journey
3.Hello(Adele cover with Anly)
4.In This Room
5.1 2 3 for 5

 

さかいゆう
1.Fight & Kiss
2.SHIBUYA NIGHT
3.SWEET MEMORIES 

 

Skoop On Somebody
1.束縛
2.Luvtone
3.Nice'n'Deep
4.The Greatest Showman-This is Me-(with Anly,さかいゆう,黒沢薫

 

★Bro. KORN
1.Verhicle
2.心残りのアヴェニュー
3.Trokel Lady

 

鈴木雅之
1.おやすみロージー
2.Bomber(山下達郎cover)
3.30th(with 佐藤善雄)
4.Shama Lama Ding-Dong(ゴスペラッツ
5.め組のひと(ゴスペラッツ
6.Tシャツに口紅(ゴスペラッツ
7.夢で逢えたらゴスペラッツ

En.
★SOUL POWER TRAIN
1.Mac Arther Park(Anly   Donna Summer cover)
2.Stand Up(ダンス☆マン&Anly  Atlantic Starr cover)
3.Hot Butterfly(さかいゆう&酒井雄二  Gregg Diamond Bionic Boogie cover)
4.More Than A Woman(黒沢薫&北山陽一&安岡優&さかいゆう Tavares cover)
5.YOU&I(黒沢薫&北山陽一&安岡優&TAKE   Rick James)
6.Disco Dance Contest(ゴスペラッツ  The Dramatic cover)
7.Won't be long(全員  バブルガムブラザーズ cover)
8.We Got Soul Power(全員)

18.07.21 ブリーフ&トランクス 「ふたりきりっていいよねBESTツアー2018」〜デビュー20周年記念ライブ!〜@大阪バナナホール

先週の話です。
ブリーフ&トランクスのライブへ行ってきました。場所は🍌バナナホール🍌

f:id:snowmansan:20180728070854j:image
f:id:snowmansan:20180728070858j:image

 

ブリトラバナナホールと言うとなんか卑猥。そして、この日は0721の日。なんだこれはw

 

彼らは今年デビュー20周年。
半径5メートル以内の日常生活を歌い、笑ってしまう楽曲多数。下ネタもたくさん。


ずっと行きたかったユニットでやっといけました!

17:00〜19:01
17:00になった瞬間影アナ。色々禁止事項の説明。
「チッスやぺッティング行為は禁止とさせて頂きます」
そうだね笑
 
「携帯はマナーモードが電源を切るか、携帯をぶっ壊してください!」
って感じだったかな、変わってたとこは笑

 

ふーたりきりっていいよね、さんにんきりっていいよね、ろくにんきりっていいよねとか一人きりっていいよねを変えたSEが流れ登場。

 

1.クラブ
2.コンビニ
3.逆に

伊藤「改めましてブリーフアンドトランクスでーす!Hello,my friends!」

突然の卓偉感!

 

伊藤「ブリーフアンドトランクス20周年むかえました、ありがとうございまーす!
大阪のみなさんはやっぱすごいね。普段東京でライブしてるので、どうかな…大丈夫かなとか思うわけですよ。出てきた瞬間、みんなの笑顔見て、あぁホームだな!と思いました!

 

ちょっと交通整備させてください!みなさん見えてますか?前の人と被って全然見えないって人いませんか?見えない人いたら、両端に柵のところがあります。そこ行ってもらって大丈夫なのでね。お子さんも見えるかな?」

両端に柵があったわけです。そんなやってんの優しいね。

 

伊藤「後ろの娘さん抱えてるお父さんいらっしゃいますね。たぶん途中大変なんで、交代した方が良いと思いますよ」

 

細根「あぁ、娘さんとお父さん交代すんの!!?

www


伊藤「大阪はね、個人的に大好きな街なんですよ。関西弁好きでね、特に大阪弁大阪弁良いよね、女性も男性も!」


細根「男性もいいのね!」


伊藤「男性は大阪弁喋ってたらすぐ友達になれる気がする、女性はすぐ好きになる!よくスーツ着てる男性は三割増しって言うじゃないですか?大阪弁喋ってると三割増しなんですよ。あ、大阪弁喋ってない人が三割減ってわけじゃないですよ?みんなフラットな状態で、大阪弁の人が三割増える感じ、モアベター的なね!」

 

伊藤「前回僕らが大阪来たのが2016年。そのときに来てくれた方いますかー?半分ぐらい!逆に今日初めて来てくれた方いますかー?ありがとうございます。

前回ね、“次回大阪でやるときも来てくれますかー!?”ってきいたんですよ。半分ぐらい来てくれてない!!

 

細根「言い方ww半分は新しく来てくれてるじゃないですか!」

 

伊藤「そうだね!お風呂のお湯もずっと一緒じゃダメなんでね、循環しないと

 

細根「言い方ww」

 

伊藤「初めましての方もいると思いますので、自己紹介したいと思います。向かって…ギター持ってる方が伊藤多賀之42歳独身です!独身でーす、俺の人生どうなってんだよ!!!」

 

 

伊藤「独身の方いますか〜独身の女性の方いますか〜」

 

細根「相手にも選ぶ権利があるからね笑」

照明も明るくなってじーっと見る伊藤さん笑

 

伊藤「あ〜いましたねぇ!
続いて細根!」

 

細根「細根誠でーす!よろしくお願いしまーす!」

 

伊藤「短いよ!」

 

細根「いや、こんなもんだよ!今日はオールスタンディングだから、みんな疲れるだろうしMC短めって言ってたのに最初からこんな感じですよ笑」

 

伊藤「楽屋でそんな話だったね笑」

 

伊藤「ここでバンドメンバーの紹介をしたいと思います。後ろの人見えるかな…前の人も見えるかな…背後霊たちです!」
とジョンだかポールだか名前忘れたけど、ドラム、ベース、キーボードの紹介。実際は2人で同期。
→ブログに背後霊メンバーの名前がアップされてた。
【サポートメンバー】
Guitar:ジョニー(伊藤の背後霊)
Keyboards:ティッシュ(伊藤の背後霊)
Bass:アーティー(伊藤の背後霊)
Drums:ポール(伊藤の背後霊)

らしい。

 

伊藤「僕たちは3月にブリトラBESTバイブルというベストアルバムを出して、そのツアーになります。その中に収録されて曲をメインにやりますが、そこに入ってない曲もやっていきます!
スタンドのみなさんは大丈夫ですか?ここはアリーナで、壇上はスタンドなんでね!スタンドのみなさんいけますか!またここから何曲か聴いて頂きたいと思います。ペチャパイ!」

4.ペチャパイ
ラジオで流れてたペチャパイを聴いて小学生のとき気になったんですよ。だから聴けて嬉しかった!


5.ホルマリン漬けの君
6.洗濯機
洗濯機でミス。歌詞忘れ笑
続けようとしてて

細根「さすがに無理でしょ!笑」

 

伊藤「汗が目に入って痛くてもうおかしくなった!笑 じゃあみなさん、ホルマリン漬けの君が終わったところからいきますよ!」

じゃーん、88888
と洗濯機再スタート笑

 

細根「ハプニングありましたね」

 

伊藤「いやー完璧な演奏だよ。リハーサルでも間違えたことないよ!」

 

 

伊藤「でもライブの醍醐味ってそこじゃないですか、ミスするとこですよ!完璧な演奏ならCD聴いていたら良いんですよ!」
開き直りきた!笑 

 

伊藤「例えば彼女の初めての手料理。程良く美味しくない!それが良いんですよ。いきなりフランス料理出てきたら面白くないでしょ??」

 

細根「でもね、僕たち今日初めて歌い始めたんじゃないんですよ

 

伊藤「じゃあすいません」

 

細根「じゃあって!それ1番怒られるやつ!!!
www

 

伊藤「個人的に大阪弁好きなんですよ。大阪弁で“伊藤さん好きなんだけど!”ってなんて言うの?」

前の方に聴いても応えない笑

 

伊藤「関西人じゃないな!!??」

 

 

細根「嘘は言えないって、好きじゃないって笑」

 

伊藤「じゃあブリトラでいいよ!ブリトラ好きなんだけどってなんて言うの?」

 

\めっちゃ好き/

 

伊藤「ブリトラすら入らないっていう笑」

 

細根「ほら、無理な質問するから」

 

伊藤「聴かなきゃ良かった!!!

wwwww

 

伊藤「細根は大阪好き?」


細根「大阪好きだよ、まあ好きだよ」


伊藤「なんだよそれ!伝わってこないよ!じゃあ大阪は何番目に好き??」


細根「何番目…まず1番は生まれたところだから静岡でしょ…?


伊藤「まあそうだね」


細根「次に熊本で修行してたから2番目は熊本でしょ?


伊藤「それは仕方ないね」 


細根「島国好きだからな〜沖縄でしょ?それと北海道…新潟…


伊藤「大阪いつ出てくんだよ!!!!


wwww


伊藤「3番目ぐらいには出ると思ったよ!!!」


wwww


細根「でも好きだよ」  


伊藤「でもってなんだよ、どこにかかってんだよ笑  さっきの逆にって歌みたいにどこにかかるんだよ笑」


細根「逆に好き」


wwww

細根「また喋りすぎてるw」

 

伊藤「一つこれだけ喋らせて!これで終わりにするから!長い話を短くまとめて話します!
みなさんポールサイモンってご存知ですか?サイモン&ガーファンクルのメンバーでほとんどの曲を作ってんのね。Hello darkness,my old friend〜ってやつね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


I've come to talk with you again〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Because a vision softly creeping〜 」


細根「え、歌うならちゃんと歌おうよw」

 

伊藤「サイモン&ガーファンクルがいなかったらブリーフアンドトランクスはなかったんたけど、この前ブリトラはブリッツのライブが5/20にあって、その3日後ロサンゼルスへ飛びまして。


というのもポールサイモンが引退ツアーを廻っていたんですよ。北米ツアー。それをどうしても見たくて。ロサンゼルスはあえて遠くの席から見て。大きいライブは遠くから観ると前方が盛り上がってる様子や全体が観れるから良いんですよね!
で、ラスベガス公演も観てきました。


ラスベガス公演はアリーナの最前列で見てきたんですよ。」


へえ!!!


伊藤「頑張って取ったんですよ、お金出して。
あ、公式でね!海外のライブは最前列がチケット代別とかなんですよ!
最前列が10万で、2列目が5万、3列目が3万とかで、半額で見れるなら2列目で良いかなと思う人もいて、意外と最前列空いてるんですよ。
で、すごく感動して泣いてしまって。終わったらTシャツがこんな濡れてて(首周りものすごく濡れたらしい笑)


感動したというのもあるけど、引退することが悲しくて悲しくて。そのときに思ったんですよ、みんなにはそんな思いさせたくないなって。だからブリトラは死ぬまで引退はしません!!!!


いいおはなし!!!


伊藤「そんなサイモン&ガーファンクルに影響を受けて作った名曲…まんげつ」
まんげつwww

 

7.まんげつ
「まんげ〜〜つの夜に
まんげ〜〜きょうを覗けば
いちまんこ〜〜の宝石」
とか、普通の言葉だけど下ネタに聞こえさせる曲。


「チンゲン菜の美しさを静止画に写して」


とかもう中学生の言うネタwww

8.セレブの法則
9.定食屋

 


大寝坊冒頭で、叫ぶ前に同期をスタートしてしまう。
伊藤「おいポール、叫んでからって言っただろー!!?」
www


またやり直し笑


伊藤「では定食屋が終わったとこからやりますよ!!!」
10.大寝坊


伊藤「いや〜全然ミスもしない!完璧な演奏だ!」



伊藤「暑い!暑いって関西弁でなんて言うの?」


あ(→)つ(↑)い(↓)ではなく、
あ(↑)つ(↓)い(↓)の話をした。


伊藤「あつい?あついね!めっちゃアドレナリン出てる!!!」



伊藤「ちょっとみなさん…まったりしましょうよ。写真でも撮る?」
とよくわかんないけど、写真コーナー。
伊藤さんがスマホ取り出し、


伊藤「細根入ってよ」
と、会場下手側を細根さんと撮影。そして上手を撮ろうとしたとき、


細根「今度は撮るよ」
と上手は伊藤さん撮影。


伊藤「これは特にブログにも上がりませんので、ただの思い出ですので」


あげないんだ笑
最終ブログにアップしてたけど笑


伊藤「なんかまったりしたでしょ?
みなさん…何かリクエストありますか?」
と前の方にいたお子さんに質問。


\パチンコ/


伊藤「パチンコ!!」


11.パチンコ(ワンコーラス)


伊藤「子どもからパチンコ来るとは思いませんでしたよ…他にありますか?」


外反母趾


伊藤「サビだけでも良い?」


細根「え、サビってどこ??」


伊藤「最初から歌ってみようか」



12.外反母趾(ワンコーラス)

 

すぐ歌えるのね(°_°)
結局、ワンコーラス歌って、


伊藤「サビだけって言ってたけど結局歌っちゃったから1000円置いて帰ってくださいね」


www


お子さんには
伊藤「さっきの子は50円置いてってね」


細根「50円なら奢ろうよwww」


伊藤「お金を払わないと音楽は聴けないことを早いうちに教えないと!」



伊藤「今日はお子さんもたくさんいますね。大丈夫かな…って曲がたくさん。まんげつとか大丈夫かな」


細根「まんげつは…大丈夫でしょう!」


伊藤「初めてのメジャーデビュー…?メジャーデビューから20周年になりました。途中細根くんの中抜けもありましたけど笑
でも、ソロのときもずっとブリトラの曲をやってたんです。だから僕は20年ずっとブリトラをやっていたと思ってます。
だからね、ソロのときの曲も細根とやりたいと思うんですがいかがですか?
これ、東京のお客さんに怒られるかもな…リクエストたくさん来てたけど全部無視したからな笑」


で、ソロ曲コーナースタートと思いきや
「ちょっと待ってください!」


とポール(ドラム)が喋り出す。
ただ、音声の調子がおかしくて止まってしまう。


伊藤「ポールどうしたんだ?今日ちょっと調子悪いな!たぶんね、ブリトラコピー①ってやつにCDR変えた方が良いと思うよー!」


と業務連絡www
CDを変えて、ソロ曲へ。


ポール「ちょっと待ってください!」
とTake2


ポール「ブリトラにはせっかくなんでドームでライブをやってほしいんですよ!」

伊藤「え?大阪で言ったら京セラドームとか?」


ポール「いやいや!ブリトラなんでそこはコンドームで!コンドームでやってほしいと思います!」


伊藤「コンドームかぁ、コンドームは先っぽ丸いからな、あそこはライブやりにくいんだよなぁ!」


ポール「いやいやいや、コンドームでライブできるわけないでしょ!」
いやいやいやとバックバンドの人の声が入る。


伊藤「いやーポールが振ったからノリツッコミしたんだろ…」
というよくわかんない茶番もあり、ソロ曲へ。


13.生活の知恵
14.団地妻の説教
15.893


伊藤「誰も知らなかったらどうしよう…と思っていたけど良かった!知らなかったら俺のソロなんだったんだ…ってなっちゃう笑」

 

伊藤「次はブリトラの中でもメッセージが詰まっていたりする曲を聴いてほしいと思います。」
16.タンポポ
17.デザイア
18.虫女


伊藤「暑い…良いTシャツ着てますね」
と前の方をいじってた。


伊藤「みなさんそろそろ足が棒になってきた頃でしょう。屈伸の逆した方が良いと思いますよ。


でもね、僕らもたちっぱなしなんで!しかも動いて歌って僕らの方が疲れてますからね!」


伊藤「ここからは最後まで駆け抜けたいと思います!」

19.ズッキーニ
20.へーへーへー
21.権力ハニー
22.ゴールデンボール
23.青のり
青のり早口大変そうだった!


アンコールは変態コールなのね。へーんたい、へーんたいって言うてた。

En.(19:03〜19:35)
伊藤「アンコールありがとうございます。変態だけどみんなの方が変態ですよ!冒頭に言ったけどmy friendsだからさぁ!」


フロアから\明日も行くよ/の声


伊藤「…まじか。今日とあんま変わんないんだよね」



伊藤「そうだ、今日はベロベロに酔っ払ってください。今日のことは一旦忘れましょう!で、夢だったのかな〜って感じで明日また来てください笑」


伊藤「20年続けて来られたのは…俺の才能!もある…細根のハーモニーもある…何よりみなさんが応援してくれたからだと思ってます。本当にありがとうございます!そして、スタッフのみなさん、ポニーキャニオンさんありがとうございます。またここから数曲聴いてもらえたらと思います」


24.風のとらえかた


伊藤「東京でブリトラカフェってのをやってまして、やってたんですよ。そのときに“大阪に行くんでムンクの叫び声やってください!”って言ってた方いますか?」


\はーい/


伊藤「ごめん、今日喉の調子悪くてできないんだわ…うそうそ!」
ムンクスタート。

25.ムンクの叫び声
息継ぎなしで叫ぶところがあって、ずーーーっと長く叫んでる。
最長記録って言ってた!何秒かわかんないけど!


伊藤「もう2度とやりたくありません!」

 

26.ホルモンを飲む瞬間

伊藤「みなさん見えてますか?最後はまた動き回りたいと思います。
1つグッズの宣伝していいですか?この紫のTシャツ」
紫にブリトラと白文字で書かれている。


伊藤「ここ(白文字のとこ)にこれまで作った曲のタイトルが入っていて、制作に時間かかりました…でも残っています!!」



伊藤「紫良いと思うんだけどなぁ!グッズはね、お金じゃないんですよ!ライブはみんな記憶から薄れていくけど、グッズ、グッズを買っていればそれを見たときにふとライブを見たことを思い出します。
グッズはお金じゃないんですよ!思い出なんですよ!」


伊藤「そして、赤坂でのライブがDVDになります。今日予約してくれた方には今日のライブの特典なんで、今日の2人のチェキが入ります。それもこの格好(Tシャツ)じゃわからないので、脱いだ衣装をまた着て撮ります笑
チェキの良いところは世界に一枚しかないところ。


Amazonなんかで買わずに!」


細根「Amazonなんかって言っちゃダメですよ笑」


伊藤「いや、僕もAmazon好きなんですよ?安いんでね。安いんだけど、なんであんなDVDとか安いの?絶対利益ないんだけど…安いのは好きなんですよ?でもぜひ今日予約してもらえたらと思います。
ラストこの曲で盛り上がっていけますか!」
と手をパンパン叩く。


伊藤「このリズムでずーーーっと叩いてください!あー手がきつい!」


27.パインパン
この曲タイトルもすごい笑


伊藤「東京もぜひ来てくださいね、バンドスタイルのライブとかしてますので!ありがとうございましたー!」
---------------------------
やっとブリトラいけた!
中学生が考えそうな歌詞内容がたくさん笑


でもハーモニーはすごくて。
サイモン&ガーファンクルがもし下ネタを歌ったらこんな感じだったのかなぁ。
さなだ虫とか残尿感とかブルマンまだまだ聴きたい曲あって、次回も行かないと。

20周年すごいね、伊藤さんのソロは正直半ライス大盛りしか聴いてないから聴かないとな。

楽しいライブでした!
ごちそうさまでした。


【セットリスト】
1.クラブ
2.コンビニ
3.逆に
4.ペチャパイ
5.ホルマリン漬けの君
6.洗濯機
7.まんげつ
8.セレブの法則
9.定食屋
10.大寝坊
11.パチンコ(ワンコーラス  リクエスト)
12.外反母趾(ワンコーラス リクエスト)
13.生活の知恵
14.団地妻の説教
15.893
16.タンポポ
17.デザイア
18.虫女
19.ズッキーニ
20.へーへーへー
21.権力ハニー
22.ゴールデンボール
23.青のり
En.
24.風のとらえかた
25.ムンクの叫び声
26.ホルモンを飲む瞬間
27.パインパン

18.07.08 ロックマン30周年記念ライブ 夜公演@なかのZERO 大ホール

ロックマンのライブへ行ってきました(3回目)
念のため書いておきますが、ロックマンは30周年を迎え、今年で31周年となります。
それを記念したライブなわけです!

 

全公演セトリが少しずつ違うのと、ゲストも違うという。
それの最後、8日夜公演。

f:id:snowmansan:20180720204026j:image

f:id:snowmansan:20180720204039j:image
f:id:snowmansan:20180720204034j:image
f:id:snowmansan:20180720204022j:image
f:id:snowmansan:20180720204030j:image

 

今回こそ話被ってるとこは抜いてる手抜きレポです!

 

17:30〜18:15
1.Dr.ワイリーStage 1【ロックマン2】

楪「ロックマン30周年記念コンサート、ついに最後となりました!」

 

ウッチー「ついに最後ですね…!」

 

楪「ちなみになんの格好してるかわかります…??」
前日と昼公演とは雰囲気が違った。

 

\ブルース/

 

楪「ブルース!!?」

確かに赤いw

 

楪「ロールちゃんを意識しました…そして夜なんでね。大人のロールちゃん
なんかエロい!

 

バンドメンバー紹介。

岩垂徳行(arrange、manipulate、and etc.)
宮崎大介(guitar)
榎本敦(bass)
上倉紀行(keyboards、guitar、and arrange)
山内優(drums)
MARI(violin)
MOS:AMI(alto sax)・Lotta(tenor sax)・MAU(baritone sax)・AIR(trumpet)・Remi(trumpet)・Erna(trombone)

 

内容ほぼ忘れちゃったけど、土屋さんを呼び出し。

話の内容はだいたい同じだった気がする。

 

土屋「ロックマン11発売日が10/4に決まりまして、制作チームは佳境を迎えております。
作品としてとても手応えを感じておりまして、自分で遊んでても“これ、ノーミスでどうやったらクリアできるかな?”と話しているくらいです」

 

楪「公開されてるのはこの後披露されるヒューズマンステージですもんね」

 

土屋「ロックマンは難しいな…って思っている人にもぜひやってもらいたいです。今回のロックマンは難易度を選ぶ事ができまして…今までロックマンをやったことのない人にもやってもらいたいと思い作りました」

との事で、クリアしやすいモードもあるようです。

 

2.ロックマンメドレー【ロックマンシリーズ】
スラッシュマン ステージ(7より)〜ニトロマンステージ(10より)〜ファラオマン ステージ(4より)
3.Fuse Man Stage【ロックマン11】

続いて、ゲスト松前真奈美さんと海田明里さん

楪「松前さんは昨日と昼公演に引き続いてありがとうございます。海田さんはロックマンエグゼシリーズですね」

 

海田「そうですね。昼公演は普通にお客さんとして席で聴いてました笑」

そうなんや(°_°)

 

楪「作るときに気をつけたことありますか?」

 

松前「当時は8bitのピコピコサウンドだったので、繰り返しで耳に残るメロディを意識してましたね。泣きのメロディを入れて。
カットマンが一番最初にOKもらった曲なんですよ」

へぇ!

 

海田「エグゼのときもそんな変わらなかったですよ、作り方は…」

 

ウッチー「エグゼは新しいと思いましたけど、作り方はそうでもないんですね」

 

海田「ロックマンから続いている泣きのメロディはエグゼでもそのまま受け継がれています」

松前さんは昔はCD屋にゲームミュージックというコーナーすらなかったって話をしていた。たしかに。

 

4.カットマン ステージ【ロックマン
5.フラッター号 VS ゲゼルシャフト号【ロックマンDASH

 

18:30〜19:34
休憩明け、楪さん、ウッチーさん登場。
ゲストのMCU登場。

楪「3公演とも登場して頂いて…」

 

MCU「暇なんです!!」
と同じ話w

 

楪「先程の#土下座がはやいってもうハッシュタグついてましたよ!それとゲーム動画上げられてて速いですね笑」

 

ウッチー「もうあがってましたね…!」

 

MCU「さっき言い忘れたことがあって。
ロックマン5もワイリー負けるんですけど、負けるとばーっと走って行って土下座しないんですよ。でもばーっと行った先で、くるっとして土下座、タメ土下座するんですよ」

#タメ土下座  が生まれた瞬間でしたw

 

楪「ロックマンが好きすぎて曲作っちゃったんですよね?歌って…もらえるんですか?」

 

MCU「最終公演だけ歌わないことはないでしょう!笑」

同じくI LOVE ROCKMANを歌ってました。

 

MCUロックマンは1987年から始まって今年2018年。運命の歯車が回り始めてます!これから2019年、2020年…いや、僕の書いたボスキャラ(何マンだったかな…)が採用されるまで続けてほしいと思います!」

ということでMCU去って行きました。
と同時に楪さん、ウッチーさんは再び土下座ww

 

6.ロックマンエグゼメドレー【ロックマンエグゼシリーズ】
RUNNING THROUGH THE CYBER WORLD(1より)〜FINAL TRANSMISSION(3より)〜THEME OF ROCKMAN EXE 6(6より)
7.流星のロックマンメドレー【流星のロックマンシリーズ】
Shooting Star(1より)〜Wave Battle(2より)〜Last Battle(3より)
8.ロックマンゼロ・ZXメドレー【ロックマンゼロ・ZXシリーズ】

 

楪「この夜の回でロックマン30周年ライブは終わってしまいますが…どうですか?次はありますか?」

 

土屋「こうやってロックマンのライブをやったのが初めてですからね。ぜひ次もやれたらなと思いますね。それぞれの世代に、それぞれの人にそれぞれの時代のロックマンがいて。
無印がオリジナルでもなくて、どんな人にもあの青い少年の姿が心にあればそれだけで良いなと思います。」


9.ロックマンX メドレー【ロックマンXシリーズ】
オープニングステージ ゼロ(4より)〜Higher The AirAir Force Stage(7より)〜VS Lumine〜The second form(8より)
10.Give it A Shot【ロックマンX アニバーサリーコレクション】
11.X VS ZERO【ロックマンX5】

 

En.
同じくロックマンエグゼのロックとブルースが登場し、アンコール。

12.ロックマンエグゼメドレー
またバスターを向けて、岩垂さんを脅す。
もう一曲!

 

13.Dr.ワイリーStage 1【ロックマン2】+ I LOVE ROCKMAN(with MCU

楪「今回これでロックマン30周年記念ライブは終わりますが…またやってほしいですよね!来年とか!」

お願いします!!!!

楪「みなさん、ありがとうございましたー!」
---------------------------

発表されたときから本当に楽しみにしていたライブでした。


ロックマンはやったことある人はわかるけど、子供向けと思いきや難しいゲームで。そこで何度も投げ出して、何度も挑戦した記憶が強いわけです。何度もやるとステージの音楽も頭から離れないわけです。

 

そして、当時はハードロックやメタルとかわからなかったけど、今思うとそんな楽曲がメインであり、年齢が上がるとともにバンドサウンドやHR/HMにはまっていったのは必然で。
全てのことには因果があって、今音楽が好きな自分のルーツの一つはロックマンなのだと思う。

 

同人CDでアレンジされたものもたくさん聴いてきたけど、本家CAPCOMが乗り出してやってくれたのが嬉しかった。ロックマンのライブって絶対需要あるので、これからも毎年やる勢いでやってほしいです。
特にロックマンX。メタルの宝庫です。
ごちそうさまでした。


【セットリスト】
1.Dr.ワイリーStage 1【ロックマン2】
2.ロックマンメドレー【ロックマンシリーズ】
スラッシュマン ステージ(7より)〜ニトロマンステージ(10より)〜ファラオマン ステージ(4より)
3.Fuse Man Stage【ロックマン11】
4.カットマン ステージ【ロックマン
5.フラッター号 VS ゲゼルシャフト号【ロックマンDASH
6.ロックマンエグゼメドレー【ロックマンエグゼシリーズ】
RUNNING THROUGH THE CYBER WORLD(1より)〜FINAL TRANSMISSION(3より)〜THEME OF ROCKMAN EXE 6(6より)
7.流星のロックマンメドレー【流星のロックマンシリーズ】
Shooting Star(1より)〜Wave Battle(2より)〜Last Battle(3より)
8.ロックマンゼロ・ZXメドレー【ロックマンゼロ・ZXシリーズ】
9.ロックマンX メドレー【ロックマンXシリーズ】
オープニングステージ ゼロ(4より)〜Higher The AirAir Force Stage(7より)〜VS Lumine〜The second form(8より)
10.Give it A Shot【ロックマンX アニバーサリーコレクション】
11.X VS ZERO【ロックマンX5】
En.
12.ロックマンエグゼメドレー
13.Dr.ワイリーStage 1【ロックマン2】+ I LOVE ROCKMAN(with MCU

18.07.08 ロックマン30周年記念ライブ 昼公演@なかのZERO 大ホール

前日に引き続き、ロックマン30周年記念ライブへ。

f:id:snowmansan:20180720203712j:image
f:id:snowmansan:20180720203716j:image
f:id:snowmansan:20180720203703j:image
f:id:snowmansan:20180720203707j:image
8日昼公演。
セットリストが一部変わるというお話。
内容が被っているところはカットしております。

 

12:30〜13:21
1.Dr.ワイリーStage 1【ロックマン2】

 

楪「ロックマン30周年ライブ始まりました!私はスーパーファミコンロックマンXをよくやってましたね。と言うと年齢がバレるんですけど笑」

ウッチーが登場。7日同様挨拶。

 

楪「昨日の夜、今日の昼、夜で終わってしまいます!」

 

ウッチー「終わってしまいますか…寂しいですね!」

 

楪「昼公演はおかげさまで完売です、ありがとうございます!夜公演はまだ残ってるんでね」

 

ウッチー「もしかしたらみんな終わったらすぐ並んでるかもしれませんね笑」
チケットの列ね笑

 

楪「今日はみなさん、最初から盛り上がりすごいですよね!」

 

ウッチー「ロックマン好きな人ー!!!?」

 

\はーい/

 

楪「ウッチーさん、当たり前ですよ。ロックマン好きな人の集まり!笑」

 

バンドメンバー紹介。
岩垂徳行(arrange、manipulate、and etc.)
宮崎大介(guitar)
榎本敦(bass)
上倉紀行(keyboards、guitar、and arrange)
山内優(drums)
MARI(violin)
MOS:AMI(alto sax)・Lotta(tenor sax)・MAU(baritone sax)・AIR(trumpet)・Remi(trumpet)・Erna(trombone)

 

楪「ロックマン11プロデューサー土屋和弘さんです」

 

土屋「最初からDr.ワイリーステージ1というのはすごいですよね!みなさんの会場入りこっそり見てたんですけど、職業柄無印世代かな…のかエグゼ世代かなとか考えちゃうんですよね。エグゼが最初の人も誰でもロックマンがヒーローなんだなと、いろんな世代の中にいろんなロックマンがいるんだと思うと嬉しいですね!」

 

楪「最近ゲームミュージックを演奏するコンサート多いですけど、クラシックが多いですよね。ロックマンはバンド形式ですけど…」

 

土屋「ロックマンインパクトというか、クラシックではないだろうという思いがあって、それでバンド形式という案が出たんです」

間違ってないよ!メタルだもん!

 

前日と同じく、
ロックマン11はすごく手応えがあるという話、
音楽は口ずさめる事、短いフレーズで展開するという話もしていた。

土屋「いろんなシーンを思い出しながら聴いてほしいと思います」

楪さんの曲紹介。


ウッチー「テングマンはサターン版だよ!」

2.ロックマンメドレー【ロックマンシリーズ】
ダークマンステージ(5より)〜テングマン ステージ(8 SS版より)〜メタルマン ステージ(2より)
3.Fuse Man Stage【ロックマン11】

 

ゲスト松前真奈美さん、立石孝さん登場。
楪「お二方は本当にロックマンの音楽初期を支えられた方で。松前さんは昨日に引き続きよろしくお願いします。アレンジされたロックマンの音楽はいかがですか?」

 

松前「なんだかこっぱずかしいですよね笑」

 

立石「でも本来はこういうバンド形式の音楽を想定して、8bitサウンドに落とし込んでいたので、やっと再現してもらえた…という感覚です。Google翻訳で英訳して、それを日本語訳したみたいな」

なんとなくわかるようなわかんないようなww

 

ウッチー「その例えはわかんないですけど!笑」

 

楪「でも元々バンドサウンドで想定されていたんですね」

松前さんと立石さんは同期といえば同期らしい。


松前「同期なんでね。立石さんは中途入社で」

 

立石「松前さんが四月入社としたら僕は途中から入って。元々広告代理店に勤めていて。
求人見て“近畿大学の経済学部なんですけど受かりますかねー?”って試験受ける前にCAPCOMに聴いたんですけど、“たぶん無理だねー”って言われて笑  当時音大とか芸大の人がほとんどで。でも受けに行ったんですけど笑」

 

松前「彼は学生のときにバンドやってたみたいで、それをいかしていて」

 

立石「1人ぐらい荒くれ者を入れた方が良いだろうと思ったのかもしれないですね」

 

楪「ロックマン1のときに曲のこだわりはありましたか?」

 

松前「最初にロックマンを見たときに、人間以上に人間の心を持ったロボットなのかなと思って。だから曲には切なさと物悲しさとやるせなさを表現しましたね。泣きのメロディを入れてました。バイオリンは泣きが入って良いですね!」

 

楪「立石さんはロックマン2からだと思いますがいかがですか?」

 

立石「当時煮詰まっていて…松前さんが隣だったんですよ。仲も良くて」  

 

楪「付き合ってたとかですか!?」

 

立石「いや、そういうんじゃなくて笑
松前さんはもうアーケードゲームの方へ異動していて。エリア88とか担当されていたんですよ」

 

松前「私も当時煮詰まっていて…ツンツンてして。一曲作ってよ…と。
お互い一曲ずつ作って笑」

 

えー!!!!

 

楪「…良いんですか?」

 

松前「いや、良くはないですね!でも自分の曲として出して通っちゃって」

 

立石「それもちょっとなぁと思ったり笑
ロックマンエアーマンステージを作ってもらって」

へぇ!!!

 

立石「やっぱり自分だとああいうメロディは思いつかなくて。でも、メロディがものすごく動いて。あれ…これどれだけ容量なるんだ…と打ち込んで思いました笑」

 

楪「あれ!昨日と言ってることが違いますねー!笑」

 

松前「アーケードに異動してすっかり忘れていて笑」

 

楪「容量がたくさんあるからですね笑」

 

ウッチー「曲交換したこと言って大丈夫ですか…?」

立石「もう時効でしょう!笑」

ウッチー「今CAPCOMの裏方が大騒ぎですよ!笑」

といった形でお二人は退席。
楪「次の曲で早くも前半終了で…休憩なのでね。グッズ紹介をしたいと思います」
とグッズ紹介。

楪「今回の公演限定のグッズなのでね…メルカリには出さないでくださいね!」

楪「先程にもあった泣きのメロディの初期ロックマン人気曲、カットマンステージ」

4.カットマン ステージ【ロックマン
5.フラッター号 VS ゲゼルシャフト号【ロックマンDASH

休憩。

 

13:37〜14:41
ウッチー「みんなロックマンのライブのこと呟いてくださいね」

 

楪「ハッシュタグ…つけてね!」

 

ウッチー「休憩時間呟いてたのも全部見てるからなぁ!!」

 

楪「怖いって!!」

 

 

楪「ところでなんの格好をしているかわかりますかー?」

ロールちゃん

 

楪「ありがとうございます(^^)」

 

\かわいい/

 

楪「わーありがとうございます、すみません自分の事ばかり笑  ウッチーさんロックマンですもんね?」

 

ウッチー「そうですよ、頭と一体化してますからね!」

なんか2人してぐるぐる回ってたw

 

楪「スペシャルゲスト KICK THE CAN CREWMCUさんです!」

MCU登場。前日と同じ格好。


ウッチー「MCUさん…芸能人ですよね?」

 

楪「3公演中、1公演ならわかりますけど全公演出てもらえるって…忙しいでしょ…?笑」

 

MCU「暇です!その辺うろちょろしてます、中野ブロードウェイにいます!」

 

楪「いても話しかけられないですけどね笑
ロックマンはどこが好きなんですか?」

 

MCU「キャラクターも好きですけど、えげつない感じ良いですよね!CAPCOM魔界村から始まり、いや、戦場の狼とか…」
とゲーム話。

 

MCU「で、登場シーンね!ロックマンからロックマン2は繋がってるんですよ。それがまた良い!で、ビル下のアングルから上がって行って…ばばばばばばっばーって、ぶわ〜って髪がなびく。ぶわ〜って!」
後ろ髪ぶわ〜!!やってた。

 

ウッチー「昨日は松前さんにサインもらってましたよね?で、今日は立石さんにもサインもらってましたね?」

 

MCU「はい笑
そしてちゃんと喋れないっていう。不審者ですよ!笑」

 

楪「ロックマンのライブなんで、音楽的な話は良いんですか??笑」

 

MCU「え…音楽は最高なんでね…!言うことないですもんね!笑」

 

MCUロックマン、ワイリーが負けると土下座するんですよね。その中でもロックマン3…土下座が早いんですよ…!!
ばばばばーって爆発して落ちたらすぐ土下座してる!」

wwww

 

MCU「ぜひ見てみてください!ハッシュタグ土下座がはやい   ですね」

 

 

楪「ロックマン好きすぎて…曲を作っちゃったんですよね?」

 

MCU「そうです!」

 

ウッチー「歌って…くれるんですか??」

 

MCU「最初にやってやらないわけにはいかないでしょう!笑」

と、I LOVE ROCKMANを披露。

 

楪「ありがとうございました!リリース予定はあるんですか…?」

 

MCU「と思ってCAPCOMに送ったんですけどね!」

 

 

MCUロックマンは1987年から始まって今年2018年。運命の歯車が回り始めてます!これから2019年、2020年…いや、僕の書いたボスキャラ(何マンだったかな…)が採用されるまで続けてほしいと思います!」

ということでMCU去って行きました。
と同時に楪さん、ウッチーさんは土下座ww


6.ロックマンエグゼメドレー【ロックマンエグゼシリーズ】
RUNNING THROUGH THE CYBER WORLD(1より)〜FINAL TRANSMISSION(3より)〜THEME OF ROCKMAN EXE 6(6より)
7.流星のロックマンメドレー【流星のロックマンシリーズ】
Shooting Star(1より)〜Wave Battle(2より)〜Last Battle(3より)
8.ロックマンゼロ・ZXメドレー【ロックマンゼロ・ZXシリーズ】

最後は土屋さん再登場してトーク
だいたい前日と同じ話と、チケット残ってる話とだったと思う!


9.ロックマンX メドレー【ロックマンXシリーズ】
アーマー・アルマージ ステージ(1より)〜フレイム・スタッガー ステージ(2より)〜ブレイズ・ヒートニックス ステージ(6より)
10.Give it A Shot【ロックマンX アニバーサリーコレクション】
11.X VS ZERO【ロックマンX5】
En.
変わらずアンコールのときにロックマンエグゼのロックとブルースが出てきて、手拍子を煽る。昨日よりもアンコールの声でかかった。

 

12.ロックマンエグゼメドレー

また無言で詰め寄るロックとブルース。
バスター向けてた笑

岩垂「怖いって!!笑 もう一曲やろう!」
13.Dr.ワイリーStage 1【ロックマン2】+ I LOVE ROCKMAN(with MCU


と、全員総立ちで騒いで終了。
------------------------------------
ロックマンXはほんとHR/HMですね。懐かしさと嬉しさでまたまた涙腺が緩みました。
夜公演へ続く。
ごちそうさまでした。


【セットリスト】
1.Dr.ワイリーStage 1【ロックマン2】
2.ロックマンメドレー【ロックマンシリーズ】
ダークマンステージ(5より)〜テングマン ステージ(8 SS版より)〜メタルマン ステージ(2より)
3.Fuse Man Stage【ロックマン11】
4.カットマン ステージ【ロックマン
5.フラッター号 VS ゲゼルシャフト号【ロックマンDASH
6.ロックマンエグゼメドレー【ロックマンエグゼシリーズ】
RUNNING THROUGH THE CYBER WORLD(1より)〜FINAL TRANSMISSION(3より)〜THEME OF ROCKMAN EXE 6(6より)
7.流星のロックマンメドレー【流星のロックマンシリーズ】
Shooting Star(1より)〜Wave Battle(2より)〜Last Battle(3より)
8.ロックマンゼロ・ZXメドレー【ロックマンゼロ・ZXシリーズ】
9.ロックマンX メドレー【ロックマンXシリーズ】
アーマー・アルマージ ステージ(1より)〜フレイム・スタッガー ステージ(2より)〜ブレイズ・ヒートニックス ステージ(6より)
10.Give it A Shot【ロックマンX アニバーサリーコレクション】
11.X VS ZERO【ロックマンX5】
En.
12.ロックマンエグゼメドレー
13.Dr.ワイリーStage 1【ロックマン2】+ I LOVE ROCKMAN(with MCU

18.07.07 ロックマン30周年記念ライブ@なかのZERO 大ホール

いろんな日記の日時が前後してますね。
ロックマン30周年記念ライブへ行ってきました。場所はなかのZERO 大ホール
ロックマンだからわざわざZEROホールなのかな、すごく良い選択。

f:id:snowmansan:20180720201632j:image
f:id:snowmansan:20180720201627j:image

 

中野来た時、昔はよく散歩でこっち側来てたんですよ。だから懐かしかった。今は亡きオールディーズ!

 

ロックマンは1987年生まれで三十路。今年で31歳。これまで公式でロックマンの音楽ライブはやったことなかったらしい。
だからすごく貴重な機会。当初8日昼公演、夜公演があり、後日追加された7日の公演。
全部行かないわけにいかないじゃないてすか。
前日大雨で大変だったけど、タクシーとかいろいろ駆使して東京へ。

 

f:id:snowmansan:20180720201711j:image
f:id:snowmansan:20180720201716j:image
f:id:snowmansan:20180720201720j:image

場内はロックマン11の宣伝、1987〜2018の歴史が8bitなBGMに沿って流れる。ロックマンXは25th。青い照明がついていた。
定刻に近づくとステージセレクトの音が流れる。

 

18:30〜19:20

演者の登場。
ワイリーステージの画面が音楽と共に写る。
実家!のやつ。みんなで言わないといけないかと思った。

 

1.Dr.ワイリーStage 1【ロックマン2】

楪望「こんばんは〜!ロックマン30周年記念ライブ始まりました!」
と司会進行の楪さんの挨拶。


シンフォニックゲーマーズ見に行ったときも楪さんだった。星のカービィもそうだ笑
本当ゲーム好きだったんだろうなぁ。

 

楪「ロックマン大好きで、特にスーパーファミコンの時代をよく遊んでいました。ではCAPCOM社員のウッチーさん呼びましょう!」
と、ロックマンユニティ所長 ウッチーさん登場。ロックマンの格好してた。

 

ウッチー「もう泣きそう!笑
ロックマン30周年ライブですよ!たぶんね、たぶんなんだけどここにいる人たち…ロックマン好きですよ」

 

楪「当たり前ですよ!ロックマンのイベント。ロックマン好きな人しか来ないですよ笑
(ウッチーと)はじめましてなんですよね。CAPCOM TVは見てましたけどね!」

 

ウッチー「見てたの?ドキドキするなぁ」

 

 

楪「今日東京以外から来られた方ー?東北とか東の方?西の方ー?雨大丈夫でした?」

まあまあ

 

ウッチー「すごくふわっとした回答!笑」

 

楪「でも来られてますもんね!笑
今日の私の格好、わかりますかー?」

 

ロールちゃん

 

楪「ありがとうございます!あんまりやり過ぎるとここが違う!とか言われそうなんで程々に…笑」

 

ウッチー「大丈夫ですよ!僕もがちゃがちゃですから」


頭はロックマン被ってて、下はパーカーとか色々w

 

ウッチー「でも、これは被ってるんじゃなくて、頭と一体化してますからね」

 

楪「元々この格好ということですね!」

 

ウッチー「まあロックマンはヘルメットなんですけど…」

 

 

その後、バンドメンバーの紹介。
岩垂徳行(arrange、manipulate、and etc.)
宮崎大介(guitar)
榎本敦(bass)
上倉紀行(keyboards、guitar、and arrange)
山内優(drums)
MARI(violin)
MOS:AMI(alto sax)・Lotta(tenor sax)・MAU(baritone sax)・AIR(trumpet)・Remi(trumpet)・Erna(trombone)

 

楪「今日はたくさんゲストがいますので!まずはロックマン11プロデューサー土屋和弘さん」
土屋和弘さんが登場。

 

土屋「最初からすごいですね、ロックマンといえば!と言った各所で使われてるワイリーステージ1を最初に持ってきて。
袖で聴いてましたけど、できれば下(客席)で聴きたかったですね!笑」

 

楪「元々ロックマンとの関わりはいつからですか?」

 

土屋「入ったときはロックマン5でした。ただ、ほぼ最終段階でテストをやるぐらいでしたね。その後、ロックマン7ですね」

 

楪「そして今回、ロックマン11ですね!」

 

土屋「ありがとうございます。もう10/4発売というのが決まりまして」

 

楪「音楽でこだわりはありますか?」

 

土屋「もちろん今回は昔のような8bitサウンドではないんですけど、ロックマンと言えば…繰り返し、口ずさめるメロディで。それを引き継いでいますね。そこはこだわりを持っています」

 

楪「ロックマン11ゲームとしてはいかがですか?」

 

土屋「もう発売日も決まって佳境を迎えてますが、自分たちで言うのもなんですが手ごたえを感じておりまして。すごく良い作品になると思っています。」

 

楪「ロックマン11の中からも一曲今回聴いてもらうんですよね」

 

ウッチー「ここでしか聴けないからちゃんと覚えて帰ってくださいね!」

 

楪「ヒューズマンステージですね」

 

土屋「作曲者に今回ライブでやるということで、正式名称教えてって言ったら、何言ってるんですか。“ヒューズマンステージ”ですよって言われて。
ロックマンは昔からステージ楽曲はステージ名を入れてたなと改めて思って。最初から正式名称だったのね、と笑」

確かにそうだね。ステージタイトルと一緒。

 

楪「ロックマンは30年はどういう気持ちですか?」

 

土屋「30年続くということは何人…何十人…何百人のスタッフが受け継いで作ってきて、そしてそれをやってくれる何千人、何万人というファンのみなさんがいるから続けて来られたんだと思ってます。」


2.ロックマンメドレー【ロックマンシリーズ】
リザードマン ステージ(6より)〜スプラッシュウーマン ステージ(9より)〜スネークマン ステージ(3より)

3.Fuse Man Stage【ロックマン11】
フュージョンのようで、T-SQUAREのライブのようだった。


続いては松前真奈美さん、青木佳乃さんの登場。
楪「松前さんはロックマンのサウンドを担当されて…ロックマンを育てたと言っても良いと思うんですけど」

 

松前「育ててはないですよ!笑」

 

楪「作られた音楽がアレンジされていかがですか?」

 

松前「いや、信じられないですよね。ブラスもかも入って!」

 

楪「元々ロックマンの音楽はどのようにして作られたんですか?」

 

松前「初めてロックマンを見たときは鉄腕アトムのような印象を持ったんですよ。
で、当時ご存知の通りファミコンなので、ピコピコサウンドで。音に割り当てが少ないんですよ!笑 三つの音とクラッシュ音で構成しないといけなくて」

 

楪「音への割り当てが少ないのは確かによく聴きますね…!笑  それと印象的なのは転調のお話で」

 

松前「転調させると調は変わるんですけど、構成メロディは一緒だから容量は一緒で。でも印象を変えられるんです。先程、短いメロディで口ずさめるメロディと話してもらったんですけど、それを今も引き継いでもらえているのは嬉しいですね」

 

ウッチー「松前さんと言えばロックマンのスタッフロールなんですけど、ちゃんちゃこりんってなんでなんですか?笑」

 

松前「あの頃はゲーム業界は引き抜きも多くて。だからスタッフロールに本名記載はダメだったんですよ」

 

青木「私の時はそんなことなかった気がします…笑」

 

松前「それで何にしようか全然決まらなくて。CAPCOMって大阪の会社で、私も関西出身で当時なんでも“ちゃんちゃん”ってオチをつけてて。だからちゃんちゃんで良いんじゃないのって言われて。それをもう少しかわいくしようとしてちゃんちゃこりんになりました」

引き抜き多かったんやね。今もかな?(°_°)

 

楪「青木さんはロックマンエグゼシリーズを担当されていたと思いますが、ロックマンエグゼはストーリーがしっかりしてRPG要素も強かったですよね」

 

青木「そうですね、ロックマンエグゼは元々のストーリーや音楽性もあってその世界観から広げて行った形です。リハでも少し聴いたんですけど早く自分の曲も聴きたいです笑」

 

ウッチー「青木さんはロックマンレーシングゲーム(バトル&チェイス)のロールちゃんの隠しエンディングで歌われてますよね?」

 

青木「はい笑」
風よ伝えて…を少し歌ってくれた!このゲームよくやってたからびっくりした笑

 

青木「あの当時、ロックマン10周年だったから色々あって香港行って歌ったり、社食でも歌いましたね笑」

 

ウッチー「社食で聴けるんですか…(°_°)」

あとみんな静かだと言う話になり、

 

楪「みなさん静かすぎませんか!クラシックのコンサートではないのでね、ペンライトとかも振ってもらっていいですよ!」
確かに静かだった。緊張感も漂ってたんよ、どんなライブかな…という。

そんな会話があり次の曲へ。


楪「ロックマン初期の曲カットマンステージ。シリーズ初の3D作品 ロックマンDASHからフラッター号 VS ゲゼルシャフト号」

4.カットマン ステージ【ロックマン
5.フラッター号 VS ゲゼルシャフト号【ロックマンDASH

途中休憩を挟み

 

19:35〜20:39
楪「今日は会場にロックマンいますね。ロックマンいますかー?」
被ってる人そこそこいた。

 

楪「(ウッチーに対して)ロックマンですか?」

 

ウッチー「ロックマンです。暑いですね」

 

楪「汗拭いてこなかったんですか?笑」

 

ウッチー「頭と一体化してるのでね!」


楪「2時間のライブですが、もう半分終わったと思えないくらいです。でもここからまだまだ熱くなりますのでね!お腹空いてるんですか?」

 

ウッチー「お腹空いてます!終わったら食べます!笑」

 

楪「みなさんも夕食どきに来て頂いてありがとうございます!」
ここで、ロックマン好きで有名(?)なKICK THE CAN CREWMCUさん登場。
楪「MCUさんです!」

 

ウッチー「今日のファッションを教えてください」

 

MCU「帽子がワイリーでしょ、Tシャツが今回の限定Tシャツに、靴もロックマン。パンツもロックマンじゃないけどロックマンカラーで「 」
水色のパンツ姿でした。

 

MCU「で、タトゥーもロックマンですよ」

 

楪「それは…誰に見せるんですか?笑」

 

MCU「…嫁とか娘とか…?笑」

 

 

MCU「一度娘が4歳ぐらいの時に朝起きて…ロックマン?って言われた事があって。本望ですよね」

ロックマンになりたいんだね笑

 

MCU「出演が決まって今日まで眠れませんでした。一睡もしてない!」

 

ウッチー「長いよ笑」 

 

楪「嘘はやめてください笑
でも…お忙しい…でしょ…??」

 

MCU「いやいや、暇ですよ。その辺歩いてますもん。」

その辺w

 

MCU「このライブすごいですね、さっき楽屋で聴いててヤバい!!って思いました。松前さんにサイン貰いに行って」

 

楪「私松前さんと楽屋一緒で(MCUさん)挨拶来られてて。“挨拶来られてますよ”って言ったらすぐワイリーの謎出してサインもらってましたね笑」

 

MCU「すぐ向かって行って不審者ですよww何も言葉出なかった。小田和正じゃないけど」

 

 

楪「確かに目見てなかったですもんね笑」

 

MCU「いや、見れないですよ!笑」

 

ロックマン2の話になって、
MCU「オープニングがにくいんですよね。1が終わってからの続きになってて、下からぶわぁーっとアングルが上がって行って、風がぶわぁーって吹いて」

MCUが風で髪なびかせてる感じやってたww
CAPCOM TVに出た時もやってたらしい。

 

楪「ロックマンの好きなとこはどこですか?」

 

MCU「まずあのフォルムも好きですし…あとはCAPCOMのえげつない感じ!魔界村から始まってねぇ?」

そうだね笑

 

楪「ロックマンが好きすぎて曲を作っちゃったんですよね?」

 

MCU「そうですね、CAPCOMさんに送りまして」

 

ウッチー「社内やばいやばいやばいやばい、これやばいよ!ってなって笑」

 

楪「聴け…るんですか?」
ということで曲披露。

 

MCU「初披露ですよ!世界初、いや、宇宙初!!」

 

楪「MCUさんで、I LOVE ROCKMAN!」
ステージセレクト後のボス選択後の曲が流れ、Dr.ワイリーステージ1をベースにラップで展開。かっこいいよね。

 

楪「ロックマンの曲って歌詞ないじゃないんですか…共存するんですね!しかもラップですよ…できるんですね!」

 

MCU「まあ俺だけでしょうね!笑」

 

楪「リリース予定はあるんですか?」

 

MCU「…と思って送らせてもらったんですけどね!!笑 で、ここまできましたよ!」

 

楪「ロックマンはこれからどうなると思いますか?」

 

MCU「1987年から始まって、今年2018年。もう運命の歯車は廻り始めているわけです。だから2019年、2万18年…いや、2億18年ぐらいまで続いてほしいですね!」

 

楪「ありがとうございました、MCUさんでした!」
と去るMCU

 

楪「でも、ロックマンってそういえば西暦20XX年でしたよね。桁合わないですね。増やしますか?笑 」

 

楪「据置型ゲーム機から携帯ゲームになった時代の曲を三曲続けてどうぞ」

 

6.ロックマンエグゼメドレー【ロックマンエグゼシリーズ】
RUNNING THROUGH THE CYBER WORLD(1より)〜FINAL TRANSMISSION(3より)〜THEME OF ROCKMAN EXE 6(6より)
7.流星のロックマンメドレー【流星のロックマンシリーズ】
Shooting Star(1より)〜Wave Battle(2より)〜Last Battle(3より)
8.ロックマンゼロ・ZXメドレー【ロックマンゼロ・ZXシリーズ】

 

土屋さんも再び登場。
土屋「最初の方はステージとかを思い出す人が多かったかと思うんですけど、後半はストーリーを思い出す事が多いんじゃないかなと思います」

 

楪「土屋さんにとってロックマンとはどんな存在ですか?」

 

土屋「職業柄、いつからのロックマンファンなのかなと考える事も多いんですが、どの世代にもそれぞれのロックマンがいて。ずっと同じシリーズでやってきたわけではないので、どれがオリジナルなのかと議論する事もあるかもしれませんが、無印がオリジナルでもなくて、どんな人にもあの青い少年の姿が心にあって、それだけで良いんじゃないかなと思っています」

 

楪「ロックマンは…少年なんですか?三十路ですよね?」

 

 

ウッチー「少年です!僕は小5で心が止まってます、中2でもない」

 

楪「先程、スーファミ世代と言いましたが、私はロックマンより一つ上の世代です笑」

年齢バラしちゃった笑
曲紹介からスタート。

 

9.ロックマンX メドレー【ロックマンXシリーズ】
オープニングステージ(1より)〜エクスプローズ・ホーネック ステージ(3より)〜シグマ 1st(5より)
1番やったのがロックマンXだからオープニングステージ懐かしすぎて嬉しすぎて感涙!


10.Give it A Shot【ロックマンX アニバーサリーコレクション】
11.X VS ZERO【ロックマンX5】
En.
アンコールを呼ぶようにロックとブルースが登場。花やしきのイベントで出ているらしい。
エグゼ版のロックとブルースね。

12.ロックマンエグゼメドレー

曲後、ブルースが岩垂徳行に詰め寄る。無言で。
岩垂「怖いって!笑  もう一曲?もう一曲やろう!みんな立とう!」

 

13.Dr.ワイリーStage 1【ロックマン2】+ I LOVE ROCKMAN(with MCU
ラストはみんなで立って拳やらサイリウム
ライブハウスでやっても良いと思うのです。

楪「明日は昼公演、夜公演あります」

 

ウッチー「そうですね!」

 

楪「昼公演はおかげさまで完売したんですが、夜公演はまだ残っております…!」

 

ウッチー「そうですね!」

 

楪「さっきからそうですねしか言ってないですよ!笑  なんとか完売させたい…」

 

ウッチー「そうなんですっ!」

 

楪「それ人のネタwww
今日聴いて良いなと思った方、ぜひ明日もよろしくお願いしまーす!」
---------------------------
初日からだいぶ感動してしまいました。
ワイリーステージ1聴いた瞬間来てよかったと思った。

頭の中を駆け巡る8bitサウンドが、バンドサウンド、ブラス音、バイオリンで続々とブラッシュアップされる感覚でした。
よく知っているメロディを新しいものとして提供してもらえたようにも思えて。

欲を言えば、メドレーでの楽曲もフルで聴きたい笑  

開発秘話も聴けてすごく良い時間でした。
2日目昼公演へ続く。
ごちそうさまでした。


【セットリスト】
1.Dr.ワイリーStage 1【ロックマン2】
2.ロックマンメドレー【ロックマンシリーズ】
リザードマン ステージ(6より)〜スプラッシュウーマン ステージ(9より)〜スネークマン ステージ(3より)
3.Fuse Man Stage【ロックマン11】
4.カットマン ステージ【ロックマン
5.フラッター号 VS ゲゼルシャフト号【ロックマンDASH
6.ロックマンエグゼメドレー【ロックマンエグゼシリーズ】
RUNNING THROUGH THE CYBER WORLD(1より)〜FINAL TRANSMISSION(3より)〜THEME OF ROCKMAN EXE 6(6より)
7.流星のロックマンメドレー【流星のロックマンシリーズ】
Shooting Star(1より)〜Wave Battle(2より)〜Last Battle(3より)
8.ロックマンゼロ・ZXメドレー【ロックマンゼロ・ZXシリーズ】
9.ロックマンX メドレー【ロックマンXシリーズ】
オープニングステージ(1より)〜エクスプローズ・ホーネック ステージ(3より)〜シグマ 1st(5より)
10.Give it A Shot【ロックマンX アニバーサリーコレクション】
11.X VS ZERO【ロックマンX5】
En.
12.ロックマンエグゼメドレー
13.Dr.ワイリーStage 1【ロックマン2】+ I LOVE ROCKMAN(with MCU

18.07.13 A9 ONEMAN TOUR 2018「STAIRWAY TO MARS」-火星への招待-@大阪バナナホール

13日の金曜日。仕事帰りにA9のライブへ行ってきました。
場所は大阪バナナホール🍌

A9は今年14周年で、アルバムPLANET NINEのツアー。
ツアータイトルをSTAIRWAY TO MOONSTAIRWAY TO MARSの二つに分けて廻っているところ。
前回行った京都はSTAIRWAY TO MOONでしたが、今回はMARS。


大雨の影響で延期になった会場や行けなくなった人も多いツアーなのかな。なかなか火星は遠いようです。


セットリストが変わるということで行ってきました。新規の私もやっと6回目のワンマンライブですよ。


A9 ONEMAN TOUR 2018「STAIRWAY TO MARS」-火星への招待-


18:33〜20:09
SE:PLANET NINE-INVITATIONが流れメンバー登場。クラブの重たいリズム。
A9 of PLANETを登場毎に口ずさむメンバー。


1.FIVE JOKER
絡み合うギター音、歪んだリフレイン、ダンサブルに展開するベースライン、EDM要素。この曲一曲目の方がいいよ!
バンドサウンドとダンスナンバーが上手く合わさってて、アルバムの中で1番好きかもしらん。
音が良くて、聴きにいかなくてもベース音がクリーン。

 

2.Q.
3.Le Grand Bleu
将「ツアー20本目!火星への招待…大阪ー!
大阪やっと来れましたね!大阪はいつもスケジュールの後半、ファイナルへ向けて良いところにあるんでね!幸せな時間はあっという間なのでね、最後まで楽しんでいけますか!頭振っていこうかー!」
4.九龍
Adamといつも錯覚する。というかどっちかよくわからんくなる。

 

5.UNREAL
6.華
将「大阪ー!大阪はね、大好きすぎていつも空回りしちゃうんだよね!笑
今日はステージが低いかな。みんな見えてるー?ヒロト以外見えてるー?」

 

ヒロト( ゚д゚)

 

将「(笑)
九組さん優しいなと思ったことがあって。よく虎さん、沙我さん、僕を高身長組と呼んでるんですけど、Naoさんとヒロト君を中身長組って呼んでて。2人が普通なんだよって」

 

Nao「えーーー!!僕は身長測ったら170cmなんですよ!ヒロト君は…160cm台ですよ?」

 

ヒロト…Naoさんの3年前の健康診断見せましょうか!

 

Nao「持ってるんですか?(°_°)

 

ヒロト「うん」

 

Nao「すいませんでしたぁ〜

 

将「折れるのはやっ!笑」

 

沙我「Naoさん大きいよ!」

 

Nao「横にー!!?」

 

沙我「いや、太陽みたいだよ!」

 

将「存在が大きいってことですね!」

 

ヒロト「でもこういうのバランス大事なので、高・中・低で良いですよ!」

 

将「いや、俺もヒロトさんみたいに身軽に動きたかったよ…」  

 

ヒロト「その…中から傷ついていく感じいらない!笑」

 

将「いやいや、hydeさんとか西川さんの動きに憧れてたからさ笑 フォローしてないしてない!」

で煽りモードへ。


ヒロト「大阪…できるよね!できる人…好きなんですよ!できない人…も好きなんです。嫌なのはやらない人!!」

 

将「あぁ、やれるのにね?」

 

ヒロト「大阪できるよね?大阪やれるよね?やれるかー!俺たちとやりたいかー!!俺たちとやりたいかー!!

www

 

将「そんなセクシーなナンバーを…PENDULUM」

7.PENDULUM

やっと聴けた!チューニングは上手くいったのかな。音厚が低かった気もする。


8.造花の代償

将くんは薔薇を沙我さんに渡してた。

 

 

将「みんなバナナジュース飲んだ?バナナじゅーちゅ飲んだー?」

 

\まだー/

 

将「俺もまだなんだよね。ボーカリストは乳製品が喉に良くないから。早く飲みたいけど、ライブはできるだけ長くしますからね!虎さん飲んだんだよね」

 

虎「飲んだよー!濃かったー!!久々に甘いもの飲みましたね。普段辛いものばっかりだからねー。CoCo壱も10辛だからねー」

すご(°_°)

 

将「虎さんと一緒に飲みたかったなぁ」

 

虎「え?……んえあ?」

 

将「虎さんを困らせる名人かもしれない笑」

 

将「沙我さんは甘いものどうですか?」

 

沙我「あれば食べますよ。」

 

将「堂島ロールも食べてたもんね。真ん中だけ。贅沢な食べ方…なんでそんなに細いんですか?」

 

沙我「沙我さんもね…なんにもしてないわけじゃないんですよ!

 

 

沙我「ツアーだとホテル泊まるんだけど、ホテル着いたらお風呂1番熱いお湯を出すんですよ。出しっ放しにして10分ぐらいするとサウナが完成してるんです。その中に20分ぐらいいると汗かきまくってデトックス効果あるんでね」

 

将「へぇ!そういう話聞きたいよ!この話できて良かった。ダイエットバンドみたいになってますけどね笑」

 

沙我「でも、気をつけないと湯気が警報機引っかかっちゃうからね。ぱっぱって素早く開け閉めですよ」

 

Nao「沙我さんが…そんなことしてるんですねー!してると思わなかった…」

 

沙我「部屋くるー?」

 

Nao「えー行きたいです!」

 

将「裸の付き合いってやつですよ。Naoさんも食べる割にその体型なのは謎ですよね。宇宙人なのかな…火星人かな」

 

沙我「さっきNaoさん身長の話してたときに、器ちっちぇなぁって思ってたんだよ!5mmぐらいいいじゃん!

www


沙我さんの身長なら5mmはいらないと思うけど、170瀬戸際の人ってすごく重要なんだと思う。たぶん!笑

Nao「とりあえず夜のCoCo壱は止めようと思いました!笑」

 

将「ライブすると痩せるよね。みんな痩せるよね…痩せない?それは好きなもの食べすぎじゃないかな!笑

みんなも動いた方が、ドキドキした方が良いもんね。吊り橋効果って言うでしょ?好きになってくれても良いんだよ?」

 

たぶんね、好きな面々がバナナホールにいるんだと思うの(°_°)笑

 

将「ヒロトさんは大阪で食べたいものありますか…?」

 

ヒロト「え…?大阪?」

 

将「多すぎて応えられない?」

 

ヒロト「え…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(フロアを指して)この子達」

将「えぇ!!ドキッとした…ドキッとしたから曲いこう。風凛」

と沙我さんがベース弾き始める。でもドラムが入らない。同期が鳴らなかったのかな。

 


沙我「ドキッとしすぎぃぃいいい!!

www

 

将「やっぱ新しすぎたかな笑 バンドにとってパソコン大事ですからね、大丈夫…?じゃあさっきのヒロトくんのドキッとしたのを思い出して聴いてください。風凛」
9.風凛
10.ソナタ
11.ASYLUM
12.the beautiful name

 ASYLUMからの対比がすごい。

 

将「MCってだいたいこれぐらいの時間で話すってのが決まってるんだけど、さっきのとこショートMCって書いてあった。。でもここで喋らないのも嫌だなぁ笑」

好き勝手話してちょうだい(*´ー`*)

 

将「大阪はどうやったらウケるのかな?今日はそれを勉強しましょう!どうやったらウケるの?」
しーん

 

将「反応がないぃぃぃいいい!!!

www

 

将「虎さんどうですか?大阪の人みたいな名前ですけど笑」

 

虎「大阪好きなんだけど、夏あんま来ると恥ずかしいんだよね。俺、ふくらはぎに虎の…虎柄のタトゥーしてんじゃん?半ズボンで歩くから、“あいつどんだけ大阪に生まれたこと誇りに思ってんだよ”って目で見られんのね笑」

 

将「そうだね笑 SE六甲おろしにしたら良かったね」

 

虎「それはやりすぎでしょ笑」

 

将「(笑)阪神ファンの人?」

ちらほら

 

将「大阪の人ー?あ、そんな感じか。
阪神以外が好きなの?カープ?」

そもそも野球に興味なさそうな。

 

虎「野球って父親がテレビ見てたり興味あったらやるじゃん?うち父親がそうじゃなかったんだよね。ひろしね」

 

将「え?」

 

虎「うちの父親 ひろしがね」

 

将「ああ!!ひろしさんだね笑」

ひろしまさしなのね!

 

沙我「リズム隊は2人とも野球やってたんですよ!ねぇNaoさん」

 

Nao「まあ少年野球だけどね!剃ってたの?」

 

沙我「いや、小学校のときは剃ってなかったなぁ」

 

将「沙我さんとかバッターボックス立ったらあんな綺麗な顔に当てられない…ってならない?」

 

沙我「いやいや…小学生の頃なんてじゃがいもですよ!」

 

将「沙我さんにもじゃがいもの時代があったのか…」
じゃがいも沙我さん


沙我「Naoさんセカンドでしょ?」

将「ライぱちじゃないの〜?」
ライぱち言いたいだけでしょww

 

Nao「おお!!…セカンドもやってたけど、ショートやりましたね!」

 

沙我「ショートやってたの!?」

 

Nao「エアショートやりましょうか!」
と前に出てくるNaoさん。エアショートって何ww
でもイヤホンが絡まる。

沙我「Naoさんイヤホンが絡まってる」

 

将「なんで団扇持ってきたの?あ、グローブか」

ショートのNaoさん


Nao「バッタービビってるよ!!ビビってるよ!!ばっちこーい!
で、ショートにボールが飛んできて団扇でキャッチする感じ。笑

 

沙我「言ってた言ってた!俺左利きだから、ピッチャーかファーストだったんだけど、“バッタービビってるよ!!”って言った後、出塁したときが気まずい。小声で“ナイスバッティング!”って言ったり」

セカンドは左利きダメだもんね。沙我さん左利きだったんだ(°_°)

 

将「Naoさんそれを言う役だったんだねぇ
ショートはそれを言う役ではないw

 

沙我「将君はバスケ?」

 

将「バスケの後、陸上だね。バスケは地味だったよ〜学校名にオーフェンス!!とか」
そんな感じだったよね。

 

沙我「将くんは…流川的な感じ?」

 

将「スラムダンク…角田?」
角田って言ったかな、全然違うと思うんだけどww

 

ヒロト「あ、でも俺高校の時、髪赤かったんだけど、七組の花道って呼ばれてた」

wwww

 

沙我「ステージネーム花道にすればよかったのに笑。でもギターが虎と花道って…なんか大阪っぽい」

 

将「ただでさえ改名が多いって言われてるのに…14年目にして改名あるかぁ!!」

 

ヒロト「ギター虎、ギター花道…ボーカルどうすんの?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

将「ゴリ?

やっぱスラムダンク縛りなんだww

 

ヒロト「でも名前って絶対大事!ボーカルのゴリですって行ったら後でみんな検索するもん」

 

将「ゴリって名前インパクトあるよね笑」

ヒロト「で、ヴィジュアル系好きなお客さんだと\ゴリ様ー/って言うんだろうね笑」

 

将「みんなよく話ついてこれるよね、すごい」
この辺りでやったモンハンの話は全くわからんかった。
虎さんがドスなんとかというキャラっぽいとか?

 

将「14年目…メンバー改名あるかな!」

 

虎「やめてください

wwww

 

将「ここから一緒に歌ってくれますか!時間は思った以上に短いんでね、楽しんでいこうぜ!」
13.F+IX=YOU
14.CASTLE OF THE NINE
15.UNDEAD PARTY
曲途中でNaoさん前へ
Nao「13日の金曜日はホラーではありません!叫ぶ日です!ひぇーーーーー!!!」


ヒロトはフロアで弾く。

16.MEMENTO
めめんともダンスナンバー(╹◡╹)

 

En.(20:18〜21:07)
グッズ紹介の為、Naoさん、ヒロトくん登場。
Nao、ヒロト「グッズ紹介のコーナー!」

スネ夫の自慢話の音楽が流れる。

 

ヒロト「大阪は久しぶりです、いつ以来…12月?いや1月だ!大喜利したとき以来。」

 

Nao「まずは…」

 

ヒロト「まーずは…」

 

Nao「まーずは…」

 

ヒロト「まーーずは、MARSは…」

 

Nao「これ!タオル!」

 

ヒロト「しわしわ…笑
誰か使ったな!Naoさんどこ拭いたの?」

 

Nao「え…顔拭きました!」

 

ヒロト「へぇ…」

 

Nao「え、間違い???」

 

ヒロト「いや、合ってます。フェイスタオルなんでね!
今回、火星への招待なので…ちょっと宇宙みをだしております。大阪の人はスタートレックとかスターウォーズとか宇宙っぽいものが好きだと聴きます。好きですよね?好きでしょ?好きと言え!!!!

 

Nao「続いてはバッグ!」

 

ヒロト「下も見てください、おしゃれですね」
黒地にアクセントで赤。

 

Nao「襠ってやつですね」

 

ヒロト「なんでまちって言うんですかね…バッグ置いて待つからですかね?」  
クスッときたw

 

Nao「続いてはラバーバンド!」

 

ヒロト「これまで意外とラバーバンドってなかったんですよね。それもピンクだから…Naoさんカラーですね!」

 

Nao「えー!!エッチだからですかー!」

 

ヒロト「エッチだからですね!」

 

Naoさん手首に通そうとして…入らない!

Nao「あれ!入らない!あ…入った伸びた」

 

ヒロト「ぜひ手につけたり、首にはめたり…」

 

Nao「首には無理でしょ!」

 

 

Nao「続いては扇子!」

ヒロト「扇子はA9毎年恒例ですね、今回はこちら!!あいや、これはうちのじゃない!!!!!イェ━━━━━━━イ!!!!

サンシャイン池崎の扇子だったw
取りに行くNaoさん。


Nao「こっちだった笑」

 

ヒロト「今日Naoさんとここにいる何百人かわかんないけど九組のみんなでイェ━━━━━━━イ対決してよ笑  せーのっでイェ━━━━━━━イって言ってね。せーのっ」

 

Nao「イェ━━━━━━━イ!!!
\イェ━━━━━━━イ!!!/

 

ヒロト「言うんじゃなかった笑笑  耳がわんわんする…Naoさんすごいね。みんなと一人で戦えるんだね!」

 

Nao「最後、レターセット!」

 

ヒロト「これは火星から手紙が届きます。当たりが出ると火星から手紙が届きます!月からの手紙がもうすぐ書き終わります!」

 

Nao「え!!!月からの手紙まだ終わってないんですか!!!」

笑笑

 

ヒロト「火星から…月の手紙が届きます!笑
大阪のあなたに…梅田のあなたに…心斎橋のあなたに…堺のあなたに…知ってる地名を言っています。でも一字一字丁寧に書いてますからね…火星って 」  

 

Nao「それは求めてない!」

 

 

Nao、ヒロト「以上グッズ紹介のコーナーでしたー!」

沙我さん、将くん、虎さん呼び込み。

 

将「なにさっきのイェ━━━━━━イ!は笑」
ヒロト氏が扇子を見せる。

将「イェ━━━━━━イ!!
なぜかファルセット寄りのミックスボイスで言ってた笑

 

将「バナナホールは移転したんですよね?移転した後のところは梅田TRADになってて…vistlipの2マンツアーできますので」

 

ヒロト「思い出の場所ですよ。Phantasmagoriaとのイベントですよ」

フロアの反応が真っ二つだった

 

将「(フロアが)ふぁ〜ってなってる笑
懐かしいね。あとはシドとかとの対バンイベントね」

 

ヒロト「昔大阪って毎月来てたよね」

 

将「そうだね、イベントとかで来てたよね」

P缶時代はイベントも多そうだったもんね。

 

虎さん眼鏡かけてて
将「虎さんは眼鏡だね。vistlipのうーみんに早速対抗?」

 

虎「そうだね笑」

 

将「でも昔からかけてたね」

 

虎「そう、割と初期からかけたりして…でも取られて」

 

将「WHITE PRAYERのPV撮影のとき、虎さん眼鏡かけて撮影しようとしたら監督に取られたよね」

 

虎「よく覚えてるね笑」

 

将「覚えてるよ!」

 

虎「まああの時の髪型をやめなさいと言いたいですよ」

www

 

将「先輩のガゼットのルキさんから、高評価でしたよ」

 

虎「そう!身内とかからは評価高かった!」

 

ヒロト「あの撮影はなんでジャングルでやったんですか?」

 

将「俺が好きだから(?)」

ジャングル好きって初めて聴いたな笑

 

将「この流れでWHITE PRAYERできれば良いんだけど…」

\やってー/

 

将「今度ちゃんとやるから!」

 

あとどんな流れか忘れたけど、ヒロトプロフェッショナル 仕事の流儀の曲(Progressかな?)弾きだして、曲に合わせて
将「プロフェッショナル…でもここでなんて喋ればいいかわからない!それは見たことがほとんどないから!」

ってナレーションみたいになってた。
Naoさんもドラム入ってきてた笑

 

将「やめてよ。見たことあるけどほぼ知らないんだよ」

 

ヒロト「最近覚えたばっかで弾きたかったんです」

 

将「スガシカオさんの曲だよね」

 

ヒロト「将さんのライブの流儀はなんですか?」

 

将「ライブの流儀、来てくれるお客さんをみんな幸せにしてかえすことかな」

\888888888/

 

将「このままじゃまだ曲いけないなぁ」

 

ヒロト沙我さんの下ネタが足りない!

 

沙我「ええ!酷い無茶振り…でも下ネタ話そうねって言ってたからね」

MCで下ネタいれる打ち合わせするんだ笑

 

沙我「さっき上手い具合に下ネタ絡めてすごいなーと思って」

 

ヒロト「え?」

 

沙我「俺たちとやりたいかー!!って」

 

ヒロト「ああ!なんか恥ずかしいな笑
あ、一つ言っていい?」

 

沙我「俺の下ネタはいいんかい!!!!

wwww

 

ヒロト「特に前の方が口パクだと寂しいから生声で届く距離だから言ってくださーーい!」

 

 

ヒロト「後ろ、俺たちとやりたいか!」

 

\やりたーい/

 

ヒロト「真ん中、俺たちとやりたいか!」

 

\やりたーい/

 

ヒロト「前、俺たちとやりたいか!」

 

\やりたーい/

将「前近すぎて応えにくいよね笑」

 

沙我「じゃあここから曲いこう!人のネタですが…
大阪ー!!俺のバナナが食べたいかー🍌
俺のバナナが食べたいかー🍌

と煽って曲へ笑
17.ZERO
18.ブループラネット
19.G3
逆ダイコーナーで将くんもフロアへ。
ヒロトは前から降りて来て、下手後方の関係者のとこか、ボックス席になってるとこにまたがって演奏。


私は後ろの方でぽーっと見てたんだけど、ヒロトが来た時流されて真ん前にいた。がっちり握手してもらえた!


あとギターペグのところ触らないように包んでるね。それ知らんかった。


将「ヒロトさん…どこ乗ってるの笑
お立ち台的なやつ」
で、ヒロトも戻って残りの演奏。

 


将「今日は集まってくれてありがとうございました!幸せな時間というのはあっという間に過ぎて、後からもっと噛み締めておけば良かったなと思ったりするけど、今日みんなで楽しめた事が幸せだなと思えました。本当にありがとう。最後この曲をみんなに届けて終わりたいと思います」
20.NUMBER SIX

ヒロト「大阪ありがとう!!一つ願いがあるんだ…俺たちもう一度なんばHatchに戻ろう!みんながA9で、全員でこれから大きいステージを目指していこうぜ!大阪愛してます!!!」
---------------------------
だいたいこんな感じですかね。簡易レポですまんね!
ブループラネットとNUMBER SIXってたぶん同時期だったと思うんだけど、高校のときで懐かしいなと思いました。ZEROも。


単曲で聴けるのも良いんだけど、流れで聴けるというのはその頃ライブへ行ったことなかった身としては、体験できた感じで嬉しいですね。
バンドとしてはすごく良い状態だと思うんですよ。あとはフロアの声が小さいことぐらいですかね。


将くんもヒロトくんもオブラートに包んでるけど、声小さい気がするんですよ。元々こんなもんかな?摩天楼オペラとか卓偉さん行ってるから感覚おかしくなってんのかな笑


バンドが成長しようとしているところをフロアが声で支えていきたいものですね!そしてなんばHatchで彼らを見たいです。
ごちそうさまでした。

【セットリスト】
1.FIVE JOKER
2.Q.
3.Le Grand Bleu
4.九龍
5.UNREAL
6.華
7.PENDULUM
8.造花の代償
9.風凛
10.ソナタ
11.ASYLUM
12.the beautiful name
13.F+IX=YOU
14.CASTLE OF THE NINE
15.UNDEAD PARTY
16.MEMENTO
En.
17.ZERO
18.ブループラネット
19.G3
20.NUMBER SIX

18.07.04 摩天楼オペラInvisible Chaos TOUR@梅田Shangri-La

摩天楼オペラのライブへ行ってきました。
場所は梅田Shangri-La。初めて来た。
400人ぐらい入る会場らしい。


new single“Invisible Chaos”をリリースした直後のツアー。初日6/18の柏に参加したので、私は2箇所目。


セトリがどんどん変わっているので楽しみなのだ。ツイートでJaYがやったことない曲と言ってたので何かな…と思ってたんですよ。個人的な希望というか願望はテディベアなんですけど(PANTHEON TOUR-overture-大阪参照)


Invisible Chaos TOUR


19:00〜20:29
1.天国の扉
イントロで嬉しすぎて変な声出た。初めて聴けた!!!
6/8拍子からぶった切る4/4拍子。これがたまらん。そしてまた6/8へ帰っていく…。


AVALONツアーへ行けなかったので一度も聴けないんじゃ…と思っていたので本当嬉しかった。やっと天国の扉を開けました。


2.Adult Children
3.Curse Of Blood
苑「大阪ー!シャングリラー!Invisible Chaosツアーへようこそーー!!六ヶ所目!
今日はすごいね。いつも大阪すごいけど…今日すごい。それは気合いが入ってんのか?気合いが入ってんのか!!!怒らないで!!笑

ここShangriLaは2012年ぶり
いや、2012年以来!」

2012年ぶりに蘇った的な、めちゃめちゃ吸血鬼的な話かと思った。魔王。

 

苑「そのときもね、絶対またここに戻って来ようと思ったんですよ。そのときは人が波のようでわーっとなってて。梅田シャングリラ。今日は大阪じゃなくて、シャングリラと呼ぶから!
色々メンバーからの罠があったり。これ(シャンデリア)とか…インストでも罠があった。いろんな罠があった」

罠www

 

苑「絶対に間違えない!シャングリラ!もっと声出せんだろー!暴れていこうぜー!バーニンソー!!」

4.BURNING SOUL
1番サビ前で“BURNING SOUL!”を彩雨さんに歌わせる。
その後、彩雨さんマイク離さなくて、“呼び起こせ魂”辺りまで歌って、


もういいって!!もういいって!!ばりに苑さんがマイク奪うwwww

 

5.Invisible Chaos
6.Psychic Paradise
7.AM6:00に針路をとれ
8.SYMPOSION
すごく良い位置で観れたから演奏も運指もよく見えた!この曲は低音の効いた最高のダンスナンバーだと思うんですよね。

 

9.Innovational Symphonia

苑「大阪ー!シャングリラー!大阪熱い!俺が熱いって言ったら…わかるでしょ??笑
前回ここ来たときは人が波のようですごくて。今日もそうだよ笑 ここから全員の顔見えるからな!!一人一人見えるから!全員が笑顔になるまでライブやめねぇから!俺が、俺たちが笑顔にするからな!

ライブはあっという間だから、楽しいことを実感して、集中していこうぜ!
まだまだ声出せるかい!シャングリラー!alkaloid showcase」

10.alkaloid showcase
11.It's You
12.INDEPENDENT
13.ANOMIE
14.孤独を知るには一秒も長すぎる
この曲昔のV系っぽいよね。オペラがこういう曲を演奏するのがだいぶ新鮮!

 

 

苑「今回のInvisible Chaosツアーは響をサポートDr.に迎えたツアーで。響の事を考えたらセットリストを全部同じにした方が良いのに…色々やりたくなっちゃうんですよ!」

いつもありがとう!

 

苑「でもね、響も“もうすぐ摩天楼オペラ制覇ですよ!”って前向きに言ってくれて。そして、響を呼んでくれるのが嬉しいです、ありがとう」

 

響「ありがトウゴざイマス?」

 

苑「カタコトだな笑」

JaYのありがとうございまァすを言おうとした感じ笑


苑「JaYは摩天楼全部覚えた?」


JaY「完璧!」


苑「Dolce弾いてって言ったら弾ける?」

 

JaY「(•̀ᴗ•́)و ̑̑」

 

燿「9割嘘だから!



苑「今日はなんの曲やろうかと考えてましたが…長い間人気のある彩雨さん作曲のナンバーです。なんだろうね…なんだと思う?」


\ローンデイジー?/


苑「ローンデイジー…違うねぇ。」


Helios?/


苑「なんて…?ヘリオスヘリオス??


燿「はっは〜」


燿さん急に外人みたいにわろたw


苑「ヘリオス?…聴いてくださいHelios


15.Helios
メジャーデビュー曲にして最高に凝っている曲。
イントロ6/8拍子から3/4拍子かな。もう拍子がよくわからなくなってくる。そしてサビ転調。だいぶ詰め込んであるけど、違和感が全くなく、水が流れるような流動性を感じる。
そして、最後はそのままアウトロへ突入するので、イントロとアウトロで拍子が違うという。


16.PANTHEON-PART2-
暖かさを感じるPANTHEON-PART2-
PANTHEONからなだれ込むPART2以外で聴くの初めてだったので新鮮でした。


17.PHOENIX
En.(20:33〜21:00)

苑「アンコールありがとうございます。声が聞こえてきたわ!もうジョイのかけらもないねぇ」

 

\ジョイ/

 

JaY「ジェイや」

 

燿さんがきらきら光るリング持ってる。カメレオみたいなやつ。なにそれーみたいな話で。

苑「燿さんはね、出会った時から変わんないよ。まず意味がわからない笑」

wwww

 

燿「昨日大阪で売ってた、150円だった!」

 

苑「あやくすは年齢変わったのか」

 

彩雨「何度も変わってますよ」
あんま知らんのだけど、永遠の17歳とか言ってるの?

苑「設定がふわっふわしてるw」


彩雨「それよりもその燿さんの変なキラキラしたやつですよ!!」


 

JaY「大阪で売ってるものは大概東京でもありますよ!」

 

燿「逆に大阪にしかないものってなんなの?建物以外で!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


JaY「それは人情ですよ!
(`・∀・´)σドヤヤヤャャャャ

 

燿「は?」


wwww
小声ではって言う燿さんwww
ドヤァの後はJaY氏決めポーズがあって、人差し指向けて、仰け反る。
うん、空条承太郎だわ。この空条承太郎が直々にぶちのめす。


苑「へんなの見つけちゃったなぁ…これ長いぞww」


燿「人情は…あるでしょう!笑」


苑「4対1だからね?」


JaY「大阪にしか無いもの…人情ですよ」
(`・∀・´)σドヤヤヤャャャャ

 


燿「JaYくん地元大阪でしょ?なんで人情ないの?


wwww


燿「あ、人情はないけど愛嬌あるもんね!笑」


謎フォローww
お好み焼きのお話。


JaY「昨日お好み焼き食べたんですよ。お好み焼きって腐るほどあって、まずいとこもあるんですけど、昨日行ったとこはめっちゃ美味くて。ものすごく美味かったんですよ。でもなんてとこか忘れて」


www


JaY「そうや、燿さんとすれ違ったんですよ。お好み焼き行きますかー?って言ったら
イヤァ…イヤァ…って」


苑「なんでオネエなのw」


JaY「イヤァ…イヤァ…って言ってて。で、ゲーセン行ってるんですよ!」


燿「いや、俺はプランがあって、軽く飯食って、ゲーセン行って、スタバ行って、ホテルへ戻るって考えがあったの!」


苑「!!!
あるよねぇ…燿さんの自分スケジュール!!


燿「JaYくんマネージャーと2人で飯行ってて、ゲーセン出たときにまだ店いたもんね!仲良いなと思ってて!けっこう(お好み焼き屋の)通路側で見えるとこにいて笑」  


JaY「違うんですよ。燿さんくるかなと思って待ってたんですよ」


燿「え、マジで?」


JaY「3人分取ってたんですよ。もうすぐ来るんで、もうすぐ来るんで…ってとってたんですよ。これが人情(`・∀・´)σドヤヤヤャャャャ


wwwww


燿「押し付けは人情と言わないから!



苑「ゲーセンあると燿さんに報告しちゃうよねぇ。ゲーセンあったよー!!!って」



苑「昨日はね、俺は響とTakaoさんとご飯に行って。ねえ?」


響「寿司ね…」  


苑「寿司ね!笑
お寿司があったんだけど、普通想像するのこんなんじゃん。こんな大きくて。申し訳程度にサーモンとかが上に乗ってるっていう笑」

 

どこの店よwww


苑「この3人集まったらみっちり音楽の話ね。ずっと音楽の話してた」


JaY「下ネタ話さないんですか??」


苑「下ネタのしの字も出なかったね!笑」
(JaYに対して)今度ご飯行かないとね…寿司行かないと」


JaY「寿司は…!!!!」


苑「生牡蠣は何秒で吐いたんだっけ?」


JaY「2秒!スタッフゥー!牡蠣出てんでー!って」


wwwwww


JaY「あ、ウケてる笑
スタッフゥー!!!」


ウケたら繰り返すww


苑「その店で掃除する居酒屋のバイトやりたくないなぁ笑」


JaY「でも、掃除してもらって最後ありがとうって言うんで。人情(`・∀・´)σドヤヤヤャャャャ」


JaY「9割嘘なんで」


wwww


苑「そろそろアンコールにいこうと思いますが。
大阪でもアンコールがあるだろうとほのかに考えていて、ずっと声を出してもらっていましてが、まだまだいけるだろうと思って用意してきました!まだまだいけんだろう?まだまだいけんだろ大阪!!」

18.The Gambler
19.honey drop
20.喝采と激情のグロリア
Wen.(21:02〜21:12)


燿「ありがとうございまァす!」


苑「大きいアンコールありがとうございます。最後声出せんのかい?歌えるかい?シャインオーン!!」

21.SHINE ON
---------------------------
見ている瞬間、瞬間で楽しいなと思ったライブでした。感情がライブ中も抑えられず、音に揺れて揺られて今までで一番楽しかった。
苑さんが毎回最高のライブを更新して行きたいと柏で言っていたように、今回も最高を更新していました。


セットリストが個人的に好みだったことも大いにあるけどそれだけじゃなくて。


音から溢れてくるエネルギーがすごいんですよ。上手いのは当然。上手いという次元ではなく、一音一音、フレーズ毎に溢れる活気のあるメロディ。何よりそれを奏でるメンバーが本当に楽しそうで。


そんな空間で喝采と激情のグロリアを演奏されたら、こちらもいつもより声出したいな…とか思うよね。


どんどん摩天楼オペラの存在が大きくなっている。摩天楼オペラ日本武道館という目標を掲げているけど、到達するまでにもっと見たい会場がある。
もっとライブに行きたい。
もっと広い会場で見たい。
もっと摩天楼オペラの音を浴びたい。


今の摩天楼オペラが最高です。バンドの良い状態ってなかなか巡り会えなかったりもするので、本当に奇跡だと思っています。
ありがとうございます!


良い夜でした。
ごちそうさまでした。


【セットリスト】
1.天国の扉
2.Adult Children
3.Curse Of Blood
4.BURNING SOUL
5.Invisible Chaos
6.Psychic Paradise
7.AM6:00に針路をとれ
8.SYMPOSION
9.Innovational Symphonia
10.alkaloid showcase
11.It's You
12.INDEPENDENT
13.ANOMIE
14.孤独を知るには一秒も長すぎる
15.Helios
16.PANTHEON-PART2-
17.PHOENIX
En.
18.The Gambler
19.honey drop
20.喝采と激情のグロリア
Wen.
21.SHINE ON

18.06.30 DA PUMP 「U.S.A.」発売記念イベント@大阪なんばパークス2F キャニオンコート

シドで六月のライブやイベントを締めくくる予定が、DA PUMPがリリイベで大阪に来るということでミーハー魂に火がつき行ってきました。

f:id:snowmansan:20180702000446j:image

 

「U.S.A.」発売記念イベント@大阪なんばパークス2F キャニオンコート

今流行りのU.S.Aで人がすごい。
特にMCは細かいことはなくてというか聞こえなくて、自己紹介等やっていた。


ISSAの歌声がDA PUMP聴いていた頃と変わらず、びっくり。

U.S.Aの盛り上がりはすごくて、たぶんハロヲタとかいろんな人がいてみんな声出し頑張ってたわ!


一回ライブ行ってみたい、joyfulとかfeelin'good聴きたいし!
短い日記。ごちそうさまでした!

14:08〜14:33
【セットリスト】
1.ごきげんだぜっ
2.if
3.U.S.A

18.06.28 シド SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 2018〜インディーズ曲限定LIVE〜@豊洲PIT

こちらも少し時間が経ちましたが、シドのライブへ行ってきました。6/28のお話です。

ど平日東京ですが、インディーズ曲限定と銘打っており、シドを好きになった時期なのでどうしても行きたくて。
午後有休で行ってきましたよ!

 

f:id:snowmansan:20180701124612j:image

場所は豊洲PIT。3000キャパぐらいだから今回のツアーでは一番大きいキャパかな。
豊洲は仙台貨物以来だわ。けっこう好きな会場。

f:id:snowmansan:20180701124630j:image

曲タイトルの入った幕。やっと撮影でけた。

 

f:id:snowmansan:20180701124711j:image

撮影下手やけどHYDE LUNASEA GLAYの並び。

 

今回は真ん中ぐらいに位置。
場内は
Wake Me Up Before You Go-Goとかガンズのwelcome to the jungleとか流れてていい感じ。

SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 2018〜インディーズ曲限定LIVE〜


19:03〜20:29

SEにてメンバー登場。
1.アリバイ
音響の評判がそんな良くない豊洲ですが、ギターのカッティングが綺麗に聴こえるし、僕が聴いていた位置は割と音が立体的でした!良かった。

2.蜜指
マオ「豊洲ー!今日でツアーラストです。今日はインディーズ曲限定ライブなんでね。メイクも髪型も気持ちもインディーズの気分で挑みたいと思ってます。だからね、みんなもインディーズバンド応援してるような感じで。“わたしが育てたのよ?”みたいな感じできてください笑
ここから久しぶりの曲をやっていきたいと思います…シャッタースピード

3.シャッタースピード
カメラをかしゃかしゃする仕草をするマオ。

 

4.andboyfriend
マオ「もういっちょいけるかー!」

5.Re:Dreamer

明希「豊洲ー!豊洲ー!明希でーす!
みんな俺がかっこよすぎて見惚れてたんでしょう?」

 

 

明希「今日はツアーラスト…気合い入ってるか!!声出していけるかー!きつかったら無理しなくていいので!そういうとこは頑張らなくていいからね。声出していこうぜー!」
もうちょっと喋ってたけど忘れちゃった。

 

しんぢ「ギターのしんぢでーす!インディーズ曲ライブ…最初にやったアリバイという曲は楽曲を作っただけで完成じゃないんだなというのがわかった曲で。元々歌詞が乗った時点で、あぁ!こんな曲になったんだ!ってなって。

で、ライブでやるとみんなこんなのやるじゃん」

ばいばい!のとこ

 

しんぢ「え!そんな小さくないでしょ。もっとさっき大きかったよ!」

 

笑  ばいばいやり直し

しんぢ「せーのっ」

\ばいばーい/

 

しんぢ「そうそれそれ!曲はリリースしたときが完成じゃなくて成長するんだなと思って。いや、もっと成長できるな!もっといけるよなぁ!成長させていきましょう!!」

 

ゆうや「15周年です。15周年って…すごいと思うんですよ。何かを15年続けた事ありますか?ある?すごい!!
僕はシドだけですよ。ほかのメンバーもそうかもしれないけど。中学生の子が30歳になるわけですよ。」

 

 

ゆうや「15年も経つとメンバー間話の内容が変わります。昔は面白い事。何が面白いか…変顔をして変顔をしてるって事を面白いと思ってんだろ?みたいな事とかがメインで。
今は健康の話!

www

 

ゆうや「“ゆうや?これ…良いらしいよ?”とか。健康の話ですよ。でもね、長く続けるというのは健康だからできることですよ!だから健康に気づかって、もっと健康の話をしていきたいと思います!」

 

マオ「15周年です、ありがとうございます。ゆうやの15歳が30歳というのはよくわからないけど笑 でも、長く続けたいと思ってます。
アリバイの頃はちょいぽちゃだったんでね。でも食べるのはやめられなくて笑
髪型も横だけ伸ばして(触角みたいな)輪郭を隠して。痩せればいいのにw
写真もできるだけ上から撮って。今だから言えるけど、ライブ行ったら全然違うじゃん!って思われてたらどうしようと思ってた笑 で、痩せればいいと気づいて笑
インディーズ限定だから長さ足りないけどちょっと今日意識してます笑」

 

 

マオ「蜜指のときは自分の中の流行りだったのかジャケットバサってやってて見せたがってて。アー写のときとかカメラ目線でずーっと見てたけど、カメラマンさんから“…他のポーズくださーい”って言われて。“目逸らしてみようか?”って。今思うとカメラマンさん嫌だったかなーとか思って。そんな事を思い出してました。インディーズ曲限定なのでね、古い曲もやっていきたいと思います。その代償」

 

6.その代償
7.ホソイコエ
初めて聴けたー!やった!

 

8.ハナビラ

マオ「バラードというのは俺にとって大切で。歌詞に浸って歌うのも、もちろん音程を取るのも大事で。いつもこれを失敗したら人生が終わるという気持ちで歌っています。そんな気持ちが少しでも伝われば良いなと思って話しました。ゆうや元気?」

マオがアクセサリー引っかかってそれを取るためにゆうやに話をふる。スタッフさんも出てくる

 

ゆうや「豊洲元気ですか!いやーわかるよ、15年やってたらわかるよ。このいぇーはバラード後のいぇーですね。しんみししちゃってるでしょ?しんみししてるでしょ?」

しんみしってなにw

 

ゆうや「それと、スタッフさんが出てきてみんなびっくりしちゃってるねぇ!笑」

絡まってるの取れて
マオ「こういうの絡まると俺絶対取れないのね。こうやって引き千切ったくなっちゃう」
って姿が首を横に切る仕草で清春そっくりなのね笑 すごい。

 

ゆうや「でもマオくん両手あいてるから良いじゃん!両手あけられるというか。」

 

マオ「結局取れないけどね笑」

 

ゆうや「だって俺ハナビラ叩いてるときに引っかかっちゃったらふぉ〜〜〜〜ってなっちゃうよ?

ふぉ〜〜〜〜っ

wwww

 

マオ「ふぉ〜〜〜〜ってなっちゃうんだw」

 

マオ「次は唯一かな?メンバーの美声が聴ける曲です、ノイロヲゼパアティー」

9.ノイロヲゼパアティー
10.誘感コレクション
アコギが出てきてスタート。

 

誘感コレクションだったんですが、1番が終わって“スコールみたい”のとこで、
マオ「止めて〜大丈夫?」

と言ったと思ったら前が詰まってたみたいで。

 

マオ「挟まっちゃった?水持ってきて。大丈夫?無理しなくて良いよ」

これはね、優しさ溢れてたよね。

 

マオ「みんな…ラッキーだね!もう一回聴けるよ!」

 

 

マオ「スコールみたいから始めても良いんだよ?笑 せっかくなので最初から。せっかくだからタイトルコールしてもらおうかな。誘惑コレクションとか言うなよ?」 

 

昔何年も誘惑コレクションだと思って、itunesの登録も誘惑にわざわざ変えた私が通ります…

 

\誘感コレクション/

初めて誘感聴けた。

 

マオ「ここから暴れていけるか!一夫多妻制だ。結婚しよう、プロポーズ!」
11.プロポーズ

 

 

メンバーコール。
たんたかたかたかたん
\明希ー/ 

 

たんたかたかたかたん
\しんぢー/

 

たんたかたかたかたん
\ゆうやー/

マオ「じゃあ俺は…さっき結婚したじゃん?だから“あなた”で。
イメージとしては家帰ってきて(お立ち台で正座?してた)あなたって」

 

たんたかたかたかで頭を下げて、
たんっで頭を上げて
“あなた?”って首を少し傾げる感じ。

マオ「たんたかたかたかたん、あなたね。男も大歓迎だからなー!三つ指ついてね笑」

 

たんたかたかたかたん

\あなたー/

マオ「だから咲くなって!!笑 いや、良かったよ!!!!」

 

マオ「シドで、じゅんか〜〜ん」
12.循環

マオ「シド結成当初の曲いくぞー!」
13.できそこない

 

マオ「ラストいけるかー!!!
rrrrラストいけるかー!!!urrrrrrrrrrrラストいけるかぁぁあああ!!!!urrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrラストいけるかぁぁぁああああ!!!!!!!よしがいぃぃいいい!!!!!!
14.吉開学17歳(無職)
昔みたいによしがいぃぃいいいって叫んでた。インディーズ期!


En.
マオ「ここにいるみんなにも辛い夜や眠れない夜あると思います。でもそんなときにここにたくさんの仲間がいること、それを思い出してほしいと思います。live」
15.live

 

マオ「みんな逃げても良いのでね。キャパというのは人によって違って。強い人、強くない人。強い時期もあれば弱い時期もあって。
そのキャパが90〜95%になったとき、逃げれる場所があるといいなと思います。それがシドのライブに来るでも良いし。ありがとうございました。」

マオ「重大発表があります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グッズ紹介します!」

 

 

明希「これ。メモスタンド!このリンゴマークね。昨日も紹介したんですけど買った人ー?」

 

\はーい/

 

明希「おお…まだまだ売れるなぁ…( ´ ▽ ` )今日まだ買ってない人ー?」

 

\はーい/

明希「まだまだ売れる

なぁ( ´ ▽ ` )


メンバーとお揃いなんでね。お揃いにしてみてはいかがでしょうか!よろしくおねがいしまーす!」

 

しんぢ「俺はこれ!ネギッピー!まずはこれ。ピッてやつね…Suica!入ります。
そして…」

とファスナーを開ける

 

しんぢ「これが入ります、良い薬です!」
太田胃散久しぶり!!!

 

しんぢ「胃が弱い人もね、ここに入るのでおすすめです!!
あ、言い忘れたけど、これ(太田胃散)は別売りです!

ww

 

ゆうや「俺が紹介するのはラバーバンド!ライブではお馴染みですね。買った人はーい。なんといえば良いんだろうな!思ったより多い?笑
さっき拳あげたりしたでしょ?そのときわかっちゃうからね!買ってる!買ってない!買ってない!あ、買ってる!とか」

 

マオ「俺はどうしようかなぁ〜付箋!付箋はどういうときに使うのかな…本で気になるページに貼るとか。いや、普通だな笑
男の子とかは好きな女の子の背中に貼って逃げるとか。俺のおいでって書いてるんだけど、女の子が“な〜に〜?”って見たらおいでって書いてるみたいな。

あ、貼り付けて逃げて付箋においでって書いてて、遠く見たらその男の子がおいでポーズしてたら良いんじゃないの笑」

 

ゆうや「良いこと思いついた!Yes/Noまくらみたいに使えそうだよね。今日OKよ!みたいな」

 

マオ「おお!それいいね。エッチするときに女の子が良いよみたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通にエッチって言っちゃったよ
wwww
付箋を投げるマオww

 

マオ「付箋でした〜」

雑www

 

マオ「今回のツアーは今までのツアーより特別長いというわけではないけど、すごく濃いツアーが廻れたと思ってます。15周年これで終わりと思いきやもう一発ツアー廻るんで!次は31本!チケット申込みしてもらってるけど予想以上の申込みで、みんなの15周年への思いが伝わってきます、ありがとう!」

 

マオ「もう一発盛り上がっていけますかー!」

16.夏恋

 

マオ「次の曲もみんなの盛り上がりにかかってる曲だから!」
17.Dear Tokyo
幾度と聴いたDear Tokyoだけど、シドをTokyoで見たのが久々だからある種新鮮だった。

マオ「ラストー!眩暈ー!」


18.眩暈

しんぢ「今回のツアーはみんなをもっと好きになるツアーでした、ありがとうございましたー!」

 

マオ「15周年ツアーありがとうございました。個人的には今日が一番良かったと思ってます。みんなで作り上げたライブなんでね。
みんなと照明さん、舞台さん、PAさん、スタッフさん。次の日曜にまたやりますって言ったら絶対来れない人がいるわけです。だから全く同じライブはなくて、今日しか作れない、今日だから作り上げられたライブだと思ってliveのとき歌ってました。ありがとう!
次は一番好きな場所で会おう!」
---------------------------
インディーズ期限定ライブ楽しかった。
1番好きな気持ちが上昇していた頃の楽曲でありながらもライブは行けなかったから、その時期を聴けて嬉しかった。何曲か聴けるのではなくて、まるっとインディーズ期を聴けるのが有難いことです。

 

売れていく様、人気が出る様を見ていて嬉しかった事も思い出して。インディーズ期の頃はたくさん思い出せる事があるんですよ。驚かされる事も多かったし。
ただ、正直10周年ぐらいで曲を追うのが断続的になってしまって。

 

もちろん後追いで聴いたけど、やっぱりその時を追わないとダメだなと。その時、その時間を沿わないと意味がないんですよね。
自分の優先順位も色々とあるかもしれないし、その時期は聴けなかったのかもしれない。
でもリリース時期に聴くのが1番なわけです。料理が出てきたときに、出てきた温度で口にしたいわけです。

 

それができなかった5年間をやり直したいとも悔しいとも思わないけど、これからは
楽曲を、ライブを追って行きたいなと改めて思えたライブでした。そう思えるのは未来があるバンドだとライブ中に感じたからかもしれません。
15thライブハウスツアーありがとうございました。
ごちそうさまでした。

 

【セットリスト】
1.アリバイ
2.蜜指
3.シャッタースピード
4.and boyfriend
5.Re:Dreamer
6.その代償
7.ホソイコエ
8.ハナビラ
9.ノイロヲゼパアティー
10.誘感コレクション
11.プロポーズ
12.循環
13.できそこない
14.吉開学17歳(無職)
En.
15.live
16.夏恋
17.Dear Tokyo
18.眩暈

18.06.23 LUNATIC FEST.2018@幕張メッセ国際展示場

だいぶ時間が空いてしまいましたが、LUNATIC FEST.2018の初日へ行って参りました。
2015年の初開催は行けなかったので初めての参加でした。

 

f:id:snowmansan:20180701200607j:image
f:id:snowmansan:20180701200616j:image

本当は行くか迷ってたんですけどね。
前日の卓偉さんに行くことを決めたのでついでに行こうかななんて。ついででもないんだろうけど笑

10時過ぎぐらいに着き、リストバンドの交換とグッズやらわたわた見てました。lynchのテーシャツ欲しかったんだよな、でも翌日だからなかった。

f:id:snowmansan:20180701200721j:image
f:id:snowmansan:20180701200727j:image
f:id:snowmansan:20180701200716j:image
f:id:snowmansan:20180701200658j:image
f:id:snowmansan:20180701200702j:image
f:id:snowmansan:20180701200654j:image

お花。ネギッピーかと思ったというか、シドからの花かと思ったら違いました。

 

フロアに向かってLUNACY待機。
10:59〜
Booさん登場。個人的にはA9の周年ライブに来てたのを見た以来。
Boo「裏ではCYの皆様がスタンバっていますよ!!」

年末のLUNA SEAクリスマスライブでMC依頼がSUGIZOからあったらしい。

 

幕張メッセが耐震構造には優れてるよって案内の後、
Boo「この前大阪北部で地震がありました。もしかしたら、今日来たかったけど来られなかった仲間がいるかもしれません。でも、今日来ている人が塞ぎ込むわけでも、ほっとくわけでもありません。
今日来た人は来れなかった人の分まで楽しんで帰ってください!」
というお話。そして出演バンドの読み上げをして始まり始まり〜。

 

☆LUNACY(11:05〜11:23)
SUGIZOは白塗りというか白かったなぁ。全員黒を基調とした衣装。

SUGIZOのギターリフでスタート。
1.SHADE
2.SYMPTOM

RYUICHI「朝早くからありがとう。今日は思いっきり楽しんで帰ってくれよ!」
3.NIGHTMARE
曲が終わりに向かい歌い終えたRYUICHIが去り、
弾き終えたSUGIZOが去り、
アルペジオを弾き終えたINORANが去り、
叩き終えた真矢が去り、
最後ベースラインをJが弾き終え幕を閉じる。

NIGHTMAREの終わり方かっこよかったなぁ!

 

☆coldrain(11:30〜11:58)
Masatoは骸骨マイクスタイル。
下手ギターの方、SugiHELLOWEENのTシャツ着てた。

Masato「暴れていこうぜルナフェスー!!!」
響いてくるダウンチューニングが心地いい。
1.TO BE ALIVE
2.ENVY
3.24-7

Masato「胸を張っていいます、連続出演です!ありがとうございます!あなたたちはただただ楽しんでもらえたらと思います。coldrainはcoldrainらしく暴れて楽しんで帰りますので最後までついてきてください!」

 

4.GONE

Masato「与えられた時間は30分、あと二曲cold rainらしく暴れて帰りたいと思いますが…まだまだ暴れていけますかルナフェス!!!」
5.No ESCAPE
6.THE REVELATION

 

名古屋系(言いたいだけ)バンド。

ラウド楽曲を繰り出してきて楽しかった!でもみんなリズム揉み手!!

 

☆女王蜂(12:11〜12:41)
ジュリ扇がふりふりなってた。
グッズなのね。

1.金星
2.ヴィーナス
3.売春

アヴちゃん「スペシャルゲスト紹介します。Jちゃん」

J登場。

アヴちゃん「伝説のJ王蜂見たいか!見せてやる!」


4.デスコ(with J)
5.HALF

アヴちゃん「最後受け取って帰ってください。女王蜂でした」
6.告げ口

 

☆The BONEZ(12:51〜13:25)
SEにて登場して円陣組んでた。

1.Until you wake up
2.Bird?people with wings?

 

JESSE「LUNATIC FEST.初めまして、The BONEZです!よろしくおねがいします!
いつもツアーに来てくれる人も今日初めてLUNA SEAのおかげでお会いできた方も、どちらもウェルカムなので!
皆様がウェルカムのならば、買った一枚のチケットで楽しんでいってください!準備できてるやつはどんだけいますかー!」
3.Rude Boy

 

JESSE「みなさん奇跡を見たくないですか?見たことないもの見たくないですか!紹介します、LUNA SEAからJ!」

とJ登場。

4.Hey,You(with J)

下手でJESSEとJが合わせて弾いてた。

JESSE「最後見えなかったかもしれないけどJさんとあっちでいちゃついちゃったから」
とドラムのZaxに言ってたのかな?

 

身の丈話になり、
JESSE「こんなにお絵かきだらけ(刺青)で、でもこんなんでもPTAやってます笑
かっこいい大人だなって言われて職業ミュージシャン?No.No.バンドマン。そこに誇りを持ってやってます。

ハイエースが俺たちに取って船で、車もボコボコだけどそれすら愛おしくて、ロードチーム、PA、物販など全部含めてThe BONEZで。
みんなの好きなバンドもそうだと思うけど。
一枚のチケットでみんながたくさんのバンドを見れると思うけど、一枚のチケットでたくさんのリスナーに会える機会を与えてくれてありがとうございます!」
5.SUNTOWN
6.Thread & Needle

 

ACE OF SPADES(13:33〜14:04)

1.WILD TRIBE

TAKAHIRO「改めましてACE OF SPADESです、短い時間ですが楽しんでいきましょう!」

2.TIME FLIES
3.Looking for

TAKAHIRO「続いてはスペシャルコラボレーション、INORANさーん!」

4.Louder(with INORAN
5.SIN
6.JUST LIKE HEAVEN

 

 

☆backnumber(14:15〜14:49)
青い春っぽいSEで登場。というか青い春か。

1.青い春

青い春楽しかったー久々に聴いた(^^)


2.MOTTO
3.クリスマスソング

梅雨時期にクリスマスソングぶっ込んで狂ってますね笑


4.瞬き
5.SISTER

清水「ルナフェス出演させて頂きありがとうございます。すごく嬉しいんですがあんま喋るの安っぽくなっちゃうんで…こんな喋り方なんでね。ボンド」


??????


清水「ボンドってなんだ…笑
次は大事なところで噛まないような大きいバンドになりたいと思います笑」
6.高嶺の花子さん


終わって空腹に耐えきれずフードコーナーへ。インターバルが10分ぐらいしかないから、一度会場出るともうアウトなわけです笑
本当これは申し訳ない。だからGLIM SPANKYは途中から。

 

☆GLIM SPANKY(途中から)〜15:39

戻ってきたらスペシャルゲストでSUGIZOの紹介。
5.愚か者たち(with SUGIZO
6.大人になったら

ブルースの香りがする。あとLED ZEPPELINとかのブルース寄りHRの香りがする。

 

☆シド(15:55〜16:30)
アコギが出てくる。モノクロかと思いきや。
1.青
初めて聴けたー!

 

2.V.I.P

マオ「こんにちはシドです!呼んでくれたLUNA SEAへの感謝とリスペクトの意味を込めて歌わせてもらいます。I for You」

3.I for You

 

二番後間奏に差し掛かってギターソロに差し掛かったぐらいに下手から誰か登場。スタッフにしては悠長に歩くなと思ったらRYUICHIだった笑

ラスサビをRYUICHIとマオでユニゾン
マオ「スペシャルゲストRYUICHIさーん!」

 

RYUICHI「シド15周年おめでとー!!!」

 

マオ「ありがとうございまーす!!!」

RYUICHIは上手に帰っていく。ステージ一周した笑


マオ「緊張したー!!!
RYUICHIさんが入ってくれると決まった日からずっと緊張してました笑 最高の思い出になりました。緊張するところは終わったので笑 ここからはリラックスして楽しんでいきたいと思いますがいけますか!」
4.嘘
5.夏恋
6.one way
7.眩暈

 

DIR EN GREY(16:37〜17:19)
1.人間を被る
新曲聴けたー!

2.SUSTAIN THE TRUTH
3.THE FINAL
4.audience KILLER LooP
5.新曲(Ranunculus)
Ranunculusってずっと歌ってた。

6.孤独に死す、故に孤独。
7.VINUSHKA
8.詩踏み

 

GLAY(17:24〜18:29)

下手にいると円陣組んで行くぜー!!が聴こえて初めて生で聴いた!
煽りリズム曲を入れて煽りに煽ってスタート。

TERU「GLAYいっきまーーーーす!!サバイバーーール!!」
1.サバイバル
2.coyote,colored darkness
3.VERB

 

TERU「今回はLUNATIC FEST.3年ぶり…しかもトリ前という重大なところに出演させて頂きありがとうございます!
みなさんからもらった熱をより大きくしてLUNA SEAに返すのでこのまま楽しんでください!

今日初めて見る方も…あ、手を挙げたい人はそのまま挙げてください笑  お父さん世代で聴いてた人もいるかと思いますがGLAYの代表バラード二連ちゃん聴いてください」
4.HOWEVER
TAKUROギターストロークでのイントロ。


TERU「ここではゲストを呼びたいと思います。バラードを一緒に歌ってくれないかと言ったところ快諾してくれて。AOSではさっきボーカリストとして出ていましたが…TAKAHIRO!」

 

TAKAHIRO「お邪魔しまーす!」

 

TERU「ここからは気楽にいこう!」

たぶん気楽なのはTERUさんだけだよ笑
TAKAHIRO緊張するでしょ!

 

TERU「付き合いは古いですが、TAKAHIROが GLAYのカバーをしてくれて。
今日は初めて2人で歌うということで」

 

TAKAHIRO「HOWEVERのあとのプレッシャーに勝てるかわからないです笑」

 

TERU「いや、勝ちます!笑」


5.BELOVED(with TAKAHIRO)
TAKAHIROが“ああ、夢から醒めたこれからもあなたを愛してる”を2回繰り返し。2回目はTERUがコーラス。

そこからいつものギターアルペジオ
そこからは交互にメイン歌って片方はハモったり。
そこでわかるのがTERUの声量。やっぱりすごいんだな(°_°)

 

HISASHI「幕張ー!良い波乗ってんねー!相変わらず雨のライブです。でも心強い味方がいるんだ。coldrainだ!!ゲストじゃないよ笑

今日明日と日本、世界でノリに乗ってるバンドが出るフェス、ルナティックフェスに呼んで頂きありがとうございます。デビューから24年GLAYでございます。


ここから流れかえてくぜ?
SLAVEのみなさんも、
セレブのみなさんも!
DIR EN GREYのお客さんのみなさんも、
ただのGLAYのファンも、
みんな仲良くゾンビになろうじゃないか!シンゾンビだ!


6.シン・ゾンビ

2番が終わったところで
LEGEND SERIESへ突入

ZOM BEAからLUNA SEAへ。
FATEカバー!かっこよかったー!!

 

そこからシン・ゾンビへ戻る。

そして、ギターのギコギコが始まる。
7.COME ON!!

TERU「2人目のゲスト呼ぶぜー!!先輩と後輩の関係でもあるけど、ライバルでもある。シド明希ー!」

 

明希「やれるかー!幕張ー!
いきまーす」
8.SHUTTER SPEEDSのテーマ(with 明希)

 

この“いきまーす”が昔のJIROさんで、よくわかってらっしゃる笑 これGLAYERには伝わったかな、伝わってよな!

ベースソロもJIROと明希で半々。

最後のTAKUROとの掛け合いは


TAKURO「ルナフェス ルナフェス 」

 

TERU「LUNA SEA!」

 

TAKUROLUNA SEA!」

 

TERU「るなっしー!」
ふなっしーみたいに言うやんww

 

TERU「もう1人呼ぶよ!今日はただ遊びに来てたんだけど、命令で出ることが決まりましたー!彼女のモダァァァアアン!!!!
9.彼女の“Mordern…”(with NETHMITH)
ルナフェスなら合法的にヘドバンができる!


TERU「やっぱりLUNA SEAからも登場してもらわないと…SUGIZO!!」
と下手をずっと見るTERUさん。

上手から既に登場してるSUGIZO
TERU「あ、こっちかwww」

 

通常運転です、ありがとうございますww

TERU「こいつをやらなきゃ気がすまない…カモンTOSHI!」


10.誘惑(with SUGIZO

TERU「僕らイベント出ないんだけどLUNATIC FEST.は出たいなと思って。参加させてもらえて幸せです、ありがとうございます!最後思いっきり騒いでください、Last Song…X Y Z!!」
11.XYZ
TERU「続いてはLUNA SEAだぜー!!思い切り暴れていこうぜ!!」

 

GLAY終了\(^^)/

 

そしてLUNA SEA待ち。

18:39ぐらいにJz出てきてええ!!!ってなった!ドラムセットに深々と頭を下げて叩き始めて。
パンパンパパパンパパパパン
淳士

もやってた!

 

LUNA SEA(18:47〜19:59)
1.Hold You Down
2.TONIGHT

RYUICHI「LUNATIC FEST.も第2回目を迎えました。集まってくれたバンドが熱い演奏を聴かせてくれたんで、俺たちもめちゃめちゃ燃えてました。雨降ってるかもしれないけど吹き飛ばしましょう。いけるかー!いくぞー!いくぞー!Next song…Dejavu」
3.Dejavu
4.JESUS
5.Rouge

 

RYUICHI「3年ぶりだからどんなだったかなと思ったけど、リハからめちゃくちゃ痺れまして。昨日リハ終わってからは声が枯れてました。
この大きなお祭りを心底楽しんで帰ってください。では次のナンバーを。gravity」
6.gravity
7.闇火

 

RYUICHI「ここに集まった仲間たちにこの5人からI for You」
8.I for You

 

RYUICHI「今日は本当にかっこいいバンドがたくさん出てくれて。メンバーでミーティングして“あのバンドどう?”とか話してて、本当にこの日を楽しみにしていました。この会場を宇宙で1番な場所にしたいと思うんでね、みなさんいけますか!」
9.DESIRE
10.TIME IS DEAD
11.ROSIER

RYUICHI「まだまだやれる幕張?やれる?おまえら全員かかってこい!!!」


12.WISH
En.(20:09〜20:26)
RYUICHI「最後はセッションでしょう!」

セッションメンバーは
RxYxO(coldrain)
T$UYO$HI、ZAX(The BONEZ)
TAKAHIRO、HISASHI、TOKIE、MOTOKATSU(ACE OF SPADES
小島和也(backnumber)
亀本寛貴(GLIM SPANKY)
マオ、しんぢ、明希、ゆうや(シド)
薫、Die(DIR EN GREY
TERU、TAKURO、JIRO、HISASHI(GLAY
淳士

HISASHIが2人いる(°_°)笑

RYUICHI「俺たちがインディーズで一曲目レコーディングしてるときに淳士いたみたいで…ドラムス淳士!!!」

 

RYUICHI「よっしゃいくぞー!!!BELIEVE!!」
13.BELIEVE(セッション)

 

HISASHI×J
INORAN×HISASHI
SUGIZO×Die
JIRO×INORAN
とかなかなか見れないやつ!

そしてラスサビ前お立ち台に足をかけるRYUICHI、TERU。TERUが来いよ!って呼び込んでマオとTAKAHIROも来る。こういうとこがいいねTERUさん。

JIROさんは楽器隊にGLAYチョップしてたり笑
ゆうやはJzの後ろにずっといたり面白かったな笑

 

RYUICHI「本当にありがとう、みんなのおかげで最高の初日を迎えることができました!ありがとう!」
---------------------------
行って良かったよ!楽しかったよ!!
細かい感想はツイートしたからいいとして、セッションね。フェス自体もそうだけど、セッションのときたくさんのバンドを知ってて良かったなと思える。個々で活動するバンドが一緒にギター鳴らしたり、絡んだり。


VJSのときも言ったけど、格ゲーのKING OF FIGHTERSみたいなもんなんですよ。
それが見られて本当に良かったなと思います。


一応知らないバンドは予習して行くんですが、
初見バンドの中では女王蜂が圧倒的に良かったですね。16ビートのダンスナンバーだけど、描いている世界がなかなか面白い。狂気的な演奏に魅かれてしまいました。
ワンマン行かないと!


それと、backnumberの高嶺の花子さんとシドの夏恋はサビも間奏もAメロも何もかも交換しても綺麗に成り立つと思うんですよ。それを思ったフェスでした。誰かマッシュアップとかしないかな…。
backnumberも何か違ってメイクするようなバンドで、池袋CYBERとか出ててたらサビは手バンだったのかなと思うわけです。色々面白いですね。


私のルナフェスはこれでおしまいです。
良き一日をありがとうございました。
ごちそうさまでした。


【セットリスト】
☆LUNACY
1.SHADE
2.SYMPTOM
3.NIGHTMARE

☆coldrain
1.TO BE ALIVE
2.ENVY
3.24-7
4.GONE
5.No ESCAPE
6.THE REVELATION

☆女王蜂
1.金星
2.ヴィーナス
3.売春
4.デスコ(with J)
5.HALF
6.告げ口

☆The BONEZ
1.Until you wake up
2.Bird?people with wings?
3.Rude Boy
4.Hey,You(with J)
5.SUNTOWN
6.Thread & Needle

ACE OF SPADES
1.WILD TRIBE
2.TIME FLIES
3.Looking for
4.Louder(with INORAN
5.SIN
6.JUST LIKE HEAVEN

☆backnumber
1.青い春
2.MOTTO
3.クリスマスソング
4.瞬き
5.SISTER
6.高嶺の花子さん

☆GLIM SPANKY(途中から)
5.愚か者たち(with SUGIZO
6.大人になったら

☆シド
1.青
2.V.I.P
3.I for You(with RYUICHI
4.嘘
5.夏恋
6.one way
7.眩暈

DIR EN GREY
1.人間を被る
2.SUSTAIN THE TRUTH
3.THE FINAL
4.audience KILLER LooP
5.新曲
6.孤独に死す、故に孤独。
7.VINUSHKA
8.詩踏み

GLAY
1.サバイバル
2.coyote,colored darkness
3.VERB
4.HOWEVER
5.BELOVED(with TAKAHIRO)
6.シン・ゾンビ(Legend Series:FATE/LUNA SEA
7.COME ON!!
8.SHUTTER SPEEDSのテーマ(with 明希)
9.彼女の“Mordern…”(with NETHMITH)
10.誘惑(with SUGIZO
11.XYZ

LUNA SEA
1.Hold You Down
2.TONIGHT
3.Dejavu
4.JESUS
5.Rouge
6.gravity
7.闇火
8.I for You
9.DESIRE
10.TIME IS DEAD
11.ROSIER
12.WISH
En.
13.BELIEVE(セッション)

18.06.22 中島卓偉 TAKUI NAKAJIMA LIVE TOUR 2018 (16 BEATS ONLY!!)Dance!Feel The Noise.@渋谷WWW X

どうもこんばんは。
6/22のお話です。中島卓偉のライブへ行ってきました。

 

f:id:snowmansan:20180624205243j:image


大阪も行ったんですけどね、どうしてももう一度見たくて。なんと言っても16ビート曲限定ライブで。
シングル縛りとかは二度はあっても16縛りなんて二度とないかもしれないじゃないですか。ダンスフロアとなる今回の三本のツアーファイナルへ行ってきました。


会場は渋谷WWW X。前から気になってたんですよ、すごく草が生えてると思って。
キャパは500ぐらいらしいです。なんだかおしゃれな会場。


TAKUI NAKAJIMA LIVE TOUR 2018 (16 BEATS ONLY!!)Dance!Feel The Noise.


19:30〜21:47
衣装はグラムロックスタイル。派手派手。
最初からクライマックス。全員で肩を組む。


1.BADLY NOOOO!!!!
2.OCTOPUS SOLDIER
3.PASSION HIP LADY

コール&レスポンスのとこで声が小さくて、

卓偉「一回でやれよ!!」

とお叱り笑


4.上手く言えない
5.サイトウダイスケ〜all good adults go to heaven?
6.焼酎ギャル

お決まりの掛け声で、

卓偉「いつも野郎からキーが高いっていうので分けてやります!まず野郎!」

と男性から。

 


卓偉「野郎最高です!次女子!」

と女子ターン。

そして通常の焼酎ギャルへ突入。

 

 

 

卓偉「渋谷ー!今回の東名阪のツアーファイナルです!平日に来てくれるおまえらめっちゃストロングだぜ!今回は16ビート限定ライブです!16ビートは1.3で取るんじゃないのよ!2.4で取ってよ!2.4で取らないと締め出すから!!」

 


 


卓偉「日本は揉み手で祭りのリズムだからダメなのよ!いや、祭りは良いの!でも幼稚園のときから“かーえーるーのーうーたーがー”って歌うでしょ?」

 


とカエルの歌を1.3で手拍子で歌う卓偉。

 


卓偉「日本だけだから!1.3で取るの!リズム叩いてもらおう!ボンジー!8ビート叩いて!ダメな取り方からやるから!」

とリズム講座。

 


卓偉「裏でとんのね!ボンジー!今度は16にして!」

と16ビート。

 


卓偉「六曲ぐらいやってきたけど、今日はこうやってMCでリズムの取り方教えていくから、喋っていくから。こんなん教えてくれる人いないぜ!16と8の違いをわかってくれたらと思います!良いですか!魂が燃えたぎってるぜ!お前らはどうだ!いこうぜー!」

 

7.(おまえだけが)手に入れられない
8.カフェオレ

9.CRY CRY CRY

CDで聴くCRY〜よりダンサブルで、これで聴き直したいぐらい。


卓偉「16ビートは裏でとんの、俺13歳からビート感じてたよ!

最初のきっかけはBeatlesなんだけど、Beatlesは8の中にタンバリンが入ってんのね」


We can work it outとかわかりやすいよね。

で、ボンジーが叩いてる中で、卓偉がタンバリンでループしてた。伊藤さんがタンバリン投げてキャッチしてた笑


卓偉「最近アイドルの曲とかもどんどんテンポが速くなってるのよ。でもテンポだけが速くなってて。16で、倍で刻んでスピード感出す発想がなくなってて。

でも8でリズム入っててスピード遅くても16にしたらスピード感でるでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お前らダメか?

 


wwww

会場のぽかーんの雰囲気がすごく面白かった笑

 

卓偉「ベースの音わかるか!賢二さん、ベースの音鳴らして!」

それはわかるでしょwww

 

卓偉「音楽理論わかってる人なら、16でボンジーが刻んでても賢二さんが8で刻んでたり、その逆もある。耕ちゃんがカッティング入れたりもあるけど、全部これまで俺は16でしか曲を作ったことないから。いや、あるかもしれない。ただ、中島卓偉として、TAKUIとしては8の曲も16として感じながら作ってるから。スウィングして…転がっていくのが大事です。

音楽はベースとドラム聴け!ギターは上に乗っかってるだけで良いんだけど。16も裏で取って、スウィングしていくから」


まあ割とポカーンな人多くて。


卓偉「大阪ぐらいダメだ!笑  大阪は厳しくして、名古屋は優しくしたんだけどどっちもわかってもらえてない気がする笑」


卓偉「今日は16ビート限定なので8ビートの曲はやりません。お前ら8ビート好きだからCalling you好きなんだよ。でもCalling youより良い曲あるぜ?STAY TOGETHERとかひとりになることが怖かったの方が良い曲だと思うけど!いや、Calling youも良い曲だけどシンプルというか。8タッチだから聴きやすいというか。

VIVA ROCKに収録のBE HAPPYって曲も16だけど今日はやらないから!あれなんで振り付けあると思う?16でおまえら取れないからだよ!!

wwww

 

卓偉「あの曲できたときにすごい曲ができたと思って。レゲエタッチで、あのテンポで16で刻んでスピード感も出て良い曲できたと思ったんですよ。その時に賢二さんに覚えてるかわかんないけど、“これみんなたぶんのれないと思う…”って言ったら振り付けでもつければいいんじゃない?

そうだ振付つけよう!!ってなってああなりました。振付あったらお前ら

待ってましたぁ!!”ばりにやるでしょ?振付ないと間が持たないのよ!

www


卓偉「2.4で取ってほしいけど、でもいたわりマシーンはお前らのためによいしょー!って1.3の振付です。あぁストレス!

www

 

卓偉「耕ちゃんがいたわりマシーンで“あれ俺たち裏で取ってるやんかー?でも振付1.3やんかー?やりにくいねん…!”って言ってて。ああストレス!


大阪より面白いwww


卓偉「でも自分がどっちで取ってるかわかんないと…しょうがないよね。こんなん教えてくれる人いねぇよ?裏で取るのは基本ですからね、そこから始めていこう!」


卓偉「次はSweet soulという曲をやります!Sweet soulの曲をやります。Sweet soulというのはだいたいライブの中盤にくる曲です。今日はやらないけど、傘をささない君のためにとかPlease Mr.Guardmanとかもそうだね。ムーンライト シャイニン ラヴって曲は元々こんなアレンジで作ろうと思ってた曲です」

10.ムーンライト シャイニン ラヴ

 

卓偉「新曲やって良いですかー?振付があります。そう!お前らの得意な振付!

 

www


卓偉「Twitterに上げてた俺が城でキチガイみたいに踊ってるやつ見てくれた?今宵MOVE ONという曲で、新宿のイベントやこのツアーからやり始めています。右から!」

と“今宵むーぼん、むーぼん”の繰り返し講座。

 

卓偉「渋谷三公演の中で一番良いよー!今宵MOVE ON!」


11.今宵MOVE ON(新曲)
12.たられば
13.次の角を曲がれ


卓偉「今からギター弾きまーす!今回のツアーでギター弾くのは一曲だけです。ほんとは耕ちゃんのカッティングだけでも十分なんだけど。古い曲やります。NUCLEAR SONIC PUNKに収録している曲です。16でのらねぇと叩き切るからなー!!TOO MUCH BUSINESS」

14.TOO MUCH BUSINESS


卓偉「また新曲やって良いですかー!本当は去年の年末にアルバム完成してるんだけど。今回はこんな風にダンスナンバーになっててその中から演奏したいと思います。良いじゃん、ライブ来たら新曲聴けるってスタイルで。

“今回はどんな曲なのかな?”って静かに聴かなくていいから!笑

今年40になってもエロティックな曲やっていきます。Baby Crazy Love!」

15.Baby Crazy Love(新曲)


卓偉「ここまで立て続けに16ビートのダンスナンバーやってきましたけど、一曲だけメロウなやつ歌っていいですか?昔からある曲ですが、これも16ビートだからね。一緒に歌ってくれますかー?Dearest friends」

16.Dearest friends

キーは下げてたかな。16ビートだから全体に低音効かせるべく下げてる。何より自分自身が歌いやすかったから下げてるのわかる笑


卓偉「渋谷ありがとー!一緒に歌ってって言ったのにフェイクだらけでごめんね!この前京都SOLE CAFEってところでアコギでやった時も、歌ってって煽った時、みんなCDのメロディで歌うのね。“ああそっちのメロディね…!”って思ったりして笑

 

次も新曲やります。今度はつばきファクトリーに提供した就活センセーションです!これも振付あります。この振付は裏で取らないとできねぇよー?手握って下さい。ちゃんと握るんじゃなくてちょっと間あけるのね!この前番組でこんなこと(望遠鏡ポーズ)やってたけどそれぐらいの握りで」

とラッツ&スターのめ組の人の振付。


17.就活センセーション(新曲) 

卓偉「就活センセーションでしたー!」

 


脈絡は忘れたけど、1.3で取ってばっかりって話から発展して、音楽理論がなってないという根本の話になり、

卓偉「ちょっと前にリリースした曲お前ら批判してきたけど、4、5年経ったらこうやって盛り上がってんじゃん!それはお前らが慣れてきて、批判してきたのはお前らに音楽理論がないからだ!



卓偉「でも4、5年ももう待てないの!次4、5年経ったら死んじゃうから!笑 俺死んじゃうから!

だからこういう講座をしてくれてるわけですよね笑

 


卓偉「内容のことじゃなくて衣装がどうとか目に見えることばっか!今回はグラムロックできめてますけど!笑

本当どんな人生送ってきたか…幼稚園からやり直させたいよ!1.3で取らずに2.4で取れって!1.3出る取る方が難しいと思うけどなぁ。ジャズ聴けー!

 


まず通学路が悪いよね。通勤路も悪い!まず家にあるCD全部捨てれ?


wwww


卓偉「そして、iTunesに入ってる曲全部消そう!今日から始めよう!今日からスタートにしよう!」

RE-SETでも歌ってくれるかと思ったよね。


卓偉「よくみんなが“膝が辛いからオールスタンディングのライブ厳しいです!”とか言うけど、あれは縦でリズム取ってるからだよ。横でとったらそんなことないから!賢二さんとジャミロクワイのライブ行ったときも2時間立ちっぱでも全然余裕でしたから。なんでかって?

横でリズム取ってるからだよ!!!


www


卓偉「だからライブ終わって膝がどうもなかったら横で取れてるし、痛かったら縦ノリな!

そうだ、この前新宿のRENYってライブハウスジャンプ禁止になったんでしょ?そんなの縦で乗るからそうなるんだって!

海外でエレクトリックライトオーケストラ(だったかな、なんとかオーケストラって言ってた。ナイトフライトオーケストラじゃないよね?笑)

(The Brian Setzer Orchestraらしいです)のライブ行った時、3時間半ぐらい立ちっぱなしなんだけど、おじいさんとか踊ってて。それは横でリズム取ってるからなんだなと。だから2.4で取ろうぜ!」


告知事項

卓偉「もう発表になってわかってると思うけど、今回16ビート限定ライブで、次は8ビート限定だから!FREE FOR FREEとかイノヴェイターとか速い曲ね。TSUTAYA O-WESTでやりますので

今回Dance,Feel the Noiseと謳ってますが、今度はPUNK,Feel the Noiseなので。速いパンクな曲もやるからね。Baby,Go For Itとか、あとなんだ。FREE FOR FREEとか蜃気楼とかDummy Fake Rollersとか…Love is Blindとか風穴メモリーとかこういうリズムのやつね、ボンジー叩いて!」

とBaby のリズム。


卓偉「よく俺のコピーバンドやってますって人から動画送られてきたりするけど、ボンジーここで倍で音取ってるからね、そこ違うのよ!ボンジーすごいのよ!」


卓偉「あとはなんだ…こんなやつとかこんなやつとか」

と言いながらTRUE MINDとDRIVE MY LIMOの振付やってた。

 

ここに名前出てこなかったPUNKはやっぱやらないのか…!!

 

卓偉「そして、この前体調不良で飛ばしてしまった椎名さんの番組ですが、もう一回来いということで有難いことに出させてもらえることになりました!ありがとうございます!

もう告知することないかな?あとは後半戦駆け抜けて終わるから!!俺の魂は燃え滾ってるんだよ!お前らどうだー!一緒にロックンロールしてくれますかー?ロックンロールしようぜー!DO IT BOYS AND GIRLS!」


18.DO IT BOYS AND GIRLS

19.FCUK YOU
20.TO THE MAX
21.トライアングル

これもキー下げ。低音すごかった。ダンスフロアでした。

 

卓偉「ラスト2曲!ラスト2曲!SPARKLE MAN!」
22.SPARKLE MAN

SPARKLE MANのリズム感といい、韻の踏み方が大好きで。

“ビタミンBと敏感なビートを瓶詰めにしたら

独自の動作道化師の動脈どうにかたどって

堕落のダイス大胆なダイヴで打開していく”


初めて聴いた時ふふって笑ったの今でも思い出すもん。大好きな曲。

これもキー下げでヘヴィでした。


卓偉「ラストー!ピアース!」
23.ピアス


卓偉「こんな平日の日にみんな集まってくれてありがとう!最高です!!」

---------------------------

※ニュアンスでなんとなくのレポです。


良いライブでした。

前回は最前でだいぶ見るので精一杯というか、もちろん楽しんだんですけど視覚的に寄ってたので、もっと音に寄って楽しみたいなと思ったのが2公演目に行くきっかけでした。


今回は後方?中ほどでステップもたくさん踏めたしすごく楽しかった。

前回も書いたけど、16ビートもいろんな種類があって、8寄りの16があれば16寄りの8もあって、境目が曖昧だと思うんですよね。

でもそんな中で卓偉さんは全楽曲を16意識して作ってると。8の楽曲でも16のリズムで作ってると。


それを聴けて卓偉さんにはやっぱりロックンロールしていく、16で転がすという意識が根底にあるんだなとわかって嬉しかったです。

次回のツアーは8ビート限定なので激しく駆け抜けて終わるんだろうなぁ。今から楽しみです。

そして、Bitter&Sweetがチラシを配ってました。かわいい。

 

それと、レポ見ると卓偉さんの講座厳しく聴こえるけど、愛を持って言ってくれてるので笑 ライブすごく楽しいです。一度も来たことがない人、気になってる人、来てみてください。

チケット代出します。あ、友達とかTwitterフォロワーさんならですけど笑 本当に一度来てほしい。これで興味湧かなかったら縁がないだけなのでね。ぜひ一度卓偉さん来てみてください!

 

もう二度と聴けないと思って16ビート限定行ったものの、またどこかでやってほしいですね。卓偉さん、よろしくお願いします!!

ごちそうさまでした。

 

【セットリスト】

1.BADLY NOOOO!!!!
2.OCTOPUS SOLDIER
3.PASSION HIP LADY
4.上手く言えない
5.サイトウダイスケ〜all good adults go to heaven?
6.焼酎ギャル
7.(おまえだけが)手に入れられない
8.カフェオレ
9.CRY CRY CRY
10.ムーンライト シャイニン ラヴ
11.今宵MOVE ON(新曲)
12.たられば
13.次の角を曲がれ
14.TOO MUCH BUSINESS
15.Baby Crazy Love(新曲)
16.Dearest friends
17.就活センセーション(新曲)
18.DO IT BOYS AND GIRLS
19.FCUK YOU
20.TO THE MAX
21.トライアングル
22.SPARKLE MAN
23.ピアス

18.06.17 摩天楼オペラ Invisible Chaos TOUR@柏PALOOZA

摩天楼オペラのライブへ行ってきました。
場所は柏PALOOZA。400人キャパぐらい。初めてきた!名前もよく聞く箱で、良い評判を聞く箱だったので前々から行ってみたかったのです。Ladies RoomのGEORGEさんが経営されているようです。

 

千葉でオペラを見るのは初めてですよ、VJS除いたワンマンとしては。

Invisible Chaos TOUR

 

3/2にドラムの悠が脱退し、その後FC限定で行われた5/4のライブはあったものの、JaY加入後、そしてHibikiのサポートドラムとしての一般開放のライブ・ツアーは初めて。
僕自身5/4は行っておらず3/2以来でした。たった三カ月しか空いていないのに、悠さんの脱退の影響かものすごく月日が流れたような気がしていた。
Invisible Chaosという殺人的なキーの楽曲をリリースしたツアー初日。新体制のオペラへの期待と少しの不安を持って見てきました。

 

17:30〜19:07
新SEが流れる。The RISINGはメタルSEっぽくて良かったけど、こちらはV系寄り。いろんな顔がある。
それに合わせてメンバーが登場。

 

1.Invisible Chaos
殺人キー!!!
サポートの響さんはすごく笑顔。それが良かった!

2.落とし穴の底はこんな世界
苑さんはカーディガンをマントのようにひるがえしてた。何度もやるから魔王感。
またV系から魔王…笑


苑「柏ー!Invisible Chaosツアー!やっと始まりました。やっとこの5人で始まりました。柏は前回もやったけど、これだけ最初から声出してくれたら塗り替えられるよね。声をHibikiに聞かせてあげてください!!」

 

\Hibiki/

 

苑「そしてすごく個人的な事ですが、機材をね…イヤモニをつけ始めました。これも武道館のためですよ!前話したけど武道館を目指していきますよ!武道館でイヤモニつけずにライブやったらもう何がなんだかわかんなくなりますよ…笑
ここ柏初日から武道館への道…武道館目指していくぜ!」

3.Curse Of Blood
4.The Gambler
5.Psychic Paradise
6.罪と罰
7.AM6:00に針路をとれ
8.SYMPOSION
9.IMPERIAL RIOT

苑「何度もツアーの初日を迎えてきて、去年はたくさんやりました。ツアーは初日を向かえてみないとどうなるかわかんなくて…でもだいたいこの10曲目ぐらいで俺だけこんななってます」

汗だくw

 

苑「たまにみんなもメガネが曇って、蒸気がふわーとなってた時もあるけど」
それは野郎限定だね!笑

 

苑「みんなもわかるでしょ、今日も汗だくかなって笑   みんなも一緒にそうなろう!軽装になろう!笑
みんな頭振るの好きでしょう。どんだけ振るのってぐらい振るもん。その場にとどまらず暴れでいこうぜ!頭振って暴れて良い場所はここ(ライブ会場)だけだからさ。まあ帰りの電車で頭振ってたらすごいけど笑  でも、警察のお世話はごめんなので、ここで暴れていこうぜ!」

 

\いぇー/


苑「武道館って椅子あるでしょ?椅子にとらわれないで暴れないと。
摩天楼オペラは気をつけなんかして見ないバンドです笑」

パワーワードでた

 

苑「今回はツアー11本、すぐ終わります!!」

 

 

苑「だからこそ、一本一本刻んでいきたいと思ってます。ライブは短くてすぐ終わっちゃうから、刻んでいって、“あの時のライブ参加して良かった。あのライブ参加してたんだよね!!”と思ってもらえるようにライブしたいと思います。
今回久々に来てくれた人、初めて来てくれた人もいると思う。何言ってるかわかんなくてもイェー言えるでしょう!誰もが知ってる言葉、イェー!!」

 

 

苑「Yeah!!」

 

\Yeah!!/

 

苑「そして、毎回毎回ライブをやる度に超えて行かないと意味がないと思ってます。あの時のライブが一番良かったじゃなくて、今日が良かったと。みんなも“摩天楼オペラ今日も良いライブ更新してくれんだろうな!”と期待してほしいです。そのプレッシャーが俺たちもっと上に上がれるので!越えないライブをしたら申し訳ないけど、俺たちはそんな越えない思いさせないから!!いけるかい!いいかい!」

10.It's You
11.蜘蛛の糸
12.Mammon Will Not Die
13.BURNING SOUL
14.孤独を知るには一秒も長すぎる

 

苑「今回Invisible Chaosリリースして、みんなから声が届いてて。今までの曲の中で一番好きですという声がすごく嬉しくて。
やっぱり今生きている身としては、今リリースしたものを良いと言われるのが嬉しくて。今回攻めてるじゃないですか、キーも高くて。昔のオペラのようと言われたりもして。」

 

苑「今回Invisible Chaosをリリースしてインストアイベントもして。インストアイベントも不安だったんだけど…笑
不安だったもののまあ問題なく終わって」

燿さんとか彩雨さんも笑ってる…

 

JaY「あ、俺か!!!!

 

wwww

 

苑「イヤモニなってからずっと下ネタ言ってたから」

 

JaY「え?」

 

苑「苑さん、あっ…苑さん、あっ苑さん、あっあっ苑さんってずっと言ってて」

wwww

 

JaY「イヤモニになってから本当に耳元に返ってくるわ。あっ!自分の声も返ってくる!!

www

 

 

燿「(下ネタの内容)軽いやつしか今言ってないからね」

 

JaY「え…もっと何か言ってましたか…?」

 

苑「言えることだけ言っていこうと思います!」

 

JaY「ありがとうございまァす!

 

 

苑「なんの話しようとしたんだっけ…

 

彩雨「インストの話じゃなかった?」

 

苑「そうそう!インストアイベント!笑
久々に来てくれる方も多くて、もちろんいつも来てくれる人も多かったんだけど。何年ぶりに来たとかは11周年迎えたからこそ、ある状況なんだろうなと思って。攻めた楽曲を出したのも、例えば俺が新しいバンド組みましたーリリースしましたーじゃあ意味がなくて。11年やってる中でこの曲をリリースしたというのが重要で。これからも11年迎えたバンドとして活動していきたいと思っています。それではここでバラードを聴いてください。何十年先も今日みたいに」

15.何十年先も今日みたいに
今回はこの曲が強い意味を持っていた。今日が一番良いライブ、今が一番良い楽曲という今を更新していこうという決意の詰まった印象を持ちました。

 

この楽曲が発表されたのは2016年だけど、ライブ毎に違う意味を持って演奏されていく。ライブの醍醐味でもあり、今を生きているバンドだからこそできる事ですよね。これまでの数度聴いた何十年先も今日みたいにの中で一番力強く、一番説得力がありました。


16.喝采と激情のグロリア

17.PHOENIX
En.(19:10〜19:39)
苑「アンコールありがとうございます。今日のライブが今までで一番楽しいです!」

 

わたしも!!

 

苑「今回ツアーグッズもたくさん出ていて。これね」
と着ているTシャツを見せる

 

苑「わかりますか?良いモデルです!」

 

彩雨「頭がふわふわーってなってておばちゃんみたいだね」

 

苑「それ営業妨害ですよ!」

 

 

苑「気づかないかなぁ?インストとかでは言われてて。今日初めてグッズの本物は見たんだけど」

苑さんがモデルらしい。というか被写体というか。全然気づかなかった。なんとなくkoziだと思った。マリスのね。いや違うのはわかるんだけどkozi。Köziか。

 

苑「みんなどこで気づくのかなって思ったら鼻だって。まず口隠したら…やっぱり俺で。目隠したら俺なんだよね」

 

彩雨「これフォトショで修正とかしてないの?」

 

苑「何もしてない!」

 

彩雨「じゃあメイクでこんななってんだね」

 

苑「元々が俺っぽくないようにってコンセプトで。あ、肩は切られた!そこは修正してる!」

 

彩雨「肩だけフォトショなのね!」

彩雨さんフォトショ好きねw

 

彩雨「頭は?」

 

苑「頭はどんどん刺していって…生け花みたいな感じ」
17世紀ぐらいの軍艦ヘアみたいに思った。

 

彩雨「この姿ではライブやらないの?」

 

燿「今年やるかわかんないけど、ハロウィンライブとか良いんじゃないの笑」

 

苑「やらないでしょ笑 一曲持つかな…まず刺さるよね。やってもらうのは良いので笑」

 

燿「みなさんアレンジしてやってください笑」

無理だよ、それこそ刺さるよw

 

燿「この元の素材は公開しないの?撮ったの送ってくれたやつ」

 

苑「公開…する?」

 

\見たい/

 

苑「このメイクと頭に裸ってやつね笑」

 

燿「でも保存されないやつがいいね。スクリーンに映すとか笑」

 

苑「え!公開するなら保存してもらうよ笑
でも影響出そうだからツアー終わってからかな!笑」

 

苑「今回デザイナーさんがすごく気に入って、グッズ全部にこれが使われています笑」  

 

彩雨「メガネ拭きとかあるじゃん?キーボード拭こうかと思ってたんだけど…」

 

苑「どうぞ!

 

苑「燿さんがさっきマネージャーのお腹叩いて、顔面叩いてたからね笑
ぜひ、優しく扱ってください笑」

 

苑「JaY…5/4のリベンジする?」

 

JaY「ジェイや!」

 

苑「もう何も言われなくても言っちゃうからね、ここみんなの番だから笑」

 

\ジョイ/

 

JaY「ジェイや」

なんやねん笑

 

JaY「今日ね、まずいと思うんですよ。何も仕込んでないんですよ」

 

苑「いや、仕込まなくて良いって笑 普通に加入したこと話せば良いよ笑」

 

JaY「楽屋で1人で漫談してたじゃないですか、誰も相手してくれないんですよ」

 

燿「よくボイスアプリ(?)してるじゃん。それに話しかけてるのか何してるのかわかんないんだよ笑
あれ言っていい?外人さんの話」

 

JaY「良いっすよ!」

 

燿「さっき外人さんとそのアプリで話してて、何話してるかわかんなくて“誰やねん!”って言ったらWhat?って返ってきて」

 

JaY「何人やねん!ですね。ややうけですね笑」

 

 

苑「良いのそれで笑 加入した意気込みとか」

 

JaY「それはさっき言った武道館ですよ!このライトで道を照らしますよ!」

 

 

JaY「うけてますけど…真面目な事言って笑われたらあかんのですよ。エンターテイナーとして笑わせたいときに笑わせなあかんのですよ!M1見てろよ。島田紳助待ってろよ!」

もうよくわかんない笑  

 

苑「Hibikiは今回のツアーからサポートしてくれています」

 

Hibiki「体力使いすぎて…笑」
たしかにマイクスタンドにすがってた笑 でも曲中は笑顔!

 

Hibiki「僕バンド始めて3年なんですけど、今日が一番楽しいです!」

 

苑「ありがとうございます!え、まだ3年なの…いやぁ…はつらつとしてるよね」

 

はつらつって言葉日常で使ってるの初めて聞いた笑 まあ日常じゃないかもしれないけど!

Hibiki「はつらつ?笑」

 

苑「いや、イヤモニから聴こえてくる音がはつらつとしてるなと思って。そして、まつげが長い」

 

Hibiki「長いらしいんですよ…!」

まつげが長くはつらつとしているHibikiさんの登場です。

 

苑「初日柏、これだけ声出てたら次の埼玉も大丈夫でしょう!さあ、そろそろここ全員のソロ回せる曲やりますか。今日は一番すごいやつ頂戴。初日は特別だったね!ってソロ頂戴!あやっくす自信ありそうだね!
準備いいかー!準備いいかー!INDEPENDENT」

 

18.INDEPENDENT

 

苑「飛べよー!」

19.honey drop
20.SHINE ON

苑「ありがとうございました!」
--------------------------------
冒頭に書いた少しの不安は取り越し苦労でした!すごく良かった。

悠さんのドラムの良いところ、響さんのドラムの良いところがあって、それぞれの楽曲でこっちが良いとかあっちが良いとか個人的にはあるものの、総じては響さんのドラムは摩天楼オペラにぴったりでした。


特にBURNING SOULは全く印象が変わって、正直ある種のマンネリを楽曲に感じていたのが全て払拭された。BURNING SOULのドラムの重さがめっちゃよかった。

 

そして響さんは笑顔で叩くのと歌詞を口ずさんで叩いていて。もちろん音として、リズム隊として、バンドのドラムを支えてくれているんだろうけど、歌詞やメロディを取り込んで叩いているのが嬉しいですよね。その姿も摩天楼オペラにぴったりだと思いました。

 

JaY氏は加入後初めて見たけど、演奏面での動きは特に変わらないのかもしれないけど、サポートとしてではなくメンバーとして前面に出てきてくれた印象でした。あのエモーショナルな前のめりな感じがここ数年のオペラには合致していると前々から書いたりもしましたが、今回の楽曲にもぴったりです。

 

Invisible Chaos TOURは初日を迎えたばかりで、新生摩天楼オペラで全国を廻って赤坂BLITZを成功させてくれるでしょう。
ほんとに取り越し苦労でした!楽しかった!何十年先も今日みたいに摩天楼オペラのライブを見て、最高だと思えたら素敵ですね。
ごちそうさまでした。


【セットリスト】
1.Invisible Chaos
2.落とし穴の底はこんな世界
3.Curse Of Blood
4.The Gambler
5.Psychic Paradise
6.罪と罰
7.AM6:00に針路をとれ
8.SYMPOSION
9.IMPERIAL RIOT
10.It's You
11.蜘蛛の糸
12.Mammon Will Not Die
13.BURNING SOUL
14.孤独を知るには一秒も長すぎる
15.何十年先も今日みたいに
16.喝采と激情のグロリア
17.PHOENIX
En.
18.INDEPENDENT
19.honey drop
20.SHINE ON