気まま猫草

音楽が好きな社会人の徒然

19.01.18 中島卓偉 TAKUI NAKAJIMA 20th ANNIVERSARY LIVE 2019 Come On!Feel The Noize.@渋谷WWW

中島卓偉のライブへ行ってきました。
新春卓偉初め!


今回のライブは2018年に
(16 BEATS ONLY)Dance!Feel The Noize
(8 BEATS ONLY)PUNK!Feel The Noize
HEAVY!Feel The Noize


という3本のツアーを廻ってきた集大成ライブ。と言ってもやってない曲も多いようで、その3本のツアーから漏れた曲もやるという集大成なのか違うのかよくわからない感じ。


場所は渋谷WWW。初めて来た!

f:id:snowmansan:20190119182303j:image
f:id:snowmansan:20190119182307j:image
f:id:snowmansan:20190119182310j:image


すごく草生えてる名前だと思っていた。キャパ450人。
Cチケで入場したのでほぼパンパン。暗転して押しがあったのでそろりそろりと1Fへ。
卓偉コール中、19:00を過ぎても珍しく始まらず、まもなく開演ですというアナウンスが入る。


大音量でSEのCum on Feel the Noize/SLADEが流れる。


19:07〜21:19
生熊さん、賢二さん、ボンヂー登場。黒スーツ、黒シャツで統一してかっこいい。
最後に卓偉さん登場。黒ファーのコートに帽子。全員黒で統一かっこいい。


1.さらば摩天楼のfairy tale
久々に聴いた…
AメロからBメロへ伝う静と動の緩急ついた演奏と歌声が圧巻。自然と身体が動く。
ラストのサビでのフェイクがまた良い。
前も歌詞途中変えてた気がする。さよなら、摩天楼のfairy taleに最後変えていた。

 


卓偉「渋谷ー!やろうぜー!」
2.キャンディの涙
初めて聴いたときがアコギ持ってたからその印象で、踊ってたから印象が変わった。


3.STAY TOGETHER
拾う神と捨てる神で上げた両手を“忘れ行く神になろう”でぶつけてた。


4.Calling You
英詞がフェイクだらけでついていけず笑


5.LONG WAY  
この流れすごい。もうクライマックス。
全部同時に聴けることが少ないからだいぶ濃い時間だった。


卓偉「渋谷ー!平日に集まってくれてありがとう。映画マニアの俺ですが、ボヘミアンラプソディーはあえて見ていない中島卓偉です」


えー!そうなの!


卓偉「今日はFeel The Noizeツアーの集大成ライブです!ベストな内容になってます!最初から曲イントロ鳴る毎に“おっ”って顔するから面白いよね。みんな“おっ”って顔してて」



卓偉「もう最初の5曲で今日のライブ十分だよ!」


本当クライマックス感あったわ。


卓偉「久々の曲もあったりして、今回ツアーじゃなくて1本なので、1回しかやらないのがもったいないなと思う。だからこそ特別なものになるのかなとも思います。16ビート、8ビートのツアーもやったけど違いわかったのかな?わかってねぇな



卓偉「倍テンで取らないとダメだからね。倍で取ればロックになっていくから。これからお前らの苦手な16ビートの曲立て続けにやりまーす!16は横に揺れてくれよ!縦ノリしたら退場だからな!


wwww


卓偉「OCTOPUS SOLDIER!」
6.OCTOPUS SOLDIER
7.上手く言えない
8.PASSION HIP LADY


卓偉「あー今日ライブ楽しいなちくしょう!!いつも思うんだけど、平日にライブやった方が土日より盛り上がってる気がする。平日にもライブ来ようって気持ちがあるってことだからかな!」


\いぇー/


卓偉「俺もライブ観に行ってたときって平日しか行ったことなかったもん。バイトしてたから。いつも当日券で行ってて。ソールドしてるライブでももぎりの兄ちゃんに“そこをなんとか…”って言って入ってた。今そんなことしたら問題かもしれないけど笑」


そういうのやりたいライブたくさんあるよね。


卓偉「16ビート、8ビート、Heavyツアーで新曲やってきたけど、Heavyでやった新曲やります!お前らの苦手は16ビートです。笑
今回Heavyツアーの曲入れてないんだけど、この新曲だけはやるから、歌おうぜ!ぶっ壊したい!」


9.ぶっ壊したい


ぶっ壊したい後に次曲への繋ぎ部分でコール&レスポンス。
最初は普通のメロディ。次は裏から入るメロディを歌う卓偉。


卓偉「裏から入るやついきまーす!これできなかったらリズム感ないと思ってください!」


手厳しいw


卓偉「渋谷ー合格!!!!


\いぇー/


10.カフェオレ


卓偉「今のカフェオレ良かったよ、いい感じ。ぶっ壊したいも新曲なのに新曲じゃないみたいで良かったよ。
また新曲やっていいですかー!次は8月のツアーでやった方ね、鳥かごって曲です」


11.鳥かご
12.生きてる意味がない


黒ジャケットになった。


卓偉「次やる曲は社長が好きな曲で。“俺はこの曲好きだなぁ!でも世間やファンは違うだろうな”って曲です笑」


卓偉「さっきも言ったけど今日楽しいです!ずっと休みがなくて、休みたいな蔭山さーーーんん!!!あ、社長ね」


wwww


卓偉「でもこうやってライブやって身体に良いものを入れられてる気がします。酒もタバコもやらないけど、なんか解放感あるなと。
全部脱ぎたい。そっちのね!さすがに脱いだらファン減るでしょww」


たぶんそうでもないよ笑


卓偉「社長が好きだけど、世間やファンには受け入れられない曲です」
13.煉瓦の家
卓偉の鋭いカッティングから始まる曲。それだけで曲の印象がソリッドになるのに優しいメロディ。
煉瓦の家を完成させることを人生として描く歌詞が好きだ。けっこうこの曲好きな人多いと思うんだけどなぁ。


14.テルミー東京


卓偉「テルミー東京歌ってくれて嬉しかったです。洋楽のライブとかだと最初からみんな歌うってよくあんのよ。そのまま大サビも歌ったり。でも日本だとなかなかサビだけじゃなくて全部歌ってくれることないからさ。こういうときも聴こえなかったら“聴こえねぇよ!”って言うのかなと思ったけど歌ってくれて良かったです笑
次ロックバラード歌いたいと思います!本当は8ビートツアーでやろうと思ってたけど、この曲やると尺が長くなるかなと思ってやめた曲です。あんまりやらない曲ですね、なんて理由はないんだけど。
今回集大成ライブなのでそのときに外れた曲だから、せっかくなのでやりたいと思います。Without You」
15.Without You
ラストはliving without your loveを高音でアカペラで歌い締めてた。AORのようでした。


卓偉「Without Youという曲を聴いてもらいました。ここで色々告知があります。たぶん知ってると思うんですけどね」
紙を取り出す。


卓偉「40歳なったら覚えられないのよ。5年目ぐらいまではライブ前にマネジメントに告知渡されたら覚えられたんだけどね」


①ディナーショー
卓偉「原宿のLa Donnaというところでディナーショーやります。10日アコースティック2本、11日は荒幡くんというレコーディングも一緒にやってる方とピアノ2本の合計4本やります。セットリスト考えてたんだけど、全部被らずやるから。カバーもやるから来てよ。チケットも少なくなってます」
10日昼も行こうかなぁ。


②リクエストライブ
卓偉「知ってると思うけど、3月にリクエストライブツアーをやります。選び方は…ブログで書きます。FC優先なので」
と言いつつ言ってたけど笑


卓偉「今月末まで募集しています!悩んでください笑
これが中島卓偉ベストってのを作りたいと思っています!前回リクエストのときは上位20位バラード!バラードはLa Donnaでやれば良いんだよ!ほんと間が悪い!すみません!」


最近すみません言うよね笑


卓偉「NEVER FADES AWAY20曲とかできないわけよ笑  前回も上位20曲がバラードだったから10曲追加して30曲でライブやったの。
で、あれ赤坂だったかな?ライブ終わりにリクエスト結果貼り出したら、“…これちょっと違います”って。しらねぇよ!!」


wwww


卓偉「まあ選んだもらったとして、ロビーに貼り出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“これ違います”って言うなよ!!!!


wwww


卓偉「あー喉痛かったー


卓偉「20年やってます、これが中島卓偉!ってやつ作ろうぜ。ライブにないと盛り上がらないやつ、好きになったきっかけの曲とかも入れていいから。イノヴェイター27位とか見たくないのよ。
ZIGGYのベストでORDER MADEっていうファン投票で15曲選んだベストがあんのよ。俺が中二のときに出たやつで。
もう、これがZIGGYって誰もが納得するやつができたわけよ。今のファンも納得、新しいファンもつく、そういうのやりてぇなぁ!!」


Twitterでも書いたけど、中島卓偉で打線組んでみた 的なやつがいいわけね。


卓偉「まあたぶん今日の方が良いセットリストだけど笑
俺ならイノヴェイター1位にするなぁ。今日はやらないけど。あとはPUNKとか…PUNKも盛り上がってたんだけど、いつからか盛り上がらなくなったからな。NUCLEAR SONIC!PUNK…って小せえの!だんだん一回で決めろよ!!って言ってたけど、NUCLEAR SONIC!PUNK…だから。
だからPUNK入れないで!やらないから!おまえら言わねえとわかんねぇんだもん、だから厳しくすることに決めた!」


これぞ卓偉を選べっていうからPUNKいれた!!!!


卓偉「この先の予定も3月に発表するから


おおおおおお


卓偉「20周年です。アルバムも出せるんじゃないかな。2017年に録り終えたアルバムがあって、それじゃなくてもう一枚アルバム作ってます。発売いつになるか決まってないけど、それを出せるんじゃないかと思ってます。それが枚数売れたらお蔵入りになってる2017年のやつも出せるんじゃないかなと。
あ、さっきやったぶっ壊したいとか鳥かご、この前のBaby,Crazy Love、今宵MOVE ONとかは2017年の方に入っていてそれは出さないから」  


えーーー


卓偉「オトナの事情とかじゃなくて、ただ単に俺が出さないって決めたから。ライブでやっていこうと思って。
さあ後半戦です!時間ないよ!!
まだ歌えますか!踊れますか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イノヴェイター!!!

16.イノヴェイター
やるんかい!!やったー!!前に詰まった。


17.BADLY NOOOO!!!!
18.トライアングル
19.TRUE MIND
20.BABY,GO FOR IT
ラズベリーコーンは焼いてくれたかい?のとこをインフルエンザ怖がってんじゃねぇぞ!って言ってた。


ところでガールフレンド
いわば勝利のインフルエンザ怖がってんじゃねぇぞ!!!!


どういう意味だ(´∀`*)


21.ピアス


卓偉「40歳を迎えて生きている時間が少なくなっていることも考えます。だからこそ1本ずつのライブが大事です!また会いにきてくれるかい!また来てくれるかい!平日にありがとう!」
ここもコール&レスポンスから3号線へ。


22.3号線


En.(21:21〜21:26)
終演のアナウンスも流れている中アンコール呼び出し。


卓偉「おまえら呼びやがって!平日なんだから帰れよ!暇か!!!


wwww


卓偉「3号線とか高円寺とかPUNKY SIXTEEN BOYの後とかに呼ぶなって笑 誰も帰ってないらしいので出てきました。これから歌う曲歌詞覚えてねぇよ!歌ってくれよ!みんなで汗かいて帰ろうぜ!これ終わったら帰れよ!OH MY DARLING!」


23.OH MY DARLING
卓偉「気をつけて帰ってね!帰らねぇと怒るからな!!」
----------------------------
卓偉初めでした。
やっぱり卓偉さんのライブは元気をもらえますね。元気をもらってまた頑張ろうって思える、またライブへ来るために頑張ろうって思える。


20周年Yearに突入して、今年はどんなライブが発表になるかまた楽しみです。
早くアルバム聴きたい!
ごちそうさまでした。


【セットリスト】
1.さらば摩天楼のfairy tale
2.キャンディの涙
3.STAY TOGETHER
4.Calling You
5.LONG WAY
6.OCTOPUS SOLDIER
7.上手く言えない
8.PASSION HIP LADY
9.ぶっ壊したい
10.カフェオレ
11.鳥かご
12.生きてる意味がない
13.煉瓦の家
14.テルミー東京
15.Without You
16.イノヴェイター
17.BADLY NOOOO!!!!
18.トライアングル
19.TRUE MIND
20.BABY,GO FOR IT
21.ピアス
22.3号線
En.
23.OH MY DARLING

18.01.06 アンティック-珈琲店- LIVE CAFE 15th Anniversary Year Grand Finale@EX THEATER ROPPONGI

☕️アンティック-珈琲店-へようこそ🍰

 

アンティック-珈琲店-のライブへ行ってきました。

 

アンカフェは2018年結成15周年だったものの、6/22発表された活動休止。

 

takuya、ゆうきは音楽活動の停止。
カノン、輝喜はアンカフェからの脱退。
みくはアンカフェ楽曲を歌い続けたいということ…。

ただの活動休止ではなく、事実上の解散。

 

場所はEX THEATER ROPPONGI。去年のオペラ以来で、オペラも悠さんの脱退の時だったな。

f:id:snowmansan:20190115145355j:image
f:id:snowmansan:20190115145400j:image

 

中には衣装も展示されていた。

f:id:snowmansan:20190115145514j:image
f:id:snowmansan:20190115145518j:image
f:id:snowmansan:20190115145530j:image
f:id:snowmansan:20190115145522j:image
f:id:snowmansan:20190115145535j:image
f:id:snowmansan:20190115145525j:image


16:06〜17:33
メンバー登場。ステージ後ろに階段があって、センターから出てくるような仕組み。


メンバーまず輝喜、ゆうきが出てきて頭つけて手ぎゅってやってたような。
次にカノン、takuyaが出てきて、最後ひとりでみく登場。

 

1.MY♡LEAPS FOR “C”
2.覚醒ヒロイズム~THE HERO WITHOUT A “NAME”~
3.流星ロケット

みく「最後が来てしまいました。考えないようにと思っていたけど、歌っちゃうと最後に近づくんだなと思って悲しいんですけど…。でもちゃんと向き合わないといけないんでね。残された時間を楽しんで帰ります!今日はいろんなところから来てくれていると思います。海外もいるね、Germanyって書いてある笑


しっかりとアンカフェの音楽と15年間の感謝をしっかりとみんなに届けたいと思います!」
4.スノーシーン
スノーシーンって最後ヘドバンなんだ!

5.逃避回路
6.我侭行進曲
7.似非占い
似非占い懐かしい!

8.キャンデーホリック
9.踊るメルヘン時計
10.エスカピズム
11.YOU


みくがステージから去る。
12.NYAPPY in the worldメドレー
NYAPPY in the world1〜4、NYAPPY in the parallel worldのサビメドレー。


ゆうきが歌って、ゲストでNYAPPYくんも出てくる。

 

13.ダックのマジカルアドベンチャー   
ダック取り出してぐわぐわやってた。

 

曲途中で止まるとこで、
みく「運転が一番下手そうなメンバーは!」

と、各々叫ぶ。


みく「何言ってるかちゃんと聞こえないけどカノンって言ってるように聞こえるんだけど笑」

 

カノン「俺も聞こえた笑」

 

みく「たぶん好きなメンバーの横が一番乗りたいとは思うんだけど、それを含めてもこの人は下手そう…!って人を呼んでください。まあみんな30越えてるので免許は持ってますよ。
せーのっ」

 

\カノン/

 

カノン「それはきっと経験が浅いからとかでしょ?」
去年取ったとか。

 

カノン「経験が浅いから下手ってことでしょ?」

 

みく「いや、ブログとかインストとかで事故った報告してるじゃないですか」

 

wwww

カノン「あ、実績?

 

みく「実績じゃないww」

www

 

カノン「壁に擦るのは…事故じゃないでしょ…?」

 

みく「事故だよww」

単独事故だね笑

 

みく「メンバー間ではどうなの?」

 

せーので指差すことに。
輝喜2票(カノン、takuya)
カノン2票(ゆうき、みく)
みく1票(輝喜)

だったかなあ。

 

輝喜「自分は下手だと思うんですよ…」

 

カノン「銚子行った時も渋滞起こすっていう」

 

輝喜「いや、みんな速すぎるんですよね。ちゃんと法定速度守ろうと思って笑 でもあれも2.3年前で…あれ以来運転してません!」

 

みく「カノンは?」

 

カノン「いつもゆうき送っていってるのになんでだよ!」

 

ゆうき「いや、カノンさんに送ってもらってたんですけど…これはカノンさん悪くないんですけど、前乗ってたらトラックがものすごい幅寄せしてきて。それにびっくりしてサイドミラー擦るっていう笑  隣に乗ってた怖い経験があったんで笑」

 

みく「ゆうきはカノンにはよく喋るんだよなぁ。」

 

カノン「俺のこと下に見てるから笑」

 

ゆうき「いや、下に見てないですよ!ただ、カノンさん優しいので許してくれそうだな…と思って」

 

みく「それを下に見てるって言うんだよ笑

wwww

 

輝喜「俺は全員の運転経験してるんだけど…そのときは今のカノンさんと変わらないくらいだね。だいぶ昔引越し手伝ったときとかかな」

 

みく「でもスピードは負けないよ〜スピードキングだからね笑」

 

カノン「自信はあるんだけどなぁ」

 

みく「でも自信があることが事故に繋がるって教習所で教わるじゃない」
ってようなことを話してた。
ここからどうやって曲に戻ったか覚えてない。


14.メープルガンマン
これも高校生だったかなぁ。懐かしい。
PV通りに拳銃のポーズ。

15.テケスタ光線
16.ラフソング


En.(17:36〜17:49)

みく「アンコール最初は俺たちのメジャーデビュー曲、千年DIVE!」
17.千年DIVE
18.Cherry咲く勇気!!

写真を撮ってはけるメンバー。

 

Wen.(17:52〜18:34)

1人ずつ出てきてコメント。ざっくりしか覚えてないけど。


輝喜「まず、15年間本当にありがとうございました。坊くん含めて本当に不思議なメンバーが集まったと思っています。演奏の上手い人を集めてもこうならない…こうやって会えたことは偶然じゃなくて、神様がめぐり合わせてくれたと思っています。そして、活動休止のときも支えてくれたカフェっ仔たち。本当にありがとう。もちろん支えてくれたのは活動休止のときだけじゃないけどね。


今日、あともうちょっとだけ演奏したら、僕はアンティック-珈琲店-を去ります。でも、明日になってもその先も僕はずっとアンティック-珈琲店-が大好きです。
みんなと一緒に歩んで作り上げてきた思い出と軌跡…足跡をずっと信じてます。それはずっと変わりません。みんなもきっと、アンティック-珈琲店-に出会って、生まれた想いや気持ちがあるはずです。この先も、つらいことや悲しいことがあると思うけど、カフェっ仔は男も女もスマイル一番でしょ。絶対なくしたらだめだよ。本当に、15年間ありがとうございました!」

 

ゆうき「まずは、15年間ありがとうございました。
カフェっ仔からは“アンティック-珈琲店-にはたくさんのものをもらいました。ありがとうございます”っていう手紙をもらいます。でも、それと同じように、メンバーもみんなからいろんなものをもらい、いろんなことを学びました。そのおかげで成長してこうしてここに立つことができているんだと思います。


今までの年月は、楽しいことばかりじゃなく、活動休止などもありました。
みんなもそれぞれ生きていく中で色々辛いことを経験していると思います。そういう手紙をくれる人もいて。でもそれを乗り越えた報告とかもくれていたのを見ると、これからもきっと大丈夫です。
アンカフェは今日が終わればなくなってしまうことを考えると、みんなも不安だと思います。僕も今まで一緒だったカフェっ仔がいなくなってしまうと思うと不安です。でも、君たちだったら、この先もどんなことでも乗り越えていけると思っています。みんなが頑張っていることを知っているので…それを糧に俺も頑張っていけるんじゃないかと思っています!
ありがとうございました!」

 


カノン「15年ありがとうございました。アンカフェという船にカフェっ仔含め…スタッフ含め乗り込んで、舵を取ってくれてたみくがいて…いろんな景色を見てきました。
その一員で本当によかったなと思います。バンドをやっていると、“みんなが行くなら俺も一緒にそっちに行くよ”と思う場面も少なからずありました。
でも、これからは自分で決めて動かないといけません。もしかしたら地獄のようなことかもしれないけど…自分で決めたことなのでこの決断は揺るがせたくないです。揺るがせたら受け入れてくれたみんなにも失礼なので…不肖な息子ですみません…なんで最後にこんなこと言っちゃったかなぁ…」

 

 

カノン「これからは自分で舵を取って進んでいきたいと思います。ありがとうございました」

 

takuya「15年間ありがとうございました。自分の人生の転機は間違いなく11年前アンカフェに加入したことです。最初は緊張して楽しむこともできませんでした…ギターを弾くのでいっぱいいっぱいで、ステージから楽しむ余裕も、誰かのためにギターを弾く余裕もありませんでした。今も緊張するし、まだまだ未熟だけど、ライブを楽しむことはできなくて。


アンティック-珈琲店-は居心地が良いので…寂しいし、名残惜しいです。さっきみくさんが“頑張れ”って言ってくれたんですけど、背中を押してくれる人もいなくなります。
これからは自分で決めた道を進んでいこうと思います。みんなも大変なこともあるだろうけど…自分も頑張るので頑張ってほしいと思います。15年間ありがとうございました」

 

みく「15年ありがとうございました。僕にとってアンティック-珈琲店-は人生でした。
活動休止が決まってからアンカフェを続けようと思いました。でも、ツアーしてるとバンドじゃないと楽しくなくて…やっぱり俺は5人がいないとダメです。みんなでやるのが楽しいからバンドを選んだんです。カノンや輝喜とは違って、自分は音楽ではなくてアンカフェが好きなんだなとわかりました。なので、しばらく歌うのをやめようと思います。
今日来ている人はほんと知ってる顔ばかりで…知らない人の方が少ないくらい。少し離れ離れだけど、同じ日本にいるんでね。どこかで見かけたら“おお、みくじゃん”って声かけてください。15年間、ありがとうございました」

もうちょい長く喋ってたけど、聴いてるの少しつらくて忘れちゃったなぁ。

みくは泣きそうになりながらも、“大丈夫、大丈夫ですよ”と言いながらしっかり喋ってた。


19.巡り逢えた奇跡
20.Bonds

みく「難しいかもしれないけど、輝喜も言ってたように最後は笑顔で!スマイル一番イイ♀」
21.スマイル一番イイ♀


1人ずつメンバーが去る。階段を下りていく。
みくは最後マイクを置いてた。しばらく歌わないと言ってたもんな。
-------------------
アンティック-珈琲店-は2003年結成。
自分が知ったのはそのとき付き合ってた人がみくちゃんみくちゃん言ってて、雑誌を見たのがきっかけだった。たぶんhevnってミニコミ誌だったかな。
で、当時NACK5(CD屋の方)の試聴コーナーにキャンデーホリックがあって、最初聴いたのはそれかなぁ。


それから発売する毎に試聴コーナーで聴いて。
(中学生で金が無いから買ってないという笑 その後買ったんですけどね)


マグニャカルタぐらいまではまあまあ聴いてたのかな。そこから頻度が減って、たぶんBBパラレルワールドが最後だと思う。
ライブへいつか行こうと思っていたら時間が経ってしまって…今回の活動休止が初めてのライブになってしまった。行こうと決めてからは聴いてなかったアルバムも全部聴いた。


アンカフェは90年代から続くV系に新しい潮流を入れるきっかけになったと思うんですよね。それまでのV系は黒服で、笑顔もなく尖った印象が強かった。もちろん初期のアンカフェも多少尖ったところもあったけど、次第に自分のキャラがわかったのか、未散さんの勧めなのか、ニコニコして衣装もかわいい感じになっていった。特にみくくんかわいかったよね。
アイドル的な人気・支持をされ、アイドルファンからV系に流れるようにもなったぐらいで境目が曖昧になった頃。


アリス九號.アヤビエもそうだし、baroqueのカジュアルさもそうだけど、この2003年〜2006年辺りで今で言うキラキラ系の下地が作られたんじゃないかな。
そういう面でアンカフェが今のV系に与えた影響はすごく大きいと思う。


そして、見た目が先行されがちだけど、音楽性もしっかりしていた。
ダンサブルで四つ打ちの効いたビートでダンスロックがテーマ。2010年付近から邦ロックで流行っているのって四つ打ちビートで、その歴史からしたらアンカフェはだいぶ早いと思うんです。発明的なリズムでもないかもしれないけど、ディスコリズムをギターロックとして変換してみんなで騒ぐという根幹は今の邦ロックと変わらない。telephonesKANA-BOONキュウソもそうでしょう!今のフェスにアンカフェが出たら絶対盛り上がるはず!!…と色々思うところはあるんですよね。
メープルガンマンでは既に音楽性としては完成していて、このライブのときも聴いていてステップ踏めて楽しかったもんな。


ビジュアルが先行してしまうけど、音楽性がしっかりしていたんです。


初めてライブ見たけど、輝喜さんは歌いながら楽しそうにドラムを叩いてすごく印象的だった。彼のドラムだからこそ楽曲が、バンドがロールしていくんだわ。ほかのメンバーも好きだけど、輝喜さんがすごく印象に残った。


しっかりと追ってなかった自分としてもアンカフェの活動休止は何か一時代が終わったような、何か失ったような気がしています。なんと言葉にすべきかわからず、しばらくこの日記も書けませんでした。忘れた部分はDVDが出るようなので映像で見れたらと思います。


バンドなので難しいことではあるし、勝手に言うものでもないと思うけど、彼らのライブをもう一度見たいと思えるようなライブでした。
アンティック-珈琲店-のみなさんお疲れ様でした。長い間、良い音楽をありがとうございました。

 

 

【セットリスト】
1.MY♡LEAPS FOR “C”
2.覚醒ヒロイズム~THE HERO WITHOUT A “NAME”~
3.流星ロケット
4.スノーシーン
5.逃避回路
6.我侭行進曲
7.似非占い
8.キャンデーホリック
9.踊るメルヘン時計
10.エスカピズム
11.YOU
12.NYAPPY in the worldメドレー
13.ダックのマジカルアドベンチャー
14.メープルガンマン
15.テケスタ光線
16.ラフソング
En.
17.千年DIVE
18.Cherry咲く勇気!!
Wen.
19.巡り逢えた奇跡
20.Bonds
21.スマイル一番イイ♀

19.01.05 和楽器バンド 大新年会2019 さいたまスーパーアリーナ2days〜竜宮ノ扉〜@さいたまスーパーアリーナ

和楽器バンドのライブへ行ってきました。
これが2019年初ライブ。
さいたまスーパーアリーナ

f:id:snowmansan:20190108211852j:image

数年たまアリに来てなかったのに、今回は年末のLUNA SEA以来というスパンの短さ。

 

元々1/6に大新年会開催と発表があったものの、ソールドしたので追加公演として1/5。こちらが新年最初の和楽器バンドのライブとなったのでした。
そういえば国内最後の公演が平安神宮で、日本での終わりと始まりが行けてるんだなーと思った。

f:id:snowmansan:20190108213754j:image
f:id:snowmansan:20190108213750j:image

 

竜宮ノ扉

f:id:snowmansan:20190108213544j:image

 

瑠璃色で描く虹   感
f:id:snowmansan:20190108213548j:image

お花たち。

f:id:snowmansan:20190108213658j:image
f:id:snowmansan:20190108213654j:image
f:id:snowmansan:20190108213645j:image
f:id:snowmansan:20190108213703j:image
f:id:snowmansan:20190108213650j:image
f:id:snowmansan:20190108213708j:image

 

ステージ真ん中に花道があって、センターステージも水平方向にあった。
座席は200Lv上手ですごくセンターステージと近かった。

 

17:09〜19:04
一人一人現れる映像が流れ、幕が落ちると上からゴンドラに乗ってメンバー登場。
竜宮城へ降りて来た…って感じですかね。

 

1.光の中で
2.「儚くも美しいのは」
炎の演出。すごく合っていた。
メロディが進む中、通常ギターの上物部分を三味線で行うから和風に仕上がっていてずっと聴きたかった曲。
ここぞというギターソロへ向かうまでに展開があって見所たくさん。やっと聴けた!

 

3.雪影ぼうし
4.千本桜
フロント5人が花道センターステージに走って来たのここだったかな。雪影からかな。

 

ゆう子「新年あけましておめでとうございます!新年明けたばかりで1月の忙しいときに集まってくれてありがとうございます。最初から盛り上がってくれてますね。ここからも盛り上がっていけるかー!」

 

5.Einzel Kampf(尺八×ベース)
亜沙がドラムスティックでベースを叩く。スラップでよくあるリズム。そこから交互にソロを繰り広げていく。尺八とベースってなかなか見ない組み合わせ。

 

6.雪よ舞い散れ其方に向けて
7.シンクロニシティ

 

8.前世の記憶(箏×舞)
蝶が舞うような舞でした。ひらひら舞うけど途中怪我をしたのか綺麗に舞えなくて、それでも飛んで行こうとして…といった内容かなあ。
この箏のアルペジオがめっちゃメタル。メタルのアルペジオというかギターリフに近しいものがあって旋律が心地良い。ベース音が一段ずつ下りていく感じ。

 

9.砂漠の子守唄


憂ノ扉?だったかな。映像が流れて雪の降る中での映像。時々ステージスクリーンに〜ノ扉って出て、憂ノ扉含めて3つの扉があった。残り2つは忘れた。舞ノ扉とかあったかな。
BGMが細雪をアレンジしたような感じ。

気づけばセンターステージに8人。


10.細雪

ゆう子「皆さんありがとうございます!
このライブが決まってからどうにかしてみんなの近くであるここ(センターステージ)に来たいなと思ってました。ここはみんなから包まれているようですね。
せっかくなのでもう一曲演奏したいと思います。オキノタユウ」
11.オキノタユウ

 

センターステージが更にせり上がって、ゆう子さん、べにさん、町屋さん三名はさらに高いところで。町屋さんはアコギ。
ケーキみたいになってた。回転していた。

センターステージ上手の本当近くにいたんだけど、こんな近くで黒流さん、山葵さんを見ることないからすごく新鮮で。なんならドラム、和太鼓フロントで演奏しているような感じでした。

 

曲終わりにゆう子さん、聖志さん、山葵さん、黒流さんがセンターステージに残る。
ゆう子「みんなでこっちに来れましたね」

 

聖志「気づいたら楽器がここにあったんで笑
まあ前の人たちは気づいてたかな。でもこんな距離でライブするのって…ライブハウスぐらいしかないからね」

 

山葵「そうだね、でも一段高いところに上れるのは人気メンバーだけらしいよ」

wwww

 

聖志「そうなの!!?」 

 

黒流「頑張ろう」

 

ゆう子「そうじゃないでしょ笑」

山葵が中国語を喋る。何言ってるかわかんない笑

 

山葵「あーごめんごめん!みんな紫(ペンライト)で綺麗ですね」

 

ゆう子「せっかくなので今年、2019年の目標を言ってもらおうかな!山葵はー?」

 

山葵「上腕二頭筋を鍛えたいですね。そこは三頭筋、あ、そこは三角筋ですね」

 

ゆう子「もういいです、ありがとうございます

wwwww

 

聖志「さっきの聞いたら人気メンバーになるしかないでしょ」

 

wwwww

 

ゆう子「(笑)
私はよく寝たいと思います。上質な睡眠を取りたいなと。ステージに戻った人にも聴きたいと思います。亜沙はー?」

 

亜沙「年末ってセールあるじゃないですか?今年は貯金したいなぁと」

 

ゆう子「買い過ぎちゃったのね?ソファとか買ってたもんね!」

 

亜沙「…まぁソファはセールじゃないんだけど

 

 

ゆう子「だいさんはー?」

 

大輔「去年はツアーでいろんなところ廻ってきたんですけど、さらにいろんなところへ行きたいですね。個人的に気づけばあと二箇所で47都道府県達成で」

 

ゆう子「あとどこなのー?」

 

大輔「徳島と和歌山!」

 

なんと( ゚д゚)

 

大輔「その二箇所から来てくれてる人もいますか?」

 

はいはいはいはーい*(^o^)/*

大輔「今年必ず行きます!!!」

 

お待ちしてます*(^o^)/*

 

べに「アニメ毎日見たいなぁ」

 

ゆう子「いつも見てるじゃん笑」

 

べに「(笑)毎日アニメ見ることと、南アメリカとか行きたい。まあ私がただ旅行するだけなんだけど笑」

町屋「なんだろうねぇ…」

亜沙「あなたこそ貯金しないといけないでしょ」

町屋「貯金ねぇ、でも課金しないといけないこら」
なんかのアプリをやってるらしい。

 

町屋「時間割をきっちりするとかですかね」

 

ゆう子「真面目!リハの方が面白かったよ!」

 

町屋「リハの?言う?」

 

ゆう子「いやいいいいい!!!黒流さん言ってなかったね!!!
これすごく気になるww

 

黒流「今年の目標は老けない!時間を止めます!」

 

ゆう子「そんな魔法使えるんですか!」

時間止めたら動けないね笑

 

ゆう子「ここからもまだまだライブを楽しんでください」

12.Finite limits(ギター×三味線)
ギターと三味線でソロ合戦。かっこよかった。どちらの楽器もリード属性だからすごくかっこやかった。

 

13.Strong Fate
曲中に剣舞
サビはセンター花道で完全に剣舞をしながら歌う。
1番終わった辺りからセンターステージの方へ剣舞が始まる。それが終わると演奏再開。

剣舞しながら歌うのすごかった。
時代劇で喋りながら人を斬っていく感じでかっこよかった。

 

14.白斑
15.相反融合(ドラム×和太鼓)


和太鼓隊と鼓笛隊のスネアのみ(スネア隊?)がセンターステージ登場。

それぞれが叩いてバトル展開。
ステージ上手山葵、下手黒流登場。
ワイヤーが身体に巻きついている…

それぞれ和太鼓、スネアを持ちながら宙へ。
こんなん初めて見た!!!!

 

途中まで宙を舞ってたかと思えば、
黒流「山葵、もっと高くいこうか!!」

とさらに400Lvぐらいまで飛行。そんな上がるの笑  


そして、センターステージへ着陸。

 

二名も混ざってドラムバトル。
そこからいつものように声出し。

 

黒流「和太鼓どーーーーん

 

\和太鼓どーーーーん/

 

山葵「ドラムのどーーーーー

 

\ドラムのどーーーーー/

並列してドラム、和太鼓同士でそれぞれ隣の太鼓を叩いたり、フォーメーションがすごかった。これ見ててドキドキした。


ゆう子「またここから8人で盛り上がっていきたいと思います!」
16.拍手喝采


ゆう子「気づいている人もいるかと思いますが、今日はたくさんカメラが入っています。3/20…でしたかね?今回の竜宮ノ扉がリリースになります。また楽しんでもらえたらと思います!」
リリース速いね!

 

ゆう子「そして、今回は和楽器バンド2名ずつ、2人ずつ組んでいきました。まあグッパーで決めたんですけどね」

 

黒流「そんなことないですよ!笑
ちゃんと考えて決めたんでね」

 

ゆう子「黒流さんは毎回ビジネス高所恐怖症じゃないかと思うんですよ」

 

黒流「いやいや!今日まで毎日夢に出るんですよ!今日ちゃんと飛べて良かったです!!」

 

山葵「太鼓持って飛んだの世界初とかじゃないですかね。ギネスみたいな。でもSNSとか見たらみんな山葵スティック落としたとか書くんですよ」

 

町屋「エゴサ禁止!SNS気にしすぎなんだって笑」

 

山葵「SNS辞めた人でしょ!」
いつのまにか辞めてたね。

 

ゆう子「この辺までスティック飛んでくるし笑」

 

亜沙「でも俺もピック投げて飛ばすにポトっと落ちることあるし」

 

山葵「それと一緒にしないで

wwwww

 

亜沙「フォローだったのに…笑

 

亜沙「スティックでベース叩いてたんですけど、本当は尺八で叩こうと思ってたんですよ」

 

大輔「物理的な尺八とベースバトルね笑」

 

亜沙「尺八が良い音すんだよーー!!みたいな笑 本当に怒ってる人がいるかもしれない…笑」

 

ゆう子「今回も剣舞をさせて頂きましたが、今回Strong Fateの途中でするというものでね。舞しながら歌うのは本当死ぬかと思いました」

笑  
本当凄い!

 

ゆう子「8人いると色々できるなと思ってやってきました。ここから後半戦いけるかー!!!」

17.義風乱舞
18.星月夜
19.地球最後の告白を

ゆう子「みなさん、今日は集まって頂いてありがとうございました。2018年はツアーでたくさん廻ってきました。今回はさいたまスーパーアリーナへ来てねと約束をして、こうやって集まってもらいました。次で最後の曲になりますが、最後は全員で和楽器バンドの音を浴びて、歌える人は歌ってほしいなと思います、暁ノ糸!」

20.暁ノ糸


En.(19:09〜19:37)
21.華火
ゆう子さんのアカペラでスタート。
サビのアカペラは圧巻。普段はバンドサウンドの中で響いているなら意識しないけどすごい声量。たまアリを声でぶった斬るかと思った。


ゆう子「アンコールをもらったんで、あともうちょっとだけ楽しみたいなと思います!
華火は和楽器バンドがオリジナルで初めてリリースした曲ですね。
次も楽しんでもらいたいと思いますが、新曲です!もしかしたら年末年始CMで流れているのを聴いた人がいるかもしれません。これはみんなで掛け声の部分があって、ライブのために作りました!参加型の曲になっているので楽しんでやってみてください」

と、掛け声の練習ときらきら星をらららで歌ってということで練習してスタート。

 

22.あっぱれが正義。

ゆう子「ありがとうございました。こうやってアリーナのライブは横浜以来ですかね」
たぶん城ホを飛ばしているけどしょうがない( ˘ω˘ )

 

ゆう子「和楽器バンドはデビュー5周年で、これまでは止まらず走ってきました。8人集まる前はそれぞれが活動してきて、みんな1人とか誰もいないところでも演奏してきたからこそ今があるんだと、そんな話をメンバーですることが多いです。
これからは恥ずかしくないように…世界に行った時も日本の代表となっても恥ずかしくないように進化してまた進んで行きたいと思います。和楽器バンドというわかりやすい名前をつけてるんで、これからもよろしくお願いします」
23.空の極みへ

ここだったかな、だいさんが走りながら吹いててすげーーー( ゚д゚)ってなった。


山葵が脱いだと思ったら背中に“ことよろ”って書いてた。笑

----------------------------
新年1発目が和楽器バンドで良かった!
見ていてすごく楽しかった!


初めて見たのが去年の城ホのオーケストラコラボで、それ以降はホールだったから、ショー要素をここまで含んだ和楽器バンドは初めてでした。
演奏に関しては毎度のことながら発見があって、CDだと聴き取れないところやアレンジ含めて楽しみなんだけど、今回はさらに視覚的な演出等、五感で音楽浴びたなーという満足感でいっぱいでした。
そして、それぞれソロパートが自らが特効になるようなものばかりで、和楽器バンドだから為せる技であり、ライブの演出かなと思いました。
ライブハウスにはライブハウスの楽しさがあるし、ホールにはホールに合った演出もあるけど、和楽器バンドはアリーナクラスでの魅せ方も似合いますね。スタジアムロックの延長にある総合芸術でした。
新年早々良いライブをありがとうございました。ごちそうさまでした。

 

 



【セットリスト】
1.光の中で
2.「儚くも美しいのは」
3.雪影ぼうし
4.千本桜
5.Einzel Kampf(尺八×ベース)
6.雪よ舞い散れ其方に向けて
7.シンクロニシティ
8.前世の記憶(箏×舞)
9.砂漠の子守唄
10.細雪
11.オキノタユウ
12.Finite limits(ギター×三味線)
13.Strong Fate
14.白斑
15.相反融合(ドラム×和太鼓)
16.拍手喝采
17.義風乱舞
18.星月夜
19.地球最後の告白を
20.暁ノ糸
En.
21.華火
22.あっぱれが正義。
23.空の極みへ

18.12.30 摩天楼オペラ LIVE2018 Resound Of Opera@新宿BLAZE

あけましておめでとうございます。
新年初日記ですが、年末の日記です。
摩天楼オペラのライブへ行ってきました。

新宿BLAZE。名前は知ってたけど来たの初めて。800人ぐらい入る。

f:id:snowmansan:20190105114637j:image
f:id:snowmansan:20190105114633j:image

 

LIVE2018 Resound Of Operaというツアーでもない単発ライブ。なんだかこういうの久々のような。

17:30〜18:59


1.Invisible Chaos
2.Psychic Paradise
3.The Gambler

苑「Resound Of Operaへようこそー!
2018年最後のライブです!年末に摩天楼オペラを選んでくれてありがとうございます!もうみんな年末長く過ごしたでしょう…年末長くってなんだ

 

wwww

 

苑「年末入って…もうみんな長く休んだでしょう」

フロアではてなが飛び交う。今日苑さんどうしたの笑

 

苑「終わりよければ全て良し。今日は全部ここ新宿に置いていこう!幸せだけ残して全部置いていこう!いけるか新宿ー!いけるかー!DICE」
4.DICE
hideのカバー。やりたいって言ってたのを人伝いで聞いたけど、なんでやりたかったのかはよくわかんないんだよね。もちろんカバー出してたのは知ってるけども。12月だから?


5.It's You
6.INDEPENDENT
7.YOU & I

苑「新宿もっといこうぜー!」と煽りに煽って去りゆく苑。
8.SYMPOSION
ほんとダンスナンバー。

 

9.IMPERIAL RIOT
10.ANOMIE

苑「気づいているかもしれないけど、今日は(衣装を)脱がないつもりです」

 


いつも汗だくで、SYMPOSIONとか終わるとTシャツ姿で1人アンコールだったりするけど、今日は着たまま。
と言っても布纏ったような衣装なんだけども。

苑「今年はもっとライブやるって言ってそんなにできなくて」
…そうかなぁ!?けっこうやってくれたと思うんだけど笑

 

苑「Human Dignityというアルバムはほぼ11月から作り始めたようなもので。歌詞を書いているときはずっと独りの世界だから、早くみんなの前で歌を聴いてもらいたかったんですよ。12月はイベントライブとこのワンマンしかなかったんで。久々のワンマンなのでどうなるかなと思ってたんだけど、まだまだ歌えます!」

 

苑「これまで歌詞を書き直したのはJaYの例のあの曲(笑)しかなかったのに、今回は書いては書き直して…を繰り返しました。
JaYがいたるところで21mgが好きでやりたいやりたいって言うんだけど、最近俺は例の曲、孤独をやりたくて。最初聴いたとき“なんだこれは…!”ってなったんだけど、今思うと新しい風を入れてくれたなと思います。やっと今わかりました笑
ではここで聴いてもらえたらと思います。孤独を知るには一秒も長すぎる」

11.孤独を知るには一秒も長すぎる
12.何度目かのプロローグ
13.21mg

 

苑「最近摩天楼オペラとして考えることが多くて。そうなると振り返ることも多いんですよ。1番尖ってたときどこかな…とか。笑  自分じゃわかんないけど、Justiceとか落とし穴とか尖ってたかなぁとか」

それは…体型の話も含めてかい!?
そしてこの辺りで彩雨さん咳き込んでた。片手前にきてすまんみたいな感じだった。

 

苑「この頃は俺たちが引っ張ってみんなが音楽を楽しんでもらえたら良いと思って続けていました。もちろんそれは間違いじゃないけど、そこから合唱に出会って。だいぶ歌詞覚えてもらったねぇ…みんなが歌ってくれたのをすごく嬉しかったのを覚えています。ちなみに響はGLORIAで摩天楼オペラを知ったらしくて」

 

響「それもリアルタイムじゃないんですよ、、にわかです

 

wwww

 

苑「何年前ぐらい?」

 

響「4〜5年前とかで」

 

苑「まあでもそんな違いないね。まずGLORIAが5年前ってことにもびっくりで…ちなみにGLORIAの頃から来てくれている人いますか?」

意外といなかった。笑

 

苑「あ、意外といないんだ!新しく聴いて来てくれてんのね、ありがとう。
ここらでGLORIA3部作をやりたいと思うんですがどうですか。みんな歌詞覚えてる?響みたいなにわかの人(笑)、楽しまないともったいないからわかんなかったら“うぉー!!”でいいんでね」

 

 

苑「グロリアー!!!」
14.GLORIA
15.Innovational Symphonia
16.喝采と激情のグロリア
アウトロで、苑「この曲だけはずっと演奏し続けます」って言ってた。


GLORIA3部作連続して演奏聴くことなかったから嬉しかった。摩天楼オペラと言えばこれと象徴するような楽曲陣だもんね。
初めて聴いた時、なんてグロリア好きなバンドなんだと思った。それまでの摩天楼オペラのイメージがダークサイドだったから、なんて人間賛歌なんだとびっくりした記憶がある。

 

En.(19:04〜19:47)
アンコールで再度暗転。SEが鳴る。
いつものアンコールと違う。

 

17.Human Dignity
新曲だったので新SEで登場かな。そして新衣装。

苑「2/27リリースのHuman Dignity聴いてもらいました。今の摩天楼オペラこんなんやってんだ…と自信持って勧められるアルバムができました。ぜひ周りにも勧めてください!」

 

ギターが鳴って、

苑「…今日は両側から責められる日なのかな?」

 


苑「まだ2ヶ月先ですね。早く聴かせたいです。期待して待っていてください、その期待を越えるアルバムができましたので。
そして、大事なお知らせがあって。
このHuman Dignityで摩天楼オペラ、もう一度メジャーデビューします!

 

おおおおおおおお!!!!!!!
おめでとう!!!!!

 

苑「なかなか2回デビューすることないよ?笑 止まらずに前を向いて続けてきた結果、再びキングレコードに声をかけてもらいました。これでもう一度勝負します。
そして、1/1をもってDrums 響が正式に加入ひます!

 

おおおおおおおおお!!!!!!

書いてる今でも目頭が熱くなる。

 

苑「ここ2年間こんなん(手でアップダウン激しくしてた)だったからねぇ笑
悠みたいに歌いながらドラム叩いて、悠みたいにメタル馬鹿で…こいつしかいないでしょう!確実に遺伝子受け継いでるでしょう!」

 

で、響くんから一言(一言?)

 

響「あー…良かった。ありがとうございます。緊張するんで座ります。えー」

 

燿「響くん、響くん、後ろの人見えないから前へ」

 

響「えっ…えっ

wwwww

 

と前へ来る響。それでもドラムセットの前辺りから動かなくて、苑さんがカーペットの辺り指して、どうぞってやってるけどなかなか前に行かない笑 燿さんも背中を押す。

燿「これ悠くんのときもやってるから笑  下がってきちゃうんだよね」

 

響「いやいやいやいや近いですって!!!!!!!

wwwwww

 

響「完全に言うこと吹っ飛びましたね…笑
摩天楼オペラは元々自分も聴いていて、さっき言ったようにGLORIAで知ってかっこいいと思っていたんですよ。で、初めてライブ見させてもらったのがEX THEATERの悠さんの脱退ライブでした。そのときになんで今までライブ見てなかったのかと思うような良いライブで。
そのときはサポートとか正式メンバーとかは考えてないけどこのバンドでドラム叩きたいと思ったんですよ。ライブ終わった後、次のツアーの日程バーって出たでしょ?そのとき携帯取り出して全部日程メモったんです笑
加入経緯とかは…インタビューとかで読んでもらうとして」

 

 

響「サポートドラムとして初台Doorsから新宿BLAZEまで本当に良い経験をさせてもらって。みんなから見るとステージ上しか見えないと思うんですけど、ツアーの車移動も一緒で、打ち上げも一緒で。いろんなバンドをサポートドラムとして活動する中で良い部分も悪い部分も見てきたつもりですが、自分のバンドに対する譲れない部分が合致したんですよね」

 

この辺りでJaYくんや苑さんがちらちら見だして、
JaY「長い長い、巻きで(口パクで)」

wwwww

 

JaY「喋って気持ち良くなってたやろ!!!!!

wwwww

 

燿「これ第何章まであるの?」

 

響「あと2分で終わります笑 まだ聴きたい人ー!!?」

 

\はーい/
全然長いことないよ、こういう話はずっと聴いていたいよ。バンドへの熱がある人ですごく良いと思う。

 

響「なんの話だっけ…笑
あ、摩天楼オペラは良いバンドだったんですよ!

苑さん崩れて笑うwww

確かにその言葉がこのバンド形容するにはぴったりかも笑

 

響「バンドって家族のようで。バンドを始めて3年ぐらいなんですけど、初めて自分がバンドを脱退するというのを経験して。そこから自分がバンドを組むということにハードルが上がってしまって。でも自分の中のバンドへの基準と合致したんです。
目標はJaYさんも言ってるように1つずつ会場をソールドアウトしていって、日本武道館でライブをすることです。これからよろしくお願いします!!」

バンドに対してこれだけ想いを持っていて、それを語ってくれるのが嬉しい。

 

苑「いやー良かったねぇ(歓声上がったことかな)
JaYも加入発表のとき不安だったって言ってたもんね」

頷くJaYくん。

 

苑「2019年、摩天楼オペラは輝きに満ちています。さあ、いきますか」

 

燿「どこ?え?

どこwwwww

 

苑「抱負でも…」

 

燿「若返るよね(平均年齢)
急にぐっと若返る笑」

 

苑「真面目なやつは…うん、燿さん頑張ろう!頑張ろう!

wwww

 

燿「(笑)
2年の間にメンバー脱退や加入が多くて受け入れられない人もいるかもしれないんですけど…でも話してたの聞いてもらってわかったと思うんですけど響くん良い子なんですよ。本当話していて何いうか心配ないんで笑」

JaYwww

 

彩雨「この2年間は個人的に守りに入っていたかなと思います。成長した部分もあるし、こうやらないと…というのもありました。すごく良い経験になったと思っていますが、ここからは攻めていきたいと思います。こうやって5人で発表できて良かったですね」

 

JaY「…最後に落としたらいいんですか?」

 

苑「落とさなくて良いです、繋げてください」

 

 

JaY「バンドは家族なんですよ

ちーんとシンバル鳴らす響くんww

 

JaY「来年のツアーはソールドさせて、ファイナルの恵比寿もパンパンですよ。皆さん、拡散お願いしますね!」

 

苑「恵比寿がパンパンらしいので、周年ライブが決定しました。5/5恵比寿リキッドルーム恵比寿リキッドルーム2daysです!
良い知らせはいくつあっても良いでしょ?
もう2019年きらきらしてるよ。じゃあこの5人で、alkaloid showcase」
18.alkaloid showcase
19.BURNING SOUL
20.PHOENIX


Wen.(19:50〜19:57)

苑「みんな影アナ言うこときかないので…笑
クリスマスも過ぎたけど最後はこれで!」
いつも年中関係ないやん!!!笑

苑「シャインオーン!!!」
21.SHINE ON
燿さんピック投げたけどぽろっとステージ上に落ちて苦笑いしてた笑
--------------------------
年内最後の摩天楼オペラでした。
2018年は悠さんの脱退発表、脱退がありました。悲しいという一言にまとめられないけど、摩天楼オペラ自体どうなるのか不安な始まりでした。不安だったけど特に行くのやめようという気持ちはなくて。


その不安を持ったまま6/17PALOOZAでの響くんがサポートで入った新生摩天楼オペラのライブへ。
Invisible Chaosが始まってすぐその不安は吹き飛んで、ライブが終わってからは安心感に満たされたまま帰ったのを覚えています。そんな響くんの加入が決まって本当に嬉しいです。


そして、再度メジャーデビューおめでとうございます!Human Dignityは本当に渾身作なんでしょう。だいぶハードル上がったけど、2月が楽しみです。

 

1年間で本当に色々あったけど、バンド自体が良い形で続いてくれてよかった。終わりよければ全て良し。


2019年以降摩天楼オペラが階段を上って武道館でのライブする姿が見たいです。
摩天楼オペラの皆さん、1年間ありがとうございました。

 


【セットリスト】
1.Invisible Chaos
2.Psychic Paradise
3.The Gambler
4.DICE(hide cover)
5.It's You
6.INDEPENDENT
7.YOU & I
8.SYMPOSION
9.IMPERIAL RIOT
10.ANOMIE
11.孤独を知るには一秒も長すぎる
12.何度目かのプロローグ
13.21mg
14.GLORIA
15.Innovational Symphonia
16.喝采と激情のグロリア
En.
17.Human Dignity
18.alkaloid showcase
19.BURNING SOUL
20.PHOENIX
Wen.
21.SHINE ON

Live Record 2018など

みなさんこんにちは。

仕事は納めました!でもライブが納まりません!
まだ言ってる、PAさん次の曲お願いします、年末恒例ライブ整理大会行ってみよう!

 

1/1 KinKi Kids CONCERT20.2.21〜Everything happens for a reason〜@京セラドーム大阪

1/6 A9 Christmas & New Year Special Live 「THE BIRTH AND DEATH」@大阪 松下IMPホール

1/21 小野正利 Birthday and Release Tour 2018「V.S.」@心斎橋SUN HALL

1/27 摩天楼オペラ 10th Anniversary PANTHEON TOUR-coda-@滋賀U☆STONE

2/11 広瀬香美 Concert Tour 2018「オトナ広瀬スタイルへようこそ」@Zepp Namba

2/18 和楽器バンド Premium Symphonic Night〜ライブ&オーケストラ〜@大阪城ホール

2/22 新代田CRAYちーPARTY祭り /w さとしズ、D-SHADEYS@新代田FEVER

2/24 摩天楼オペラ 10th Anniversary PANTHEON TOUR-overture-@大阪MUSE

2/25 摩天楼オペラ 10th Anniversary PANTHEON TOUR-overture-@名古屋ell.FITS ALL

3/2 摩天楼オペラ 10th Anniversary PANTHEON TOUR-overture-@EX THEATER ROPPONGI

3/13 HAPPY FARM 下北放牧@下北沢GARDEN

3/18 KAMIJO@日本橋ストリートフェスタ2018オープニングセレモニー

3/21 HELLOWEEN “PUMPKINS UNITED WORLD TOUR 2018” in JAPAN@Zepp Osaka Bayside

3/23 X SUGINAMI 爆発寸前破滅に向かった白い夜〜みんな有名だった、だけど…コピバンだった〜(オープニングゲスト X HIROSHIMA)@OSAKA MUSE

3/31 ASH DA HERO SPRING TOUR “STAY FREE”@OSAKA MUSE

4/4 ダイノジ大谷の音楽語ルシスナイト 『90年代ビジュアルバンド編』/w DJ浅井博章@大阪ポストよしもと

4/7 Eins:Vier Tour 2018 “Searching For You”@名古屋 池下CLUB UPSET

4/9 人間椅子 「おどろ曼荼羅人間椅子2018年春のワンマンツアー」@大阪 umeda TRAD

4/13 D 結成15周年、メジャー10周年記念 Special Premium Live2018 東名阪ワンマン@大阪梅田Banana Hall

4/14 THE MICRO HEAD 4N'S×defspiral COUPLING TOUR 2018 9BALL GAMES-3rd-@梅田Zeela

4/15 Eins:Vier Tour 2018 “Searching For You”@OSAKA MUSE

4/20 ゴールデンボンバー 全国ツアー2018「ロボヒップ」@和歌山県民文化会館

4/22 ママレードボーイ公開記念トークショー 桜井日菜子@広島パルコ

4/22 D-SHADE1/2 【ユジロックフェス Special~祝!D-SHADEメジャーデビュー20周年】@広島SECOND CRUTCH

4/25 安室奈美恵 namie amuro Final Tour 2018 -Finally-@京セラドーム大阪

4/27  SEX MACHINEGUNS 20th Anniversary Tour~春の祭典 な~るほどザ・ワイルド!!~@CLUB CITTA' 川崎

4/30 GALNERYUS “PLAY TO THE FORTHCOMING FUTURE”TOUR 2018@大阪BIG CAT

5/6 和楽器バンド TOUR 2018 音ノ回廊-oto no kairou-@ロームシアター京都

5/8 ダイノジ大谷の音楽語ルシスナイト 『ビジュアル系バンド編』/w DJ浅井博章ピエール中野@ポストよしもと

5/12 シド 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 2018〜ファン投票LIVE(大阪編)〜@Zepp Osaka Bayside

5/13 シド 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 2018〜暴れ曲限定LIVE〜@Zepp Osaka Bayside

6/2昼  王様 城北公園フェア2018@大阪 城北公園

6/2夜  T-SQUARE  T-SQUARE CONCERT TOUR 2018 “CITY COASTER”@なんばhatch

6/3昼  寺ロック2018 /w 王様、Uudas Priest、KISS ARMY FROM ARENA、A4/B4、
GUNS NANTE DODES@奈良県宇陀市 宗祐寺

6/3夜  A9 ONEMAN TOUR 2018「STAIRWAY TO MOON」-月への招待-@京都FAN J

6/8 中島卓偉 TAKUI NAKAJIMA LIVE TOUR 2018 (16 BEATS ONLY!!)Dance!Feel The Noise.@ 大阪Music Club JANUS

6/9 中島卓偉 FC限定 Acoustic GIG in KYOTO@京都SOLE CAFE

6/17  摩天楼オペラ Invisible Chaos TOUR@柏PALOOZA

6/22 中島卓偉 TAKUI NAKAJIMA LIVE TOUR 2018 (16 BEATS ONLY!!)Dance!Feel The Noise.@渋谷WWW X

6/23 LUNATIC FEST.2018 /w LUNACY.cold rain.女王蜂.The BONEZ.ACE OF SPADES.backnumber.シド.DIR EN GREY.GLAY.LUNASEA@幕張メッセ国際展示場

6/28 シド SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 2018〜インディーズ曲限定LIVE〜@豊洲PIT

6/30 DA PUMP 「U.S.A.」発売記念イベント@大阪なんばパークス2F キャニオンコート

7/4 摩天楼オペラ Invisible Chaos TOUR@梅田Shangri-La

7/7 ロックマン30周年記念ライブ@なかのZERO大ホール

7/8 ロックマン30周年記念ライブ 昼公演@なかのZERO大ホール

7/8 ロックマン30周年記念ライブ 夜公演@なかのZERO大ホール

7/13 A9 ONEMAN TOUR 2018 「STAIRWAY TO MARS」-火星への招待-@大阪Banana Hall

7/21 ブリーフ&トランクス@大阪Banana Hall

7/22 SOUL POWER なにわ SUMMIT 2018 /w 鈴木雅之、佐藤善雄、ゴスペラーズSkoop On Somebody、Bro.Kornダンス☆マンさかいゆう、Anly@グランキューブ大阪

8/4 摩天楼オペラ Invisible Chaos TOUR@マイナビBLITZ赤坂

8/5 B'z LIVE-GYM  Pleasure 2018- HINOTORI-@日産スタジアム
8/21 GLAY PREMIUM LIVE 2018 「ステラ(A)girl サマー」@品川プリンスホテル ステラボール

8/25 A9 「『ALICE IN CASTLE』-星の王子と月の城-」@新木場STUDIO COAST

8/26 HIRO 2nd Solo Live〜Under the midnight sun〜@渋谷CLUB QUATTRO

8/31 人間椅子『恩讐の彼方〜人間椅子2018年晩夏のワンマンツアー』@umeda TRAD

9/1  陰陽座 全国ツアー2018『覇道』@なんばHatch

9/2  和楽器バンド TOUR 2018 音ノ回廊-oto no kairou-@ 大阪国際会議場メインホール(グランキューブ大阪

9/9 Deep Sanctuary VI MALICE MIZER 25th Anniversary Special@豊洲PIT

9/15 クッパが主役!?スーパーマリオオーケストラコンサート@ロームシアター京都

9/16 中島卓偉 TAKUI NAKAJIMA LIVE TOUR 2018 (8 BEATS ONLY!!)PUNK!Feel The Noise.@大阪Music Club JANUS

9/22 イナズマロックフェス2018@滋賀県草津市烏丸半島芝生広場
9/23 浅井博章 「爆寸学園 大阪校」@なんば紅鶴

9/24 和楽器バンド 平安神宮単独奉納ライブ in 和楽器サミット2018@平安神宮特設ステージ

10/3 The John Butler Trio+@大阪BIG CAT

10/7 YUHKI SOUL OF THE KEYS Vol.3〈ガチキーボードバトル〜☆魅惑の変拍子ナイト☆〜〉 Special Guest:永川敏郎@京都Akkun's510

10/8 DaizyStripper フリーライブ in 大阪 「0円クライシス~人はいつだって輝くものを求め続ける~」@江坂MUSE

10/12 運命交差点 Live TOUR 「見上げた空はどこまでも現実で、東京がうやうやしく僕の形を縁取っていく」-第一夜-@青山 月見ル君想フ

10/14 MUD FRIENDS 2000〜2018 MUCC× Psycho le Cému×Waive@Zepp Osaka Bayside

10/15 摩天楼オペラ HALLOWEEN PARTY 2018@心斎橋VARON

10/26 DEF LEPPARD HYSTERIA & MORE@Zepp  Namba

10/28 摩天楼オペラ Club 摩天楼Presents『re:1214』@東京キネマ倶楽部

11/6 ANGRA OMNI JAPAN TOUR2018@大阪BIG CAT

11/10 Leetspeak Monsters ONE MAN TOUR-Welcome to Monster's Theater@大阪Bigtwin Diner SHOVEL

11/11 スーパー戦隊“魂” XII 2018 大阪@なんばHatch

11/17 SOUL OF THE KEYS vol.4〈摩天楼鍵盤ファンタジー〉Special Guest:彩雨@下北沢STUDIO BAYD

11/18 T-SQUARE×THE SQUARE Reunion デビュー40周年記念アルバム発売記念ライブ@奈良県橿原文化会館大ホール

11/21 UVERworld ARENA TOUR 2018@大阪城ホール

11/23 miwa concert tour 2018 “miwa THE BEST”@なら100年会館 大ホール

12/1 デーモン閣下 THE “BIRTHDAYS” ROCK TOUR@メルパルク大阪

12/4 GLAY サバイバル 平成最後のGLAYとChristmas 2018@Zepp Osaka Bayside

12/8 中島卓偉 TAKUI NAKAJIMA LIVE TOUR 2018 HEAVY!Feel The Noize.@渋谷duo MUSIC EXCHANGE

12/14 中島卓偉 TAKUI NAKAJIMA LIVE TOUR 2018 HEAVY!Feel The Noize.@大阪Music Club JANUS

12/15 中島卓偉 TAKUI NAKAJIMA LIVE TOUR 2018 HEAVY!Feel The Noize.@伏見JAMMIN'

12/19 L'Arc-en-Ciel LIVE 2018 L'ArChristmas@東京ドーム

12/22 LUNA SEA LUNATIC X’MAS 2018 -Introduction to the 30th Anniversary- IMAGE or REAL@さいたまスーパーアリーナ

12/23 LUNA SEA LUNATIC X’MAS 2018 -Introduction to the 30th Anniversary- SERCH FOR MY EDEN @さいたまスーパーアリーナ

12/24 A9 PREMIUM ONEMAN LIVE 『ALICEMAS 2018〜A9 with ORCHESTRA』@品川ステラボール

12/30 摩天楼オペラ LIVE2018 Resound Of Opera@新宿BLAZE

12/31 ゴールデンボンバー ゴールデンボンバー初!カウントダウンワンマンライブ〜紅白に出られないとわかった〜@豊洲PIT

 

ご覧の通りゴールデンボンバーが2018年に納まりません。毎年書いたライブ日記はあるだけリンクを貼ってるんですけどね、ちょっと時間ないのでとりあえず羅列。

 

お金払って見に行ったライブ・トークライブ83本
フリーのインストアイベントやライブ6本
これ分け方難しいけど、合計したら89本らしい。
昨年イベント参加歴58本なんですよ。伸長率150%!この伸長率仕事で活かしたいですよね。

 

対バン含めて見たバンドランキング。
摩天楼オペラ 10回
中島卓偉 7回
和楽器バンド 5回
A9 5回
シド 4回
GLAY3回
LUNA SEA 3回
2回以下はけっこうあるので割愛。
意外とGLAYが少ないという。本当今年は摩天楼オペラと卓偉さんへの熱が高まった年だと思います。


昨年と比較してさらに節操なく多ジャンルのライブへ行きまくっています。
他のジャンルや他のバンドのライブを見た後、元々行ってた畑のライブ行くと見方が変わったり、聞こえ方が変わったりするわけですよ。
そうすると好きな音楽も勝手に増えて、聞こえ方も新鮮で、また別の音楽に手を出して…ってしているうちにこんな状況になってしまいました。PDCAサイクルみたいですね。ちょっと違いますね。

 

まだまだ知らないジャンルがあるし、疎いジャンルがある。籍を置いているジャンルはあれど、もっと他を知りたい。
自分の性格上、特定のバンド・グループ・アーティストだけを深く聴くのはたぶん向いてないんでしょう。かといって浅く広くも嫌で。
まだその域には達していないけど、音楽を深く広く聴いていきたいですね。


気になっていてまだライブへ行けてないバンドがたくさんあって、来年はそこにも手を伸ばしていきたいです。
GLAYデビュー25周年
中島卓偉デビュー20周年
LUNA SEA結成30周年
A9結成15周年
等色々あって難しいかもしれませんが笑


ゴールデンボンバーの年越しライブがあるので、今年はライブが納まりませんが、2018年も良いライブ日和でした。


どのバンド、アーティスト、グループがきっかけで読んで下さっているのかわかりませんが、毎度長文にお付き合い頂きありがとうございます。2019年もライブ感想文は極力サボらないように続けていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。


それでは抱きしめてシュヴァルツ/ゴールデンボンバーでお別れです。さよなら2018年。
ごちそうさまでした。


ゴールデンボンバー「抱きしめてシュヴァルツ」Live at 大阪城ホール 2012/6/10 (Live DVDより)【GOLDEN BOMBER】

18.12.24 A9 PREMIUM ONEMAN LIVE 『ALICEMAS 2018〜A9 with ORCHESTRA』@品川ステラボール

A9のライブへ行ってきました。クリスマスイブ🎄


A9 PREMIUM ONEMAN LIVE 『ALICEMAS 2018〜A9 with ORCHESTRA』

f:id:snowmansan:20181230111016j:image
f:id:snowmansan:20181230111019j:image
f:id:snowmansan:20181230111023j:image

人が多くてうまく撮れず。

 

8/25に開催された14周年ライブにて発表となった公演で、オーケストラとの共演(実際にはストリングス)

発表されたとき、もう想像が膨らんで仕方なかったですよね。激しめの曲にオーケストラとかぴったりでしょ…!

 

場所は品川ステラボール指定席。
今年GLAYで来た会場。そして2011年楽しんごの新春ドドスコショーで来た会場。

赤いカーテン、緞帳?に包まれたステージ。

 

16:35〜18:18
先にストリングスの方々が登場。
着席しチューニングが鳴り響く。

 

1.PLANET NINE-INVITATION-
が流れ始める。今年は何があろうとこのSEで登場なのね!…と一貫性を感じていたところ、
ストリングスの方々がSEに合わせて演奏。

え!!!!!!新しい…!!!
インダストリアルであり、クラシック…なにこれ!最初からインパクトあったわ。そこからメンバー登場。
将「構えてんじゃねぇよ!全員立て!」

 

2.I.

3.SHADOW PLAY
冒頭はギターストロークと唄で普段よりテンポ遅め。ギターストロークだから逆に普段よりロック色強く冒頭は聞こえた。

間奏部のストリングスとギターのユニゾン箇所が泣きのメロディをなぞってものすごく綺麗だった。

 

将「いつも通り頭振れるか!」
4.the Arc
やるのは予想通りといえば予想通りなんだけど、この曲冒頭に6/8拍子かな、繋ぎ部分が挿入されていて、聖飢魔IIのGO AHEADが始まるんじゃないかと思った。
その挿入がメタルっぽさを増して16分カッティングのギターリフへ突入。ものすごくかっこいい。


ギターソロ開けはBメロではなく、サビに入って将くんの声のみ。

元々疾走感のある楽曲だけど、ストリングスの重奏が焦燥感も増してメタルとクラシックの親和性高いなあと思ったのでした。


将「今日はA9オーケストラ含めた19名でのライブです。クリスマスイブは高い店を予約して良い演奏を聴ける店に連れて行きたいって思うよね?男!いるよな!
ぼくたちは今日そんな気持ちで演奏していきます!わーっと動きたいのを我慢してるんですけどね。

今日は本当にすごいことで、オーケストラのみなさんと出会ったときこんな上品な方たちと柄の悪い5人で本当は会っちゃいけないんじゃないかと思った笑 ガラの悪い上手ギターにガラの悪い下手ギターに…」

 

将「今日入ったら沙我くん銀髪になってて、メイクさんに“俺もあれにしてください!”って言ったら沙我くんでスプレー使い切っちゃったって。お揃いにしたかったなぁ」

 

沙我「下町ロケットの最終回見てたら吉川晃司さんが銀髪で気づいたら染まってました」
財前さん\(^^)/

 

沙我「将くんも昨日とは違う髪型で。今日は鼻血は出さないの?」
開演前にそんな話してたわ、出落ちなっちゃうw

 

将「オーケストラの方に弓で殴られちゃうからね笑」

 

沙我「聞いてもらった通り…けっこうノレるんですよ。バラードばっかりかと思っていたかもしれないけど、普段通りで楽しんでください」

 

虎さんが眼帯してる話になり、
将「取ったら1番ヴィジュアル系みたいな目になってるもんね」
結膜炎だったよう。


将「ここからはきっとみんなも予想してくれたんじゃないかという曲を演奏したいと思います。初めてA9オーケストラと合わせた曲がこの曲でした。ここからバラードが続きますが聴いてほしいと思います」
5.the beautiful name
6.すべてへ


この二曲は特に壮大な感じなのでストリングスぴったり。

7.虹彩
8.無限の花
9.ASYLUM
すごく明るいメロディが冒頭にあった。Helloweenのinvitationのような感じ。
そこから突き落とすように始まるASYLUM。


これも割と個人的にはダンサブルな曲だと思うんですが、それにストリングスが入ると新しい。いつもASYLUMのドン底に突き落とす感じよりは暖かく聞こえる。


曲が終わりA9オーケストラ去る。

将「楽しんでもらってますか?オーケストラの方って普通ゲネプロとか長くやらないんですけど、何時間も一緒にやってくれたんですよ」

 

沙我「さっきやったthe beautiful name,虹彩,無限の花は今度の再録アルバムのアレンジですね」
それはいいこと!

 

沙我「大変だったね、2日違うことするの大変だね。絶対“黒”領域終わってからやるべきだったね笑」

 

将「アレンジは吉俣良さんにお願いして…」
って言ってたかな。

 

将「フリージアの咲く頃に…あ、フリージアの咲く場所のアレンジもしてもらった」
タイトルミスw
他にもアレンジした作品言ってたけど忘れちゃったな。

 

そして、盛り上がるようなことを言うのはヒロトしかいないみたいな話になり、
沙我「A9オーケストラの方が帰っちゃうぐらいの下ネタを」

 

ヒロト「まだ今日喋ってないからね!笑
いつのまにかA9オーケストラって名前ついたんだね。
今日出てきたとき、みんな白い服着てクリスチャンじゃないけど、教会みたいだなと思って。空気というか…空気って会場とか人が作ると思うんだけど、良いなあと思いました。虹彩とか何年ぶりにやったのかな。覚えてないもんね」

 

将「2億年ぶりぐらい?」

 

ヒロト「2億年ぶりぐらい!
僕らにタイムマシンって曲があるけど、昔の曲を今こうやってできるのが嬉しいですね。昔の曲を今のアレンジでできるのは続けてきたからだなと。闇ニ!あっ

 

将「おいっwwww
ネタバレかなwwww

 

衣装や装飾品の話になり、
Nao「ヒロトさん!コサージュとかつけてるし、マイクスタンドにもスカーフ巻いてるし!」

 

将「俺の無いよ!」

 

ヒロト「ちっちっちっ…これ自腹なんでね!つけたいなと思って。でもみんなも衣装合わせのときとだいぶ違うからね!」

 

沙我「昨日の目隠しアイテムもあるよ」
と将くんに見せる。

 

将「昨日の格好だったら背徳アイテムみたいだけど、この格好でやったら忘年会で酔っ払ったサラリーマンになっちゃうからね笑」

 

将「A9オーケストラのみなさんはA9のライブは初めてです。ここまでは“あ、こんな感じね〜”って思っているかと思います。ここから昨日を思い出して暴れていけますか!昨日来ていない人は自分の黒い部分出していけますか!」
10.闇ニ散ル桜
普段低い音で刻んでるギターリフをストリングスでやるから音が際立つ。これはね、頭振ってる場合じゃないの。しっかり聴きたいやつ。

 

11.九龍
12.Entr'acte
13.GEMINI
8/24にライブでALICEMASが発表されたとき、GEMINIがBGMで流れていて、やるのかな…と思ってたんですよね。


普段は重厚感のあるプログレ曲の印象だったけど、随所で挿入されるバイオリンがそれを和らげていて、緩急がすごくついていた気がする。
これも再録のアレンジver.なのか、ギターソロが違ったり、これまでギターで弾いていたリフがベースになっていたり、印象が変わった。
まじで目と耳が足らん。


14.birth in the death
同期ドラムが鳴りながら曲は進行するんだけど、サビになるとストリングスで完全に同期ドラムをかき消して、浮遊感のある曲になっていた。
ラストのサビはNaoさんも叩いていたけど、浮遊感が緊張を漂わせていて、ライブで初めて聴いたけど、音源より良かった。

 

En.(18:25〜19:03)
将「みなさん、楽しんでもらえてますか?本当に今日のライブはすごいことで、オーケストラの方も長い時間練習して頂きました。オーケストラの方イケメンいますね。坂井さんね。山崎賢人タイプの」

ここで拾わなかったけど、沙我さん陸王的な?って言わなかったっけ。日曜9時枠好きだねw


ヒロト「坂井さん繋がりがあって」

 

将「繋がりギャなの?

wwww

 

ヒロト「坂井さん、ToshIさんのソロライブで演奏されてて…!
オーケストラの方って譜面見ながら弾くわけですよ。俺たちの曲だけど、初めてアレンジをリハで聴くんですよね。
坂井さんさすがイケメンで、リハのときとかアイコンタクト送るとニコってしてくれるんですよ!
独身でイケメンで。でも彼女いるかは聞いてない!彼氏は俺かもしれない

 

将「やっぱそうじゃねぇか!

 

wwwww

将「今流行りの中村倫也系イケメンもいましたよね。奥二重の。Naoさん!」

 

Nao「おおおお!一重の良さを語り合えるかな!倒しちゃおうかな!嘘だけど笑」

 

将「でもNaoさんよりイケメンはいないよ」

 

Nao「そうかなぁ、そう思ったらカレー食べたくなったなぁ」
とグッズのカレーを取り出す。
星の王子と月のカレー
前日もやったらしい。

 

Naoさんが沙我さんにカレーを持ってくる。
沙我「なにこれデジャブ…」

とカレーを飲む。


沙我「あ、これいける!!!」
甘口だったからかな!

ヒロトさんにも持っていく。


ヒロト「あー美味い!GEMINIの後にカレー最高だな!」

 

将「GEMINIとかbirth in the deathとか緊張感のあるやつ続いたからね…笑
でもカレーは疲れに良いからみんなも終わったら食べてみてね」

 

虎「いーなー!!」

Naoさんが虎さんに近づく。
Nao「虎さんお  あ  ず  け

 

虎「なんだこいつ…

wwww

 

ヒロト「それとワインね!15周年記念ワインを出してます!旅行のときに部屋訪問したら9周年のときに出したワインを持ってきている人がいて。大事なときにあけようと思ってたんですって言ってて。で、そういう思い出になればなと今回サインも書いたんです」
ワインにはサインが入ってたらしい。先行かな。

 

Nao「ワイン作るって言って、ヒロトさん自腹で作るって言ったんですよ!!!!」

 

ヒロト「自腹じゃなくて残ったら買い取る話ね!笑
リアルな話で作る個数ってあるわけですよ、最低ロットって。で、売れ行きとか考えると最低ロットでも合わないかな〜って思ったんだけど、どうしても作りたいと思って」

 

将「リアルだねぇ…」

 

ヒロト「みんな…買ってね!笑」

 

将「ちなみに飲めない人いますかー?」

けっこういる。

 

将「けっこういるねえ」

 

ヒロト「あれ旅行のとき飲んでた人も手あげてない…?」

wwww

 

将「今年は色々ありました。楽しいことも大変なこともありましたね」

 

ヒロト「演技をやって…踊って…オーケストラとやって色々やりましたね。ハードルを上げた一年でした」

 

沙我「来年は15周年で日比谷野外音楽堂も発表されてますけど…野外でGEMINIとかやりたいね!」
ぜひお願いします🙏

 

将「回転して登場するのメタリカだっけ?モトリークルー?
Naoさん回転ドラムで登場したら?」

 

Nao「え!!!」

 

将「やっぱインパクトが大事なんでね、黒夢さんなら首吊りで登場とか伝説になってるのあるじゃないですか!」
なかなかコアなやつ言うね!ジェットコースターステージに用意したら…みたいな話して、舞台監督さんに怒られるって言ってた。

 

ヒロト「10周年のライブのときは雨でね。それまではすごく良かったんですよ」

 

将「コニファーフォレストでやったんだよね。hydeさんにそれ言ったら“将…持ってないね”って言われて。
同じ野外でhydeさん見に行った時は虹まで出てたんでね」

 

ヒロト「RAINBOWSにちなんで虹をたくさん出したらいいんじゃないですか」

 

将「たぶん帰ったら“虹 機械”とか検索すると思う」

 

ヒロト「良いんですよ感動してくれたら!作り物でも!」

 

 

そして打ち上げに来るとか来ないとか話してた。沙我さんは眠いって言って来ないとか、虎さんは水で行っていいの?とか言ってた。

 

将「A9オーケストラのみなさんがアンコールも付き合って下さいます!!まさかこの曲がアレンジされるとは思いませんでした…UNDEAD PARTY」
15.UNDEAD PARTY
途中Naoさん出てくるところもストリングスなっててなかなか細かい笑 ほんとすごい。

 

 

将「みなさん今日は本当にありがとうございました。クリスマスとはなんやねん…と昔は過ごしてきましたけど、家族・恋人と大切に過ごすのなのかなとある時から思っていました。でも、今はそれよりも大事なことがあって、それ紛れもなく九組のみんなです。だからこそ、今日クリスマスイブにライブをしました。
今日クリスマスイブにA9を選んでくれてありがとう!最後にこの曲を…銀の月 黒い星」
16.銀の月 黒い星

 
この銀の月すごくよかった。
始まりからこんな広がりのある曲になると思わなくて。ほかの楽曲は割とCDの延長上で想像できるような印象は持ったんだけど、銀の月 黒い星は音源とは別物で、違う曲なんじゃないかと思った。


この曲だけでも良いからリリースしてもらえないですかね…粉雪が降る演出含めて感動しました。
------------------

今回聴くのに徹してMCは断片的であんま覚えてないですね…。


ストリングスが入ると印象が変わるなと改めて思いました。割とテンポの速い曲をやってくれて良かった。
記録用なのか撮影はしていたけど、音源だけでも良いからリリースしてほしいですね。もう一度聴き比べたい。


準備等大変だろうし、本当に良いアレンジをしてもらったと思っているけど、また次もやってほしいなと終わった瞬間に思いました。
MEMENTOとか絶対合うでしょ!


A9は激しめの曲でもメロディがしっかりしているので、絶対他の曲もストリングス合うと思うんですよね。DEAD SCHOOL SCREAMINGとかはわかんないけど笑


今年A9のライブは5回の参加でした。
PLANET NINEというアルバムが良くて、自分としては珍しくファイナル含めツアーに3回参加した次第です。
来年の15周年はどんな感じですかね。再録ベスト以外の曲もやるよね…WHITE PRAYER聴きたいです!ど新規な私としては再録ベストツアーは本当感謝しかない。


A9さん、一年間お疲れ様でした。
来年も楽しみにしてます。
ありがとうございました。


【セットリスト】
1.PLANET NINE-INVITATION-
2.I.
3.SHADOW PLAY
4.the Arc
5.the beautiful name
6.すべてへ
7.虹彩
8.無限の花
9.ASYLUM
10.闇ニ散ル桜
11.九龍
12.Entr'acte
13.GEMINI
14.birth in the death
En.
15.UNDEAD PARTY
16.銀の月 黒い星

18.12.23 LUNA SEA LUNATIC X’MAS 2018 -Introduction to the 30th Anniversary- SERCH FOR MY EDEN @さいたまスーパーアリーナ

再びLUNA SEAのライブへ行ってきました。

f:id:snowmansan:20181229083220j:image
f:id:snowmansan:20181229083216j:image

写真は使い回しでしてよ。

せっかくなのでお花の写真も。

 

f:id:snowmansan:20181229083641j:image
f:id:snowmansan:20181229083645j:image
f:id:snowmansan:20181229083649j:image
f:id:snowmansan:20181229083634j:image
f:id:snowmansan:20181229083629j:image
f:id:snowmansan:20181229083659j:image
f:id:snowmansan:20181229083932j:image
f:id:snowmansan:20181229083624j:image

f:id:snowmansan:20181229084110j:image
f:id:snowmansan:20181229083937j:image
f:id:snowmansan:20181229083655j:image

えーないん!!!!


この日のタイトルはSERCH FOR MY EDEN
1993年発表EDENのツアー。


これもその当時の楽曲を演奏するとのこと。


16:13〜17:49

RYUICHI「Jesus don't you love me!!!」
1.JESUS
2.Déjàvu

 

RYUICHIさいたまスーパーアリーナー!みんな元気?昨日もめちゃくちゃ盛り上がったけど、今日もすごいね。当時はライブハウスやライブホールでやっていたけど、今日も進化した懐かしくて新しいLUNA SEAを見てほしいと思います。
あ、スカパーでも中継しているんでね。見ている人は部屋のものを壊さないように見てくださいね」

 

 

3.ANUBIS
4.STEAL
5.LAMETABLE

 

RYUICHI「来年LUNA SEAは30周年です。過去の自分たちを振り返るとすごく歴史があるんだよね。俺たちのやってきたことは無謀だったりしたんだけど…でも、筋が通っていて。
LUNA SEAの道をこれからも5人でいきたいと思います。みんなしっかりついてきてね!
30周年だからライブをたくさんした方がいいのかな?ライブするのはもちろん、みんなに届けられるように演奏していきます。
これも久々の曲かな、RECALL」

6.RECALL

7.Providence
8.Claustrophobia
〜Drum solo〜
〜Bass solo〜
9.BLUE TRANSPARENCY〜限りなく透明に近いブルー

 

RYUICHI「今日はLUNA SEAにとってクリスマスです。LUNATIC X'MASにこの曲を」
10.White Christmas
11.I for You

 

RYUICHI「今日全員で過去を超えてみない?本気出してみない…?アリーナ盛り上がっていこうかー!盛り上がっていこうかー!いくぞー!いくぞー!Next song…STAY」
12.STAY
13.IN MY DREAM(WITH SHIVER)

この二曲初めて聴けたー!シングルってやっぱ特別ですよね。

14.TIME IS DEAD
15.BELIEVE


En.(18:01〜18:46)

RYUICHI「今日もきれいだね。LUNA SEA5人から想いを届けたいと思います」
16.HOLY KNIGHT
17.BLACK AND BLUE

 

RYUICHI「ここでメンバー紹介をしたいと思います。今日は順番を変えて…Guitar INORAN!」

 

INORAN最高ですありがとう!!!!
とノンマイク。

 

RYUICHI「Bass J!」

 

RYUICHIにマイク向けられて、
J「メリークリスマス」
って小さく言ってた。

 

RYUICHI「Guitar SUGIZO!」

 

SUGIZOさいたまー!愛してるぜー!!
とこちらもノンマイク。

 

RYUICHI「それでは先生よろしくお願いします」

真矢がドラムセットから降りてくる。

真矢「俺は根っからのヴィジュアル系だから…手拍子!!」

赤鼻のトナカイを歌い出す。


真矢「真っ赤なおはなのー!!」とクセの強い歌い方w

 

真矢「暗い夜道にかかってこいぃいいっ!!!!!!

wwwww

真矢帰っていく。

 

RYUICHI「先生、ありがとうございます…笑」

 

INORAN「on vocal…」

 

SUGIZO「on vocal…」

 

INORAN「オン゛!ボーカル…」

 

SUGIZO「オン゛!ボーカル…」

 

INORAN「オンボーカル!」

 

SUGIZO「オンボーカル!」

 

INORANオ!!

 

SUGIZOン!!?

 

INORANヴォ!!

 

SUGIZOオー!

とJをチラッと見る。

 

J「一言いい一言いい?今スカパー見始めたら何だかわかんねぇだろ!!

そうだねwwww

 

INORAN「on Vocal RYUICHIー!」

 

RYUICHI「ここで、大切な告知をしたいと思います。
来年5/29久々にZepp TokyoでSLAVE限定で、フリーチケットのライブをしたいと思います!これは俺たちの感謝の気持ちなんでね。
なかなかのチケット倍率だと思うんだけど、当選する人は必ずいるわけだから!当たらなくてもまたやるのでね。
それと、30周年のスペシャルなライブをやりたいよね。5/31,6/1に日本武道館でやります。30周年の始まりになるライブだと思っているので、みんなになにか届けられたらなと思っています!」

ただでさえZepp倍率すごいのに、無料って大変(°_°)

 

18.ROSIER
19.WISH

銀テープパーン\(^^)/

こちらも取れず。。というか届かず。

 

INORAN「来年は30周年!今日から始まったからな!俺ら5人と見たことない景色、見たことない幸せな空間作ろうぜー!!」
---------------------------
LAMETABLEとRECALL嬉しかった!!一生聴けないかと思ってた!!


20年ぶりとかリリース以来やってない楽曲も多かったようで。STAYとかなぜそんなにやってなかったのだろう。


EDENはポップな曲も多くて聴きやすい印象がある。特にシングル。
昔よく聞いたけど、デビュー後のレコード会社の制約とかあったのかな?所謂売れ線という。
今聴いたら違和感ないんだけど、当時追っていた人からしたらどう感じたんだろう。


シングルは制約があるから、バンドとしてやりたいのはc/wに詰まってる…みたいな話もあったよね。それはLUNA SEAじゃないけど。


でもこのポップ性が自分としては好きだったりするわけです。そのポップ性の持つ歌謡曲要素とハードな部分が組み込まれないとROSIERとかは生まれなかったのかなとも思うわけです。


大衆性、マニアック・ダークな側面を上手くバランス良く取り入れてるなといつも思う。
この5人の異なる音楽性での絶妙なバランスがそれを実現したわけで、だからこそ終幕もしたんだろうけど、再びそんなLUNA SEAの活動を見られていることが嬉しいですね。
30周年。今年気づいたけど、LUNA SEA来年30歳ってことは自分と年齢一緒なんですよ。


不思議な縁があると勝手に思ってるバンド。
来年も楽しみですね(WITH SHIVER)
ごちそうさまでした。


【セットリスト】
1.JESUS
2.Déjàvu
3.ANUBIS
4.STEAL
5.LAMETABLE
6.RECALL
7.Providence
8.Claustrophobia
〜Drum solo〜
〜Bass solo〜
9.BLUE TRANSPARENCY〜限りなく透明に近いブルー
10.White Christmas
11.I for You
12.STAY
13.IN MY DREAM(WITH SHIVER)
14.TIME IS DEAD
15.BELIEVE
En.
16.HOLY KNIGHT
17.BLACK AND BLUE
18.ROSIER
19.WISH

18.12.22 LUNA SEA LUNATIC X’MAS 2018 -Introduction to the 30th Anniversary- IMAGE or REAL@さいたまスーパーアリーナ

LUNA SEAのライブへ行ってきました。
場所はさいたまスーパーアリーナ

f:id:snowmansan:20181229075030j:image
f:id:snowmansan:20181229075034j:image

 

すごく久々に来た。もしかして2014年のGLAY以来かな。


6/24のLUNATIC FEST.の後、さいたまスーパーアリーナ公演が発表され、7/4に正式タイトルが発表。


IMAGE or REAL

IMAGE or REALは1992年発売デビューアルバムIMAGEを引っ提げたツアー。
その頃の楽曲を中心に行うライブとのこと。


IMAGEの楽曲聴き直したよね。もちろん今やってる曲もあるけど、ライブから外れてる曲もあるので。逆に今回逃したら二度と聴けないんじゃ…と思い行ってきました。

 


17:10〜18:44
客電が落ち、IMAGE or REALのVHSにある少女のジャケ写が映し出される。
SEはKate Bush。BABOOSHKAだったと思う。昔はこれがSEだったんだねえ。嵐ヶ丘のときもあったとか。


1.Déjàvu

2.MECHANICAL DANCE


RYUICHI「みんな元気ー?IMAGE or REAL…リハーサルのときから20年以上トリップしてね。今回のライブにあたって昔の映像見たりしたんだけど、こんな声出るかな…とか笑  でも進化してるからさ、LUNA SEA進化してるからさ。盛り上がっていけるかアリーナーー!いくぞー!いくぞー!Next song…IMITATION」

 

3.IMITATION

4.lN MIND

5.Image


RYUICHI「昔の曲をやってるとリハのときもそうだけど色々思い出すんだよね…言えないことばかりだけど笑 移動中のこととかライブのこととか…。

今日はLUNA SEAが歩んできた道、足跡、残してきた楽曲を楽しんでほしいと思います!いけるかアリーナ!!」


6.SANDY TIME

7.WALL

8.VAMPIRE'S TALK

聴けるだろうとわかっていたのにイントロのカウントで“あっ”って声出たw

 

曲が終わり、暗転。

映像が流れる。ドラムソロへ突入。

真矢「今日はみんな20代!俺も22歳です!さいたまー!こいやー!!!」


ドラムソロが終わるとJがやってきてベース煽りタイムへ突入。

Emのシンプルなベース音だけどなんかかっこいい。

声出しは変わった拍で、3拍目で叫ぶ仕様だった。これもまたかっこいい。Jさんの煽りかっこいいよね。EDM調の煽りナンバー。

 

9.FATE

LUNA SEAでたぶん一番好きな曲。ルナフェス ではGLAYFATEやってたから今年は2回聴けました\(^^)/

 


RYUICHI「今日は12月22日。ちょっと早いけどクリスマスだよね。LUNA SEAからみんなへ…」

 


10.White Christmas

11.I for You

I for Youはやるんだね。いろんなライブでもバラード枠でだいたいやるからLUNA SEAとして大切にしてるんだろうな。


RYUICHILUNA SEAは来年30周年です。30年この5人で走ってきて…途中立ち止まったこともあったけど、空白の10年もきっと深いところでは繋がっていたのかなと思います。

そして、今日来てくれた中にもその10年間を支えてくれた人がいるから今の俺たちがあるんだと思っています。本当にありがとう!」

 


ここだったかな。

“これからもドットのような傷を刻みつけていくからな!!”みたいなこと言ってて、どういう意味かなーみたいな。

密に活動するってこと?


RYUICHI「さいたま…まだいけるかー!いくぞー!いくぞー!」


12.SYMPTOM

13.PRECIOUS... 


RYUICHI「もういっちょいくぞー!いくぞーーNext song…TIME! IS! DEAD!」

14.TIME IS DEAD

15.WISH

銀テープパーン\(^^)/

もちろん取れず。


En.(18:57〜19:33)

きよしこの夜が客席から歌われる。これは恒例らしい。知らなかった。


RYUICHI「いつも思うけど、これは誰から始めるのっ?なんでできるのっ?」

小さい“つ”が入るw


RYUICHI「カウントもないのにすごいよね。すごく声のでかいやつがいるの?すごい能力の人が毎回来てて支えてくれてるのかな笑

今度はLUNA SEAからみんなへ送ります。MOON」


16.MOON

やっと聴けた…!!!

スクリーンに月が映し出されていてぴったりだった。アリーナ規模に合う曲だなあ。ライブハウスのイメージがつかないけどどうだったんだろう…。


17.Hold You Down

いきなり最新型のLUNA SEAに呼び戻される。

30年一気に引っ張られたよう。こうすると初期のダークさとは違うけど、LUVも良いアルバムだと思うんですよ。

きっと数年後してLUVの曲がライブに組み込まれていると今違和感ある人でも違和感なくなってるんじゃないかな…とか思うわけです。


RYUICHI「メンバー紹介をしたいと思います…Drums 真矢ー!」


\真矢/  


RYUICHI「Bass J!」


\Jー/  

 

RYUICHI「Guitar  INORAN!」


INORAN「さいたまーー!!」


\いぇーー/


INORAN「盛り上がってるかー!!」


\いぇーー/


INORAN「どもども」

去るINORAN

 


RYUICHI「それだけで良いのー?」

 


INORAN「IMAGE or REALのとき俺喋らなかったんで笑 こんな動かなかったし笑

さいたまーー!!Jも喋らなくてごめんなーー!まだいけるかーー!!」

 


 


RYUICHI「Guitar SUGIZO!」

 


口に指当ててシーってして…

 


SUGIZOさいたまーー!!!メリークリスマス!!!!

ってノンマイクで叫んでた。

 


INORAN「on vocal…」

 


SUGIZO「on vocal…」

 


INORAN「on vocal…」

 


SUGIZO「on vocal…」

 


INORANオン゛!ボーカル…」

 


SUGIZOオン゛!ボーカル…」

 


INORANオン!

 


SUGIZOボー!!

 


INORAN「ッカル!!

 


INORAN「on Vocal RYUICHI!!!」

最近この流れやね笑

 


RYUICHI「IMAGE or REALどうだったー?進化したLUNA SEA楽しんでもらえたー?でもまだまだ足りないと思うので…まだいけるかー!!!アリーナー!!!いくぞー!いくぞー!Next song…ROSIER」

 


18.ROSIER

曲の途中で止まるとこは

RYUICHI「全員で…飛ばしていくぞー!!!!

飛ばしていくぞーーー!!


この声量がすげえのだ…

 


RYUICHI「もういっちょいくぞー!いくぞー!」

19.TONIGHT

----------------------------

本文中にも書いたけど、VAMPIRE'S TALK嬉しかったわ…!

そしてImageとMOON。


再現ライブというか、今のLUNA SEAで、今の機材で、演奏してくれたことでMCで言ってたように進化してると思うんですよね。

楽曲の進化や楽曲の潜在能力を見られるというか。


この当時の楽曲はダーク&シンコペーションで、今あるV系楽曲の礎を築いたものだと思うんです。

そのダークな中に組み込まれたI for Youはすごく異質にも聞こえたし、ラストに組み込まれたWISHは一筋の光にも見えた。Hold you downの暖かさも強調された。

 

当時のLUNA SEAのライブのスタイルは、ダークに攻めて最後は笑顔で…みたいな感じだったのかな。特にIMAGEはインディーズの頃からやってる楽曲も多いから、ハードでダークな側面が強いのかもしれない。ど新規なのでわかってないけど、当時を想像できる、疑似体験できたようなそんな感覚でした。


当時の楽曲をこれからセトリに組み込むのか、組み込んだらまた面白くなりそうですよね。

これからが楽しみです。

ごちそうさまでした。


【セットリスト】
1.Déjàvu
2.MECANICAL DANCE
3.IMITATION
4.In Mind
5.Image
6.SANDY TIME
7.WALL
8.VAMPIRE'S TALK
〜Drum solo〜
〜Bass solo〜
9.FATE
10.White Christmas
11.I for You
12.SYMPTOM
13.PRECIOUS…
14.TIME IS DEAD
15.WISH
En.
16.MOON
17.Hold You Down
18.ROSIER
19.TONIGHT

18.12.19 L'Arc-en-Ciel LIVE 2018 L'ArChristmas@東京ドーム

L'Arc-en-Cielのライブへ行ってきました。
師走、平日、東京。なかなかハードル高かったけど、なんとか仕事に区切りをつけて。

 

東京ドーム\(^^)/

f:id:snowmansan:20181227220204j:image


朝仕事して飛行機で飛んだので着いたら既に開場中。

 

f:id:snowmansan:20181227221035j:image

ぶれぶれ

 

f:id:snowmansan:20181227221108j:image
f:id:snowmansan:20181227221104j:image

f:id:snowmansan:20181227221314j:image

f:id:snowmansan:20181227221317j:image

f:id:snowmansan:20181227221321j:image

 

18:21〜19:28
映像が流れる。氷が地を走るあれはなんて言うのかな。よく見るんだけど。
その中に凍った目を瞑ったメンバーがいて、フィーチャーされる毎に目が開く。
ポップアップで各メンバー登場。

1.winter fall
2.Caress of Venus
3.snow drop
この辺までで懐かしくてごちそうさまですよ。

 

hyde「1年8ヶ月ぶりですよ…4人立ってますよ!もうクリスマスの奇跡起きてるんじゃないですか。師走の平日に来ているみなさんは相当なマニアだとお見受けしましたので、久しぶりの曲も用意しました。まずはBLESSを聴いてください」
4.BLESS
kenさんはアコギ弾いてた。

5.接吻
6.fate
7.Dearest Love
8.MY HEART DRAWS A DREAM
9.Hurry Xmas
10.Driver's High
11.DIVE TO BLUE

 

ステージからメンバーがはける。はけるとアリーナ席付近からサンタがたくさん出てきて、ものを投げてた。飴ちゃん?サインボール?よくわかんなかったけど、スタンドの私たちは傍観(笑)

で、もの投げててサンタがはけたと思い、センターステージにサンタ4人が上がったと思ったらL'Arc-en-Cielの面々。4人は混ざってたの?全然顔見えんかった!


19:37〜20:31
hyde「ここは…けんちゃんの見せ場でね」

 

ken「一塁側!」

 

\いぇーい/

 

ken「三塁!」

 

\いぇーい/

 

ken「ホームベース!」

 

ken「なんや、ホームベース元気ないなぁ。点入れるところやで、おじさん!!そっち見てないで!たぶん若いよね、ごめんね」

kenちゃん自分の中で完結してよくわからんw

 

ken「サンタさん手あげて?」

 

サンタコスの人が\はーい/

 

ken「君ら違うでしょ!サンタさん手あげてー?」

 

\はーい/

 

ken「サンタさんって名前の人手挙げて!」

 

しーん

 

ken「さんた…って名前だと和風のような…洋風のような…。
暗中模索ってもさくが名前だと思っていました」

 

 

ken「ちなみに…言ったことあるかもしれないけど、うちの姉は鼻の下のところをうなじだと思っていました」

 

hyde「それ聞いたことある…笑」

ちなみにすぎるwww

 

ken「MCってどうやるんだっけ…笑」

 

ken「う〜♪う〜♪う〜♪はいっ」

 

う〜う〜?う〜?

 

ken「歌って!!!
う〜♪う〜♪う〜♪」

wwww

 

ken「未来世界ね。
う〜♪う〜♪う〜♪」

 

う〜う〜う〜?

 

ken「歌って!!!hydeが言うと歌うのに前から扱い違うと思ってたんだよ!!!

wwwwww

 

hyde「低いんじゃない?う〜♪う〜♪う〜♪」

 

ken「う〜♪う〜♪う〜♪」

 

う〜♪う〜♪う〜♪

 

ken「う〜♪う〜♪う〜♪う〜♪ここが難しいんだよ」

 

hyde「目が狂気染みていましたよ」

wwww

 

ken「光らせて!

 

LEDに光るリストバンドのL'edバンドが配付されていて、ライブに合わせて光るものだった。だからスタッフの操作なのでこちらからは光らないという。

ken「なんで光らないの!!!光らせて!!!!

光ってくれてよかった笑


そして、tetsuyaがウッドベース持ったままで他はみんな座ってるのに立たされて叱られてるみたい笑

ken「緑に光らせて!!!
じわっと青から緑になる。

 

ken「歌って!」

 

う〜♪う〜♪う〜♪

ken「ブーイングに聞こえる…」

 

歌わせたのにwwww

 

ken「歌って!!

う〜♪う〜♪う〜♪

 

ken「光らせて!!

✨✨✨✨✨✨

 

注文多いwwwww

 

hyde「いっていいですか?笑」

 

ken「未来世界ね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

始まらない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ken「ほんとに未来世界!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

始まらない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ken「本当に未来世界ね!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

始まらないwwww

hyde「いっていいですか…笑
ちょっとクリスマスっぽくしました。未来世界」

12.未来世界
13.静かの海で
14.trick
この曲メンバー全員ギター弾いて歌うんだね。全然知らなかった。


そのままメインステージへ帰っていく。


15.XXX
この曲ダンスナンバーだと思うんですよね。
すごく楽しかった。


16.Wings Frap
17.Link

hyde「楽しんでる?以前リクエストをしてもらったんだけど、ほとんどできなかったから、その上位の中からクリスマスっぽい曲を選びました。なにこの曲…ってのもあったかもしれないけど…あ、マニアだから大丈夫か笑
次はアマチュアからやっている曲で、そういえばクリスマスっぽいなと」
18.White Feathers

本編が終わり、20:32ぐらいからまたサンタが出てくる。全員でウェーブ。


En.(20:40〜21:16)
19.Don't be Afraid

tetsuya「お元気ー?」

 

\お元気ー/

 

tetsuya「お元気ー?」

 

\お元気ー/

 

tetsuya「ご存知ー?」

 

\ご存知ー/

 

tetsuya「ご存知ー?」

 

\ご存知ー/

 

tetsuya「L'ArChristmas。初めてらしいです…クリスマスライブやってなかったっけ??って感じですけどね。ラルカジノとか色々やってたのにね。
他何ができる?ラルク、ク…あ、下ネタなしね!」


下ネタやったらどうやってライブするんよw

tetsuya「ラルク…」


hyde「クレープ!」


tetsuya「クレープね!ク…、栗きんとん。くりから離れろって。
あとは…まあ」


hyde「えっ終わりー!?」


wwww


hyde「クッキーとか?」


tetsuya「あ、クッキーね」

tetsuya「まだまだ曲聴きたい?聴きたい!!?」

20.twinkle,twinkle
21.I Wish
何度か映像で見たことあった合唱。20年ぐらい演奏してなかったんだね…ほかの曲もだけどなんかすごく貴重な機会。


hyde「次で最後の曲です」


えーーー!!


hyde「えぇ…ごめんねぇ…」


笑 


hyde「近づいたらみんなニコニコしてかわいいね。キラキラして綺麗です。僕がみんなからプレゼントもらったみたいです」

\ありがとう/


hyde「あぁ、こちらこそありがとう笑
みんなサンタさんになれたかな。誰かのサンタさんになってあげてね。
日本人はクリスチャンでもないのにクリスマスをしたり…って言う人がいます。僕の周りにもいました。いいとこ取りをして…でもそれでも良いと思ってて。
だってこんなキラキラしたイベント楽しまないともったいないじゃないですか。クリスマスがなかったら僕たちは会えなかったわけじゃない?導いてくれた今日に感謝します」
22.雪の足跡
---------------------------
初めてのラルク楽しかった。
初めてにしては上級セトリだった気がするけど、昔近所にいたラルク好きな人のおかげでけっこうわかって。
trickと雪の足跡はわかんなかったけど。


DIVE TO BLUEもカラオケでよく歌っていたし、今回のセットリストは個人的にノスタルジーの予感に満ちていました。


正直ラルクは通ってきていないに等しいんですよ。それでも楽曲を聴くと聴いていた当時を思い出すんですよね。なんだかそれが嬉しかったなと。
そして、東京ドームはやっぱ音響があんま良くないので、ホールクラスで聴きたいですね。せめてアリーナクラスというか。
次はいつ聴けるものか…!!
ごちそうさまでした。


【セットリスト】
1.winter fall
2.Caress of Venus
3.snow drop
4.BLESS
5.接吻
6.fate
7.Dearest Love
8.MY HEART DRAWS A DREAM
9.Hurry Xmas
10.Driver's High
11.DIVE TO BLUE
12.未来世界
13.静かの海で
14.trick
15.XXX
16.Wings Frap
17.Link
18.White Feathers
En.
19.Don't be Afraid
20.twinkle,twinkle
21.I Wish
22.雪の足跡

18.12.15 中島卓偉 TAKUI NAKAJIMA LIVE TOUR 2018 HEAVY!Feel The Noize.@伏見JAMMIN'

中島卓偉のライブへ行ってきました。
2018年ラスト卓偉。
場所は愛知県 伏見JAMMIN'

350キャパ。

f:id:snowmansan:20181227125543j:image
f:id:snowmansan:20181227125533j:image
f:id:snowmansan:20181227125539j:image


卓偉さんで名古屋初めて来た。
そして今回東名阪ツアーにて初の全通…!!!


17:30〜19:46

SEにて“ぶっ壊したい”が流れてメンバー登場。


1.ROCK THE FUTURE
2.FEED BACK '78
3.ゲッザファッカゥッ!!!!
4.MUST BE STRONG
5.ROCKIN' PROPOSE
6.BE MY BABE?(ROCK OF THE LIFE)
卓偉「ベース!一人30代鈴木賢二ー!」
って言ってた。怒涛の6曲メドレー。


卓偉「立て続けに聴いてもらいました、胃もたれするような感じで笑
名古屋最初から良いです!もう怒ることないです、ありがとう!
年内最後だぜ!まだまだいけますか!NO WAY!」


7.口パク禁止令
8.BOYS LOOK AHEAD
9.Naked


卓偉「名古屋良いです!ほんと言うことないです!いつかの名古屋のELLで説教してから(笑)よくなったね!
中島卓偉のライブはとりあえず叫ばないといけないからね。BE MY BABEのドゥドゥドゥドゥドゥードゥドゥドゥドゥドゥー、ドゥドゥドゥドゥドゥードゥドゥドゥドゥドゥーオイオイ!ってやっと言うようになったな!
15年かかりました!笑


でもROCK THE FUTUREで1.2.3.4.って取ってるの見て叩き斬ってやろうかと思った!!野球か!!!!」


応援団のことだよね笑


卓偉「ここは最前が近いからね、マイクパフォーマンスとかできないの。こういうやつ」
と数歩下がってマイクスタンド前に倒して、足で持ち上げるやつやってた。あれなんて名前なのかな。マイクスタンドのゼログラビティみたいなやつ。


卓偉「こんなんやったら最前当たっちゃうでしょ?中島卓偉のせいでメガネ割れちゃいましたとかなっちゃうから」



卓偉「それと今日はステージが低いのでお立ち台があります。こんなん無くても良いんだよ。目立とうとしてる…と思われたら困ります!」



卓偉「これ誰が始めたんだろうね。こんなのここに立ったら音も返ってこねえし(返しアンプ)、歌いにくいのにバシッと歌えちゃう中島卓偉すみません

www


卓偉「次はHEAVYな歌詞のやついくから!」


10.誰もわかってくれない
11.いじめられっ子


最初歌詞出てこなくてやり直し笑
卓偉「ごめん!やり直しさせて!笑」

 

12.忘れてしまえよ 許してしまえよ


卓偉「一緒に歌ってくれてありがとう!次は東京、大阪でもやったんだけど、HEAVYな新曲いきまーす!
16ビートだから、きっと苦手だから」



卓偉「ぶっ壊したいって曲で、登場のSEで流してた曲ね。“あーぶっ壊したい”って歌ってくれたらそれだけで良いんでね。
歌ってもなんか満足できないなって人は家帰って家の中のもの壊してもらっても良いです…まあ片付けるの自分だけどね



卓偉「あとは16ビートでのってくれたら良いから!自由にのってほしいんだよ、16でのってくれたらあとは自由にやってください。20年やってます!がくしゅうのうりょく━━━」


良い声wwww


卓偉「ボンヂーのスネアの位置でリズム取ってくれれば良いから。1.3はロックじゃないんですよ。一発目裏で取ってくれたらそのまま流れていくんでね!こんなんチケット代入ってねぇよ!(普通教えてくれないよー)」
13.新曲(ぶっ壊したい)


卓偉「またギター弾きまーす!
ちょっとHEAVYな曲だけだと重たすぎる…HEAVYなツアーで重たすぎるってなんだって感じですね笑 初日のMCでも言っちゃったけど、重たいのそんな好きじゃないのよ笑
頭で連続でやったらHEAVYツアーの印象なるかなと思ってやったらリハの段階で胃もたれですよ。」



卓偉「20年やってきてMUST BE STRONGとかゲッザファッカゥッとかHEAVYな曲がアルバム毎にあるからまとめたらどうなるのかなと思って。MUST BE STRONG30曲やってたら人に紹介できないぜ…?


www


卓偉「いや、MUST BE STRONG30曲のようなライブをやってる人もいるかもしれない。でも俺には合わないと思うのよ。HEAVYな曲でもサビではメロディアスに考えてるけど。
ここからはHEAVYだけどロックンロールの…俺のルーツに近い方をいきたいと思います。音でわかる?このテレキャスの音。ストーンズもそうでしょ?」


satisfaction弾いてた。


卓偉「わかる?音でなんとなく聴き分けてるかな?この曲知らない…?うんちです!!


wwwww


卓偉「若い奴らには出せない音ね。I'M GETTIN' BLUEもそうでしょ?」 


って弾き始める卓偉。ボンヂーが入ってくる。


卓偉「いいから!笑 入らなくていいから!笑



卓偉「ロックできますかー!!ロックンロールできますかー!!一緒に歌おうぜー!」
14.DANCING STARDUST

ジグザグ名古屋をすり抜けて〜


15.ゲルニカ


卓偉「名古屋良いよ!!
名古屋は2daysの2日目で疲れているはずなのにテンション高い!HEAVYもラストと思えば…!いや、テンションおかしいな笑
でも本当に元気なのはこの3人(生熊さん、ボンヂー、賢二さん)で。昨日夜車飛ばして名古屋に着いたのが1時ぐらいだったんだけど、そこから4時まで飲んでたからね。で、集合11時なのにボンヂーは時間間違えて10時に来てたから!俺は1時半にばたんきゅーだったよ」


ばたんきゅー笑


卓偉「HEAVYツアーだけどバラードやりたいと思います!クリスマスに合うような曲を」

16.NEVER FADES AWAY


卓偉「NEVER FADES AWAYという曲を聴いてもらいました。歌ってくれてありがとう!
ここで告知ですね。書いとかないと忘れちゃうんで」
と紙を取り出す。


卓偉「まず、Dance,PUNK,HEAVYの集大成ライブを1/18渋谷のWWWでやります。盛り上がった曲をやるのはやるんだけど、今回やってない曲がけっこうあって…やってない曲が多くなります!」


続いてディナーショーについて
卓偉「2/10,2/11にディナーショーをやります。これは着席なので、膝痛いとかないからね」



リクエストライブツアーに関して、
卓偉「BEST OF REQUEST SEASON2として3/17またここJAMMIN'でやります!」
言ってたことは東京、大阪とだいたい同じで、聴いたことないやつをとりあえずいれるんじゃなくて、本当にこれ好き、20年やって好きな曲!ってのを選んでとのこと。


卓偉「ここから後半戦です。早いね!もっと歌えますかー!ロックできますかー!ロックンロールできますかー!」


17.BLACKSIDE IN THE MIRROR
18.お願い胸騒ぎ
19.BEAT&LOOSE
20.BOOM BOOM BOOM
21.存在
22.ひとりになることが怖かった


卓偉「名古屋ありがとう!次で最後の曲になります。2020年東京オリンピックまでもうすぐだったり、増税があったりいろんなことがあります。嫌なこともたくさんあると思います。BAD LUCKなことも起こるかもしれない。
でも俺はここからずっと歌い続けていくので。そんなときにまた中島卓偉のライブにきて欲しいと思います。


アルバムはもう完成しているけど、またもう一枚アルバムを作ろうとしています。発売させてもらえないとかではなくて…みんなにとって新しいものなのかなと。
俺にとっては新しいものではなくて、今までのことを引き出して作ったんだけど、音楽は共感できるときに出さないとと思っていて。
いいじゃない、順番が逆でも。
Beatlesゲットバックセッションってアルバムのレコーディングしたけど、一度リリースを無しにして、ラストアルバムのAbbey Roadを作ったんだよ。でもその後、EMIが発売したんだよ。Get backって原点回帰って意味からLet it beにして。まあ俺は歌い続けるけど笑 そういうのでもいいじゃない。


最後にやる曲はその頃のことを思い出すと今でも腹が立つし、辛くも思うし、悲しくも思う曲で。あの時と何も変わってないんだなとも思う。でも、曲にしたということは、これから先も歌っていきたいということで…いくつか二度と書けない曲があって、そのうちの1つです。最後、一緒に歌ってほしい。また会いに来てくれるかい!本当にありがとうございます、中島卓偉でした」

23.高円寺

この高円寺は大阪で聴いたときよりもさらに良くて。前のMCにも引っ張られて感情移入したというのもあるかもしれない。

全霊を込めて歌う姿、声に感動しかなかった。3号線はある種CDとして、曲としてパッケージされた印象を持つんだけど、この曲に関しては継続中の印象がある。大阪でも思ったけど、デビューしたときはどんな気持ちだったのだろうか。

この想いを抱えてデビューしたときはどんな気持ちだったのだろうか。

 

彼の楽曲全体は基本的には前向きでありながらも、影の部分が見え隠れする歌詞や姿があるからこそ惹かれるのかな。

そんなことを考えながら演奏を見ていた。

 


卓偉「(いじめられっ子)歌詞間違えてごめんね!本当にありがとう!」

伊藤さんとローディーの女性の方が名古屋出身らしくて二人も出てきて手繋いでわーやってた。


En.(19:47〜19:52)


卓偉「本当のアンコールだと思ったから出てきたけど違う!!?ラストやろうぜ!イッノヴェイタァア!!!」


24.イノヴェイター
めっちゃ詰まった息できないぐらい笑
押されて色々痛いけど楽しかった!


卓偉「気をつけて帰ってね!」


Wen.(19:56〜20:02)

鳴り止まないアンコール。もう出てこないかと思ったし、出てこなくても呼びたいというよくわからない境地に達してずっと叫んでた。もはやアンコールを呼ぶのが楽しくなるぐらいのよくわからない感覚。

卓偉さん再登場。


卓偉「…お前らいい加減にしろよ!!!!


wwww


卓偉「髪洗おうと思ったのに笑  これ終わったら車で帰らねぇといけねぇんだよ、子供待ってんだよ!!!笑
最初からこれで来いよ!次名古屋来るんだろうなぁ…??来なかったら家放火しにいきます!いけないけど!笑
これ終わったら帰れよ!!」
25.X-RAY MAN


これも息できないぐらい詰まった笑
本当に楽しくて、みんなも楽しそうなX-RAY MAN。


本編とはまた違う一体感。
叫びすぎて声もぼろぼろだった。
それでも声を絞り出して叫んですごく楽しかった。


曲が終わると間髪いれず、
卓偉「帰れ━━!!!!


wwwww


----------------------------
良い卓偉納めでした。
卓偉さんがアンコール応えてくれるだけじゃなくて、ダブルアンコ応えてくれるのすごく嬉しかった。普段アンコールないもん。
たしかに最初からこれで来いよって気持ちもわかるけど、最初からこれだと身体持たなかったわ笑 圧迫祭り\(^^)/


今年卓偉さんは
(16 BEATS ONLY)Dance!Feel The Noize
(8 BEATS ONLY)PUNK!Feel The Noize
HEAVY!Feel The Noize


という3テーマの東名阪ツアーを廻ってくれました。このおかげで初めて聴けた曲、ジャンルへの意識、曲へのこだわり、曲幅の広さがわかって本当に勉強になった。
特に16ビートに関しては個人的にソウルミュージックが久々に気になって、鈴木雅之主催のSOUL POWER SUMMITへ行ったり、ミクスチャーも改めて聴くようになった。たぶんLeetspeak Monstersが自分の中でヒットしたのも、UVERworldRage Against The Machineが再燃したのもきっかけは卓偉さんのライブだと思う。直接的な要因ではなくとも。


各ポイントをフィーチャーしてくれるから他のバンド、アーティストを聴いた時にもビートを意識したり、違う聴き方ができて本当にありがたいことです。
総まとめライブはどんな感じかな。重たいシリーズでFar Easternやってくれないかな(何度でも言う)


良いライブはたくさんあるし、楽しいライブも頻繁にある。でも、本当に高揚感に満ちて帰っている時もライブから抜け出せないライブって年に1回あれば良い方だと思うんですよ。もしかしたら一生に数回かもしれない。このライブは間違いなくそれでした。
それはアンコールがあったからではなくて、アンコールに向かうまでのテンションやライブの流動性、セットリストもそう。
何か全てが上手く繋がったように思ったんですよね。少なくとも自分は。


毎回良いライブを更新したいっていろんなアーティストが言うけど、その更新する様をこれからも体感できるのではないかなと、そんな期待を持てたライブでした。
来年の20周年も楽しみです。
卓偉さん2018年お疲れ様でした、ありがとうございました。


【セットリスト】
1.ROCK THE FUTURE
2.FEED BACK '78
3.ゲッザファッカゥッ!!!!
4.MUST BE STRONG
5.ROCKIN' PROPOSE
6.BE MY BABE?(ROCK OF THE LIFE)
7.口パク禁止令
8.BOYS LOOK AHEAD
9.Naked
10.誰もわかってくれない
11.いじめられっ子
12.忘れてしまえよ 許してしまえよ
13.新曲(ぶっ壊したい)
14.DANCING STARDUST
15.ゲルニカ
16.NEVER FADES AWAY
17.BLACKSIDE IN THE MIRROR
18.お願い胸騒ぎ
19.BEAT&LOOSE
20.BOOM BOOM BOOM
21.存在
22.ひとりになることが怖かった
23.高円寺
En.
24.イノヴェイター
Wen.
25.X-RAY MAN

18.12.04 GLAY GLAY MOBILE Presents 10th Anniv.Tour 平成最後のGLAYとChristmas2018〜SURVIVAL〜@Zepp Osaka Bayside

GLAYのライブへ行ってきました。
GLAY Mobile10周年を記念したライブツアー。もちろんGLAY Mobile会員限定ライブ。

 

場所はZepp Osaka Bayside

f:id:snowmansan:20181222110543j:image
f:id:snowmansan:20181222110546j:image
f:id:snowmansan:20181222110550j:image

 

GLAYでここで見るの初めてだわ。そもそもGLAYがやるの初めてかな。なぜかブロック指定。A.B.Cブロックに分けられていた。

 

O-EASTでやったときとか平成生まれ限定ライブのときはブロック指定してたけど、最近こんなブロック指定してなかったのになんかあったんかね。


GLAY MOBILE Presents 10th Anniv.Tour 平成最後のGLAYとChristmas2018〜SURVIVAL〜

 

タイトルは1999年7月31日に千葉・幕張メッセ駐車場特設ステージにて開催されたGLAY EXP0’99 SURVIVALが由来となっておりライブの内容も過去に開催されたGLAY EXPOで披露された楽曲が中心となる予定だ…とのことでしたが、意外とそれだけでもなくて、でもレア曲ふんだんに取り入れた感じでした。

 

18:30〜20:05
SEがEXPO'99
というか、歓声とかも入ってるからEXPO'99のライブ映像から取ってきたのかな。


1.I'm yours
初めて聴けた!ライブハウスとかクラブに似合いそうなんだよね。
はりきってまいりましょ!

 


TERU「大阪ー!はりきってまいりましょー!エヴァークラック!」
2.everKrack

TERU「平成最後のGLAYとChristmas!平成最後に99年のEXPOを思い出せることを嬉しく思います!!GLAY MOBILEも10周年で…ずっと応援してくれる方は家族のようなものですよ。カッコつけても恥ずかしいというか、カッコつけてもニヤニヤされるというか…笑
大阪昨日も盛り上がってね!そう、この曲が無いと盛り上がらないでしょう。サバイバル!」

3.サバイバル


TERU「EXPO '99から19年経って、見に来てくれた人も後から映像で見てくれた人もいると思いますが、こうやって振り返れることを嬉しく思います。GLAY MOBILEも10周年でなかなか10年続けることは難しいんですが、幸せ感を共有できて嬉しいです」

声のトーンが低くて、

TERU「あれ、こんな低いトーンで言うつもりじゃなかったんだけどな」

 

 

TERU「今日は一曲ずつメンバーが19年前のEXPOの曲を振り返るところを作っててね。19年後の今も一緒に過ごせる嬉しさを噛み締めながら、紹介していきます、まず僕からなんですけど、この曲は鮮烈で…自分のラジオ番組を歌うと思いませんでしたね。でも今日ここ大阪は主人公(JIRO)がいるのでね笑  20周年ver.でいきましょう」

4.summerFM

 

終わりは「聴くならBUGGY CRUSH NIGHT FM802〜」

と歌って、最後にバギクラのジングル?ノイズ音が入る。

 

5.Lock on you
ここからLock on youって、バギクラからテルミーの流れみたいだった。
2007年ぐらいはLock on youは歌い方も変えたり、仔猫ちゃーんだったりしたけど、通常営業でした。

 

TERU「久々の曲もいこうぜ、プライズ」
6.Prize
ジャスギル以来かな、聴いたの。

 

TERU「過去を振り返るのも良いけど、未来のGLAYも見てもらおうと思って。次回のアルバム“大阪すっきゃねん”(だったっけ?)から一曲」

 

 

TERU「自分の人生の一部にスポットライトを当ててみては…といった曲で、まだレコーディングもしてないんだけど。歌詞がガラッと変わるかもしれないんだっけ?」

 

TAKURO「そう!」

 

TERU「タイトルも変わるの?」

 

TAKURO「悩んでるのはthe light of the lifeか窓際のテッコちゃん

wwww

 

TERU「じゃあ窓際のタッくんで笑」

 

TERU「もしかしたら今回のツアーでしか聴けないver.かもしれません!」
7.新曲(the light of the life)
サビがけっこう低めだった。最後は高音になるけど通常はキー低め。

 

TERU「少し早いけど、GLAYとChristmasということでこんな曲を用意しました、Time for Christmas」
8.Time for Christmas
9.YOUR SONG
U.S.Aダンスを曲中に取り入れていた。

 

TAKURO「大阪のみなさん元気ですか!!!!盛り上がってますね。昨日も盛り上がったけど、今日はそれを超えました!!!!
EXPOは19年前ですか。ちょっと時を進めて3日前の話。HISASHIと3年ぶり、26回目の喧嘩をしましたよ!
うちの大切な社員になにが優勝したわけでもないのに酒をかけるという!そして当然、当人は覚えてないですよ」

 

HISASHIおどおど笑

 

TAKURO「時は戻って99年。幕張ライブの後、スタッフの人に“ライブが終わったらすぐ出てください、高速が駐車場のように渋滞するんて!!!”って言われて用意された車に乗り込んで。出発するとなったときにTERUがいない…と。でもなぜかその車、人で一杯なのね」

 


TAKURO「結局TERUはよく知らない人の助手席に乗せてもらって打上げ会場に行ったわけです。でも道は混んでることもなく、俺たち開始の1時間半前に到着して
“あれ、10時からですよね?”って1時間半待ったからね。で、一次会は終わったわけですよ。本題はここから。今までは落語で言う枕みたいなもんですよ。
二次会行くぞとなって、スタッフが“え、行くんですか!!!?”って言うんで。20万人だぞ!!?飲ませてくれよ…

wwwww

 

TAKURO「バンドのリーダーなので俺んち来いと。みんなでコンビニで飲み物を買って…あれは確かセブンイレブンだったな」

ちゃんと宣伝w

 

TAKURO「で、飲み始めて。きっと飲むものがなくなったんでしょう。HISASHIが気づいたら俺が大好きだったアイドルにもらったワインを飲んで空けてしまってるのね!それ思い出して腹が立った!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HISASHI「…覚えてるはずないでしょう…

wwww

 

HISASHI「でもあのとき色々やらかしてたね。確か道の上歩くみたいにセダンの上歩いたもん。今動画とかあったら絶対炎上してた!動画無くて良かった…」
マネージャーの車言うてたっけ?

 

TERU「あっ…色々思い出しt

 

TAKURO待てっ!!言うなっ!!

TAKURO判断正しいw

 

TAKURO言ってはいけないこと言うかもしれない…笑」

 

TERU「けっこうやらかしたの思い出して。EXPOの翌日缶ビール片手に公園で寝てたわ」

 

TAKURO「EXPOの翌日でしょ」

 

TERU「そう…ビール缶片手に公園で寝てて、子供たちのラジオ体操の音楽で目覚めた…」

 

TAKURO夢も何もねぇ!!!!

wwww

 

TAKURO「あ、大阪のみなさん!万博おめでとうございます!2025年、GLAY空いてます!!!!」

GLAYなにかやってほしい!!

 

HISASHI「ホコ天でライブやる前日も公園で寝てたよね?」

 

TERU「うん、飲みすぎて風邪ひいて声出なくなって、1オクターブしたでライブしたっていう伝説のライブ…笑」

 

TAKUROそれ1990年代前半の話だろ!1999年の話してて話が渋滞するからやめろ!!!

wwwww

 

TAKURO「今からやる曲は3rd singleのc/wで、シングル候補でもありました。今演奏すると感慨深いものがあり、心を込めて演奏したいと思います」

10.INNOCENCE


ラストのギターソロ(TAKURO)がすごく良くて、CDとは違うんだけど、ブルースギターを重ねてきたからこそ、今だから演奏できるINNOCENCEで良い意味で崩れた感じ。
JIROのコーラスが聴ける曲。

 

11.ここではない、どこかへ
これも久々に聴いたなぁ。個人的に2005年のドーム以来かな。

ラストの重要なとこで歌詞間違い。

“誰かの優しい 愛の歌に眠るだけ”
と最後キー高くならず普通に終わってしまった笑  久々に聴いたのに!!!笑

 

TERU「間違えてしまいました…笑
前はだいぶ凹んでたけど、もう凹みません!笑 想いを込めれば…!24年で培いました」
さすがにラストで間違えたらやり直しできないもんね笑

 

TERU「次の曲は歌詞を読んだり、MVを見ると寂しい曲のように思うかもしれないけど、こうやってみんなで歌うと力強く熱い曲になります。良かったらみんな歌ってください、愁いのPrisoner」
12.愁いのPrisoner

 

TERU「ここからは激しいビートのナンバーで熱くいこうぜー!OK,More!Than!Love!」
13.More than Love
今回Come on TOSHIじゃなかったんですよ!初めてタイトルコールしてるの聞いたかも。

 

14.KISSIN' NOISE
TERU「この曲歌わせるからなー!」

とけっこうな箇所歌わせる。
“求め合うもの何も語らず 大いなる影今は錆びれて ステレオタイプ夜に抱かれてる”
のとこなんてほぼまるっと。
昔好きで毎日歌ってたのが活きたよね。

 

15.Ruby's Blanket
“ホントはずっとこのまま こうして抱いていたいけど”
でJIROをTERUが後ろから抱きしめて、Why?って感じの顔も手をするJIRO。

 

TERU「大阪ー!今日は本当にありがとう。次で最後の曲です。平成が終わり、次がどんな元号になるかわからないけど、また新しい元号で新しい時代を作っていきましょう!ラスト、X!Y!Z!」
16.XYZ


En.(20:10〜20:54)

アンコール出てきてHISASHIが曲紹介のコーナー
HISASHI「駐車場でほんとに車の上を歩いて…道があるとしたらこう」
と階段を登るように歩いたらしい。笑

 

HISASHI「ほんと動画なくて良かった…色々…色々当時はごめんなさい🙏」

ってピョコって頭下げてたw

 

当時のマネージャー?ローディー?の話になって、
HISASHI「もう誰も知らないかな…ナイトメアもやったり。あれだよ、TAKUROカプリコ食べたやつだよ」

 

TAKUROあぁ!!!!まだ許してねぇって言っといて!!!!!

wwwww

 

HISASHI「最近1993年ぐらいの曲をレコーディングしてて」

おおおお!!

 

HISASHI「この後2曲やるんだけど、2曲目は誰も知らない曲です。音源もなくてだれかアップロードしたやつ落としたもんね。
まだまだ…宿題が山積みです…!

 

当時市川CLUB GIOってライブハウスに黒いSPに囲まれて真っ白い人が来て…YOSHIKIさんなんだけど。そこからデビューできて。
大阪と言えばRのGRAYってバンドがいて。知ってる人いる?おお!!」

 

エリアのVHSとかに出てる人たちだよね?GLAYも一緒に。


HISASHI「そのバンドは演奏レベル高くてGLAYとGRAYで面白いからよく対バンさせられてたんですよ。俺たちは…今みたいな感じだからさ。」

HISASHI「グレイってバンドにデビューの話が来るって言われてて絶対GRAYの話だと思ってて。ほんとデビュー目前って言われてて。
でも僕らも22…東京で4年ぐらいでデビューで。早い方ですか?」

 

TAKURO「早かねぇだろう…」

 

HISASHI「あ、BY-SEXUALとか10代でデビューしてるか…でも今からしたらだいぶ早い方かな」

 

そう思う!

 

TAKURO「この前衝撃的な話聞いたんだよ。函館帰ると絶対TERUの実家寄るの。TERUいないのに。
お母さんと話してたら“東京行って4年して何もなかったら函館に戻そうと思ってたのよ〜”って。危ねえ!3年9ヶ月ぐらいだった!笑」

危ねえ!!
またインディーズ歴の話に戻り、

 

TAKURO「函館時代含めると7年ぐらいあるから…助走が良かったのかな?」

 

HISASHI「いや…下手だったよ?」

 

TAKURO練習せずに酒ばっか飲んでたからだろうが!!!!

wwwww

 

HISASHI「チューニング何って感じだったもんね」

 

TAKURO「チューニング…食べ物…?みたいな」

 

 

TAKURO「デビュー決まってすぐ売れると思ってGLAYの2/4が仕事辞めたんだよ。まあ俺とHISASHIなんだけど笑
仕事辞めたから家賃払えなくなって追い出されたんだよね。そこからHISASHIの実家に住まわせてもらってて…俺実家好きだなー」

人の実家ね笑

 

TAKURO「HISASHIの実家に住まわせてもらってたのって有名な話?」

 

うん!

 

TAKURO「あのとき、ひどかったねえ。
居候なのに一番風呂入るわ…朝一番の新聞読むわ…HISASHIの父さんのジャケット着るわ…」

 

HISASHI「でもそれ俺の興味ないやつだもん」

 

TAKURO「え、一番風呂も?」

 

HISASHI「うん」

 

TAKURO「新聞も?」

 

HISASHI「うん」

 

TAKURO「マジか…」

 

TAKURO「そういえば、JIRO喋らねえなぁ…笑
JIRO喋らなくなったよね、一曲振り返ろうって言い出したのJIROなのに!」

 

JIRO「昨日、煽ってそのままカウントいって飛ばされたから」

犯人TERUだった!

 

TAKURO今日は飛ばすなよ。絶対飛ばすなよ!!!?

 

TERU「それ関西でやったら振りなんじゃないのww
絶対飛ばすなよ!!!!?」

 

wwwwww

TERU「今から二曲やります。二曲目終わったらみんな“JIRO!!”って呼んで!」

 


TERU「LADY CLOSE!!」
17.LADY CLOSE
ほんとに毎回聴きたい曲でリクエストしていてよかった…!
あとはひどくありふれたホワイトノイズをくれとGONE WITH THE WINDかな。


そして、このコーラスめっちゃかっこよかった。LADY CLOSEの連呼コーナーがハードコアを綺麗にしたようなコーラス。
これもRECしてるんだよね…?楽しみです!


18.FLOWERS GONE
なぜFLOWERS GONEを選んだんだろう!びっくりした!
動画サイトで聴いていただけあってわかる。

曲終わりに、

 


\JIRO/\JIRO/\JIRO/\JIRO/\JIRO/
        \JIRO/\JIRO/\JIRO/\JIRO/
\JIRO/\JIRO/\JIRO/\JIRO/\JIRO/
       \JIRO/\JIRO/\JIRO/\JIRO/
\JIRO/\JIRO/\JIRO/\JIRO/\JIRO/

 

JIRO「今心配なのがみんな曲聴いてた!!?次呼ぶことばっか考えてなかった!!?」

レア曲なのにw

 

JIRO「ありがとうございます笑
EXPOの思い出ね、あんま無いんだよね笑 ライブは楽しくて…最初登場のときセンターステージからにょきにょきって出てくるやつで。出てきて演奏してたら歩いてる友達と目合って“あーーー!!!”ってなったのは覚えてますね。

99年は唯一の解散危機があったり、ダウンタウンのまっちゃんからHISASHIが雨合羽って呼ばれてて、全員その髪型でテレビ出たり…それ大阪だったよね?」

大阪だったんだ(°▽°)

 

JIRO「レコード大賞は今年を象徴するのはEXPOでしょう…!とEXPOの衣装で出たものの、雪が降る演出で(Winter,again)、演出家泣かせだったなあと笑

そしてもう一人長い間支えてくれた人がいます…とし坊です!!TOSHI EXPOの思い出ある?」

 

TOSHI「I'm in loveで、ドンドンパッてドラム叩いて演奏がなくなる中、20万人の声とドラムだけになって、この人数二度と経験することないんだろうなぁ…って」

 

JIRO「ずりー!!俺もやればよかった!!!」

 

 

JIRO「こうやってEXPOの話を振り返れて嬉しく思います。まさかこの曲がこんなアレンジになるとは…」

19.BURST

前半は通常BURST。

 

途中でTERUがアコギを持ち…
TERU「このアレンジ知ってる人ー?あ、意外と少ない!映像にもなってるんだけどなぁ…笑」

とRAINサビをアコギで歌唱。
そこからRAINパンクアレンジへ。

当時からパンクアレンジと言ってたけど、これってパンクかなぁ笑

 

途中の最高音部位のタームで曲が止まり、
TERU「かっこいいでしょ?ショック…?でもGLAYってパンクじゃん??

 

 

…あのとき言った言葉ですが…GLAYってパンクかなあ?あのときはパンクだったんでしょうね笑」

 

TERU「この身を任せてもー」

から再びテンポアップなパンクスRAIN。
それが終わるとまたBURSTの煽りループへなだれ込み。

 

TERU「いくぜー」

 

\おー!!/

 

TERU「いくぜー」

 

\おー!!/

 

TERU「いくぜー」

 

\おー!!/

 

TERU「いくぜー」

 

\おー!!/

 

TERU「いくぜー」

 

\おー!!/

 

TERU「いくぜー」

 

\おー!!/

 

TERU「いくぜー」

 

\おー!!/

 

TERU「1.2.1.2.3」

 

TERU「Let me Burst!」

 

\BURST!!BURST!!/

 

TERU「Let me Burst!」

 

\BURST!!BURST!!/

 

TERU「Let me Burst!」

 

\BURST!!BURST!!/

 

TERU「Let me Burst!」

 

\BURST!!BURST!!/

 

TERU「Let me Burst!」

 

\BURST!!BURST!!/

 

TERU「Let me Burst!」

 

\BURST!!BURST!!/

 

TERU「Let me Burst!」

 

\BURST!!BURST!!/

 

TERU「Let me Burst!」

 

\BURST!!BURST!!/

 

TERU「BURST!BURST!BURST!バーストォォォオオ」

1ループなげぇぇええ!!

 

浅井さん言う通り煽りループの先駆けだと思う。笑

無事BURSTしてライブ終了。

 

TERU「来年もいろいろ楽しいこと待ってますので。ひとつヒントを言うと…久々に復活します!!それをヒントにしておきます」

JIROがなんか言ったのかな。振り返って、

 

TERU「テルビスは復活しない!!!!

wwwww

 

TERU「大阪ありがとーー!!!!いってきまーーーす!!
大阪すっきゃねーーーーーーん!!!
------------------
個人的に今年3回目のGLAYでした。
GLAYにしては珍しくライブの少ない年でした。


来年がデビュー25周年だからそこに焦点当ててる感じかな。
にしてもインディーズ曲をレコーディングしてるの楽しみだな…レコーディングしてるってことはライブで聴ける可能性があるということで。
HELLO NEWYORKERとANGELUS🙏


来年の復活のお楽しみは何かよくわかんないけど、NEVER MINDかGALAYしか頭に浮かばなかったんだよな。可能性は少ないと思うんだけど。
単純にEXPOかHOTEL GLAYかな。


元旦に発表らしいので楽しみです。
今年最後、平成最後?のGLAYごちそうさまでした。

 

【セットリスト】
1.I'm yours
2.everKrack
3.サバイバル
4.summerFM
5.Lock on you
6.Prize
7.新曲(the light of the life)
8.Time for Christmas
9.YOUR SONG
10.INNOCENCE
11.ここではない、どこかへ
12.愁いのPrisoner
13.More than Love
14.KISSIN' NOISE
15.Ruby's Blanket
16.XYZ
En.
17.LADY CLOSE
18.FLOWERS GONE
19.BURST〜RAIN〜BURST

18.12.01 デーモン閣下 THE “BIRTHDAYS” ROCK TOUR@メルパルクホール大阪

これもだいぶ前後している。

デーモン閣下のライブへ行ってきました。
メルパルクホール大阪。キャパは1500人ぐらい。

f:id:snowmansan:20181215123013j:image


メルパルクホールといえばJanne Da Arcのイメージが強くて、インディラストツアーのHuntingでライブハウス化したアレですよ。その会場に初めて来れたことふぁーってなってた。

 

サポート
雷電湯澤(Drs.)
石垣愛(Gt.)
原田喧太(Gt.)
大桃俊(Bass)
MIYAKO(Key,BGV.)
ayumi(BGV.)


18:32〜19:55


1.魔王
2.ゴールは見えた
3.Forest Of Rocks
4.縁
5.修羅と極楽
6.Love Flight
7.REBIRTH-DAY SONG

曲が途中で止まって、
“大桃 おめでとう”って曲に合わせて歌われてた。ベースの大桃さんが11月29日誕生日らしい。

布?フェルト?でできたようなバースデーケーキが出てきて、そこに筒になったなにかが刺さっている。A3ぐらいの紙を筒にしたような感じ。サポートメンバーの写真が入っているよう。

 

デーモン「例のようにこれを抜いていく。これは誰だ!」

太陽の塔の写真が写っている。

 

デーモン「どこにいるんだ、誰かわかんないな」

 

石垣「はい!万博生まれなんですよ〜わざわざ行って撮ってきました。僕がタバコの役になってますね」

 

デーモン「あ、サイズ比較になってるのね!
もう1人はこれ!」

子供の写真が写っている。

 

デーモン「これは誰だ!誰?」

 

雷電「俺だ!」

 

デーモン「なん歳ぐらい?10万2歳ぐらい?」

 

雷電「10万3歳?10万2歳ぐらい!」

10万2歳ww


その該当した2人はステージから捌けた。
デーモン「募集したネタが役に立つときが来たぞ!」

閣下は募集したネタの準備があるからしばしご歓談!って言ってた。

ネタの内容は覚えてないけど、事前に5文字を募集していて、その言葉をREBIRTH-DAY SONGになぞって歌うという。


原田「誕生日おめでとうございます!」

 

大桃「ありがとうございます!そういえば今日喋ったの初めてですね」

 

原田「あ、おはようございます!!」

 

大桃「自分で言うのもなんですけど、僕の誕生日良い肉の日なんですよ。それで覚えてもらえれば」

 

原田「知らねえ笑」

 

 

原田「誕生日が3月3日で。耳の日です」

 

大桃「あぁ、だから音楽関係の仕事に…耳が良いみたいな」

 

原田「だいぶこじつけな…笑
3/3って女の子の日じゃないですか、ひな祭りで。みんなから女の子の日に生まれたーとかばかにされてて。母親に言ったことがあったんですよ、“なんで3/3に産んだんだよ”って。
あんたが勝手に出てきたんでしょ!って言われた」

 

 

大桃「こうやってステージで祝ってもらうのは初めてで」

 

原田「誕生日にライブ初めてですか?」

 

大桃「いや、初めてじゃないんですけど、スルーされたり…」

 

なんか話の続きがありそうだったけど、
デーモン「準備できた!」

の一言で上記のネタコーナーへ。

雷電と石垣さんはケーキの着ぐるみ被って登場。REBIRTH DAY SONGの替え歌を5文字を使って続けていく。

8.SAKURA
9.Just Being-ここにいる そこにいる-

 

デーモン「REBIRTHは再生。
二度と会えない…と思っていたらまた会えることは案外ある。でも全く同じものには会うことはできない。そうやって会えないと思っていたものに会うことで、自分も変われるかもと思えるのかもしれない。」
と言ったようなことを言っていた。

10.SOLA
11.Burning Beauty
12.太陽がいっぱい

 

En.(20:05〜20:47)

アンコール出てきて抽選会。チケットの半券を引いて何か当たるというもの。
REBIRTH DAY SONGで使ったネタを清書したものにサインだったかな。
チケット引いたときに、閣下老眼か見えなくて笑

 

デーモン「見えない!この会社どこだ!」
って言ったらファミパスだった笑

 

デーモン「ファミパスはだめー!!!」

wwww

 

13.Goodnight Melodies
14.♡8

デーモン「せっかく早く帰って、エストのバーゲンの下見に行こうと思ったのに…エストのバーゲンは始まってないが、下見だからな。まだ早くないぞ!
何度も何度も…何度もではないか…いや、何度もだな。何度も呼び戻しやがって、嬉しいぞー!!!」

いつものあれだ!

 

デーモン「今回はまだツアーが終わってないので、SNSなどにネタバレを載せるのは控えて頂きたい。エストのバーゲンもまだ宣伝してないからな、あんまり言わない方が良い笑」

華を持って帰るのも一輪ずつって言ってたな。外に届く華を持って帰っていいらしい。

 

デーモン「今回、我輩の誕生日やメンバーの誕生日も近かったのでこういうツアーをやってみたが、以前から自分の誕生日を祝われるのも、他人の誕生日を祝うのも好きだった。なぜか誕生日というのは祝われて嫌な気がしないのだ。なぜ嫌な気がしないかというと存在肯定に繋がるからだろう。
そのため、全員の誕生を祝う、全員を肯定するという意味で“birthdays”と複数形にしているのだ。
それもあって今回のセットリストは生と死や再生に関わる曲を選択している。いつも殺せ!と言っているのと違うではないかと思うかもしれないが、あれは諸君の存在を脅かすような連中に対して言っているわけであるので矛盾はしないのである。

ここからいつものに行くと思わなかっただろう…笑
諸君の存在を脅かすような連中をどうしたら良い!!」

 

\殺せー/

 

デーモン「どうしたらいい!!」

 

\殺せー/

15.AGE OF ZERO!
16.NEW DAY COMES
---------------------------
聖飢魔IIは何回か見たことあったけど、閣下ソロは初だったので、赤目を見るのは初めて。
もう相変わらずの声量で圧倒でした。

特にForest Of Rocksはライダーで流れてたし懐かしかったわ。
急に参加を決めて良かったです。
聖飢魔IIももちろん見たいけど、閣下のソロはHR/HMよりも幅広くて歌声を広く活かせる楽曲が多いように感じました。
魔王のアレンジとかかっこよくてびっくり。。

セトリは丁寧に収録アルバムとかも記載されていた。


また来年、カバー曲も聴きたいですね。
ごちそうさまでした。

f:id:snowmansan:20181215123346j:image

 

【セットリスト】
1.魔王
2.ゴールは見えた
3.Forest Of Rocks
4.縁
5.修羅と極楽
6.Love Flight
7.REBIRTH-DAY SONG
8.SAKURA
9.Just Being-ここにいる そこにいる-
10.SOLA
11.Burning Beauty
12.太陽がいっぱい
En.
13.Goodnight Melodies
14.♡8
15.AGE OF ZERO!
16.NEW DAY COMES

18.12.14 中島卓偉 TAKUI NAKAJIMA LIVE TOUR 2018 HEAVY!Feel The Noize.@大阪Music Club JANUS

中島卓偉のライブへ行ってきました。
大阪Music Club JANUS。いつもの会場。

f:id:snowmansan:20181215113405j:image

f:id:snowmansan:20181215113415j:image

f:id:snowmansan:20181215113426j:image


東京に引き続き参加です。

HEAVY!Feel the Noizeのタイトル通り縦並ぶ重たい楽曲陣。
前回上手から見たので下手から見た。


19:00〜21:17
定刻付近に“ぶっ壊したい”がSEで流れる。
順番に登場し、ギターもドラムもベースも入り、“ぶっ壊したい”のフレーズを歌う。


卓偉「大阪ー!」
1.ROCK THE FUTURE
2.FEED BACK '78
3.ゲッザファッカゥッ!!!!

 

卓偉「紹介します、ドラムス安東ボンジー祐介ー!」

とドラミング中にギター持ち替え。メドレー形式。
4.MUST BE STRONG
5.UP TO DATE
ラストのUP TO DATEはCD通りで高めに歌ってた。

 

6.BE MY BABE?(ROCK OF THE LIFE)

 

卓偉「大阪ー!!中島卓偉です。平日にライブ来てくれてありがとう!ここに帰ってくるたびに盛り上がってくれて嬉しく思います。今日はファイナルのつもりで、ファイナルのつもりだから!3本のツアーだけど。セミファイナルって言葉嫌いなんでね。こんな今日平日に来てくれるなんてみんな本当良い人ですよ!ファイナルの気持ちで盛り上がっていけますか!

NO WAY!

7.口パク禁止令
8.BOYS LOOK AHEAD
9.Naked

 

卓偉「Nakedで踊ってくれて嬉しく思います、ありがとうございます!もう何年前の曲だ!なんのアルバム?VIVAROCK…?あ、POWER TO THE MUSICか!もうね、この前40歳になったんでね。もう怒んないから。40歳は怒んないからね、もうおじさんなの。そう、みんなはおじさんのライブへ来てるの

 

 

卓偉「でもUP TO DATEインテンポでノッてるときはこの野郎と思ってた」

やっぱ怒ってるwww

 

卓偉「立て続けにHEAVYな楽曲をやってきましたが…ファンクラブのブログでは言ってたけど、HEAVYな歌詞の曲もやります!三曲連続でやります、重たい!大変!HEAVYな歌詞というのもとても重要なのでね。
鈴木賢二みたいに暗いことに縁がないかもしれない!賢二さんは嫌なことがあっても縁がなかったと思って過ごせて…本当神様みたいだよ。照明が神々しい

wwww

 

卓偉「もしかしたらみんなも賢二さんみたいな人間かもしれない!笑
でも重たいのも重要だと思ってます。
ちょっと寒くない?」

とステージ寒かったらしい。こちらは暑かった。

 

卓偉「体脂肪7%切ると寒いんだよ!」
7%切ってるってすごい!部活やってたときでも12%ぐらいだったわ。

 

卓偉「歌詞が重たいからといってこう(真剣に)聴かないでよ!せっかく平日に来てくれてるんだから楽しまないと損だぜ!一緒に歌ってくれるかい!!」

10.誰もわかってくれない
11.いじめられっ子
12.忘れてしまえよ 許してしまえよ

 

卓偉「みんな歌ってくれて嬉しかったです、ありがとうございます!最後の忘れてしまえよ 許してしまえよが救いなんでね。
次はHEAVYな新曲やりまーーーす!!!

 

\いぇーーー/

 

卓偉「HEAVYな曲だからお前らの苦手な16ビートだよ!笑  言ってしまうと今日SEで流れてた曲ね。“ぶっ壊したい”って曲で、自分の気持ちとかぶっ壊したいって曲です。みんなも色々壊したいものあるでしょ?壊したら楽なのになとか。こうしたいなとか仕事のこととか、旦那ぶっ壊したいとか、嫁ぶっ壊したいとか。そんないろんな想いをぶっ壊したいって歌ってください。みんな良い人なので、ぶっ壊したらもっと良い人になります!
もう自由にやってくれたら良いです、2.4でリズム取ってくれたら良いです!ボンジーリズム頼むよ!」

と16を叩くボンジー

卓偉「こういうのダメだから」
と1.3でリズム取りながらぶっ壊したいを歌ってた。

 

卓偉「こういうのはうんちです!!」

 

wwww

そしてリズムに合わせてポゥッてマイケルジャクソン風に言ってたわ笑

 

卓偉「おまえらが幼稚園の先生なら2.4で教えなきゃダメだよ!2.4で童謡教えないと。2.4で乗ってくれたらそれで良いから!わかんねぇか!!?20年言わなかったからな、どうしたらいい?Googleに言ったらいい?
OK Google!みんなを16ビート取れるようにして!!

いい声wwww

 

卓偉「みんなで歌おうぜーぶっ壊したい!」

13.新曲(ぶっ壊したい)

卓偉「今のいい感じでした!Googleのおかげかな?」

 

 

卓偉「ステージ低くて見えないかもしれないけどギター弾きまーす!まだここからもHEAVYな曲やっていくから!」

14.POWER TO THE MUSIC
15.X-RAY MAN

 

卓偉「ステージ低くて見えないかもしれないけど、アコギ弾きまーす!
バラードだけどきっとこのライブに合うと思うから。ゆっくりな曲とかバラードはだいたい16ビートなのよ」

 

どういう脈絡か忘れたけど、

卓偉「リリースしたときはみんな好きじゃない曲も、数年後したら好きになってるでしょ??
ということは今日のライブが良いなと思うのは…2025年ぐらいですか?」

 

wwww

 

卓偉「そんな未来に良いと思われても困るんだけど!笑
バラードだけど、みんな好きだと思うから!ぜひ歌ってほしいと思います。クリスマスにも合うと思うんでね。NEVER FADES AWAY!」

16.NEVER FADES AWAY
耕治さんのギターがすごく良い。包まれる感じ。


卓偉「NEVER FADES AWAYでした、大阪歌ってくれて嬉しかったです!NEVER FADES AWAYやるともう終わった気になるね」

 

えーー

 

卓偉「やるから、やりますって」

 

告知ー!!

 

卓偉「書いとかないと忘れちゃうんでね。これも東京の話ですが、今回Dance,PUNK,HEAVYとツアーやってきて、その集大成を渋谷WWWというライブハウスでやります。今回、盛り上がった曲を中心にやりたいと思っていたんだけど、あれやってねぇな…とか思ってたらやってない曲をやりそうです。手紙とかで“なんであの曲やらないんですか?”ってのとやりたいなって曲が一致するとわかってんじゃん!!!!ってなる。
みんな自家用車で来るんでしょ?」

車では行かんわ笑

 

卓偉「これも東京ですけど、2/10.11に原宿のLa Donnaというところでライブをします。表参道かな。みんな年取ってずっと立ってるの辛いだろうから座って観れるやつ。ディナーも出るんでね。食べ過ぎて眠くなって、ライブ中寝てしまうのも…もうチケット代もらってるんでね、良いと思います」

 

 

卓偉「NEVER FADES AWAY24曲やるライブです。そんだけやったらNEVER FADES AWAY嫌いになるわ!!!

wwwwww

 

卓偉「そんなのやってる人いるのかな笑
10日の夜はFCで完売してるようですね。
10日はアコースティックギターで、11日は荒幡亮平くんという若手の方にピアノを弾いてもらって、ボーカリストに徹したいと思ってます。4公演曲被らずにやるので。10日のどちらかが全曲NEVER FADES AWAYということで」

wwww
別にいいけど!

 

卓偉「おじさんになると嘘つくんです。椎名慶治さんみたいになってるな。
あ、椎名さんとの対バンもありますね。1時間ずつ時間をもらってるんですけど、59分喋りですから。お互い1分ずつ、合計2分だけ曲やります」

さだまさしみたいな

 

卓偉「そして大阪!また大阪来ますよ!!3/16 大阪BIG CAT!

おおおおおおお!!!


卓偉「行くこと来るって言うの博多弁で、“〜来んね?”“来るけんね!”って言うんですよ、伝わる?
なので“大阪来ます!”」

 

卓偉「そして、3/16は賢二さんの誕生日!ここで30曲NEVER FADES AWAY歌ってもらうという」


賢二「…俺が歌うんですか!!??」


wwwww


卓偉「10月から20周年YEARに突入しまして、来年はBEST OF REQUESTというライブをやります。前回15周年のときにやったリクエストがまあひどいもんで笑 トップ20がバラードっていう。
それだけじゃライブにならないから3時間ライブにして、トップ30やったんだよ。もちろんこの声だから中島卓偉のバラード聴きたいのわかるよ!自分で言うけど!

 

 

卓偉「イノヴェイターが20位ってなんでだよ!DO IT BOYS&GIRLSは好きな曲なのに15位で最近やってなかったからここに入ってしまって。3号線が1位で“なんで3号線1位なんですか?”って言われたけど、ランキング順にやったんだよ!!
だからもう一回ちゃんと選んでください。命令です!!」

wwww

 

卓偉「20年やってきたでしょう。ライブでこれは盛り上がるって曲、外せないって曲選んでください。前回は5曲ぐらいだったのかな?今回は10曲選べるようにするから。1月ぐらいから1か月投票にして。
もちろん聴いたことない曲も入れてもらって良いです。でも、全曲聴いたことない曲にするのはやめろ!」

 

 

卓偉「ここロックコンサート!笑  そろそろこっち側の気持ちも考えて!セットリスト組みにくいぜ…笑
ちゃんとしたBEST OF REQUEST作ろう!本当に好きな曲を投票してください!20周年イヤー…これは乗っからないと!と思っているので。来年も楽しいことあるのでまた逢いに来てください!」

聴きたい曲が好きな曲になるケースが多い自分としてはなかなか難しい問題。

 

卓偉「ここから後半戦です!早いね!
まだまだHEAVYな楽曲やっていきたいと思います!歌ってくれますかー!」

17.BLACKSIDE IN THE MIRROR


“真っ赤なライズ”辺りまで歌おうとしては
卓偉「あれ、歌詞違う!?」

を繰り返して今までで一番歌詞飛んでた笑
これはこれで楽しかった。

18.お願い胸騒ぎ
19.BEAT&LOOSE
20.BOOM BOOM BOOM
卓偉「タオル回すだけじゃなくて歌ってください!」

 

21.存在
22.ひとりになることが怖かった

卓偉「大阪ー!大阪ー!今日は平日なのに集まってくれてありがとう。今年はツアーで3回も大阪に来られて嬉しく思います。
10月から20周年Yearに突入して、もう録り終えたアルバムがあるのにまた新しいアルバムを作ろうとしています。CD出させてもらえないんですかと言われることもあるけど、そうではなくてレコーディングさせてもらっているんでね。そして新曲をライブでやっていきたいと思っています。Liveって生きるってことだから、Liveをしてレコーディングしていきたいと思っています。


日々生活してると苦しいこと大変なことあると思う。でも存在でも歌ったようにみんな1人じゃないから。頑張れって言われると苦しいと思う人もいるかもしれないけど、俺は頑張らないと前へ進めないと思っています。乗り越えていかないといけないと思っています。頑張ってきたから20年続けてこられただろうし、頑張りが足りなかったから今の立ち位置なのかもしれない。


人は躓く生き物なので、躓いたら中島卓偉のライブへ来てください。これからもずっと歌っていくつもりです。来てくれたら必ず元気にして帰します。
次も逢いに来てくれるかい!歌いにきてくれるかい!大阪ありがとうございました。中島卓偉でした!」

23.高円寺
歌詞をはっきり歌ってくれるから情景が浮かぶんだけど、卓偉はデビューしたときどんな気持ちだったのだろうか。
デビューに纏う華々しさ、嬉しさといった前向きなものだけじゃなかったんだろうな。

 

卓偉「3回も大阪来ることができました。来年もリクエストで楽しもうぜー大阪ー!」
---------------------------
楽しいライブでした。
セットリストが一部変わっただけでこんなに流れが変わるものかとびっくり。
前回のツアーぐらいからかな、冒頭数曲はメドレーのような畳がけがあって、体力も削られるけど楽しいタイム。

そして、Nakedがすごく嬉しい。


前回も書いたけど、HEAVYな歌詞で出てくるのはFar Easternですごく聴きたかったけどやってくれていないから、もしかしたら1月渋谷でやってくれないかと思っています。
渋谷は行けるかわかんないけど今日の話聞いていたら、午後休で行きたいな。


今回のツアーは名古屋も行きます。初めての全通!
ごちそうさまでした。


【セットリスト】
1.ROCK THE FUTURE
2.FEED BACK '78
3.ゲッザファッカゥッ!!!!
4.MUST BE STRONG
5.UP TO DATE
6.BE MY BABE?(ROCK OF THE LIFE)
7.口パク禁止令
8.BOYS LOOK AHEAD
9.Naked
10.誰もわかってくれない
11.いじめられっ子
12.忘れてしまえよ 許してしまえよ
13.新曲(ぶっ壊したい)
14.POWER TO THE MUSIC
15.X-RAY MAN
16.NEVER FADES AWAY
17.BLACKSIDE IN THE MIRROR
18.お願い胸騒ぎ
19.BEAT&LOOSE
20.BOOM BOOM BOOM
21.存在
22.ひとりになることが怖かった
23.高円寺

18.11.23 miwa concert tour 2018 “miwa THE BEST”@なら100年会館 大ホール

勤労感謝の日

miwaのライブへ行ってきました。

その前に奈良公園へ。
f:id:snowmansan:20181212211554j:image

ケンカする鹿ニキ。

 

なら100年会館1年前のGLAYで来た以来。

f:id:snowmansan:20181212211514j:image
f:id:snowmansan:20181212211518j:image


miwaは7月にベストアルバムを発売し、その全国ツアー。フェスとかイベントライブでは見たことあったけど、ワンマンは初めて。


これも振り返り日記でMCもほぼ覚えてないからご愛嬌🙏


17:00〜18:53
1.chAngE
2.Faith
3.fighting -φ- girls


miwa「miwa THE BESTツアーへようこそー!!!今回ベストアルバムなのでいろんな曲を考えてきました。
男子!女子!ぜんいん!


そこは3階?2階?2階!1階!
奈良はアコギッシモツアー以来で四年ぶりです。最初からありがとう!最後まで盛り上がってください!」


4.君に出会えたから
5.ミラク
6.360°
7.Faraway


miwa「奈良は修学旅行へ来たこともあるんですけどね、今日は奈良へ来て…鹿の道を通ってきました。バンドメンバーはー?」


バンドメンバーは鹿の道は通っていないらしい。鹿の道ってなんだ笑


miwa「鹿の道通らなかったのー?この前京都でライブしたときにタクシーの運転手さんに教えてもらったんですが、奈良公園の鹿に混じって山から降りてきた鹿が“奈良公園の鹿ですけど?”って顔をしているらしいんですよ」


わお(°_°)


miwa「みなさんは見分けつきますかー?“奈良公園の鹿ですけど?”って顔してるの」


なんかその真似をしているのがかわいかった。


miwa「奈良の人ー?関西の人ー?奈良公園行ったことある人ー?あぁ、さすが奈良公園ですねえ。
お昼はそばを食べたんですよ。2回目なんです、そこで食べたのは。
本当はゆっくり観光したいんですけどね〜。奈良は観光するとこもたくさんあるし…首傾げないでくださいね」



miwa「デビューしてからバラードをたくさん書いてきました。苦しい想いを言葉にできない想いとか…色々書いてきました。その中でも最近書いたものも歌いたいと思います」


8.ホイッスル〜君と過ごした日々〜
9.片想い
10.Unchained Love
11.あなたがここにいて抱きしめることができるなら


捌けていき、miwaの生い立ちの映像、スライドが流れる。ギター1本で出てくるmiwa。


12.don't cry anymore


miwa「デビューしてからずっと支えてくれているバンドでこの曲を演奏したいと思います。めぐろ川」


13.めぐろ川
miwa、eji、オバタコウジ、よっちの合計4名で演奏。


14.441
15.ヒカリへ
16.We are the light
小さい光?電球が降りてきて綺麗だった。
GLAYのジャスギルツアーの運命論のようだった。


miwa「今日はみなさん来てくれてありがとうございました。こんなに盛り上がってくれて嬉しかったです。
初めて来た人も、久しぶりに来た人も、私に光を照らして下さったからここに立てています。本当にありがとうございます」

17.アコースティックストーリー


En.(18:57〜19:34)


miwa「アンコールありがとうございます」
と出てきたらツアーグッズ全部乗せみたいな格好。


miwa「まずタオル!これまでのツアータオルを合わせたら虹色になりました。リストバンドもあります。
Tシャツ!FlowerTシャツ着てるとおしゃれですね〜私もこの前私服で着てて。
私服でツアーTシャツ着てるんかい!…っていう。笑 この前痛い目にあったばかりなのに笑」


なんかあったの?笑


miwa「そしてこの帽子。誰でもシンガーソングライター帽子です」
黒地に白文字でSinger song writerって書いてた。日常で使えるぐらいシンプル。


miwa「シンガーソングライターいますかー?あ、シンガーソングライターいますねぇ。あなたもですね!」


miwa「ではmiwaバンドメンバー紹介をしたいと思います」


Keybord:eji(バンマス)
Guitar:オバタコウジ
Guitar:生本直毅
Bass:山口寛雄
Drums:河村吉宏/よっち
Chorus:藤田真由美


miwa「この前テイラースウィフトのライブ見に行ったんですよ。バンドメンバー紹介しても拍手はみんなするけど、こんな名前呼ばないんですよ。こうやって呼んでくれるのを嬉しく思います!みなさん、写真撮ってもいいですかー?」


と写真撮影。


miwa「これは後ほどラインブログにアップしますね。そしてみなさん、みなさんも携帯に思い出残したくないですかー?」
と写真撮影OKタイムでした。遠くて光ってよくわかんない笑

 

f:id:snowmansan:20181212211447j:image


f:id:snowmansan:20181212211451j:image


miwa「みなさん、新曲聴いてもらいましたかー?髪切って初めて撮ったMVで、今見ても誰かな…と思ってしまいますね笑 旅をテーマにしていて、このツアーもみんなに会いに行く旅の途中です。そんな曲を聴いてほしいと思います」

 

18.タイトル
19.シャイニー
20.春になったら
春になったらツインギターでかっこよかった!アコギ置いちゃうんやね!笑


miwa「今日はみなさん、本当にありがとうございます。最後みんなで一緒に歌ってください。」


21.結-ゆい-
---------------------------
ただただかわいい!


基本的にかわいらしいmiwaなんだけど、この人の真髄はアコギ1本になったときで。
アコギ1本のときは印象が変わる。通常が手を抜いてるとかそういう話じゃなくて、アコギになったときの気迫がすごい。


以前フェスで見たヒカリへのときも今回も…もしかしたら二回見たうちのたまたま二回がすごいときだっただけかもしれないけど、確実に歌い方は違うと思うんだ。


アコギと声が隣り合わせのシリアスな空気感。
アコギこそシンプルで音がダイレクトでロック色が強かったりしますよね。
アコギッシモ行ってみたいなと思いました。
ごちそうさまでした。

 

【セットリスト】
1.chAngE
2.Faith
3.fighting -φ- girls
4.君に出会えたから
5.ミラク
6.360°
7.Faraway
8.ホイッスル〜君と過ごした日々〜
9.片想い
10.Unchained Love
11.あなたがここにいて抱きしめることができるなら
12.don't cry anymore
13.めぐろ川
14.441
15.ヒカリへ
16.We are the light
17.アコースティックストーリー
En.
18.タイトル
19.シャイニー
20.春になったら
21.結-ゆい-

18.11.21 UVERworld ARENA TOUR 2018@大阪城ホール

11月にUVERworldのライブへ行ってきました。


イナズマで初めてライブ見て、なんとなく惹かれるままにワンマンまで来てしまったという。

場所は大阪城ホール

f:id:snowmansan:20181210211112j:image

 

写真のセンスがない。

幾度となく来た会場です。ベストアルバムを出したので、それがメインの選曲かな、というライブ。

時間経ち過ぎて忘れたので、MC端折って書いてますよ。雰囲気レポ。


18:30〜20:39

SE:TYCOONでメンバー登場。

 

1.EDENへ
2.ナノ・セカンド
3.ace of ace
4.WE ARE GO

TAKUYA∞大阪城ホール34回目のワンマン!今日はすごいよ…今日はすごい。最高のライブになりそうだよ…!もう20曲ぐらい歌った気分だよ笑
スマートで、クールなかっこいいUVERもできるよ。でもみんな求めてないでしょ!かっこ悪くても、こうやってライブハウスの頃からやってきたんだから!!!2030年対応の曲」

5.ODD FUTURE

 

TAKUYA∞「ODD FUTUREで楽しすぎて自分の汗に溺れかけたよ笑  最新型のUVERworld
6.GOOD and EVIL

在るべき形の前はいつものように言ってたんだけど、今回けっこう長めに話してたんだよな。完全に忘れたわ。。


7.在るべき形

テープも飛んできてもうライブ終わりかと思った。


真太郎「暑い!!!大阪…今日、UVERworld…調子良いです!!大阪城ホールさっき34回目?35?34?って言ったけど、俺数えたら21だったんだけどなぁ」

笑  だいぶ違うやんww

 

真太郎「今日は何を思ったか信人の衣装を着てます。いつもひらひらしたやつ着てるでしょ?」

 

TAKUYA∞がひらひらしに行ってた。信人の方を笑  ジレで良いのかな。ファッションに疎いからわからん!

 

真太郎「これ袖無いから涼しそうでしょ?暑いんですよ。暑くなったら投げるかもしれません笑  信人が回収にいったら返してください」

 

 

真太郎「でも調子いいんでこれから着るかもしれません!」

\いぇー/

TAKUYA∞「なんだろうね、何が違うんだろうね。昨日と違うんだよ。昨日は緊張もあって笑」

緊張するんだねえ。

 

8.DECIDED
9.PLOT
10.NO.1
11.EMPTY96
12.奏全域

 

TAKUYA∞「ライブのために毎日10km走ってるからこんなの全然だよ!!」
13.PRAYING  RUN

 

TAKUYA∞「さっきみんな気づいてるかわかんないけど、EMPTY96って曲で間違って笑
誠果ちらっと見たらめっちゃ笑ってんの!お前、曲中はやめろよ!!!」

 

 

TAKUYA∞「ステージ上では誠果と一番アイコンタクト取ってて、なんでこのタイミングで曲スタートすんの?って思う人もいるかもしれないけど、俺とアイコンタクト取ってるからなんだよね」

 

誠果「昨日KINJITOのときもね笑」

 

TAKUYA∞あー!KINJITOね笑
KINJITOやりたいってライブ始まる直前に言って、リハとかしてなかったんだけど…ウーバーって曲にいろんなバージョンがあって、間奏抜いてるやつとか…今日はshort?え、どっち?って確認取って笑」

ステージ上で決めれるのすごいなあ。

 

TAKUYA∞「何百本もライブしてきたけど、何も考えずに歌うことってなかなか難しくて。いろいろ考えちゃうからさ。でも今日は音楽のことだけ考えて歌えてます。
大阪城ホールで34回目のライブができて今日が間違いなく最高のライブになるよ。最高って思えること、そんな多くないんだよね。
関西ってあんまり良い思い出がなくて。帰ってくると悔しい思い出とか色々思い出すんだよね。関東の方が良い思い出がいっぱいある」

下積み時代だからかな。

 

TAKUYA∞「やりたい仕事はいっぱいあったけど、やりたいと言えなくて。自分がそのレベルに達していなかっただけ。でも、音楽やってるときだけは色々忘れて楽しむことができた。
だっせぇこと言うけど、自分たちのために音楽をやってきて、その音楽をみんなが好きになってくれて…。俺たちが頑張ってるのを見てあなたたちは喜んでくれるんでしょ??
UVERworldもっと頑張るよ!もっと頑張るよ!

 

TAKUYA∞すごい笑顔だった。笑

TAKUYA∞「できる仕事ではなく、やりたい仕事を」

 

14.ALL ALONE

TAKUYA∞「そっち(花道)の方行くから。あとでね。
今日ちゃんとメモしてきたから、昨日緊張で忘れちゃったからさ笑

ベストアルバム出して投票してもらって。全部大切な曲なんだけど、みんなにとって特に大切な曲なんだなとみんなの投票見て思った曲です。」


15.THE OVER
16.WANNA be BRILLIANT

TAKUYA∞は引っ込んで、他メンバーがアリーナ後方サブステージへ。


17.CORE STREAM

またメインステージへ帰っていく。


18.I LOVE THE WORLD

TAKUYA∞「できる仕事ではなくやりたい仕事を…と言いながらも、俺たちはあなたたちと同じところに立っていたんだよ!証明完了Q.E.D


19.Q.E.D

SE:零HERE
20.IMPACT

TAKUYA∞「お母さんがのりのりだった笑」
このMCどこかでしてたわ笑

 

TAKUYA∞「さっき確認したら大阪城ホール19回目だって。笑
おかしいな、ちゃんと数えたのになぁ。もう一回数えないとな。笑

 

初めて大阪城ホールでライブしたときはすごく大きく見えたし、すごく緊張した。2daysでやったんだけど、その2日目なんかはもうみんな来るなと思ってた。
でも、そんな新鮮な気持ちは人間だからいつかはなくなってしまうんだよ。今日が19回目のライブで本当に34回目のライブを迎えたとき新鮮味はきっと無くなってしまう。

 

俺たちはバンドに、UVERworldに飽きないようにいろんな曲を、新しい曲を作ってる。UVERがみんなが好きそうな曲をなぞって作ることもできるでしょう。でもそれだと飽きてしまう。
産んでくれた母親にはこの声をくれたことに本当に感謝してるけど、ずっとこの声のままで歌っていたら自分にも飽きてしまうんだよ。飽きないようにいろんな声が出せるようにしたい。
これからも、進化と進歩と変化するUVERworldをお願いします。

 

これだけ人がいれば、新曲を作ればあなたは最高だと思う一方、君は最低だと思うかもしれない。でも、できるだけ多くの人が好きになる曲を作りたい。
もしかしたら、このライブを見て“もう自分には合わない、さようなら”って思う人もいるかもしれない。それも仕方のないことだと思っている。
でもまた、新しい音楽でみんなを迎えに行くだけ」
21.RANGE
22.終焉

 

曲終わって捌けるとき、
真太郎「絶対大阪城ホール21回目だと思うんだよな。後でブログで必ずアップします!!」
とのこと。FCブログだろうから結果わかんないけどどうだったのかな笑
---------------------------
初めてワンマンで見たけど楽しかった!
昔PROGLUTIONとかAwakEVEぐらいまでは(ライトに)聴いていたけどそこから離れていて、TYCOONをたまたま聴いたときにええやん!ってなったんですよね。


いろんなところを経由して音楽を聴いてきて今だからこそまた良いなと思えたのかな。
TAKUYA∞のMCじゃないけど、一度離れて新しい楽曲で迎えに来てもらった感じです。
今年、16ビートとかミクスチャーとかを聴く機会が増えたり、Rage Against The Machineへ久々にはまったりというのも大きな理由でしょう。


音楽はタイミングであり、機会であり、刹那だと、こんな事が起こる度に思いますね。また次も見たい。
ごちそうさまでした。


【セットリスト】
SE:TYCOON
1.EDENへ
2.ナノ・セカンド
3.ace of ace
4.WE ARE GO
5.ODD FUTURE
6.GOOD and EVIL
7.在るべき形
8.DECIDED
9.PLOT
10.NO.1
11.EMPTY96
12.奏全域
13.PRAYING  RUN
14.ALL ALONE
15.THE OVER
16.WANNA be BRILLIANT
17.CORE STREAM
18.I LOVE THE WORLD
19.Q.E.D
SE:零HERE
20.IMPACT
21.RANGE
22.終焉